2006年06月 アンコールと首長族の旅part3 5/92006年06月 アンコールと首長族の旅part3 7/9
ランキングはこちらをクリック!

2022年08月17日

2006年06月 アンコールと首長族の旅part3 6/9

メーホンソンの観光を終えまして
チェンマイへの帰路につきました

チェンマイへの飛行機は行きと同じくATR72-200です
滑走路を西にくけて離陸して
あっという間に右旋回で空港のすぐ北に引き返し
急上昇を続けて行きます

DSC00987

周りの山にあたらないように
狭い盆地内で旋回をしながらの上昇です
もうね
怖いとかなんたらとか感じる間もないような旋回でした
間違いなく旋回半径の小さな飛行機しか入れない空港でしょうね

プロペラ機で1時間ほどの滞空時間でチェンマイの上空に来ました

DSC00989

この空港も実はほとんどが南からの進入に限られています
伊丹空港によく似ていて
北からの進入は少ない空港です
北側は山なので
その吹きおろし風に向かっての進入です

その夜はチェンマイ名物ナイトバザールに出かけました

DSC00990

あくまで観光客向けのバザールです
地元の人は皆無とは言いませんが
売っているものを見れば想像ができます

DSC00991

バンコクのパッポンやスクンビットエリアに出ている露天と
ほぼ同じようなものが売られています

DSC00992

少しだけ違うのは周辺の山岳少数民族の女性が
アクセサリーやバッグなどを持って降りてきている点でしょうか
もちろん値段はあってないがごとくです
ちゃんと出店しているお店の場合
相場というものがあるようですが
その相場が
観光客が気軽に買える金額になっています
TシャツB500・・・・・
1500円くらいですから
日本や香港シンガポールなどの
先進アジアの国や西洋人ではごく普通のお値段
でもタイではそんな値段ではないはずですよね
なので根切は可能です(めんどくさいですが)

ナイトバザールはチェンマイ中心部少し東寄り
チャンクラン通りに開かれていますが
そのバザールの南の端は
地元民やらバザールの売り子などが利用する
アウトドアのフードコートがあります

DSC00993

写真の奥の方なのですが
そこで食べますとバザールの中のお店で食べる半額くらいで
地元の食べ物をいただくことができます

DSC00994

私が食べたもの
もう忘却の彼方ですが
何だったんでしょうね
小皿の中のものさえつけなければ辛くはなかったと思います



asato8686 at 05:00│Comments(6)mixiチェック 海外旅行 | タイ
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

6. Posted by あさと   2022年08月20日 18:29
5 Drさんありがとうございます

そうですねえ
面倒ですねえ
でも1回は値切ってみないと
向こうも拍子抜けでしょうね
バックパッカーのように
値切ることを目的とした買い物はいただけません
さも買ったように誇らしげに
「〇〇を▽▽に値切った」とか武勇伝を語りますが
それで十分もうけが出ているからこそ売ってもらえたということ
なにも誇らしげに語ることではありません

5. Posted by 鉄路迷   2022年08月19日 17:54
こういうところで値切るのは最近は面倒くさくなってやらなくなってしまいました。
中国ではよくやっていましたし、
地球のだまし方なんかでは、値切るのが楽しいなんて書いてありましたけどね。
いやいや全然面倒くさいです。
だったら最初から安くしてほしいです。
向こうは高く売れたら儲けもの程度に思っているのでしょうね。
4. Posted by あさと   2022年08月18日 05:31
5 ま〜くさんありがとうございます

この露天の土産物屋ですが
若干の差こそあれよく似た店が連なっています
こういう場所での買い物が
欧米人からするとエキゾチックなのでしょうね

はい
交渉は買い物の方法として大昔からあったものですね
どうやって利益を多く採るか
どうやって少しでも出費を少なくするか
このやりとりを捨てたのは
経済が複雑に発展した先進国のみです
その地域の買い物形態を理解しないで批判ばかりするのは
先進国国民の身勝手な上から目線でしかありません

言われてみればそのような気がしますね
ただホイトートが内陸のチェンマイのフードコートにあるのかが
ひとつの問題ですが

3. Posted by あさと   2022年08月18日 05:15
5 いはちさんありがとうございます

観光客から土産物の値段をボル・・・
このこと自体については
私は一般の日本人ほど辛らつに批判したりはしません
商売の基本
安く仕入れて利益を多くする
この原則であれば1円でも高い値段で売るのが良いわけです
なので相場を知らない観光客から高く採るというのは
容易な利益拡大作戦です
それが悪である・・・・というのは
日本や他の先進国の価値基準から見た一つの考えにしかすぎません
それはいけないことと決めつけることは
自分たちの価値を押し付けることと同じだと感じます

2. Posted by ま〜く   2022年08月17日 16:17
チェンマイは行ったことがありませんが
やはり都会ですね。我が家の妻の田舎とは
全く違います。

東南アジアの観光客向けのマーケットで
値切り交渉は必須だと思っています
私のようにタイ人を同行させている人ならともかく
観光客づれしたタイ人は間違いなく吹っ掛けて
きますからね

最後の写真はホイトートではないですか?
牡蠣好きの、あさとさんなら選びそうですしね
1. Posted by いはち   2022年08月17日 08:23
ATRの旅ですか。
翼の下が見られるのは高翼機ならではですね。
旋回半径が小さい・・この翼の形状をみれば
どのくらいの力に耐えられるのかが想像できます。
ツアラー用の用意されたお土産ですね。
桂林で1枚千円のTシャツが値切って10枚1000円に
なりましたが、一番上だけが本物で下は一度洗ったら
紙みたいになってしまいました。
赤いもの・・先日いただきましたが、耐えられなかった
です。
詳しくは後ほど報告します。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2006年06月 アンコールと首長族の旅part3 5/92006年06月 アンコールと首長族の旅part3 7/9