2006年06月 アンコールと首長族の旅part2 03/122006年06月 アンコールと首長族の旅part2 05/12
ランキングはこちらをクリック!

2022年06月29日

2006年06月 アンコールと首長族の旅part2 04/12

さて翌日は
実は前日に車付きガイドを事前に手配していました

日本語を勉強中のカンボジア人が
日本人相手のガイドをするというNPOの斡旋するガイドです
前2回のカンボジア訪問時(30代半ば)と違って私は40代半ば
そしてこの時は少し遠いところまで行きたかったので
足を確実に確保したかったからです

ガイドの女性は使命感に燃えた女性でした
私のようなすこかってな観光者には少し向かなかったかもしれませんが
最初は快調に滑り出しました

メリディアンアンコールは
市街地のアンコール遺跡群寄りにありましたので
走り出すとすぐにジャングルを開拓した風景が広がります

DSC00779

クメール王朝の頃ジャングルだったところは
田んぼに開拓され
そして観光化されてほったらかしになっています
時々こんな掘立小屋が点々とあります

DSC00780

住居ですよ
決して無人販売所ではありません

アンコール遺跡群の入り口で
入場料を払ってチケットをもらいます
このチケットは遺跡群の中のいろんなポイントで提示を求められます
カンボジア人には必要がありません

DSC00804

この入場券売り場から少し行きますとジャングルの中から突然
アンコールワットが見えて感動するのですが
その経験は10年以上前に経験済みなので
ワットは後回しにしてさらに先に進みました

アンコールワットからアンコールトムと呼ばれるエリアの境には
南大門があります

DSC00805

アンコールトムと言いますのは
バイヨン寺院を中心としたエリアの総称で
その4方向に門を持ちます
ワットとの境になります南大門という門の手前には
阿修羅が並んで出迎えてくれます

DSC00804

エジプトのスフインクスのような感じでしょうか

東西南北にある門野内南大門が一番よく残っているもんです

DSC00807

一番上には観世音菩薩がいます
門の中に入りますと

DSC00806

石を積み上げて作ったのがよくわかります
外の下の部分には象がいたりします

DSC00808

象はインドシナ半島では神格化した生き物ですからね
観世音菩薩を支えているのでしょう

そこを私は車で通りましたが
こういう観光の足もあります

DSC00809

値段を見ていませんでしたが
女の子二人の観光客が払える値段なのでしょうね
あるいはツアーに入ってるのでしょうか



asato8686 at 05:00│Comments(6)mixiチェック 海外旅行 | カンボジア
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

6. Posted by あさと   2022年07月05日 07:35
5 Drさんありがとうございます

確かUS$表示だったと思いますが
詳しい数字は覚えていません
びっくり!という記憶はありませんので
鳥取砂丘のラクダのようなことはなかったと思います
ある程度の利用者があって人気なので
1階の単価は先進国の人間にとってはそう高くはなかったのだと思いますよ
多分50・・・・くらいだと

5. Posted by 鉄路迷   2022年07月04日 16:03
はたして、この象さんはいくら取られるのでしょうかね。
ラクダなんかも物凄く高いですしね。
あとで請求されてビックリしているかもしれません。
4. Posted by あさと   2022年07月01日 07:38
5 ま〜くさんありがとうございます

はい
かなり匂いますね
象がとりたてて臭いというのではなく
巨体ですから臭いのもとが大きく
そこから発する匂いの量が多いのでしょうね

このころはポル・ポトは死んでいますので
かなり復興しています
次に出てくるバイヨンなども
私がはじめて行ったときとこのときとでは随分違いました

3. Posted by あさと   2022年07月01日 07:32
5 いはちさんありがとうございます

インドシナですから
野生の動物がいないことはないでしょうね
このシリーズの次の章でも出てきますが
この地域の基本形の家屋は高床式です
ある程度の大きさの動物は大丈夫でしょう
私は虫でNGですが…
すべて石組みだと思います
ただ彫刻部分は彫刻しての組み込みだと思います

象は一度は乗ってみると良いと思います
私は日本で乗ることをお勧めします
理由は…
MKさんのコメントにあります

2. Posted by ま〜く   2022年06月29日 16:26
エレファントライドはアユタヤでも見たことがありますが
乗ってみようとは思いませんでした。動物園の象舎に
行ってもそうですが、匂いがちょっと・・・・

ポル・ポトが破壊してしまったとは言っても
こうしてみると多くが残っているんですね
1. Posted by いはち   2022年06月29日 08:31
この掘っ立て小屋は住居ですか?
近くに野生の動物がいないのでしょうかね。
私は怖くて寝られないと思います。
遺跡群は石を積み上げて造られているのですね。
象さんの鼻はどの様に加工されているのか?
近くで見てみたい気もします。
ついでに象にも乗ってみたいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2006年06月 アンコールと首長族の旅part2 03/122006年06月 アンコールと首長族の旅part2 05/12