2019年GW 新機種に乗って欧州へ 16/222019年GW 新機種に乗って欧州へ 18/22
ランキングはこちらをクリック!

2020年03月23日

2019年GW 新機種に乗って欧州へ 17/22

機内食サービスは
離陸後20分後位から始まりました
全てオーダーを受けてのサービスです

食前酒はドイツワイン
名前はわかりませんし知識もありませんが
良いものを積んでるはずです

DSC00242

アミューズはプリンではありません
チーズです
あっさりとした酸味のある
無発酵のチーズだと思います
日本で言うと豆腐でしょうね
トッピングにトマト
そしてエクストラバージンオイルがかかっています

食前酒をチビチビやってますと
テーブルセッティングにやって来ました

DSC00243

セットされた後
好きなパンを選びます

我々が勘違いしているパンの食べ方ですが
前菜やらメインコースやらの食べるものが
出ていないときに食べるのが普通の食べ方です
お料理と一緒にご飯のように食べたり
残ったソースを絡めとるものでは本来ありません

アジア圏の航空会社のビジネスクラス機内食では
前菜のプレートが出てからパンが配られます
これは
テーブルセッティングが省略されているからです
テーブルセッティングがある場合は
パンのあとに前菜が来るのが普通です

機内食の選択は行きと同じで
たくさんあるメニューを見て
好きなものを組み合わせてオーダーしなければならないのですが
最初のキャビアは断らない限りサービスされます

DSC00244

今回はいやしく慌てて食べずに
きれいな状態で撮影できました
お皿の上の布袋はレモンが入っています

前菜は3つ選択しました

DSC00245

全てサラダです
パスタもありますが
コースサービスでは
パスタは前菜として見なされます
メインとの兼ね合いで多く注文したのです

そしてスープ

DSC00246

これもほうれん草のスープだったので
前菜が多いかな…とも思ったのですがたのみました
結果的には一皿は小さいのでちょうど良かったです

私がメインに選びましたのは
この季節の
これぞドイツと言うメニューです

DSC00247

ホワイトアスパラのチーズソースがけ
シュパーゲルと言いまして
ドイツに春を告げるお料理です
日本で言いますと
筍や菜の花のような感じですね
普段は添え野菜になるアスパラガスですが
この季節だけは
ポテトを添え野菜としてメインをはります
これも今回の旅行の目的の一つです
この野菜のメインを選んでいましたので
前菜を多目にしたんです

デザートはババロアとアイスのストロベリーソース

DSC00248

美味しそうでしょう?
でも甘いんです

最後はコーヒーとチョコで閉めました

DSC00249

基本欧州ではこの時エスプレッソなのですが
私はあまり好きではないので
普通のコーヒーを頼んだのですが
ルフトハンザのファーストクラスのコーヒーは
イタリアンなマシーンでの1杯づつ点てたものでした
う〜ん……微妙です



asato8686 at 05:00│Comments(4)mixiチェック 海外旅行 | ドイツ
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

4. Posted by あさと   2020年03月24日 11:36
5 ま〜くさんありがとうございます

ま〜くさんの頃は
もうスーパーでグリーンアスパラが買えた時代でしょうか
私の小学生の頃は
アスパラと言えば
おっしゃるような缶詰のホワイトアスパラしかありませんでした
なので私の場合は
グリーンアスパラが普及して
食べた時が衝撃でした

はい
西洋料理ではその最後にデザートがあるのは
コーヒーなどを楽しむためだけのものではありませんからね
ここでANAの勘違いがあるんです
穴の機内食に世界的に有名な
ピエールエルメ氏を採用しています
彼の作るスイーツは素晴らしく
文句もないのですが
デザートとして使うには
少し味の方向が違うと思うのです
アフタヌーンティーやなんかで使われる
果物や酸味がかったクリームなどは
やはりでざーとには合わないような気がします

3. Posted by あさと   2020年03月24日 11:26
5 いはちさんありがとうございます
ファーストクラスの食事ですから
見た目は全て美味しそうです
でもね
フランクフルトのケータリングは
ごくごく普通です
シュパーゲルは単純なお料理ですので
美味しかったのですが
前菜に選んだサラダ類は
こんなものか…という感じでしたね

パンをソースの残りを食べるのに使うのは
基本的少しお行儀か悪いのですが
そういうことまでしても美味しくて
食べたかったという
意思の表示法としてあるようです

2. Posted by ま〜く   2020年03月23日 12:05
ドイツの春の食材と言えば何と言ってもホワイトアスパラですよね
私が子供の頃は缶詰のものしか食べた事がなくべちゃっとして
なんとも美味しくないものだと思っていましたが、大人になって
ちゃんとしたものをちゃんとした食べ方をして、見方が大きく
変わった食材です。

和食と違って西洋料理では料理に砂糖を使う事が少ないので
デザートで糖分調整をするので、甘いデザートになることが多いですね
1. Posted by いはち   2020年03月23日 11:53
きっちりとした上質な食事内容のようですね。
どれも美味しそうです。
アスパラのチーズソースがけ。これだけで
私はワインの一本くらい開けられるかもしれません。
パンの食べ方。勉強になりました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2019年GW 新機種に乗って欧州へ 16/222019年GW 新機種に乗って欧州へ 18/22