2018年10月 2018最後の沖縄 2/3コラム 060 タピオカミルクティ
ランキングはこちらをクリック!

2019年08月23日

2018年10月 2018最後の沖縄 3/3最終章

さて
この時の沖縄行きは
行きも帰りも東京経由でした

朝早く起きていませんので
スイートラウンジでは遅い朝食です

DSC03044

このなんとも地味なオニオンスープが
私の一番のお気に入りです

乗りましたのは11:45発の成田行き
ANA2158便です

DSC03046

使用機材はB767−300ERです
ERかそうでないかは
これもANAの場合は壁材の色で判断してますが
機内ではオーバーヘッドビンの形状も判断材料です
777型の降りてくるタイプならER
747のようなふたを閉めるタイプなら旧型です

DSC03047

帰りはなぜ成田にしたのかと言いますと
プレミアムクラス料金では
羽田経由よりかなり安いからです
伊丹行きとさほど変わらない価格なんです
じゃあ
行きも成田経由にすれば・・・と思うのですが
成田発那覇行きは夜便になりますので
那覇に着いたらホテル直行で部屋で飲んで寝るだけになります
しかし帰りに利用しますと
成田着は14時過ぎ
17時前後の各地行きの国内線にゆとりで乗り継げます

成田行きは若干のディレイで出発しました
私としては成田でかなりの余裕を持ってますので
ディレイしてもまったく構いませんでした
南から北に向かっての離陸です

DSC03048

離陸直後見える環礁は名前がわからないのですが
このあたりで一旦エンジンの出力を落としますよね
今は理由もわかって慣れてますが
最初のころ
理由がわからないのでかなりの恐怖でした

プレミアムクラスのお弁当は昼食仕様

DSC03049

羽田便と違って
昔からあるお弁当ですね
手前がホットミール
前のほうのがコールドミールで
飲み物もシャンパンでなくスパークリングワインです

成田ではやはりこの便は沖止めで
到着後バスに乗ってターミナルビルに移動しました
LCCの一部がPBBを使ってるのに
ANAは成田では沖止めが多すぎます

成田ではANAラウンジにいたのですが
アメリカからの便が到着した後大混雑になりましたので
ラウンジを出て過ごしました

DSC03051

成田の国内線出発エリアは
1時間の間にほとんどの出発便が重なるため
いつも大混雑です
エスカレーターからセキュリティまでの通路が長いですよね
その通路を利用して
セキュリティをもっと手前に
通路の途中に作って
今のセキュリティの位置に売店や喫煙所などの設備を移し
階下の出発ロビーをもっと広くしなければならないと思います

乗りました飛行機は18:10発の伊丹行き
ANA2179便です

DSC03050

この便だけは国内線の中でもPBBで搭乗します
なぜなら
使用機材がB777−300ERの国際線機材だからです

DSC03053

はい
国際線用の機材ですからね
国際線と国内線の共用できるゲートに国際線で着いて
国内線で出発するという運用がされています

プレミアムクラスは
その機材のファーストクラス部分8席が充てられています
ビジネスクラス部分は普通席ですが
予約時に選択できるのは限られた会員レベルの人になります
もちろん一般の人も当日空きがあればリクエストできます

プレミアムクラスのお弁当は夕食仕様ですが

DSC03054

成田の国内線のケータリングは最低です
いつでもダメです
確かに羽田などの幹線空港と比べると
圧倒的な国内線の便数の少なさがあるのですが
ここより便数の少ない地方空港だってあります
それでも各地域のケータリングは一所懸命にやってるのですが
成田はそういうことは一切ありません
千葉県という地域色すら出していません

最後に
伊丹空港への最終着陸態勢に入ってからの大阪市の夜景です


これをどうやって撮ったかは
Dr様ならお分かりになると思います(笑)
私も真似してみました



asato8686 at 05:00│Comments(6)mixiチェック Share on Tumblr 国内旅行 | 沖縄
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

6. Posted by あさと   2019年08月24日 10:44
5 ま〜くさんありがとうございます

ANAでも基本はそうなのですが
ANAの場合
伊丹線の773
米軍御用達の那覇線の763以外は737とIBEX機です
当然沖止めの割合が増えます

私がまだプラチナ会員だったころ
成田発着のANA国内線は
どんな機材を使ってようが全て普通席扱いでした
その後プレミアムクラス
当時はスーパーシートと言ってましたが
そのサービスが始まりました
その時の伊丹線は744の場合
ビジネスクラス以下はすべて普通席
ビジネスクラスは上級会員優先開放
FクラスはANAが当日にある顧客のみアサインしていました
当時はダイヤなんてランクはありませんでしたので
何らかの子お客リストや株主だったのでしょう

5. Posted by あさと   2019年08月24日 10:37
5 いはちさんありがとうございます

このころは
羽田発着と5000円以上の差がありました
この冬はどうなってるんでしょうね
ただサービスが全く違います
羽田発着が特別なんです

東京拠点ですと
日帰りは無理ですね
夜ついて翌昼発ですから
那覇拠点ですと可能ですが
成田滞在時間が4時間程度です

4. Posted by あさと   2019年08月24日 10:34
5 Drさんありがとうございます

この環礁は本当に一度上陸したいですね
そう
多分上陸はできないと思いますが・・・・・

はい
その格好で何度かとったことがあります
おっしゃるようにこの時は
国際線機材のFくらすですから
個室です
プレミアムクラスでもしたことがあります

3. Posted by ま〜く   2019年08月23日 09:43
JALも成田の国内線は沖止めが多い印象があります。
ただ沖止めになるのはエンブラエルとか737の小型の飛行機で
767クラスではなかなかないように思います

国内線でも国際線機材にあたるとファーストやビジネスの
座席に座れたりするので以前はそれを狙って予約することも
何度かありました。
2. Posted by いはち   2019年08月23日 08:21
なるほど、成田〜那覇はプレミアムクラスでも
運賃は安くなるのですね。
この路線はまだ未踏だったと思うので乗ってみたい
です。が、一日で往復は無理みたいですね。
成田のケータリングってあのホテルの奥にある
施設で作られているような気がします。
1. Posted by 鉄路迷   2019年08月23日 07:18
那覇への離着陸直前直後に見える環礁はチービシですね。
船で行って泊まることもできます。

あら、私のようにヘンタイな格好で夜景を撮ったのですか。
ファーストクラスの座席なら目立ちませんが、普通席でやると、それはそれは目立ちますよぉ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2018年10月 2018最後の沖縄 2/3コラム 060 タピオカミルクティ