2017年3月 桃園捷運初乗車 1/9ライブ 羽田空港国際線
ランキングはこちらをクリック!

2018年04月30日

2017年3月 桃園捷運初乗車 2/9

さて
搭乗する飛行機に向かいました
この時も108〜110番ゲートの様な
中央部分からではなく
新しく作った北側ウィングからでした

DSC00451

乗りましたのは9:20発
台北松山機場行きNH851便

DSC00450

使用機材はこの路線の定番のB787−8です
私・・・この機種は好きなことは好きなのですが
最近少し食傷気味です
なんかもっとテンションが上がるような飛行機に乗りたくなっています
加えて最近
ANAが採用しているRR製のエンジンブレードの信用問題
洋上飛行に制限がかかりましたね

Dr様はこの夏A350に乗られるということで
大変うらやましいです
少しですがA350の方が胴体幅が広いので
787よりゆとりのある座席になります
私は来年かなあ・・・・・

台湾線は短距離アジア路線ですから
ビジネスクラスは
中距離以上とはサービスが全く違います
おつまみはおかきですね

DSC00452

クロスも中距離以上は白のリネンが使われますが
短距離はブルーの不織布です

そして大きく違う所は
何度も何度も書いてますが
機内食がワントレーサービスです

DSC00455

この時は最初から洋食を選択していました
通常日本出発時は和食を選択して
和食の数が足りなければ洋食にするのですが
この時は洋食のメインが鶏であったため
こちらにしました

この台湾路線ですが
ワントレーサービスは日系2社です
台湾2社とキャセイではセミコースサービスをしています

今回の展開は早いです
シリーズ2記事目で台北市内に到着しました(笑)

DSC00456

上の写真をよく見て下さい
いつか解説しようと思ってたことなのですが
台湾に行かれた方は何気に気づいていることだと思います
写真の中央部分が歩道
左端が車道
(歩道の一部が自転車専用になってるのは最近のことですが)
そして右の建物の1階部分
これ歩道というか通路になってますでしょう?
これが一般的な台湾の大通りの構造なのです

以前はこの歩道の部分にバイクがぎっしり駐車していて
歩道の役割を果たせず
ビル1階部分の通路が歩道として成り立っていました

これは台風やスコール対策で
通りに面した建物の1階部分の軒先を通路歩道としていて
それが上手く?バイク王国となじんだわけです
今は台北中心部などは写真のように
規制されてる所も多いのですが
ビル側通路は台湾ではなくなることはありません

台北車站に到着しますと
日本で見慣れたバスを見かけました

DSC00457

これ
台湾最大のバス会社である
国光客運のバスです
日本の格安バス会社のWILLERと提携しているようです

国内しか走らないバスが
提携して何が変わるのか・・・・・
よくわかりません
台湾にとっては日本品質と言うメリットを
掲げられるメリットはあるのでしょうけどね

その夜はいつものように寧夏街夜市に出かけ
蒸餃子をいただきました

DSC00459

赤肉蒸餃
本当においしいです
行かれる方はこの看板を目印にしてくださいね

DSC00458

そしてもう1品食べましたのが牛肉炒麺
「にゅうろうしゃおみえん」と言います

DSC00460

牛肉焼きそばです

台湾の炒麺は日本の焼きそばと違って
汁を飛ばしていません
炒める時に使う醤をそのまま残すのが通例です
そのため元々緩いコシの麺が多い台湾ですが
よりそばがふにゃふにゃになるのですが
味は鰹出汁がきいていておいしいです
少しピリッと来ます
ちなみに
汁気がない麺は乾麺と呼ばれます
これは乾燥と言う概念ではありません
具材とゆで麺と醤を和えて作る麺です




さて
明日5/1の退社後からゴールデンウィークの旅に出かけます

明日は羽田に飛び蒲田で前泊します
明後日5/2の朝
私は台北に向けて出発し
翌日5/3は
ブログに来て下さってる方々他の全5名様と
台北でお会いすることになっています
定期記事のアップは一旦お休みさせていただいて
ゴールデンウィーク中は
ライブアップのみとさせていただくことをお許し下さい

定期記事の再開は5月7日の月曜からとなります



asato8686 at 05:00│Comments(8)mixiチェック Share on Tumblr 海外旅行 | 台湾
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

8. Posted by あさと   2018年05月08日 07:32
5 ま〜くさんありがとうございます

JALですと
バンコク線で就航してるので
乗りやすいかとは思ってるのですが
渡航予定がありますね
でも時間の問題でしょう
エンジンもJALの場合は問題のない方ですし
快適に過ごせると思います

日本側のメリットと言うのは
おっしゃるようにインバウンド需要を見込んで
会社のPRと言うことであろうかと思います
台湾側のメリットと言うのがあまり大きく感じられないんです
せいぜい
国光客運で予約で来て
その手数料収入があるとか・・・・・・

7. Posted by ま〜く   2018年05月07日 09:09
> 少し食傷気味です
まだ787シリーズに乗ったことがない私からすると
なんとも贅沢な間隔です(笑)
最近は海外渡航のたびに787に乗ることを画策するのですが
スケジュールが合わなかったり、渡航自体が延期になったりと
どうも相性が合わないようです

WILLERはベトナムにも進出していますね
現地で知名度を上げて、インバウンドの需要を
狙うつもりなんでしょうかね
6. Posted by あさと   2018年05月06日 07:39
5 バアバさんありがとうございます

ガンギというのがあったんですか
寒い所とは無縁でしたので
初めて知りました

おっしゃる通り
歩道と言う定義があって
それが順守されるということは
民度の尺度になろうかと思います
かの国では
歩道はあっても
そこに普通の乗用車が上がり込んで駐車してる光景が
あたり前の様にあります

5. Posted by バアバ   2018年05月04日 20:01
建物下の歩道って、昔の?日本雪国のガンギみたいですね。
歩道が歩道の役割を果たしているのは、気持ちの余裕があると思います。
4. Posted by あさと   2018年05月01日 12:08
5 いはちさんありがとうございます

台北の町中は
MRTが出来てからは
渋滞がどんどん少なくなってきました
その分主要道路の整備が進んでいますが
この写真などは
そう言う道幅の広い道路の状況です
狭い道は相変わらす
建物の1階部分のみです

今回の台湾では
1日目は新しい形態の台湾式居酒屋でワハハ
2日目に寧夏に行きます
1回しか行きませんので
食べるものを決めておいて下さいね

3. Posted by いはち   2018年05月01日 11:05
初めて台湾に行ったときに「歩道はこれ」と教えられて
びっくりした私です。でも、バイクも止まっていなくて
きちんとしていますね。
寧夏の夜市は強烈な印象が残っています。
味もそうですが、活気もそれなりに。
2. Posted by あさと   2018年05月01日 07:32
5 Drさんありがとうございます

エバーの場合は2つの可能性だと思います

A330の後継と言うことで
まず可能性としてはありそうですね
ただもう少し使えますので
入れ代わる時期は先のようです
その時位350-900と330neo?とどちらを選ぶかでしょうか

もう一つは
B777−300ERです
これをかなり導入していますよね
中にはやはりキャパが大きすぎる路線にも使われています
航続距離+773より小さいということで
350−1000の可能性もありそうです



1. Posted by 鉄路迷   2018年04月30日 17:17
350は中華航空に入りましたね。
エバー航空も入れるかなあ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2017年3月 桃園捷運初乗車 1/9ライブ 羽田空港国際線