2007年02月 修行で高知プチ贅沢 2/32022年01月 技瓩半茲螢謄聴棒詣 01/11
ランキングはこちらをクリック!

2023年02月03日

2007年02月 修行で高知プチ贅沢 3/3最終章

空港の食堂というのは
色んな既得権益が絡まって
なおかつ大した努力をしなくとも客は入るという立地条件から
高い
まずい
接客が悪い
というお店が多いのも事実です
羽田・新千歳・伊丹・福岡などの大空港では
そもそもお店の数も多く
そんな経営ではすぐに高い家賃を払えなくなってしまいますが
地方空港ではお店の数が3つほどしかなく
空港に来る人もそこを選ばざるを得ないまま年月が経って行きます

そういう中
高知龍馬空港ではよいお店が入っています

DSC01643

土佐料理の老舗「司」です
はりまや橋のたもとにある本店を始め
東京や大阪に出店して
毎日かつおを空輸しているお店です
実は私の勤める梅田阪急村にもありますので
ここなら安心と入りました

まずは土佐の銘酒で

DSC01644

土佐鶴の冷酒です
日本一ののん兵衛県のお酒ですからおいしいです

もちろん高知に来たわけですから
かつおのたたきのセットをいただきました

DSC01646

たたきと天ぷらと田舎寿司のセットです
これに天ぷらを追加しました

DSC01650

こえはアオサの天ぷらを頼んだのですが
カボチャとサツマイモが入っていました
これは残念ですが私は食べることができません

そして前の記事の最後の写真にありました自販機の中のもの
のれそれ

DSC01647

マアナゴの稚魚です
稚魚というより幼体でしょうね
生でいただきます

大人になればアナゴになるわけですからうまいはずですが
食感は葛切りか寒天のような感じです

DSC01648

別名「はなだれ」とも言われています
それはこの形状からでしょうね(笑)
ちなみに「のるかそるか」の語源になったともいわれていますが
少し首をかしげてしまいます

司はすごく高いわけではありませんが
決して安いお店ではありません
このプチ贅沢な食事の後
帰阪いたしました

DSC01636

伊丹行きのQちゃんです


asato8686 at 05:00│Comments(2)mixiチェック 国内旅行 | 高知
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

2. Posted by あさと   2023年02月03日 10:36
5 いはちさんありがとうございます

鶴・・・は覚えていましたが
土佐鶴と賀茂鶴(広島)をごっちゃにして記憶していました
私余り日本酒が得意ではないので
どうしてもワインが割としていただきます
なので燗という選択肢がないため
こういうものをいただいてしまうんです

司は
東京と大阪のお店には
朝一番の飛行機で材料を空輸しています
なので間違いのない経営をしているお店だと思っています
お酒を味わうだけなら
セットより単品のほうが良いと思いますよ
田舎寿司(野菜寿司)はお酒に今一つ合わないでしょうから


1. Posted by いはち   2023年02月03日 10:02
おお。
先日名前が出てこなくて悩んだ酒ですね。
私はこの酒が大好きです。
ここでは生酒を出していたのですね。
私は高知から帰る際は、このお店をよく使います。
本店があったんですか。
かつおのたたきセットを次回は食べてみますかね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2007年02月 修行で高知プチ贅沢 2/32022年01月 技瓩半茲螢謄聴棒詣 01/11