2017年2月 那覇への新コース 3/4コラム 055 飛行機に乗らない時
ランキングはこちらをクリック!

2018年04月23日

2017年2月 那覇への新コース 4/4最終章

さて帰りは通常通り帰りました
寄り道というか冒険はいつも片道のみです

那覇空港ではスイートラウンジに入る時は
やはり羽田行きのゲートオープン直後を狙います

DSC00416

この空港は
羽田行きの直後が間違いなく空いてるのですが
石垣行きとも少し関係があるようです

狙い通り一番奥のエリアをゲットできました

DSC00417

オニオンスープとクロワッサンで簡単な朝食とします
このクロワッサンは
提供しだした当初は
沖縄のパンらしい甘いクロワッサンでしたが
今はごく普通のに変わっています

DSC00415

途中大東寿司を買うために一度出ましたが
結局1時間以上ラウンジで過ごしました
那覇のANAラウンジと違って
スイートラウンジには喫煙室があるので長居できます

乗りました飛行機は10:25発
ANA1734便関西行き

DSC00420

使用機材はB737−700です

DSC00419

この角度からはー700なんかー800なのかの区別はつきにくいですね
私もこの角度からは判別できません
しかし
判別できる人はいるのでしょう
そういう人はヘンタイと呼びましょう

プレミアムクラスにアップグレード・・・ではなく
最初からプレミアム旅割28で購入していますので
朝食仕様のGOZENがサービスされました

DSC00421

私には大変良い内容でした
関西人ですから巻き寿司とお稲荷さんは大好きです

はい
座席は1Aです
関空に行くルートでは1Aはそんなに取り立てて良い席ではありません
1Kよりはまし・・・程度になります
それでもこの日は屋久島を見ることができました

DSC00423

珍しく島の上に雲がありません

左に屋久島を見ながら種子島上空を飛んで
大隅半島を見ながら高知沖に出るのですが
日向灘のあたりで珍しい光景に出会いました

DSC00430

撮影のタイミングが少し遅れたのと
撮影者の腕が全くないのとで
わかりにくいと思いますが
画像の中に飛行機雲が2本存在します
若干の差はありましたが
ほぼ平行に2機の飛行機が同じ方向に飛んでいたのです

高知県沖から四国に上陸して
徳島県上空を飛行し
淡路島を左に見ながら関空にアプローチするのはいつもの通りでした

DSC00436

これが見えたら最終着陸態勢のポーンが4回鳴ります
ポーンを4回鳴らすのはANAだけではないでしょうか
それでこの日は南からの着陸だとわかります
北からの着陸の場合は
淡路島の上空を飛んで
島の北端で明石海峡大橋が見えたころにポーンが鳴ります

定刻より2分ほど早くスポットインしました
予定していたラピートにも余裕で乗れて
この時の沖縄からの帰りは大変スムーズな旅となりました

DSC00437

残念なことは
この最後ラピートに
無特急券保持者が同じ車両に3人も乗っていたことです



asato8686 at 05:00│Comments(6)mixiチェック Share on Tumblr 国内旅行 | 沖縄
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

6. Posted by あさと   2018年04月25日 14:25
5 バアバさんありがとうございます

はい
トライアングルお稲荷さんでした
関西はトライアングル
関東は俵型(四角形)とよく言われますが
ANAの羽田のラウンジでは
トライアングルが供されています
理由は全くわかりません
なので
この那覇のケータリングのお稲荷さんが
関西としてのトライアングルなのか
ANAのなんだかわからない慣習としてのトライアングルなのか・・・・

5. Posted by バアバ   2018年04月24日 17:04
GOZENのおいなりさんは、油揚げも三角形のように見えます。
なかなかなものですね。
4. Posted by あさと   2018年04月23日 12:20
5 いはちさんありがとうございます

羽田や伊丹のように
広いラウンジでは関係ないですが
この程度の広さだと
全体が見渡せる方がゆったりとできますね
もちろんゆったり感が不必要な人もいますが
もうラウンジで仕事をすることもないので
そう言うデスク感は必要ありません

たとえ安い材料でも
寿司が入っていれば嬉しいですね
食べやすいですし
作る方はめんどいでしょうけど(笑)

あくまでこの正面の画像で判断できる人です
横を見れば私も簡単にわかりますので
半分マニアです……

3. Posted by あさと   2018年04月23日 12:13
5 ま~くさんありがとうございます

私も過去いろんな航空会社に乗っていますが
ポーンが4回というのは
今だかつて遭遇していません
今は違うと思いますが
あのポーンは
ベルトサインに連動していた時期がありました
なので離着陸時は
偶数回鳴らしてが慣習のようです

突然の揺れの場合で鳴らす場合は一回
それでベルトサインが自動でつくようになってたらしいです
古い機種では
離着陸のポーンの時
ベルトサインが一瞬点滅した感じになっていました
離着陸時は手動でのサイン点灯のようです

ラピートは無駄の多い列車ですから
デッキなどを詰めたり
窓を大きくしたり
変えるところがたくさんありそうです
地下鉄にはいる計画には
車体強度以外にも
大阪では別の問題もあります

2. Posted by いはち   2018年04月23日 11:01
ラウンジの一番奥の場所は全体が見渡せるので
安心して過ごすことが出来そうですね。
那覇の一般ラウンジも一番奥は全体が見渡せて
入って来た人が確認できます。
GOZENは当たりですね。大東祭り寿司では
無さそうですが、私もこの手の食べ物は好きです。
737OR738の見分けは私もつきませんので
ヘンタイでは無さそうです。
1. Posted by ま〜く   2018年04月23日 09:34
着陸態勢に入る時の「ポーン」と言う音は確かに
JALでは2回しか鳴りません。ANAに乗ったのは20年以上
前ですので記憶がありませんが、他の航空会社でも
2回だったと思います

ラピートも近いうちに新型車両が導入されるようですね
地下鉄に乗り入れる計画があるようですが、あの特殊な
形状ですと安全上の問題があるので刷新されるようです

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2017年2月 那覇への新コース 3/4コラム 055 飛行機に乗らない時