2006年06月 アンコールと首長族の旅part1 1/7コラム 080 ANAマイレージクラブステイタス
ランキングはこちらをクリック!

2022年06月01日

2006年06月 アンコールと首長族の旅part1 2/7

第5サテライト中央の吹き抜けのエスカレーターを上がりますと
ANAラウンジの受付になります

DSC00695

振り返りますと出発エリアのフロアが広がっています

DSC00694

この受付の左側がANAラウンジ
右側が当時はANAラウンジファーストと言っていました
今のスイートラウンジの前身ですね

当時私はまだプラチナ会員でしたので
受付を終えて左側のANAラウンジのほうに進みました

DSC00696

この2つのラウンジは
ANAラウンジがスターアライアンスゴールドとビジネスクラス搭乗者
ANAラウンジファーストがダイヤモンドメンバーとファーストクラス搭乗者
そういう組み分けになりますので
間違いなくANAラウンジファーストのほうがレベルが上になります

内装や造りは実はほとんど変わりありません
使われている調度に若干の差があるくらいですね
このころ作られたANAのラウンジは
そんなに詰込みではなかったのです

勿論用意されている飲食物には明らかな差はありました
ANAラウンジのほうは今ほどミールはなく
お酒のランクもファーストとは違っていたと思います
例えばウイスキーも
ANAラウンジではシーバスリーガル
ファーストではサントリーの響があったように思います

これはお酒のコーナーです

DSC00699

当時としては画期的なコーナーでしたが
コーナーになるほどの種類のお酒はありませんでした
今はどうなってるのでしょうね
この2〜3年後にダイヤモンドメンバーになりましたので
成田のANAラウンジは何年も入っていません

ワークステーションやリラックスルームもありました

DSC00697

DSC00698

当時はノートパソコンを持ち歩く人が今ほどいないので
こういう設備がありがたかったです
また
このような狭い所に閉じこもるのが好きな人が
日本人の中には多いのも
その後のスイートラウンジになってからもわかり始めました
私はだめです
四方三方を囲まれると圧迫感を感じてしまいます

当時のANAラウンジにはミールがあまりなかったと書きましたが
この成田のラウンジでは
ヌードルバーがありました

DSC00700

当時はできるものがあまり多くありませんでしたが
今では数種類のメニューがあります



asato8686 at 05:00│Comments(2)mixiチェック 海外旅行 | 空港
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

2. Posted by あさと   2022年06月02日 07:00
5 いはちさんありがとうございます

このころに修業を始められたのですね
成田ののラウンジは
デザイン的はファーストもレギュラーも同じようなつくりでした
ただ出しているものとすべてセルフかオネイさんに頼めるかの違いはありました
シャワー室もレギュラーが順番製で
ファースト客が入ると順番を変える・・・というやり方でした

この夏の台湾行きはダメになりましたが
年末年始の予約がまだ私生きています
ただ10月末までの運行状況が年末まで変わらなければ
私の予約便は欠航となりますので
またダメです
その後の予約は入れていません
GWの予約も上級クラスは最初からクローズされていましたので
入れられませんでした
今まさに私マイルがあふれかえっています(笑)

1. Posted by いはち   2022年06月01日 08:33
私はこの頃、平会員でした。
が、貯まりに貯まったマイルでファストクラスでの
パリ往復をした頃です。
なので、このラウンジではなくファストクラスの
ラウンジでした。
明るい室内には私の他にもう一組しか客がいなかったのを
覚えています。
その後、成田での国際線ラウンジは大連に飛んだ時
以来ありませんね。
最近は国際線に乗る時は羽田ですから。
早く国際線のラウンジでヌードル全乗せをしてみたいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2006年06月 アンコールと首長族の旅part1 1/7コラム 080 ANAマイレージクラブステイタス