2006年06月 アンコールと首長族の旅part3 4/92006年06月 アンコールと首長族の旅part3 6/9
ランキングはこちらをクリック!

2022年08月10日

2006年06月 アンコールと首長族の旅part3 5/9

さて
タクシーの旅を空港前で終えまして
チェンマイに帰る飛行機までの時間がまだ2時間ほどありましたので
徒歩で市内中心部を歩くことにしました

空港から南に10分ほどだったと思います
メーホンソン湖ととも呼ばれているチェーンカム湖です

DSC00981

この湖は公園のようになっていまして
私が周囲を回ってこのお寺の写真を撮っていますと
するめを持ってる私の周りに猫がすり寄ってきました
するめってどの国の猫でも好物のようで
椅子タンプールの猫も最初は警戒してましたが
最後にはむしゃむしゃとかじっていました

この湖のほとりには
ワット・チョン・クラーン&ワット・チョン・カムが建っています
とりあえずは敷地内に入りましたが

DSC00979

この2つの寺院はどちらがどっちの寺院で・・・・・
というのがわからないほど境目がありません
エメラルドの美しい屋根が本堂らしいです

でこちらの白地にゴールドの仏塔がチョン・クラーン

DSC00978

そのすぐ隣のミャンマー式の仏塔がチョン・カムらしいです

DSC00980

泰緬共同様式の寺院はこの国境沿いでは当たり前にありますね

寺院の散策の後はそのすぐ横にありました市場に行きました
DSC00982

モーニングマーケットというそうです
私が訪れた時はただの市場で
野菜や果物や淡水魚などを売ってる
生活に密着したどこの町にもあるような市場でした

DSC00983

しかしその後
観光客が増えるにつれきれいに整備され
市場の横のスペースにはナイトマーケットもできて
コロナ前まではかなりの賑わいがあったそうです

皆様良く勘違いされるのですが
バンコクなどの昔からの大都市は別として
ここやチェンマイなどのタイの地方都市にあるナイトマーケットは
その都市の伝統的な慣習やら風習で成り立ってきたものではなく
欧米人旅行客用に
彼らを喜ばすために無理やり作ったものが殆どです
見極め方法は
私が経験的に感じていることですが
‥攣妻屋が多い
■贈贈僂筌團兇覆匹領鼠店がある
このあたりでしょうか

野菜屋さんです

DSC00985

この時に私がもっていたタイバーツ全てで
このおばちゃんのお店のすべてのものが買えるお値段でした

果物屋さんです

DSC00986

タイの代表的なフルーツが並んでいますね
手前から
タマリンド
パインアップル
グァバ
ランブータン
ロンガン・・・・・・・・・
さすがにこのお店のものは私の持ち合わせで全ては買えません
それでもものにもよりますが
小さなフルーツ類は
スーパーの最後にロール状で置いてあるビニール袋
あれに1杯詰めて約B20〜30くらいです



最近の習慣としてお休みの時はブログの進行もお休みさせていただきます
今年のお盆休みは
Dr様ご夫妻とI氏とで台湾に行く予定を立てていましたが
ご存じのようにまだそういうことができる状態になっておりません
台湾はタイと違って
ゼロコロナ政策に近い政策をとっています
外国人観光客の受け入れがまだ始まっていません
今現在台湾に行ける人は
台湾人
在留証保持者
緊急を要する商用
などなど
普通ではいけないようになっています
また
日本人も日本に帰ってくるときには
ファストなんたらとか位置情報のアプリやら
出発国の72時間以内検体によるPCR陰性証明など
日本国帰国に大きな壁(面倒くさい壁)があります
なので
このお盆の台湾旅行も中止になりました

私個人としては年末にも予約を入れていますが
これもほぼあきらめています
GWの予約も入れましたが
これは少し希望を持ってはいます

ということでお盆前のアップは本日までで
次回は来週の水曜日17日の再開の予定でございます
皆様どうか
感染予防に気を付けて
何事も起きないようにお盆をお過ごしくださいませ



asato8686 at 05:00│Comments(6)mixiチェック 海外旅行 | タイ
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

6. Posted by あさと   2022年08月20日 18:25
5 Drさんありがとうございます

最低2泊必要なチェンマイですが
夜行で早朝着いたとすれば1泊でも可能かもしれませんね
市内半日
ドイステープ山半日
それと何らかのエンタメ半日です

5. Posted by 鉄路迷   2022年08月19日 17:52
チェンマイかあ、
いいなあ。
コロナ以前に計画していたんですけれどね。

行けるようになったら夜行列車で行きたいです。
4. Posted by あさと   2022年08月10日 18:37
5 ま〜くさんありがとうございます

いはちさんへのリコメで書きましたが
どうして同じものを隣や向かいで並べるのでしょうね
競合しあわないもので商売するほうが
効率的だと思うのですが

土産物屋に関しては
やはり需要があるわけでしょう
タイ観光にあるいはその他の用事で
何回も何回も訪れる人のほうが少なく
1=3回の人がやはり多いので
何の役にも立たない旅の記念の物は売れるのでしょうね

3. Posted by あさと   2022年08月10日 18:33
5 いはちさんありがとうございます

盆地自体が狭いので
近くに集中してしまうのでしょうね
アジアでは
ひとつの物が売れると
誰もかれもがそれを販売して儲けようとします
その時の目先しか見てないからです
その刹那的感覚が面白いと言えば面白いですが
もう少し考えたら・・・と思います

台湾がかなりの鎖国政策をとっています
現状
対大陸とのこともありますので
簡単に緩めることはしばらくはないと思われますが
せめて日本にだけは開いてほしいですね

2. Posted by ま〜く   2022年08月10日 17:28
そうですねチャトチャックなんかも観光客向けに
なっていますので土産物屋が多いですものね
私がタイに行ったときに必ず行くイサーンの市場
なんかと比べるとチャトチャックは異質です

私が以前によく言っていたバリ島のウブド市場は
最近はきれいな建物が建ってすっかり観光化されて
しまったのでもしまたバリ島に行く機会があっても
行かないだろうなと思っています
1. Posted by いはち   2022年08月10日 08:31
空港から歩いて行ける場所に、この様なところが
あるのは良いですね。
成田だったら・・バスでも30分くらいかかりますからね。
私が海外で最初に行った夜市は桂林の夜市でした。
確かに地元民はこんなものを夜に買いにくるのか?
と思われる様なものばかりを売っていましたね。

今年は仕事のシフトがお盆休みを気楽に休める
シフトだったので、ある意味機体していたのですが
ダメでしたね。
早くコロナが終息してくれるのを祈るばかりです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2006年06月 アンコールと首長族の旅part3 4/92006年06月 アンコールと首長族の旅part3 6/9