2019年1月 バンコクの美味い屋台麺 7/7最終章2019年1月 お祓い町で新メニュー 1/3
ランキングはこちらをクリック!

2019年12月04日

コラム 061 大阪人と味噌

私が直接お会いした人には話したことがあるのですが
もしかしたらこのブログの中にも書いたことがあるかもしれません
私の食生活の中に

皆様と大きく異なる点が2つございます

’鯣咾嫌いだ
¬A構舛楼まない

,亡悗靴討魯レーは食べるし
チャーハンも食べます
いわゆる何の調理も味付けもしていない白ご飯が嫌いだということです
間違いなく私自身の好き嫌いだと思います

今日は△亡悗靴討任

ANAのプレミアムクラスにおきましても
出てくるお弁当の味噌汁はほぼ飲みませんし
スイートラウンジでも味噌汁をいただくことはまずありません
ホテルの朝食でも全く同じです
海外での滞在がが長くなると
ご飯粒と味噌汁が・・・・なんてことが言われますが
私は1度も思ったことはありません
そして何より
「おふくろの味」は
間違いなく
味噌汁では100%ありません

生まれて物心ついて50年以上たちますが
このことは私個人
あるいは私の育った家独特の
食習慣なのだとずっと思っていました

私の家では味噌はあくまでも調味料の1つで
ぬたや豚汁や正月のお雑煮に使ったりすることはありました
しかし味噌汁は
「今日味噌汁にしたで〜」と数か月に1回言われない限り
食卓に上ることはありませんでした
その時の味噌汁の存在位置は
豚汁とまったく同じで
汁気の多いおかずの一つ・・・・・でした
なので具材もネギだけ・豆腐だけ・油揚げだけではなく
何かしら3つほど入れて出てきていました
どなたかに言ったことがあると思いますが

「私にとっては味噌汁はone of soupにしかすぎない」

小学生のころは給食でした
50年前の小学生ですから給食はパンと牛乳です
味噌汁なんてものの出番はありませんでした
中学生の時は弁当
当然味噌汁の様な汁っけはなし
高校生の時は学食の定食+そば類
味噌汁はついていませんでした
大学の時は・・・
私は皆さまと違って
昼間にキャンパスに通う学生ではありませんでしたので
当然学食利用は無し
街中での食事やバイト先のまかないでした
この時に東京の定食に味噌汁がついてることを知ったのです

それから30年余り
先月のケンミンショーでようやく答えがわかりました
私だけではなかったんです

ケンミンショーは長い間大阪ネタをしていますが
ここ最近これまでやってきたことを覆すような事実を
発することをしだしました

大阪人は串カツを食べない

これは代表的な事実です
皆様にも言ったことがあると思いますが
串カツは大阪人の普段の生活に入り込んだ食べ物ではありません
あれは肉体労働者が仕事帰りに1杯やる時のあてです
普通の大阪人はあんなものを食べませんし
食べるときは他県民を連れてゆく時・・・
新世界に行った時・・・位です

そして先月末

大阪人は味噌を食わない

とうとうこれを放送してしまったのです
目からうろこ・・・いや
涙が出るほどうれしかったです

もちろんすべての大阪人がそうだとは言いません
大阪も東京と同じくいろんな地方の人が集まってる大都市ですから
味噌のない生活なんてありえない人もいらっしゃいます
しかし
関西人の朝食がパンが多いのと同じように
大阪人は味噌汁を飲まない人が多いのです

子供のころ
母親のお使いで味噌を買いに商店街に行った時も
100gくらいまでの量しか買いませんでした
当時はスーパーマーケットができた当初ですから
ほとんどのものはまだ商店街のお店で買いそろえていました
味噌は「量り売り」で「少量買い」のものだったのです

番組では
冷蔵庫の中でガビガビになって眠ってる・・・とか
出されたら飲むけどなかっても全然困らん・・・とか
世の中からなくなってええもんの一つや・・・とか
多少デフォルメされたおっちゃんの話が引用されてましたが
大筋うなづけました

私の家では
味噌は冷蔵庫の中にもなかった
出されてもおいしくなければ飲まない
ネギだけとか具材が少ないのは信じられない
確かに世の中からなくなったところで
次の正月の雑煮までは気づかないであろう・・・・・・
そんな感じです

これ
多分
大阪だけだと思いますよ
同じ近畿圏でも周辺は少し事情が違うように思います



asato8686 at 05:00│Comments(6)mixiチェック コラム | 生活
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

6. Posted by あさと   2019年12月07日 19:17
5 Drさんありがとうございます

京都のお料理に白みそ・・・というのも
ステレオタイプの感覚だと思います
確かに関西には白みそを使ったお料理が
東日本よりはずっと多いのは確かでしょう
女子がおっしゃってる白味噌というのは
関西人が考える白味噌であって
東日本の人の考える白みそとは少しニュアンスが違うと思います

鰆によく使う「西京焼き」
白味噌を使うと思われていますが
それは間違いではないのですが
我々は「白味噌で西京焼き」ではなく
「西京味噌で西京焼き」と考えます
同じように
関西のお雑煮は白みそ仕立てであることに間違いはないのですが
「白味噌でお雑煮」ではなく
「雑煮味噌でお雑煮」なのです
西京味噌や雑煮味噌とは違う白味噌を
関西人は白味噌と考えるのだと思います

5. Posted by Dr.鉄路迷   2019年12月07日 11:19
私も味噌汁はあっても無くても文句ない人です。
あったら勿体ないから・・・程度です。
女史は
「京都でもふだんは白味噌はつかわん」
だそうです。
4. Posted by あさと   2019年12月05日 10:29
5 いはちさんありがとうございます

私の世代以降納豆は食べるようになっています
これは食のクローバル化というよりは
健康に良いという情報が広がったことが大きいです

味噌を食べないと言う点では
番組の出してる見解(ま〜くさんへのリコメの最後)が
正しいのかもしれません
あえて味噌味などにしたり
発酵食品にしたりする必要もなかったのだと思います
でも味噌汁を普段飲まないと言うのは
また別の意味もあると思います
大阪は商人の町でしたから
いろんな点で合理的な慣習があります
明治以降朝食がパンと言うのが普及したのも
手っ取り早い
朝作る必要がない
ごみを捨てるだけ
こう言う要素が大きいかと思います
また
大阪名物のうどんも
本家の讃岐や東の蕎麦文化と違って
ほぼ全てかけうどんです
ここに汁物と主食(うどん)を1杯で済ますことが見えます
汁物をあえて食することを別段用意しない……
その精神で汁物を食事の中で別にすることがなかったんだと思います
これは合理性と
汁椀をあらうてまもふくみます
3. Posted by あさと   2019年12月05日 07:05
5 ま〜くさんありがとうございます

難しいところですね
関西において(特に大阪)そもそも家庭での食事に
何らかの汁がつく……
このかたちががあまり無いと言うことを念頭に置くと
分かりやすいかもしれませんね
京都では多分洛内と北の方とでは全く違うと思います

ま〜くさんが日本らしい朝ご飯と言う点で作られているのは
お母様と言うかご実家の朝の形を基本に
さらに日本らしさを加味されてるのだと思います
それを関西で家庭の基本を再現しますと
あくまで都市部に限りますが
味噌汁もご飯も無いことが多いのです
もちろん私も長い間
それが正しい日本の朝だなんて思っていませんでしたので
ずっと我が家だけのことと思い続けていたんです

いはちさんへのリコメで書こうと思いますが
番組で言ってた
味噌味を必要としない出汁文化と
食材の豊かさと新鮮さが江戸時代からあった
と言うことよりも
違う理由もあると思います

2. Posted by いはち   2019年12月04日 15:30
最近ドクターXを見ているので、ケンミンショーは
おろそかにしているので、この話題は知らなかったです。
へ〜。大阪は・・と言うと「ひとくくりにするな」と
いわれそうですが、納豆も食べないんですよね。
大豆が嫌いなのでしょうか。
我が家は朝に味噌汁を大量に作って夕ご飯まで引きずります。
ご飯とみそ汁は絶対に無いといけない組み合わせですね。
特に我が家は味噌を家で作っていますからね。
1. Posted by ま〜く   2019年12月04日 09:40
大阪らしい味噌汁というと確かにあまりイメージが
沸かないですが、同じ関西の京都なんかは白味噌を
味噌汁に使うイメージがあります。それでもでも
味噌汁よりもすまし汁の方が多いですかね

我が家では特有の事情もありますので、特に朝食は
できるだけ日本らしいものにしたいと考え、できるだけ
味噌汁を作るようにしています。日にもよりますが
具も3種類以上は入れることが多いです。
ただ我が家でまともな和食を作れるのは私だけですので
これを作るのも私の担当です

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2019年1月 バンコクの美味い屋台麺 7/7最終章2019年1月 お祓い町で新メニュー 1/3