2018年11月 予定になかった台湾 5/82018年11月 予定になかった台湾 7/8
ランキングはこちらをクリック!

2019年09月09日

2018年11月 予定になかった台湾 6/8

台北3日目
奴にとっては帰国日ですが
私はもう1泊します

花華大飯店の朝食では
野菜もとれますが
中華のおかずもありますので
それをトッピングしました

DSC03122

台湾では
野菜サラダのドレッシングは
長い間サウザンアイランドだけでした
今は和風とかが人気ですが
ランクの下のホテルでは選択の余地がないのです
ここもそうでしたので
お粥用の味の濃いおかずをトッピングしたんです

奴を桃園空港まで見送って
私は少し板橋によってから花華に戻りました
そして引っ越しです

花華に泊まっていたのは
奴の要望でした
台北ではこのホテルには2度泊まってるので
彼にとっては慣れていて場所感があり
自由行動のあと確実に戻れる点
そして何よりお値段ですね

引っ越し先のホテルは
私の常宿です

DSC03130

1番奥のスイートルームを壊して
ラウンジにしたことは書いたと思います

DSC03131

今回は利用者がいなかったので
写真を撮れました

DSC03132

簡単なキッチンもありますので
軽食もここで食べられます
もちろん自力で調理です
何よりもコーヒーマシンがあるのが
私にとって何より嬉しいことです
いつも私はコーヒーの挽いた粉と砂糖とポーションを持ってゆきますが
このアジトを利用すると
その日数分持ってゆく量を減らせます

昼からはゴロゴロして
日が暮れてから寧夏街に出ました

この時は新しいものにチャレンジするつもりでした
まずはいつものやつ

DSC03123

赤肉蒸餃と酸辣湯
そして初めての挑戦は
起司章魚焼

DSC03125

起司はチーズですね
章魚はタコです
意味としては焼きだこのチーズがけですが
看板の絵からするとチーズ入りのたこ焼きです

DSC03124

ただ
たこがサイコロ状の切り身ではなく
小だこのゲソの部分が
まるごと1匹1個に入っています

DSC03126

あとはたこ焼きそのものです
ソースを塗り
木の舟に盛り付けています
確実に日本の様式ですが
私としては葱のトッピングが嬉しい限りです

お味はね
こんなものだ……です
このお店は
なぜたこ焼きはうまいのかが
よく分かってないようです
1にソース2に生地です
2を全く気にしてないようでした

大阪のたこ焼きを見るとわかると思いますが
最初の生地・・・しゃぶしゃぶですよね
そのくらい薄くなければならないんです
ここのは少し濃い目で
焼き上がりは団子状態
味は生地に出汁を入れてないのか
メリケン粉の味しかしませんでした

最後は串焼き屋さんで焼鳥です

DSC03127

日本と華圏
焼鳥串焼きがどっちか上かと比べるのは
無意味なことです
どっちもお店によるわけです

DSC03129

ただ
私が思うに
日本の焼鳥は焼くことに重きがあります
そこに執念のようなこだわりがあります
そしてタレですね
華圏のは焼き方のこだわりが
日本ほどではないように思います
味付けで他店との差をつけてるようですね



asato8686 at 05:00│Comments(6)mixiチェック Share on Tumblr 海外旅行 | 台湾
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

6. Posted by あさと   2019年09月13日 10:04
5 いはちさんありがとうございます

ここの酸辣湯は
私が昔から飲める感じでしたので
いはちさんでも辛くはないと思いますよ

タコ焼きとチーズは本来相性は良いのですが
問題はチーズがどこにあるか・・・です
トッピングとしてのチーズは良いのですが
中に入れ込むと
生地とチーズの味がごっちゃになります
生地の出汁味と
チーズの味が別々にあった方が良いのです

5. Posted by いはち   2019年09月12日 13:08
酸辣湯は大陸での晩御飯の時はなからず
注文していた品です。今度行けたらチャレンジ
させてください。
チーズ入りたこ焼きですか。見よう見まねで
作ったのか?あじはそんなものでしたか。
4. Posted by あさと   2019年09月11日 06:52
5 Drさんありがとうございます

日本の料理のめんどくささは
理由があってのめんどくささですね
その理由が理解できないと
自分達の文化や慣習やめんどくささで
省略や変更が行われます
もちろんそれが
その土地でプラスのことになれば
進化という意味で成功ですが
そうそう起こることではありません
美味しさの追求につきるのです

3. Posted by あさと   2019年09月11日 06:48
5 ま〜くさんありがとうございます

たこ焼きも大阪では全て美味しいわけではありませんが
やはり一番の勘違いは
お好み焼きの生地と同じような生地を
使いがちだと言うことです

何回も大阪に来られてらっしゃるので
たこ焼きの記事が
大変水っぽいことはご存じの通りです
あれだからこそ
外側がカリッと焼けても
中にまだ水分が残った状態になれるわけです

おっしゃる通り
日本の焼き鳥は焼き方ですね
タレはもちろん各店特徴がありますが
基本はほぼ同じです

2. Posted by Dr.鉄路迷   2019年09月10日 08:52
常宿に移動したのですね。
台湾の食べものって日本の料理を見よう見まねでやっているところがあるとおもいます。
だから、なんか違う・・・?になってしまうんですね。
もう少し勉強してくれたらもっと流行りそうなんだけどなあ。
1. Posted by ま〜く   2019年09月09日 12:24
たこ焼きはやはり大阪で食べるものと比べると
なかなかそれを超えるものは難しいでしょうね

焼き鳥はシンプルな料理だけに、どこにでも似たものは
ありますが、焼き方はやはり日本のが確かに一番こだわって
いますよね。もちろん中まで火が通っていないのは論外ですが
焼きすぎると硬くなりますので味を損ねます。海外ではこの
兼ね合いがわからず火を通しすぎるように思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2018年11月 予定になかった台湾 5/82018年11月 予定になかった台湾 7/8