2006年11月 晩秋の奈良 4/62006年11月 晩秋の奈良 6/6最終章
ランキングはこちらをクリック!

2022年12月02日

2006年11月 晩秋の奈良 5/6

石舞台古墳にやってきました

DSC01346

このころはまだこんな風に開放的な観光地ですね
石の上にも上れているようです
まだ解明されていませんが
蘇我馬子の墓の石室部分だという説が有力です
蘇我入鹿のお父さんですね
権力がすごくあったからこそ
こんな大きな石室の墓を作れたのでしょう

私が子供だった頃
遠足でも来たことがありますが
上の石に登ったり中に入ったりして遊ぶことができましたが
今はこれ自体が塀で囲まれて入場料を取るようになっていますので
上ったり入ったりするなんてできなくなってるかもしれません

この場所で休憩して蕎麦をいただいて
こういうものも食べました

DSC01348

赤米のソフトです
赤米というのは古代米で
この辺りに都があった今から1400年前の飛鳥時代
主に食べられていた米であろうと推測されて復刻したものです

観光地ですから
この辺でとれなくても奈良県の名産品の無人販売もありました

DSC01354

みかんですね
12個くらい入って200円です
大阪から奈良西部にかけてはブドウとミカンの産地になっています
私の子供のころは奈良から近鉄に乗って
おばちゃんがトタンの櫃を背負って
みかんやイチゴを売りに来ていました

石舞台古墳から近鉄飛鳥駅までは
古代の石の彫像がいくつも残っています

亀石

DSC01349

鬼の俎(まないた)

DSC01351

鬼の雪隠

DSC01353

いずれも形状で名前が付いたものです
決してまな板やトイレではありません
用途が解明されていないわけですが
いずれも何かの政治的な儀式に使われたものであろうと言われています
このころから平安時代までの500年ほどの間
日本は中国からの律令政治などを取り入れたりしますが
基本は呪術や占いなどが政治に大きな影響があったとされています
仏教が取り入れられたのも
平安時代に陰陽師が活躍したのも
政治にそういう要素があったからです

明日香村の最後はバスに乗ってここに行きました

DSC01355

高松塚古墳です
この後ろの建物にはぎ取った壁画が保管されています
もちろん撮影厳禁でした

明日香村の観光を終えて
近鉄飛鳥駅に戻って2駅電車に乗って着きましたのは

DSC01379

橿原神宮前駅です



asato8686 at 05:00│Comments(4)mixiチェック 国内旅行 | 奈良
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

4. Posted by あさと   2022年12月05日 18:44
5 ま〜くさんありがとうございます

多分ま〜くさんは大人になってから行かれたので
30年前と言えども
遺跡の上に上るなんてことが考えもよらなかったんだと思います
この曽我氏だという伝承はあくまで想像です
時代考証はされていますのでその時代では間違いないはずなのですが
その時代にこれほど大きな石室を作った・・・
そういうことでの諸説除いていった消去法での想像です

鬼の・・・というのは
巨人の・・・と同じで
人間サイズではないということでしょうね

3. Posted by ま〜く   2022年12月05日 15:34
石舞台古墳は、私も30年ほど前に行ったことが
ありますが、その時は石の上に上ってよかった
という記憶がありません。これが歴史教科書に
出てきたやつかと思って写真を撮ったのを
覚えています

鬼の俎板、鬼の雪隠とづけられたものは
結構各地でありますね
2. Posted by あさと   2022年12月03日 18:23
5 いはちさんありがとうございます

バスに乗ったのは
石舞台〜飛鳥寺〜岡寺〜高松塚〜飛鳥駅
この道中に不明な石がいろいろ点在しています
韓国にあるような猿石などもあったりします
飛鳥時代は奈良時代より前ですので
感じが伝来しても発達していない時代です
伝承によるものしか残っていません

もちろんすべて歩くのがボーイスカウトでのコースでしたが
バスがあるところはバス
中年のハイキングですからね(笑)

1. Posted by いはち   2022年12月02日 13:32
石舞台古墳、って昔は緩かったのですね。
実はこの辺りは、正月に行った壺阪山が初めて
訪ねた土地なんですよ。
あくまでも、前々回の地図からですと
石亀の辺りから高松塚古墳までバスに乗られたと
察しても良いのでしょうか?
歩けば歩けたかもしれませんね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2006年11月 晩秋の奈良 4/62006年11月 晩秋の奈良 6/6最終章