2017年GW 初の旧ソビエト連邦 10/282017年GW 初の旧ソビエト連邦 12/28
ランキングはこちらをクリック!

2018年07月06日

2017年GW 初の旧ソビエト連邦 11/28

さて
チェックインを済ませた後
世界遺産の旧市街へ散歩に出かけました

DSC00836

ホテルの前の通りはゲティミノ通りという東西に走ってる大通りです
それを東に向かいます

目抜き通りです
途中で道幅も少し広くなりました

DSC00838

きれいな建物がありましたが
これはどうやら劇場のようです

DSC00839

そしてゲティミノ通りの東の突き当りにあるのが
大聖堂です

DSC00840

このカテドラルはビリニュスのシンボルです
13世紀に最初に建造されたのですが
もちろんその後何度も建て直されています
現在の建物は18世紀のクラシック様式の建造物です
大聖堂自体には入場料はかかりませんが
手前にある鐘楼(塔)に登るのには入場料が必要です

大聖堂の方に入ってみましょう

DSC00842

荘厳感あふれる内部ではありませんね

パイプオルガンも豪華ではありますが
歴史を感じるものではありません

DSC00844

その中でひときわ異彩を放つのがここです
聖カジミエルの礼拝所

DSC00843

これは17世紀のバロック様式の礼拝所で
箱よりもこれが価値があるものだそうです

この大聖堂と横にある王宮があるエリアが
ビリニュスの中心で
カテドゥロス広場と言います

カテドゥロス広場から今度は右に曲がります
ビリエス通りを南下します

右手にビリニュス大学が見えてきたあたりで左に曲がって
細い道を道なりに進みますと
聖ミカエル教会が見えてきます

DSC00849

17世紀に建造されて
その後幾度と建て直されています



asato8686 at 05:00│Comments(4)mixiチェック Share on Tumblr 海外旅行 | リトアニア
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

4. Posted by あさと   2018年07月06日 19:15
5 いはちさんありがとうございます

ま〜くさんへのリコメでも書きましたが
ステンドグラスの有無はよくわかりません
宗派の違い・・・プロテスタントかカトリックか
建築様式の違い・・・ゴシックかバロックかルネサンスか
考えられることはこの2つでしょうね

ヴィリニュスの人口は約54万人
宇都宮市位です
多くは新市街とか周辺の住宅に住んでいます
旧市街地区はやはり観光業で成り立っているのだと思います

入場料は記憶にはありませんが
他の有料施設の入場料は2〜3ユーロでしたので
ここが取り立てて高いわけではないと思いますので
それくらいだと思います

3. Posted by あさと   2018年07月06日 18:59
5 ま〜くさんありがとうございます

社会主義国の中央主導の娯楽施設は
どうしてもその威容を誇る必要がありますね
こんな素晴らしいものができる国だと
外だけでなく内に見せる必要がありますからね

おっしゃる通り
ステンドグラスがありませんね
宗教に詳しくありませんので何も言えないのですが
この後2回
記事の中に教会が出てきますが
いずれもステンドグラスがありません
しかし
リトアニアからドイツに戻って見た聖堂には
ステンドグラスはありました
宗派によって違うのかもしれませんね

2. Posted by いはち   2018年07月06日 10:28
確かに大聖堂の中はシンプルすぎて、五島列島にある
ステンドグラスできらびやかな教会内部に比べてしまうと
さっぱりしすぎている気がします。
街中も閑散としていますね。旧市街地にはそんなに
人が来ないのでしょうか。
社会主義の名残を感じる風景です。
塔の入場料っておいくらだったのでしょうか?
1. Posted by ま〜く   2018年07月06日 09:48
立派できれいな劇場があるというのはやはり社会主義だった
頃の名残という感じがしますね。こういう公共施設を
立派な建物にするというのは社会主義国ではよく見られる
傾向のように思います。

大聖堂の内部は白を基調として綺麗な建物ではあるのですが
なにか違和感があるなと思って見ていましたが
ステンドグラスがないんですね。こういう教会には
ステンドグラスが必ずあるものものと思っていましたが
場所によってはそうでもないんですね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2017年GW 初の旧ソビエト連邦 10/282017年GW 初の旧ソビエト連邦 12/28