2018年1月 伊勢で貝を食う 2/32018年2月 久しぶりに関空に帰国した旅 1/7
ランキングはこちらをクリック!

2019年03月15日

2018年1月 伊勢で貝を食う 3/3最終章

五十鈴川駅から特急で1駅
途中無人駅をいくつかすっ飛ばして
約10分弱で着いたのは鳥羽駅です

かつては伊勢志摩観光の中心地だった鳥羽ですが
今ではかなり寂れています
赤福が金をつぎ込んだお祓い町とおかげ横丁
近鉄が大金をはたいたパルケエスパーニャ
やはり資本をつぎ込まねば
古い設備は
古さが売り物にならない限り衰退してゆきます

鳥羽駅の山側にはJRの参宮線があるのですが
そちらの方の出口から出ますと
駅前商店街サザエストリートという
プレハブのお店が4〜5軒連なったのがあります
その中の1件に入ります

DSC02064

まずは泡でのどを清めました

このサザエストリートのお店はすべて焼き貝屋さんで
お店の中に水槽があって
そこに生きた貝や伊勢エビを入れて
注文が入ったら焼いてくれます

全て醤油と酒くらいでしか味はつけませんので
味はどこでも一緒・・・・・とまでは言い切れません
一番手前の一番入りやすいお店などは
焼き貝と称してレンジで加熱していたりします
これはこれで本当は熱の通りが良くてよいのですが
風情がありません

サザエと

DSC02065

やはりこの季節
牡蠣は外せませんね

DSC02066

実はお値段はやはり観光地なので
伊勢神宮や二見の観光貝屋さんとそうたいして変わりません
600円が500円くらいで食べられる感じでしょうか
気持ち安い感じです
しかし
貝が全く違うのです
海女小屋で食べるのとそん色のないものがいただけます

貝を頂いた後は帰路につきます
鳥羽駅からは宇治山田駅まで戻ります

DSC02067

これはサニーカーですね

大阪までは実は特急しまかぜで帰るのですが
鳥羽から乗るのと宇治山田から乗るのとでは
しまかぜ料金に差があるのです

しまかぜに乗るには
乗車券+特急券+しまかぜ料金が必要です
乗車券と特急券は初詣切符に含まれていますが
しまかぜ料金は別払いで
鳥羽から乗りますと
賢島から乗るのと同じ料金になるのです
なので
宇治山田まで普通の特急で戻るのです

さっき五十鈴川から乗った特急も
今度宇治山田まで乗る特急も
実は初詣切符の中に含まれていますので追加は必要ありません

初詣切符には
‖膾絅┘螢△ら伊勢志摩エリアまでの往復乗車券
大阪エリアから伊勢志摩エリアまでの往復の特急券
0棒志摩エリア内の近鉄フリーパス
ぐ棒志摩エリア内の特急券2枚
タ正椶任里土産
この5つがついて5200円です
大阪難波から伊勢神宮最寄りの宇治山田駅まで
特急往復で6240円しますので
かなりの割引切符です

鳥羽からは先ほどの五十鈴川駅に停まって
次が宇治山田駅です

ここで途中下車して15分ほど土産物を選択させました
加えて
しまかぜ内での酒のあても買い込みます

特急しまかぜが入線してきました

DSC02068

横のやかましい学生たちが雄たけびを上げていました
「よおし!宴会列車!」
まあ
観光特急ですからね

私たちが取りましたのはサロンカーという半個室です

DSC02070

片側に部屋がある欧州内のコンパートメント車両のような感じです
6人部屋ですが4人で押さえることができます

DSC02069

はい
ここで宴会です
先程のやかましい学生たちは
隣のコンパートメントでした

DSC02071

宇治山田からは1時間半で大阪に着きますので
本当にあっという間に宴会は終わってしまいました

私が宇治山田駅で買ったお土産はこれです

DSC02073

和歌山県尾鷲のさんま寿司です

尾鷲というのは日本で一番降水量の多い都市で
和歌山県に属するのですが
文化圏は三重県奥志摩地方になります

DSC02074

さんまが3種類の押しずしになったものです

青魚大好きです
鯛より好きです



asato8686 at 05:00│Comments(6)mixiチェック Share on Tumblr 国内旅行 | 伊勢
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

6. Posted by あさと   2019年03月16日 20:06
5 Drさんありがとうございます

私一人で伊勢に行ってた頃は
真剣に1泊することを考えていました
ただこの鳥羽や二見にはホテルがないんです
観光ホテルはたくさんあるのですが・・・高い
民宿は・・・いや
そうなると伊勢市内か松阪になります
すこ〜し海鮮場所からは離れるんですよね

5. Posted by Dr.鉄路迷   2019年03月16日 15:24
牡蠣とサザエ、いいですねえ。
こうなったら私、帰るのが面倒くさくなるほど吞んじゃいますよ。
こういうところは近くに宿がないとダメです。
4. Posted by あさと   2019年03月15日 19:45
5 いはちさんありがとうございます

30年前の話ですが
志摩観光に行って民宿に泊まった時
民宿のおばさんが
漁港に行ってサザエを買うときは大体1匹10円って言ってました
もちろん観光客が行くとその5倍くらいはとっていたのでしょうね
今はいくらくらいなんでしょう・・・・

彼らは最初はテンションが高かったのですが
季節柄伊勢を出ますとしばらくで外は暗くなります
ビールを飲んだ後は学生さん眠っていました

3. Posted by あさと   2019年03月15日 19:41
5 ま〜くさんありがとうございます

しまかぜは単なる観光特急の中でも
「探検できる観光特急」です
どんなに展望が良くても
編制すべて同じ車両なら
面白みを感じられません
よく私が空港ラウンジのことで
「面白みのないラウンジ」ということを書きます
ラウンジの中がすべて同じ造りのラウンジなどをそう言っています

2. Posted by いはち   2019年03月15日 13:23
ここで貝が出てくるわけですね。
サザエは普段自分で採ってたべるけど
牡蠣はなかなか食べられないのでやはり
ここに行ったら牡蠣に手が伸びるでしょうね。
これでこの値段なら安いと思いますよ。
宴会列車ですか〜。うまいことを言いますね。
まあ、ある程度覚悟してこの半個室を選んで乗るとは
思いますが、騒ぎすぎには注意が必要ですね。
1. Posted by ま〜く   2019年03月15日 10:16
しまかぜは特徴的なフォルムをしていますね
関東の列車と比べると個性的な形をしているものが多いので
テツな人には楽しめそうな感じです
人数が集まればこうしたサロンカーに乗るのも
楽しそうです

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2018年1月 伊勢で貝を食う 2/32018年2月 久しぶりに関空に帰国した旅 1/7