2006年06月 アンコールと首長族の旅part3 3/92006年06月 アンコールと首長族の旅part3 5/9
ランキングはこちらをクリック!

2022年08月08日

2006年06月 アンコールと首長族の旅part3 4/9

首長族の観光村を出て
メーホーンソンの中心地に戻りました

途中で再度わきの山に登ったのですが
そこからは町が小さな盆地でできていることがよくわかりました

DSC00962

写真の左端に見えるのはチェーンカム湖という町の中央の湖です
そしてその北に目を移しますと

DSC00963

メーホーンソン空港が見えました
この山が迫った空港
写真の左側からの進入と左側への離陸しか不可能になっています
しかし左側も決して障害物がないわけではなく
飛行機は右から低空で降下してきて
左の方にいったん出て180度急旋回して着陸委するので
世界でも有数の離発着の難しい空港です

この景色が見られる場所は
ワット・プラタート・ドイ・コンムー

DSC00970

タイとミャンマー様式の混じった寺院です
2つの仏塔がタイ様式です

DSC00964

ワット・プラタートという名前は
確かかなり格式の高いお寺につけられる名前です
ミャンマー様式の本堂の中には仏像があるのですが

DSC00965

ポータンジャイというそうなのですが
小乗仏教の仏さまは私たちの大乗仏教とは違いますので
どれに当てはまるのかもわかりませんし
ミャンマーとタイの国境地帯ということで
よりインドに近くて
ヒンズー系の神の名前かもしれません
あるいは単に「願いをかなえてくれる仏様」というだけなのかもしれません

DSC00971

仏像のお顔ですが
ミャンマーに行かれた方ならお気づきでしょう
間違いなくミャンマーの仏像のお顔ですね

空港に帰る前にもう一つ寺院に寄りました
ワット・プラノーン

DSC00974

ここも山の中腹にあったと思いますが
展望は開けていません

DSC00975

やはり様式の合作寺院ですね
死してこの寺院の端っこの方にはこんなものがありました

DSC00973

ビルマ戦線将兵鎮魂之碑
左にはその将校個人名が書いてあります

太平洋戦争時のこのあたりの日本軍は
東アジアとは違い激戦に次ぐ激戦でしたので
多くの日本兵が亡くなっています



asato8686 at 05:00│Comments(6)mixiチェック 海外旅行 | タイ
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

6. Posted by あさと   2022年08月20日 18:22
5 Drさんありがとうございます

はい無理やり作ったのでしょう
でもこの空港がなければ
この地域は未発展
秘境と言われたままだったかもしれませんね
る発着が難しい空港ほど事故が多いのは当然ですが
ある段階を超えるほど難しければ
逆にいつも細心の注意を払いますからね
5. Posted by 鉄路迷   2022年08月19日 17:50
なんかすごいところにある空港ですね。
今だったら着陸の様子をyoutubeにアップしたと思います。
意外とこういうところの空港に限って事故って少ないんですよねえ。
4. Posted by あさと   2022年08月08日 19:11
5 いはちさんありがとうございます

日本の仏像の多くは鎌倉時代に出来ています
武家文化が出てきたころの影響があると思いますよ
それと大乗仏教と小乗仏教の違いがあります
中国を経て日本にやってきた大乗仏教は
仏・僧侶が人類を救済するという思想です
浄土真宗などは念仏を唱えるだけで救われると極端化したくらいです
インドシナの方の仏教は
仏が君臨して
そのもとで修業帰依したものが救われるという思想です
仏像の表情にも違いが出て当然だと思います

ビルマ戦線・インパール作戦などがキーワードですね
激戦地の大きな一つです

3. Posted by あさと   2022年08月08日 19:05
5 ま〜くさんありがとうございます

もちろん多くの日本兵がなくなったのは
太平洋上の島々ででしょう
しかしこのインドシナでは過酷な行軍があったようです
最初は日本軍が制圧したようですが
やはり選挙区は巻き返され
日本人18万人もの死者が出たそうです

はい
タイ北部様式とミャンマー様式との合体です
屋根が何層にもとがってるのがミャンマー式です

2. Posted by いはち   2022年08月08日 13:52
仏様のお顔はやはり普段見慣れているものとは
違うようです。
こちらの方が説得力があると言ったら失礼でしょうか。
終戦記念日が近いですが、こちらの激戦の様子は
あまり私は放送等で見たことがないのですが
やはりかなりの戦死者がいらしたのですね。
1. Posted by ま〜く   2022年08月08日 10:33
海外に行くとたまに太平洋戦争時に亡くなった
方の墓に遭遇することがありますが
こちらにもあるんですね

寺院の様子はやはりタイのものとは違いますね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2006年06月 アンコールと首長族の旅part3 3/92006年06月 アンコールと首長族の旅part3 5/9