2018年11月 予定になかった台湾 3/82018年11月 予定になかった台湾 5/8
ランキングはこちらをクリック!

2019年09月04日

2018年11月 予定になかった台湾 4/8

この時のアジトはDr様もよく知る花華大飯店です
花華?
華華ではなかったでしょうか

DSC03091

どうやら現地の運営会社の経営が変わって
名前も少し変わったようです
日本での窓口は
ペリカン石鹸で変わりはありません

DSC03090

フロントは変わりがありませんが
この場所に祠が出来ていました

DSC03089

ここは以前は陳爺が待機していた場所です
フロントの小姐に聞くと
定年で退職したとのことですが
そもそも陳爺って世間で言う定年は
20年以上前に越えてるはずです
多分
もっと違うことが起こったのだと思いました

このホテルの朝食は
本館内のセブンでのパンとコーヒーか
別館内のカフェでのパンとコーヒーでしたが
今では別館の地下のスペースに
朝食会場が作られています

DSC03092

この左の階段を降りていきますと
ブッフェ会場になっています

DSC03093

この辺りは経営が変わって良くなった点でしょうね
ちゃんと野菜もとれますが

DSC03094

オレンジジュースだけはダメです
果汁なしのタイプです
これ台湾の中級ホテル以下では多いです

そもそも
欧米式朝食で
なぜオレンジジュースがあるのかを
理解していれば
こう言うものを出すはずはないのです
あれは
野菜の少ない欧州でビタミンCを摂取する手段なのです

2日目はお昼過ぎまで
彼の勝手にさせました
半日は自力で行動せよと言ってましたので
彼なりに考えたのが
港町基隆と乾物や漢方薬問屋迪化街でした

一応私のチェックを入れて
迪化街は雙連の朝市を含めて
午前中に一人で行かせ
基隆は午後
十份を加えて私がついていく…にしました

まずは十份からです

DSC03095

筥光号で猫村の駅「猴硐」まで行き
そこで平渓線に乗り換えました

DSC03102

一応ここも希望のようです

十份ではランタンをあげさせて
その後は大滝に行きました
私はランタンをあげていませんよ

DSC03096

大滝へは
以前I氏やT氏と行った時とは違うルート
川沿いを歩くルートでを使いました
以前ビール休憩した場所の下で合流するルートです

DSC03098

大滝は以前来た時と比べて
水量も多くて迫力がありました




asato8686 at 05:00│Comments(6)mixiチェック Share on Tumblr 海外旅行 | 台湾
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

6. Posted by あさと   2019年09月04日 17:55
5 ま〜くさんありがとうございます

今の日本人の場合
無理して飲まなくても
緑茶やそのほかの菜っ葉類から
ビタミン類は豊富に摂取できます
そういう条件下で育った民族には多分理解しにくいでしょうね
欧州人が世界中に出かけても
食に関してかたくなに保守的なのは
1つの理由として
選択肢の少ない食材で育っているため・・・
というのもあるかもしれません
地中海沿岸以外
元々食料の豊富な土地の民族ではありませんからね
その証拠に
世界的な料理の地域は
フランス・イタリア・トルコ
全て地中海沿岸です

5. Posted by あさと   2019年09月04日 17:49
5 Drさんありがとうございます

ええ・・・・・
私もそう思いました
私が最後に陳爺に会ったのも
同じ2016年の3月です
その後この時の訪問まで2年半ありますから
何かあったとしても十分な時間です
あの人の日本語は他の人とレベルが違いました
イントネーション
てにをは
完璧に教育を受けた人でしたね
加えてお人柄
ある時代の台湾を代表するホテルマンです

4. Posted by あさと   2019年09月04日 17:42
5 いはちさんありがとうございます

はい
卵料理やソーセージ・ベーコン・ハムなどは
アメリカンブレクファストで現代の朝食です
伝統的なのはコンチネンタルブレクファスト

.僖鵑肇丱拭次Ε繊璽
OR
シリアルとミルク
OR
オートミール

▲魁璽辧
OR
紅茶

フレッシュフルーツ

のフレッシュフルーツが
ジュースにとってかわったのです
なので
それを人工物のシロップドリンクに置き換えるのは
本来大きな間違いなのです

欧州の食事では
ビタミンÅ・カロチン類は
トマトやパプリカ・ビーツなどでとれます
ビタミンB群は肉類でとれます
ビタミンCが取りにくいのです
欧州の果物はリンゴやベリー類が中心
ベリー類は祖もその量が少ない
リンゴはCを多く含みません
なので柑橘類は貴重だったんです
そもそも柑橘類は地中海沿岸の温暖なヨーロッパでしか育ちません
なので現代では略されてジュースになってるのです

朝食のジュースって
ほぼ柑橘ジュースでしょう?
東南アジアではいろんなジュースが用意されていますが
あれは本来の目的とは違って
珍しいもの提供です

3. Posted by ま〜く   2019年09月04日 10:14
欧米の朝食ビュッフェでオレンジジュースを置いてある理由は知っていましたが、オレンジを体が受付けないので私は飲んだことがありません。グレープフルーツジュースの場合もありますが、こちらは飲めるものの普段から飲んでいる薬の関係で基本的には避けたほうが良いといわれています。ですのでビュッフェでジュースってあまり飲んだことがないんです。

この時も十份に行かれたのですね。あさとさんにとっては何度も言った場所ですので、あまりご興味のない様子が文章からも伝わってきます
2. Posted by Dr.鉄路迷   2019年09月04日 08:30
あの爺さんがいたところに供物があるということは・・・。
私が最後に爺さんを見たのは2016年の1月1日です。
ホテルの周りの掃除をしていて少しお話ができました。
あの爺さんがいたから泊まっていたという人も多いはずです。

1. Posted by いはち   2019年09月04日 08:13
なるほど。オレンジジュースが出るのはそういった
意味があったのですね。
そういえば台湾の朝食でオレンジジュースを飲んだのは
阿里山だけだったかもしれません。
猫の駅の猫は首輪をしているのですね。駅の外に
出られたのでしょうか?
滝の水量が私が行った時よりも確かに多いですね。
迫力があります。あら。あの橋を渡ったのですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2018年11月 予定になかった台湾 3/82018年11月 予定になかった台湾 5/8