2019年3月 受動喫煙法直後のバンコク 07/102019年3月 受動喫煙法直後のバンコク 09/10
ランキングはこちらをクリック!

2020年01月22日

2019年3月 受動喫煙法直後のバンコク 08/10

バンコクから台北に着いて2日目
台南に向かいました
台湾の中では私はこの都市が一番好きです

新幹線の台北站は
ホームにAEDも用意されるようになりました

DSC03736

この装置も日本製です
某国製だと
いざという時作動しなかったら大変ですからね

左営行きが入線してきました

DSC03735

この日は台南日帰りですので
予め対号座を買っていました
対号座の時は商務座にしています

DSC03738

値段的には
自由座と普通対号座の差はほとんどありません
なのでわざわざ対号にするときは
商務座で静かに過ごしたいんです

DSC03737

最近はこの茶菓子も2択制になっています
大概が洋菓子なのですが
たまに中華菓子があったりします
これなどはなぜ日本語表記があるのか
日本のメーカーの台湾進出品なのか
日本語を表記すれば
格が上がるという戦略なのか……

台湾高鐵の車内トイレは
飛行機のトイレ並みに狭かったのですが
最近は多目的トイレも見かけられます

DSC03739

改装したのか
或いは新規導入車両からなのか
その辺りはDr様の方が詳しいはずです

台鐵台南站前は日本人にとっては
大変面倒臭い造りになっています

DSC03740

ロータリーの向こう側に行こうと思うと
地下通路を通らなければならないようになってます
たいした道幅でもありません
なので私は大阪人の習性で
多くの台湾人と同様に道を渡ります

この時行きましたのは
今まで近くを通りながら
寄りもしなかったお廟です
3つほど行きましたが
印象に残ってるのがここです

DSC03741

開隆宮と言います

DSC03742

細かい装飾と
7人の天女というのに引かれました
道教のお寺の場合
偉人や豪傑が祭られている場合が多いですが
女性の場合は大抵寄ってみます

DSC03743

この辺りは行かれた方なら覚えてらっしゃると思いますが
歴史の小路がうねうねと
路地裏に続いています




asato8686 at 05:00│Comments(4)mixiチェック 海外旅行 | 台湾
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

4. Posted by あさと   2020年01月22日 13:47
5 いはちさんありがとうございます

台湾での日本製と
昔の日本でのフランス製は
同じ意味合いでというか
製品として格上であるということもそうですが
日本製は安全であるという代名詞ですね

そう言えば
もう今の若い世代には
ハイカラも舶来品も
言葉としてはわからないでしょうね
私でさえ舶来品は
漢字がわかるまで使い方と語源が結びつかなかったですから
ナウいやトレンドも死語になってます

はい
ロータリーは渡ってから撮影しました
台南駅を入れようと思ったのですが
残念ながら工事中でした

3. Posted by いはち   2020年01月22日 11:33
お菓子の日本語表記、昔の日本では英語で表記
されているとハイカラなイメージがありましたね。
私の子供のころは「フランス製」なんて日本語でも
書かれていたりして、本当に?と思ってしまったのですが。
確かに日本語で書かれていると手が伸びてしまいそうです。
ロータリーの写真は奥に写っているのが台南駅でしたっけ。
暖かそうな写真ですね。
2. Posted by あさと   2020年01月22日 10:30
5 ま〜くさんありがとうございます

台湾における日本語表記は
1つは一番多い外国人である日本人のためのもの
もう1つは台湾人向けのもの

台湾には日本のものが溢れているのは
多分皆さんご存知だと思います
なので日本語を表記すれば
由来が日本にあるような錯覚が起こります
そこを狙ってのものも多くあります
特にひらがなの「の」の表記が多いです

まあ台湾新幹線の車両は日本製ですからね
ただ初期導入車両にはありませんでしたので
新規導入分か改装でしょうね

1. Posted by ま〜く   2020年01月22日 09:37
新幹線の茶菓子、日本語表記はあるものの微妙な
漢字の日本語になっていますね。

新幹線の多機能トイレは列車内とは思えないほど
広いように感じます。海外であまり多機能トイレは
見たことがないですが、こちらの物は日本のものと
同じ感じですね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2019年3月 受動喫煙法直後のバンコク 07/102019年3月 受動喫煙法直後のバンコク 09/10