2005年07月 経由地だらけでKLへ4/82005年07月 経由地だらけでKLへ6/8
ランキングはこちらをクリック!

2021年11月26日

2005年07月 経由地だらけでKLへ5/8

台北で1泊とバンコクで2泊した翌日
最終目的地へと出発しました
ドンムアン空港からクアラルンプール空港です
ここからは特典航空券利用による単純往復です

このころはまだ欧州に行くことはしていませんでした
あくまでエジプトに行く経由として
ドイツとオーストリアに寄っただけです
たまったマイルはこうしてインドネシアに行った時のように
バンコクからのショートトリップに使っていました

ドンムアン空港のタイ航空のラウンジのはずです

DSC00094

ビジネスクラス用のラウンジは
この時は今のようなミールはありませんでした
餌さんが好きだった揚げパイとか
こんなタイスイーツがありました

DSC00095

このタイスイーツなんですが
いろんな色と形で出来上がっていますが
味はすべてココナツ味です
ココナッツミルクに何かを混ぜて砂糖で甘みをつけたものです
食感はあんこですが
色は着色ですので関係ありません
タイの人にはそれぞれの違いが判るのかもしれませんが
異文化人の私には同じ味にしか感じません
MK様の奥様ならお分かりになるのでしょうか
長年の疑問もあります
味はココナッツミルク味なのですが
基材は何なのでしょう
日本の生和菓子と同じ豆のペーストなのでしょうか
それともココナッツそのもの
ヤシの実の内側についてる白いものなのでしょうか
決して日本人には合わない・・・ものではありません

ここで和菓子についてですが
和菓子と思われているもの・・・
それほとんどが中国伝来の中国菓子です
安土桃山以降に出来た菓子については
ポルトガル由来の洋菓子の進化版がありますが
それ以前のあんこ主体のものは中国由来のものです
あんこ自体が中国のものですからね
ただ
そのまま伝わっているのではなく
日本の特に江戸時代に進化して
日本独特の和菓子になったと言われています

ドンムアン空港のつくりは
アルファベットのEが縦に2つくっついたような形です
南北に長いですので入るラウンジを間違えますと
搭乗時に延々と歩くことになります

ゲートまで
日本では見られない飛行機なんかも見ました

DSC00100

エチオピア航空のB767−300です
首都アジスアベバからバンコク経由香港行きです

エジプト航空のB777−200です

DSC00101

エジプト航空は日本に来ていましたね
実はエチオピア航空もその後日本には来ています
両社とも現在はスターアライアンスメンバーですが
このころはまだ加入してなかったと思います

私が乗るのはこれです

DSC00102

ルフトハンザドイツ航空のA340ー600
実は当時はー300だと思ってたのですが
この写真を改めて見ますと
片側にドアが5つあります
これはー300ではありません

ルフトハンザのビジネスクラスは
シェルバックのライフラットシートでした
この飛行機はミュンヘンからから
バンコク経由クアラルンプール行きだったと思います
当時ルフトハンザはシンガポールとクアラルンプール行きは
直行便ではなくバンコク経由で飛ばしていました

DSC00105

この航空会社は1度セッティングしますとあまり改装をしません
数年前までこのシートを使い続けていたと思います
ライフラットと言っても
ANAのライフラットが第1世代だとしますと
これは第3世代位になりますので
格段に寝やすくなっています

クアラルンプールまでの評定所要時間は2時間15分
実質1時間半ほどの飛行ですから
欧州航空会社としては短距離扱いです
機内食もビジネスクラスとしては簡略系のワンプレートです

DSC00103

パッタイですね
タイ風焼きそばです

業務でシンガポールなどに郵く時にこの路線では
シンガポール航空やタイ航空に乗っていましたが
アジアのこの航空会社ではセミコースサービスをしていました
その後この2社も
機内食簡略化の波にのまれてワンプレートサービスになったようです

クアラルンプールでのアジトは
確かウェスティンクアラルンプールだったと思います

DSC00106

スターウッド系のホテルで
とある所からそんなに離れてないところを探した結果です

今現在はどうなってるのかは
10年以上も行ってませんのでよくまかりませんが
当時のクアラルンプールは都市面積は大きいのですが
いろんな有名?な場所が点在しているという感じです
バンコクなどのアジアの大都市と違って
都市の継続した広がりがなく
要所要所の間には森(ジャングル的)があったり
その間を各種の交通機関がつなげているという感じでした



asato8686 at 05:00│Comments(2)mixiチェック 海外旅行 | タイ
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

2. Posted by あさと   2021年11月27日 13:04
5 いはちさんありがとうございます

残っていた画像の順番で
これがタイ航空のビジネスクラスのラウンジのはず…
と判断したのですが
実は自信がありません
なんとなく国内線のラウンジのような感じなんですよ
当時のタイ航空のドンムアン空港でのラウンジは
もっとウッディな感じだったと記憶してますが
いくつかあるラウンジの1つかもしれません

このスイーツは見た目ほど変ではありません
きっとまちなかのものとは
甘さも違うかもしれません
コクがあるミルキーな感じです

クアラルンプールは
確かにまちなかに緑も多く
良い街だったと思います
ただやはり開発を場所場所で違う国にまかせた結果なのか
統一感と繋がりのスムースに欠けます
それと…
目抜き通り以外の道が悪かったですね

1. Posted by いはち   2021年11月26日 12:49
タイ航空のラウンジにある調度品は落ち着きが有って
良いですね。
くつろげそうなラウンジです。
この様な色のお菓子は私はダメなんです。
昔、中国拳法の老師の家に遊びに行くと出してくれた
のですが、とんでもなく辛いか甘いかだったんです。
バッタイは良くタイフェスで食べるあれ、ですね。
美味しそうです。
クアラルンプールから帰って来た帰国子女の子がいました。
良い待ちだと言っていましたよ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2005年07月 経由地だらけでKLへ4/82005年07月 経由地だらけでKLへ6/8