台湾

2019年10月04日

2018年年越し 久しぶりの鬼門高雄とバンコク 07/11

翌日31日はバンコクに移動しました
Dr様たちはテツ業務の後
桃園市中壢のホテルに泊まる予定だそうです

朝は朝ですが
早朝発ではありませんので
いつものアジトから
高鐵と桃園捷運で桃園機場に向かいます

DSC03225

この区間は大変短いのですが
商務座です
普通席との差額は大した額ではなく
コーヒーとお菓子代ととらえられます

DSC03226

朝食なしのアジトからだと
コーヒーがいただけてちょうど良いのです

この時まで気付かなかったのですが
商務座に入る扉に
新しいステッカーが貼ってありました

DSC03227

青いステッカーです
寧静場所
とうとうこう言うのが出来て
大変喜ばしいですね
華人文化ではこう言う認識は存在しませんから
グローバル化された文化を知らないと
こう言う発想は出来ません
ちなみに
ドイツのICEの一等車にもこのエリアが存在します
いずれ日本にもできてほしいのですが
優先座席にせよなんにせよ
人の善意をあてにして
自分たちは何もしないのが日本の会社の特徴です

桃園機場の朝6〜7時代の混雑は
すでに落ち着いていて
セキュリティの入り口を越えての行列はありませんでした

エバー航空のラウンジに入ります

DSC03228

やはり
カジノかキャバレーにしか見えませんね
ただ
これを採用したということは
この感じが現代的だという感覚があるからなのでしょうね

DSC03229

ラウンジでちゃんとした朝食をいただきます
ちゃんとしたと言っても偏食の私ですから(笑)

左のお皿は
サラダの上にたっぷりメンマを乗せて
ドレッシングがわりにしたものです

DSC03232

野菜と椎茸の炒めものは大好物です

DSC03234

ではなく
炒米粉ビーフンの
ビーフンを避けてとったものです

9時半を過ぎますと
あれほど混雑していたイミグレも
大変閑散としてきました

DSC03235

日本と大陸行きの便が8〜9時過ぎに固まってますので
大変な混雑になるわけです



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック Share on Tumblr

2019年10月02日

2018年年越し 久しぶりの鬼門高雄とバンコク 06/11

翌日
Dr様たちは高雄市内のライトレールに乗った後
台東に向け東海岸を進まれました
私は台北に移動して
いつものように過ごす予定でした

陽光大飯店の朝食ブッフェは
まあまあまあ……と言う感じでした

DSC03215

私は肉類をあまり食べませんので
まあまあまあ……と言えますが
肉食の方は物足りないかもしれません

チェックアウト後
高雄捷運で左営に向かいました
この駅で新幹線に乗り換えです

DSC03217

高鐵左営站は終着駅ですが
台北や南港のような地下駅ではありません
普通の地上に線路があって
駅施設全てを階上に作っています

DSC03216

この時は4線に車両が入っていました

DSC03218

始発駅からの乗車ですので
自由座にしてもよかったのですが
この日は日曜日
混んでうるさくなるだろうと予測して
予め商務座を買っていました

DSC03219

商務座のおやつは
日本で言うところの車掌区
いわゆる積み込み駅によって様々なようです
色んな所から入れてるのでしょう
それによって仕入値を下げさせられますからね

乗客としては
色んなものをいただけるメリットもありますが
全て美味しいわけではないと言うデメリットもあります

台北の夜はいつものように
寧夏街夜市で食事をとりました

DSC03221

いつもの牡蠣屋と蒸餃のお店はお休みでした
台湾の個人経営の場合
流行ってるお店ほど休みが多く
そうでもないお店が無休と言う場合が多いです
なので
次にくる私の定番はと言いますと

DSC03222

牛肉炒麺ですね
ほんの少しピリ辛の炒鰹節風味炒め麺です

そしてこの時は
別に新たな挑戦ではありませんが
あまり紹介してないもの

DSC03223

鶏肉飯と蔥蛋です
2つとも味的にはあっさりとしたものです
鶏肉飯は魯肉飯と並ぶ台湾名物
卵は日本の天津飯の卵部分の感じです
ちなみに
天津飯と言うのは中国のお料理ではありません
日本式中華料理です

台湾の冬ですが
行ったことがあるかたならおわかりですが
案外寒いのです
特に台北が寒いです

島の中央に高山帯があって
そこに南から黒潮があたる気候です
南は暖かく北に行くにつれ温度が下がると共に
中央高山帯がの西と東では
日本で言うところの
日本海側と太平洋側という気候の違いもあるのです

台北は島の北の方
そして台湾海峡側(日本海側)
加えて少し内陸部になります
台湾での気温が低くなる要素が揃った場所なのです
冬は曇りが続いて寒いんです

DSC03224

長袖とジャケットは必需品です
那覇より寒くなります



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック Share on Tumblr

2019年09月30日

2018年年越し 久しぶりの鬼門高雄とバンコク 05/11

この日は高雄に宿泊でした

私としてはどこに行こうが何の問題もないのですが
ずっと以前から
高雄は避けていました
高雄が嫌い……ということはないのですが
業務で行ってた頃
高雄の駐在社員がとんでもなかったんです
忙しいのに来てくれるな感満載の奴でした
なので私が主導権をとれる立場になってからは
高雄には業務で宿泊せず
台北や台中で宿泊して日帰りにしていました

高雄は中途半端な大都市です
台湾第2の大都会で
札幌を越える人口を有するのですが
大都会のメトロポリタン感を感じられない
そんな都市です

Dr様は
翌日はテツ業務で台東に行かれますので
1日目にここまで一気に来ておきたかったようです
アジトでチェックインのあと
夕食に向かいました

DSC03204

高雄の東の方の地域の鰻屋です

ここまではタクシーで行ったのですが
私が考えていたのとは違うルートをとられました
私が考えてたのは
三多商圏から中正路を北上し
高雄火車站をバイパスで越えた後
右折して向かう方法です
帰りのタクシーがとったルートです
大回りではありませんが
混雑状況を無視したルートをとられたような気がしました

お店は完全日式のお店です
枝豆はつきだし
八寸皿の上は前菜盛りです

DSC03205

そして茶碗蒸し

DSC03206

次に白焼き

DSC03207

メインの鰻重

DSC03208


最後はワカメのお味噌汁

DSC03209

お味としては
海外でこれだけのお味だと
良い方であろうと言う感じです
鰻の良し悪しは私にはわかりませんが
関西人としてタレのお味はわかります
しまりとコクが足りないのです
ないのではなく足りない
鰻重を見るとわかると思いますが
タレが照り焼きのタレのごとくなってます
これは多分
浸け焼きが足りないのだと想像できます

旨みやお出汁はちゃんとあるのに
その部分は残念でした

食事後タクシーで帰ったのですが
私は途中美麗島の手前で降ろして貰いました
ここに行くためです

DSC03210

六合夜市
高雄を代表する観光夜市です

しかし
久しぶりに行ってみて驚きました
大陸からの観光客だらけでした
もう2度と来ない……
そんな思いでアジトに帰りつきました

DSC03203

このアジトは
大陸客と私のような個人客とを
1階のエレベータで分けていて
同じ階でも違うエリアになっていたので
静かに宿泊することが出来ました



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック Share on Tumblr

2019年09月27日

2018年年越し 久しぶりの鬼門高雄とバンコク 04/11

この時は文湖線で逆に乗って東に向かったんです

文湖線の終点は南港展覧館と言う駅です
そこで板南線と言う幹線に乗り換えて
1駅で南港站です
南港站と言いますと
台湾新幹線の始発駅ですね

DSC03197

この時はDr様のリクエストで
高鐵の未乗区間を完徹
これをひとつの目的にしたんです

DSC03198

私は約ちょっと前に完徹しましたが
Dr様は南港〜台北間がまだだったようです

表示番の上の方の
14:20発の137次に乗る予定です

DSC03199

137次は速達タイプです
約1時間半で高雄の北の左営まで走ります

DSC03200

Dr様と乗りましたので
やはり商務座ですね

DSC03201

南北完乗して一万円ちょっとですから
日本と比べるとずいぶん安いのですが
開業当時からしますと
かなり値上がりしています

DSC03202

左営に着いてからは
高雄捷運で三多商圏と言う駅に行きました
高雄中心部です
ここで駅から近い私のアジトに先に寄って
チェックイン後に
ご夫妻のアジトに向かいました

私のアジトは陽光大飯店
昔4星で今は3星の上といったところです

DSC03211

お部屋はごく普通ですね
広さは昔4星だったなごりです

DSC03212

バスルームはウォシュレット完備ですが
その他の備品が古さを感じさせます

ミニバー付近はきちんと揃ってますね

DSC03214

冷蔵庫の中身は何もなかったです
これは台湾のホテルの主流です
5星クラスでないと中は入ってません
入れておくと大変なことが起こりかねません



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック Share on Tumblr

2019年09月25日

2018年年越し 久しぶりの鬼門高雄とバンコク 03/11

翌朝は早く起きて
私とDr様ご夫妻の3人で
羽田空港国際線ターミナルに向かいました

会員レベルで言いますと
私はファーストクラスチェックイン
ご夫妻はビジネスクラスチェックインの利用ですが
ファーストクラスで3人とも可能です
しかしここに落とし穴があるのです
まだ国際線が成田しかなかった頃
成田のファーストクラスチェックインでは
融通がきいたのか
3人の荷物全てにファーストタグをつけてくれました
しかし今の羽田では
私のにしかつけてくれないのです

なので私が夫妻の荷物を自分の荷物として預け
夫妻は別にチェックインしてもらいました
3人分なら私ひとりの許容量内なのに
融通がききません

セキュリティは一緒の優先レーンですが
イミグレは別でしたので
ANA免税店で待ち合わせをして
スイートラウンジに入りました

DSC03188

まずはシャンパンで乾杯です
以前はラウンジのシャンパングラスは
小さいものでしたが
今はこのファーストクラス用のものになっています

ダイニングに移って朝食をいただきます

DSC03189

私はいつも通り
野菜サラダを中心にいただきます

私一人ですとシャワーを使ったりしますが
仲間がいますと
しゃべったりして時間が過ぎて行くのが早いです

搭乗時刻があっという間に来た感じでした
乗りましたのは
9:20発のANA台北松山行き
NH952便です

DSC03191

使用機材はまだB767−300ER

DSC03190

冬ダイヤ一杯は787は復活しないようです

この日は昨日と同じで天気が良く
大阪付近であった気流の乱れもすでに東に抜け
江ノ島辺りでポーンが鳴って
サービスが始まりました

富士山が快晴の中見えた頃には
食前酒が配られました

DSC03192

もちろんシャンパンです

私は普段家ではお酒は一滴も飲みません
親戚や誰か来た時のために
ビールとスパークリングワインだけは
冷蔵庫に入っていますが
出掛けた時にだけお酒は飲むことにしてます
呑兵衛ではありません(笑)

二択の機内食の選択は洋食です

DSC03193

和食に好きな食材がない限り洋食です
もちろん赤いジュースを飲むためです

DSC03194

この時のメインはハンバーグでした
美味しかったのですよ
でもね
ビジネスクラスで出してほしくないメニューです
やはり近距離といえども
非日常の演出をしていただきたいです
昨日の晩飯だった人もいるかもしれません

松山機場にはほぼ定刻に到着しました
私は先に出られますので
預け荷物のピックアップ係です
1番目5番目で荷物が出てきました
その後ご夫妻を待って台北捷運に乗りました

DSC03195

台北捷運文湖線です
これでいつものように忠孝復興乗り換えで
台北車站に……
この時はそうではありませんでした




asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック Share on Tumblr

2019年09月20日

2018年年越し 久しぶりの鬼門高雄とバンコク 02/11

蒲田のアジトには15時半頃に入りました
出発後に判明した不足の物品などを
近くのコンビニで買い揃えたり
ホテルでは本来してはいけないことをしたり
少し眠ったりして過ごしました

そして
夜8時からは年末蒲田ワハハです

DSC03182

いつものかた
お久しぶりのかた
そして今回初めてのかた
総勢7人で乾杯です

利用しましたのは
アジトのすぐ近くの馬肉のお店です

DSC03183

ここは
房総のI氏やDr様が以前から行きつけで
お気に入りのようです

上の殺風景なキャベツですが
見た目以上に美味しかったです

DSC03184

馬肉自体は初めて食べるわけではありませんが
このお店は私は初めてでした
上の写真はお刺身
下はサラダです

DSC03185

そしてメインは馬ンギスカン鍋でした

DSC03186

皆さま方
特に男性の方は美味しいと好評でしたが
私は微妙でした
馬肉が……ではなく
タレと言うか味付けです
実は私は焼肉やジンギスカン系のタレが
濃すぎると感じる人間なのです
バーベキューソース苦手です
嫌いではなく苦手
これはタレの程度だけの問題ですから
美味しくいただける場合もあります

最後にこれなんだったんでしょうか
メンチカツ?

DSC03187

これは極々想像通りのお味でした
これで飲み放題付きで3980
ビールはプレモルでした

私はワハハが終わりますと
もう完全にお眠の状態になりましたので
そのままアジトで休みましたが
二次会に行かれた方はいらしたのでしょうか

翌日は早く起きて
昨日の伊丹からのフライトで
持ち帰りになったお弁当を
朝食としていただきました

DSC03181

この箱に入ったお料理だけいただき
心苦しいのですが
ご飯はこの全容器と共にゴミ箱行きになりました



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック Share on Tumblr

2019年09月18日

2018年年越し 久しぶりの鬼門高雄とバンコク 01/11

年末年始の旅行は
いつも通り台湾とタイでした
とにかくこの2ヶ所は
冬の間に詰めて行ってるようです

この時はDr様も台湾行きで
南の高雄から
東の台東付近に行かれるとのことでしたので
元々この2国での予定なんてない私は
途中までご一緒することにしました

12月28日
この日は自宅から会社に寄ってから
伊丹に向かいました
この日はお休みにしてるのですが
あくまで無理矢理です
年内にしなければならないことがありましたので
それだけするために会社に行ったのです

なのであべの橋からリムジンバスではなく
梅田から阪急とモノレールで向かいました

DSC03171

行きなりもう羽田に着いたのか……
そんなわけはありません
これは大阪モノレールの京急ラッピング塗装です
この2社はお互い競争には絶対ならないので
仲が良いようです

スイートラウンジは昼間なのに混んでいて
さすがに御用納の日だなと感じました

DSC03172

いつもの奥のソファ席には座れませんでした

乗りました飛行機は13時発の
羽田行きANA26便です

DSC03174

使用機材はB767−300ER
この路線でも昼間は中型機が組み込まれます

DSC03175

特に盆暮れは大阪からは帰省用に
九州沖縄路線に大型機が回されて
幹線は737の場合があります

この日はお天気は悪くなかったのですが
いわゆる
大気の状態が不安定な天気
晴天乱気流とまでは言いませんが
西日本エリアは強風と重なり
大きな揺れが続くフライトでした

DSC03176

静岡県上空でようやくポーンがが鳴りました
CPさんのアナウンスでは
普通席では冷たいお茶とリンゴジュースだけのサービス
プレミアムクラスでは飲み物だけのサービス
お弁当はお持ち帰りの袋に入れて渡すとの事
御前崎を過ぎてから弁当を出しても
中高生しか5分で食べられませんからね

なので羽田到着までは
シャンパンだけで過ごしました

DSC03177

持ち帰りになったお弁当は
翌日の朝食と化しました
本当はダメです
賞味期限は当日夜8時と言われましたから(笑)

この日の夜はワハハがある予定です
14時過ぎに羽田に着いてもすることがありません
若い頃なら少しの時間でも都心に出たのですが
今は絶対に疲れるのがわかっていますので
そういうことはしません
かわりに久しぶりにターミナル1に行ってみました

飛行機関連での私の久しぶりは
一般の人とは格段に違って
2ヶ月を越えるとひさしぶりになるのですが(笑)
この時の久しぶりは年単位の久しぶりです

この通路を進みます

DSC03180

はい
ここに行ってみたのです

DSC03178

長年羽田を利用し続けていますが
初めてお詣りさせていただきました
多分房総のI氏等は
来られたことがおありでしょうね

DSC03179

ちょっと飾り気のない空間ですが
場所が人出の多いところから離れた一室ですから
こうなるのでしょうね



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック Share on Tumblr

2019年09月13日

2018年11月 予定になかった台湾 8/8最終章

機内食サービスが終わる頃には
飛行機は鹿児島辺りを飛んでいました
帰りの航路は行きより南側をとるのが通常ですので
左の窓からは桜島が見えました

DSC03144

少し噴煙が上がってるように見えますね
ズームアップしてみますと

DSC03146

余計わからなくなりました……
でも雲の色が違う部分があるので
噴煙でしょうね

機内食を食べ終わりますと
今までは台湾烏龍茶の凍頂茶をいただいていたのですが
そのサービスをANAはやめましたので
仕方なくコーヒーをいただきました

DSC03148

日系の航空会社のコーヒーは
基本的には美味しいです
味覚の落ちる低圧の機内でいただくため
普通よりは焙煎が深くなってるようです
なのでイリーとかスタバ等のコラボコーヒーは
機内では美味しく感じません

富士山は先っぽだけ見えました

DSC03150

この写真は実際とはかなり違い
すごく加工しています
実際には下のような明るさの中の飛行でした

DSC03151

羽田に着いた後は
急いで国内線乗り継ぎカウンターに行き
伊丹行きのアップグレードを試みました

元々20時過ぎの関空行きの予約ですが
19:20発の伊丹行きに変更して
尚且つアップグレードして
宅空便で荷物を送る
私の乗り換えの係りはいつも大変です(笑)
研修生バッチがある人に会うと
最初からベテランと変われと言わないと
時間がかかって
チェックイン締め切り時刻を
越えてしまう場合があります

無事全て順調に終わって
ANA40便のプレミアムクラスに着席しました
機材はB777−200ERです

DSC03154

機内食のお弁当は夕食仕様
奥がコールドミール
手前がホットミールです

DSC03155

この量で出る幹線路線の時は
私はご飯と味噌汁をいただきません
全部まんべんなく食べると
時間がギリギリになるからです

この時のフライトは
私のせいではない出発ディレイでした(笑)
当然この路線でこの時間帯
少しでも時間的にずれると
伊丹着陸もスムーズにはなりません

DSC03156

奈良盆地まで来ているのに
ポーンが鳴らないのでおかしいなと思ってたら
なんか
東京方面に逆戻りしてますね

DSC03157

結局3回転してやっとポーンが鳴って
生駒山系を越えて行きました
1回転は時々経験しますが
複数となると8の字回転するのですね



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(4)mixiチェック Share on Tumblr

2019年09月11日

2018年11月 予定になかった台湾 7/8

1日1人でゆったり過ごして
翌日は帰国します

この時は松山機場発で羽田経由でした
成田経由の方が安いのは確かなのですが
この時の復路は
日本を年末に出発する便のため
その差があまりなく数千円でした
なので
羽田経由にしたのです

DSC03136

この整然と並んだ2人席の列は
私がこのラウンジが嫌いだと言う最大の理由です
狭苦しく面白味にかけるのです

なので1番右奥の
6人席でゆったり過ごしたいのです

DSC03133

ラウンジメールは少し増えていました

DSC03138

炒ビーフンと小籠包ですね
赤いジュースはオーダー制です

他の焼売類もなくならず健在です

DSC03134

このラウンジは収容人数のわりに
ブッフェエリアが小さいので
画期的に増えることはありません
お皿の上の赤いペーストは辛そうに見えますが
辛くありません
どちらかと言えば酸味の方が勝っています

乗りましたのは13:30発ANA羽田行き
NH852便です

DSC03139

この路線は
松山機場に12:30に着いて13:30に出発
この時刻は年間を通じて固定です
夏と冬では行きと帰りの飛行時間が
異なるのはご存じの通りですよね
それを羽田の出発時刻と到着時刻で調整しています

使用機材は行きと同じでB767−300ER
今ではもう787に戻っていますが
このころはまだ787が復活していません

冬の帰国便は飛行時間が短くなるため
レベルに達する前にポーンが鳴って
サービスが始まる場合があります

DSC03140

この時も2万7千フィート位でポーンが鳴りました
その後徐々に高度は上がり続けます

機内食の選択はやはり洋食にしました

DSC03141

前菜は生ハムと蟹のサラダ

DSC03143

右の方はピクルスでした
そしてメインは

DSC03142

牛テール煮込み
はい
これは美味しいのです

ただ
牛テール煮込みをレストランで食べるのと
機内食で食べるのとでは
いろんな違いが出ますので
その辺りを踏まえて美味しいかどうかを書いてます
このアントレが
レストランで出てきたら
あまり美味しくなかったと書くかもしれません



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック Share on Tumblr

2019年09月09日

2018年11月 予定になかった台湾 6/8

台北3日目
奴にとっては帰国日ですが
私はもう1泊します

花華大飯店の朝食では
野菜もとれますが
中華のおかずもありますので
それをトッピングしました

DSC03122

台湾では
野菜サラダのドレッシングは
長い間サウザンアイランドだけでした
今は和風とかが人気ですが
ランクの下のホテルでは選択の余地がないのです
ここもそうでしたので
お粥用の味の濃いおかずをトッピングしたんです

奴を桃園空港まで見送って
私は少し板橋によってから花華に戻りました
そして引っ越しです

花華に泊まっていたのは
奴の要望でした
台北ではこのホテルには2度泊まってるので
彼にとっては慣れていて場所感があり
自由行動のあと確実に戻れる点
そして何よりお値段ですね

引っ越し先のホテルは
私の常宿です

DSC03130

1番奥のスイートルームを壊して
ラウンジにしたことは書いたと思います

DSC03131

今回は利用者がいなかったので
写真を撮れました

DSC03132

簡単なキッチンもありますので
軽食もここで食べられます
もちろん自力で調理です
何よりもコーヒーマシンがあるのが
私にとって何より嬉しいことです
いつも私はコーヒーの挽いた粉と砂糖とポーションを持ってゆきますが
このアジトを利用すると
その日数分持ってゆく量を減らせます

昼からはゴロゴロして
日が暮れてから寧夏街に出ました

この時は新しいものにチャレンジするつもりでした
まずはいつものやつ

DSC03123

赤肉蒸餃と酸辣湯
そして初めての挑戦は
起司章魚焼

DSC03125

起司はチーズですね
章魚はタコです
意味としては焼きだこのチーズがけですが
看板の絵からするとチーズ入りのたこ焼きです

DSC03124

ただ
たこがサイコロ状の切り身ではなく
小だこのゲソの部分が
まるごと1匹1個に入っています

DSC03126

あとはたこ焼きそのものです
ソースを塗り
木の舟に盛り付けています
確実に日本の様式ですが
私としては葱のトッピングが嬉しい限りです

お味はね
こんなものだ……です
このお店は
なぜたこ焼きはうまいのかが
よく分かってないようです
1にソース2に生地です
2を全く気にしてないようでした

大阪のたこ焼きを見るとわかると思いますが
最初の生地・・・しゃぶしゃぶですよね
そのくらい薄くなければならないんです
ここのは少し濃い目で
焼き上がりは団子状態
味は生地に出汁を入れてないのか
メリケン粉の味しかしませんでした

最後は串焼き屋さんで焼鳥です

DSC03127

日本と華圏
焼鳥串焼きがどっちか上かと比べるのは
無意味なことです
どっちもお店によるわけです

DSC03129

ただ
私が思うに
日本の焼鳥は焼くことに重きがあります
そこに執念のようなこだわりがあります
そしてタレですね
華圏のは焼き方のこだわりが
日本ほどではないように思います
味付けで他店との差をつけてるようですね



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック Share on Tumblr