スカイライナー

2019年02月11日

2017年12月 台北での年越し 9/9最終章

ANAの中距離深夜便は
基本的には乗ってすぐの機内食サービスはありません
これは深夜なので必要がないという判断だと思います
これには賛同します

エコノミークラスでは
餌さんのブログでもありましたように
軽食の袋が配られますが
ビジネスクラスではアミューズのようなものがサービスされます

DSC01963

それにアラカルトメニューですね
一風堂のラーメンとかサンドイッチとか・・・
このラーメン
食べてる人が多かったです
私も一度昼の便で食べましたが
決してまずいと言いません
むしろスープは大変おいしかったです
しかしどうしようもなくインスタントの麺でした
なのでラーメン好きでもない私は
2度とその後は食べようと思っていません

東行き深夜便で冬季です
香港までは風は弱いのですが
台湾あたりからは猛烈な偏西風が吹きます
なのでこのフライトの所要時間も5時間ほどと大変短くなっています
本当は離陸したらさっさと寝た方が良いのですが
アミューズをいただいたり酒を飲んだり
着陸前の朝食をいただいたりしますと
実質3時間も睡眠時間はあるかないかです
眠くなれば寝ようという感じでいました

B787−9のエンタメ装置では雑誌も見ることができます

DSC01967

e−booksという項目を選んで進んでゆきます

DSC01968

この項目も選びますと

DSC01969

記録しているものが示されます
もちろんこれ以上は眠いの進んでいません

着陸の1時間前に起こされました
もちろん頼んでいたからですが
こういうウェイクアップサービスは
ビジネスクラスでは個別に対応していただけます

1時間前というのは朝食サービスのぎりぎりくらいです

DSC01964

選択しました和朝食がワントレーでやって来ました
もちろん起きたてで食べられるかどうかわからないので
洋食ではなく和食にしたのです
ご飯以外はいただきました

成田の北側の利根川の向こう周辺で2回旋回したのち
無事成田空港に着陸しました
ここからは羽田空港に向かいます
この時は電車で乗り換えてゆくことを選びました
目を覚ます意味合いです
バスで行きますと楽なのですが
そのまま2度寝しそうですからね

DSC01975

スカイライナーで日暮里
そこから山手線で浜松町
モノレールに乗り換えて・・・・・です

乗りました飛行機は11:00発伊丹行き
ANA21便でした

DSC01977

表示板に5分のディレイと書かれていますね
こんなことは飛行機によく乗ってるとしょっちゅうあります

しかしゲートでは私にこんなものが待っていました

DSC01981

なぜ・・・・?
お会いした方だけにお話ししますね

使用機材はA321CEO

DSC01978

その時のANAとしては最新導入機材です(笑)

DSC01979

この時もアップグレードに成功しています
これを成功させるために成田⇒羽田の所要時間を
普通より1時間ほど多めにとっていました
10時発の便にも余裕で乗り継げたのですよ

DSC01983

お弁当はなんか残り物の寄せ集めみたいな感じでした



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(4)mixiチェック

2014年11月07日

2014年GW 不運なイタリア旅行 02/28

東京でちょっとした用事を済ませて成田に向かいました
そうなんです
今回のバンコクへのフライトは夕刻出発で夜到着便です

DSC04928

京成スカイライナーで向かいました

私はこの新型車は案外好きなんです
確かにシートなどはペラペラ感があるのですが
どこか日本の車両とは違う雰囲気があるんです
そう感じるのは私だけかもしれませんが(笑)

DSC04929

決して何が好きと言っても答えにくいのですが
とりあえず今まで1時間かかっていた日暮里〜成田空港が
40分を切って行けるというところに魅力を感じています

ゴールデンウィークですので
実は大阪で事前に予約していました

DSC05051

今はこんなことができるのですね
乗る時と車内検札の時に
オフラインで保存していたこの画面を見せればよいだけです
テツな方にはこれは不要だと思いますが
そうでない人間にとっては便利なことには違いありません

成田空港第1ターミナルのチェックインエリアも
私がいつも来る時間帯(7:30〜9:00)と違って
比較的すいていました

DSC04930

スイートチェックインも全く人がおらず
スムーズにチェックインできました
この中の様子は何回か記事にしていますのでご存知ですよね

ツレがいる時は中を写せるのですが
一人の時は照れが先走って撮影できません・・・

まずはタバコなどを買って
スイートラウンジに向かいました
ちょうど5サテライトのラウンジ改装が終わったところでしたので
4サテの方がゲートは近かったんですが5サテのラウンジに入りました

DSC04932

殆ど何も変わっていません・・・・・・・・

受付の男性スタッフに聞いてみました

「どこがどう変わったんですか?」

「喫煙室やトイレの配置・個人スペースなどが変わりました
  着席数も○○○人となって
   以前よりより多くの方におくつろぎいただけるようになっております」

「以前より多く?
  スペースは一緒ですよね
   ということは窮屈になったわけですか?」

「今回の改装はマイナーチェンジと言うことで
  あまり大きな変更はしていないということで・・・・・」

はい
始まりましたね
ANAの得意技が(笑)
最後なんて答にもなっていません
JALはラウンジ改装で素晴らしいラウンジに仕上げたのに
ANAのほうはB787の改悪と同じように
またまた詰め込み仕様です

気を取り直してゲート近くの4サテのラウンジに移動しました

DSC04934

3月30日以降
ANAのラウンジもミールの種類も増えて
素材の高級感こそなくなりましたが
ちゃんとしたミールがそろうようになっています

そしてリニューアルのキャンペーンで
ANAの得意技のコラボ企画ものを試してみました

DSC04935

これはピエール・エルメ・パリ監修のクロワッサンです

ピエールエルメさんが焼いたパンではありません
彼のブランドのお店が監修したクロワッサンです

なんかね
小さいので2口で食べましたが
おいしかったです
これはクロワッサンとしておいしかったのではなく
菓子パンとしておいしかったんです
ものの試しに食べましたが
中にフルーツのようなものも入っていましたし
砂糖もまぶしてありますので
もう今後食べることはないと思います・・・・・
クロワッサンは大好きで良く食べますが
これはクロワッサンではなく菓子パンです

おいしいんですよ
けなしておりませんよ
E氏には超お勧めのラウンジアイテムです
ANAはこういう出すものに関してはお金をかけるようです
器や土台やフレームに高級感やステイタス感を出さずに
実際に出すもの配るものを用意するのが
JALとANAのやり方の違い間も知れません

ラウンジで出発を待っていますと
良い感じに日が暮れてきました

DSC04936

どこ行きのB787でしょうか
夕刻便で787は・・・シアトル・サンノゼあたりでしょうか

NH805便バンコク行きはほぼ定刻通りに離陸いたしました
使用機材はB777−200です
初期の国際線仕様のB777−200ですので
シートも悪く
そろそろ退役してほしい機材です

房総半島を突っ切って東京湾に出たころには
東京はすでに夜になっていました

DSC04938

上の夜景写真は解りづらいと思いますが
羽田空港の夜景です

三浦半島あたりから高度が上がって上空の雲を突っ切りました
すると

DSC04941

西方向の雲の上はまだ夕刻の状態でした

ある程度東西に長い日本の特徴的風景ですね



asato8686 at 06:00|PermalinkComments(10)TrackBack(0)mixiチェック

2012年08月27日

2012年G.W. プラハ弾丸旅行 1/22

私としては珍しく国内ネタがしばらく続いていましたが
今日から今年のゴールデンウィークに
約1週間かけて行った旅行記をアップしたいと思います

行程は下の通りです
ホテルに宿泊した時点で改行しています

伊丹→羽田
成田→バンコク
バンコク→フランクフルト→プラハ→フランクフルト→上海
上海→台北

台北→羽田→伊丹

いつも通り特典航空券と海外発券の航空券との組み合わせで
太字部分が特典航空券です
特典航空券がバンコク発なのに台北で終わっていますよね
はい もちろんこの後も航空券は
→香港→バンコクと続いているんですが
残りは次の旅行の時に使います♪

3日目が弾丸旅行たるゆえんです
バンコクを夜出て機内泊でフランクフルトに早朝到着
そのままプラハに飛んで日中観光
夕刻フランクフルトに戻って夜上海に向け機内泊
翌日昼過ぎに上海に到着してホテルへ・・・


旅の始まりは4月28日の伊丹空港ANAラウンジ
当初は成田行きに乗るつもりでしたが
ちょっとした人に都内で会うことにしましたので
この日はここから羽田に向かいました

DSC01242

いつも通り青汁と野菜ジュースのミックスジュースで旅の安全を祈りました

ちょうどお昼の便でしたし
ゴールデンウィーク中の東京〜大阪路線は意外にすいていますので
簡単にPクラスへアップグレードできました

お昼のお弁当は京都祇園のなんとかと言う割烹のお弁当
     
DSC01243

間違いのないお味で
甘い卵焼きに悩まされることなくおいしくいただけました
前のブログ記事で
6月からの機内食をアップしましたが
     
DSC01631

やはりどう見ても6月以前の方が豪華ですね

GWは晴れる確率が高いらしいのですが
この日も確かに良い天気は良い天気だったんですが
雲もばらばらでたくさん出ていました

DSC01244

ですので雲が出やすいところは間違いなく雲が出ていまして
せっかくの富士山も雲に囲まれてしまって
頭の先だけしか見ることができませんでした


23区内でちょっと人と会った後
京成上野からスカイライナーで成田へ向かいました
空港第2ビルまでスカイライナーで行って一駅戻るという方法です
無駄なことをしてると思っていますが(爆)
歳をとりますと楽なほうへ楽なほうへと足が向いてしまいます・・・

DSC01245

前にも書きましたが
以前よりは良くなっていますが
以前よりペラペラ感が増しています
乗り物全体に見られる方向性ですが
JR東と比べて圧倒的な時間短縮をしたわけですので
天狗になってるのでしょうか(爆)

DSC01246


さて京成成田駅では駅前のリッチモンド成田がアジトです
多分今後成田発の時はこのホテルの利用が増えると思います
冠ホテルの半額ちょいの料金で同等の部屋を提供していますので・・・
宴会や結婚式をしない限り
ホテルでゆっくりと楽しむことのない限り
泊まるだけならリッチモンドのほうがお値打ちです

ここで技瓩塙舂いたしましたが
オフ会出発まで少し時間がありますので
成田駅周辺新勝寺参道をぷらぷらしました

年末に行った時に買えなかった
米屋の「生栗蒸し羊羹」をやっと買うことができました♪

DSC01247

その夜の夜食となりましたが
とってもおいしかったですよ
はい??
もちろん私は基本的には羊羹は好きではありません
まず絶対に食べることはありません
でもこれは私の中では「生栗蒸し羊羹」という和菓子であって
決して羊羹ではないんです(爆)
同じように「芋羊羹」も
私の中では羊羹ではない和菓子なんです
なんてわがままなんでしょうね

時間が迫ってきましたので
技瓩隼笋狼成成田駅から特急京成上野行きに乗車いたしました
特急で青砥まで行って
そこで都営浅草線直通列車に乗り換えるためです

DSC01248

以前M氏がきれいなチューリップの記事をアップされていましたので
M氏のブログの記事
私も撮ってみようと佐倉駅からカメラを構えて待っていましたが
結果は上の写真の通りです
腕と夕方の光でお粗末なチューリップ畑になってしまいました・・・・



asato8686 at 07:00|PermalinkComments(10)TrackBack(0)mixiチェック

2012年04月06日

2011年11月 台湾・岡山 7/8

翌朝出発は早朝です
8時過ぎの成田行きですので
6時過ぎにホテルを出発いたしました
朝食はやはりパスしましてラウンジでいただくことになります

桃園機場ターミナル2は朝の出発ラッシュの便に乗る人が
ちょうどチェックインをする最中でした
ターミナル1が改装工事のために
中華航空の多くの便がターミナル2でのチェックインになっています
かなりの混雑でした

DSC00620

どこの空港でも
アジア系のCAさんは行進しますね
これは中華航空(チャイナエアライン)のCAさんたちです

早めにホテルを出て正解でした
セキュリティ・イミグレを抜けるのに30分かかってしまったんです
今後はこの時間帯の成田行きはなるべく使わないようにしなくては…

ということで
朝食をいただくためにラウンジ向かいました
ANAは桃園機場ではエバー航空のビジネスクラス用ラウンジを使用します
今回はブッフェコーナーを動画で撮ってみました♪


キャセイのラウンジほど垢抜けした物ではありませんが
食べる物がほど良くたくさんありますね♪
でも垢抜けしていません・・・・・
そろそろ改装時期ではないでしょうか

NH1084便成田行きB767−300ERは定刻通り
桃園機場から成田空港へ向け出発しました
レベルは3万7千フィートですが
3万3千フィート時点でベルトサインが解除されました

トイレを済ませんた後
機内食やらの写真の準備にカメラを取りだしたところ・・・・・
バッテリーが・・・・・・
予備のバッテリーは充電してありましたので
変えようとしましたら
カメラ入れのポーチがありません
早朝ホテル出発だったため
急いで荷造りをしていましたのでどうやらバゲージに入れてしまったようです

皆様もご存じのようにバッテリー表示が交換になっても
立ち上げた瞬間だけ2〜3秒使えたりしますよね
その瞬間を利用して何枚か撮影はしたんですが
結局撮影はできても記録途中で切れたりしてしまって
生き残った画像は5枚しかありませんでした
それも機内食関係は色が多く画像が細かいため
同じ大きさの画像でもファイルのバイト数が多いために
記録途中でアウト・・・・いわゆる半欠け写真ばかり
単色に近い画像だけがフル記録で残りました

DSC00624

これは大きさと山深さから屋久島だと思います

DSC00628

DSC00630

この2枚は桜島ですね
ちょうどこの日は運よく噴火していました
噴煙が南の方向に流れて行ってるのが良くわかると思います

DSC00632

多分足摺岬かと・・・・自信はございません

DSC00633

これははっきりわかります
室戸岬ですね

うまく撮影できないまま成田空港に到着いたしました
この日はこのまま東京に出ることになっています
税関を抜けた後すぐにバゲージを開いてカメラポーチを探しました
当然ですがありました(笑)

バッテリーを入れ替えまして
京成電車の駅に向かいました
ちょうど運よくスカイライナーの出発の7分前でしたので
切符を買って乗り込みました

DSC00635

車内はこんな感じです
前の客室よりかは若干小洒落てはいますが
有料特急らしからぬぺらっぺらの面白味のない座席ですね

ちょっと長い動画になりますが
下の動画は空港第2ビル駅から印旛沼位までの車窓風景です
テツ以外の方には何の意味もない画像でしょうね(爆)


スカイライナーで日暮里まで行きまして
京浜東北線で蒲田まで行き
その日のアジトであります「APAホテル京急蒲田」にチェックインしました
ホテルにはその夜のワハハ用のお土産を
日本を出発する前に日付指定で送っていましたのが
きちんと到着していましたが
フロントマンはチェックインの時に私が言いださなければ
荷物のことは何も言ってきませんでした

その夜はおきまりのワハハです♪

DSC00637

いつもいつも自腹を切ってないお土産ばかりで申し訳ございませんが
皆様になんとか行き渡りましたので役目を果たせました
次回も「アレ」になりますがよろしいでしょうか(爆)



asato8686 at 07:30|PermalinkComments(10)TrackBack(0)mixiチェック

2011年04月25日

飛行機からの夕日

実はこの次のシリーズは8月の台湾行きを予定しているんですが
台湾が続きますので
間に少し別の物をはさみたいと思います

飛行機によく乗られる皆様は
飛行中に見られる夕日や朝日がどれだけ素晴らしいか
私が書くまでもなくよくご存じのことと思います

8月の初旬の東京出張の帰り
そんな私でも感動してしまった夕日のフライトがありました

その日私は2時に本社を出まして
ゆっくり成田へと向かいました
そうです
羽田からいつもは帰るんですが
どうしても新しいスカイライナーに乗ってみたくて
成田発伊丹行きのANA2179で帰ることにしていました



申し訳ございません
車内の写真は1枚もありません
こういう時にテツではありませんので「照れ」が出てしまって
写真を撮れませんでした・・・・・・

時速160km/時はどうだったか・・・・と
もし聞かれましても「微妙…」としかお答えできません
我々日本人はすでに新幹線で250km/時以上を知っています
まして私自身では上海リニアの400km/時以上も体験しています
また
スカイライナーはずっと160km/時で走ってるわけではありません
空港手前のちょっとの間だけです


ANA2179便のシップはB777−300ER
私はK列の席を確保しました
右の窓側ですね
この日のANA2179便は接続の国際線が
延着のために約30分のディレイとなりました
それが幸いしたのです

千葉から東京湾へと進む航路はいつもと同じですが
富士山が見えるころから
窓の外の景色は鮮やかなオレンジ色に染まってゆきました♪

DSC01828
DSC01832
DSC01831
DSC01833
DSC01834


夕陽の場合
快晴の空より雲がある程度あって
それもうすい層がある場合に感動的な光景が見られます

上の写真たちはその層の上を飛行している時の画像ですが
伊勢湾付近で下降を始めますと
その層を突き抜けて下に行きます
その時の模様は動画で撮ってみました



私の間の抜けた声が入ってますが
CAさんと一緒におしゃべりしながら窓の外を見ていました
オレンジの光が一瞬燃えるように拡がるのがお解いただけましたでしょうか

この日は伊丹に着いてリムジンバスで阿倍野まで帰ったのですが
ちょうど阪神高速で淀川を渡るころ
その日が「淀川大花火大会」の日であることに気がつきました



良いものが重なって見られた幸運な1日でした♪



asato8686 at 17:00|PermalinkComments(10)TrackBack(0)mixiチェック

2009年09月17日

2009年1月バンコク01

ここ数年お正月は海外で5日ほどの間迎えていたのですが
今年は2日からバンコクに3日だけ行きました
ご存知のように台湾へは社用で行きますが
バンコクへは自費です・・・・・・
バンコク発券の航空券を使ってますので
1年に2回は行かないと失効してしまいます

DSC00702

1月1日
羽田行きのANA便にて出発です

DSC00703

USJの機体でした
元旦ですので
プレミアムクラスではどんなサービスがあるのかと期待していたのですが
全くもっていつもと変わりないサービスでした

DSC00707

伊丹空港ではお正月のモニュメントもなく
CAさんも新年の挨拶がありませんでした

DSC00708

新年のおめでたい富士山を見ながら
飛行機は順調に東京へ向いました
この日は大島から房総半島に入り浦安を左に見ながらC滑走路に入るルート

DSC00710
DSC00711

詳しいことは解りませんが
冬には珍しくないルートだそうです

羽田からはモノレールとJRで秋葉原まで行って
そこでちょこっト時間をつぶしてから
上野からスカイライナーで成田まで行きました

元旦に成田ですから
初詣をしようと朝からの出発をしていたのです
秋葉原でM7にメールを打って
成田山に行く大まかな方法を聞いて乗り込みました
この時どうして彼は大変な行程になることを助言してくれなかったのでしょう
今でもうらみます(爆)

DSC00712


車中
車掌に
「成田山に初詣に行くのですが成田を降りて歩くのですか
 それとも何かバスとかに乗るんですか
 駅のどちら側に降りるのですか」
と質問しましたら
「ここでは解りかねますので 駅員にお尋ねください」
と言われてしまいました・・・・・・・
確かに正確なことは駅員に聞くのが正解でしょうけど
このくらいの案内ができずに
京成電鉄の車掌をしていることが恥ずかしくないのでしょうか
ましてや元旦です
乗ってる人の殆んどがそこに行くお客さんであることがわかってますし
解らなかったら会社を辞めたほうが身のためです
あるいは
ただ答えるのが面倒なだけだったのかもしれません
そうだったらなおさら
電鉄職員どころか
接客業種そのものから足を洗わなければなりません




asato8686 at 05:00|PermalinkComments(16)TrackBack(0)mixiチェック