プレミアムクラス

2020年10月21日

2019年11月 ゆいレール制覇 5/5最終章

乗りましたのはANAの伊丹行き
11:20発のANA764便です

DSC01255

使用機材はB777−200ERです

DSC01256

座席は往きと同じで1Kでした
やはり1Aは予約をするのが遅かったので
取れませんでしたが
なんと横の1Hは空席でした
そろそろ皆さんアップグレードポイントが
なくなってきてるのでしょうか
全21席のうち半分ほどしか埋まっていませんでした

DSC01257

764便は北に向かって離陸しました
例の嘉手納基地のクロッシングのための出力ダウンはなく
この右側の席からは
嘉手納基地がよく見えました

DSC01260

プレミアムクラスのお弁当は
羽田が絡まない昼食仕様ですので
ホットミールがある小弁当ですね

DSC01262

取り立ててなんの特徴もない無いようでしたが
お味だけは那覇のケイタリングらしく美味しかったです

前日と違い
この日は雲ひとつない……ことはないですが
ほぼ晴れ渡っていました
ただ北風が強かったので
少しの横震えがありました

慣れない右窓席で
なおかつエアショーが壊れていたため
通過する島を撮影するにもタイミングが合わず
結局この生駒山系まで写真は撮れませんでした

DSC01263

左手前が河内平野
山系の向こう側は奈良盆地です

このあと左に旋回して大阪平野を北上するのですが
右窓からは
ラグビーの聖地の花園ラグビー場

DSC01265

花博跡の鶴見緑地公園

DSC01266

そして万博跡の千里万博記念公園が見えます

DSC01267

これが見えたらギアが下ろされます
着陸まで2〜3分です



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(4)mixiチェック

2020年10月14日

2019年11月 ゆいレール制覇 2/5

ANA96便は搭乗すると
ドアクローズの前にアナウンスが入りました

本日は航路上の天気が悪く
水平飛行10分の間も
ベルトサインが点く可能性がございます
ですので普通席のお飲み物のサービスを
控えさせていただくことをご了承ください
また
上昇中もしばらくはお席をたてませんので
お手洗いは今の時間に…………

結局
ベルトサインが消えていたのは
伊勢湾から静岡市沖の間だけで
あとはCAさんも着席したままでした
かと言ってずっと大揺れしたわけではなく
思い出したようにバウンバウンと揺れていました

私の席は11C
L2ドアのお見合い席を取っていたのですが
R2ドアの担当の若いCAさんは
長い間座っているためか
槽を漕いでいました
11列席は手荷物も持てない非常口座席ですので
カメラを出していませんでした
証拠写真がなくて残念ですが
これ……すごい問題なんですよ
一応
L2ドア担当の目の前のおば……CAさんに言いますと
インターフォンで起こされていました

今回の羽田乗り継ぎは
前の月のように用事があったわけではありませんので
乗り継ぎ時間は1時間ちょっとです

DSC01223

スイートラウンジで寛ぐのに丁度良い時間です
朝何も食べずに出てきてますので
ここでクロワッサンをいただきました

DSC01222

羽田のクロワッサンは味は良いのですが
クロワッサン独特の
皮のパリパリ感がありません
時間がたってそうなったのではなく
最初からその様な生地で焼いてるようです

乗りましたのはANAの那覇行き
11:30発の471便です

DSC01224

使用機材はB777−200ERです

DSC01226

ゲート前には100人を越える修学旅行生の列が
この学校はちゃんとした学校なのか
列をはみ出したり騒いだりする生徒はいませんでした
ただ教師が問題でした
大きな声で生徒に
機内でのケータイの注意事項を言ってるのですが

マナーモードか電源を切るか……

そう言う説明をしていました
正しくと教えなければなりません
マナーモードで乗られたら
たまったものではありません

DSC01225

今回の沖縄行きは
急遽1ヶ月前に入れた予約ですので
いつものような席は取れませんでした
この時は1K
富士山が見える席ですが
とんでもない曇天ですから
何も見えませんでした

DSC01229

関空から来たときもそうでしたが
やはり静岡県を過ぎるまでは
ベルトサインがついたままの縦揺れ飛行
浜松を過ぎて渥美半島辺りで漸く雲の上に出ました

ベルトサインも消え
サービスが始まりましたが
このフライトの日本酒のメニューに

DSC01231

大吟醸が搭載されてることがわかりましたので
それを注文しますと
すでに在庫が終わってしまったらしく
もう1つの純米酒を出されました

DSC01233

超辛口のしかも酸味のある味でした
一口飲んでやめました
これは……カップ酒となんら変わりないように感じました

機内食は羽田が絡む長距離幹線の昼食仕様ですので
短距離ビジネスクラス並みの食事でした

DSC01232

メインの台の物が
いつもよりサービス時間が遅くなったせいで
少し冷めていましたが
美味しくいただくことが出来ました
今回この中でいただくことが出来なかったのは
カボチャ
サツマイモ
卵焼き
の3つでした
理由はおわかりですよね(笑)



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(8)mixiチェック

2020年09月21日

2019年10月 トラブル続きの台湾行き 16/16最終章

乗り換えましたのはANAのNH852便羽田行き
13:30発が14時発と遅れていましたが
結局13:50過ぎにドアクローズしました

使用機材はANA台湾線すべてですが
B787−8です

DSC01093

台湾線は両方の人に需要が高いのですが
距離がそんなにあるわけではありませんから
恰好のLCCの路線となっています
ANAやエバーなどのキャリアは
うかつに増便キャパ増はできないようです

座席は当日取った訳ですので
天空の指定席は取れなかったですが
一応1Kと言う最前列右窓席が取れました

さて10月の台湾発のビジネスクラスては
路線限定の機内食サービスをしていました

DSC01095

この2択の機内食の右側
いつもは洋食となっていますが
台北リージェントホテルとのコラボメニューです

DSC01096

ANAは年に2回ほどこれをしています
恒例のことなのですが
こういう期間限定の特別メニューは良いですね
何年も同じパティシェのデザートを出されるより
数倍良い企画だと思います

松山機場を西に離陸して
直ぐに180度左旋回して東に上昇して行きました

DSC01097

短距離線ですから
プラカップ(笑)でのウエルカムドリンクはなく
上空で安全レベルに達してから
食前酒でサービスは始まりました

DSC01098

短距離線ではカシスクリームは搭載していませんので
キールロワイヤルはできません
シャンパンの場合はそのままか
オレンジジュースでミモザにするかになります

さて
もちろん機内食の選択は
リージェントとのコラボメニューですが
いわゆるヌーベルシノワ
オーソドックスな中華ではなく
他の国の手法が取り入れられたメニューです

DSC01099

メインのチキンは中華と和食との掛け合い
これは大変美味しかったのですが
前菜は中華とフランス料理との掛け合いで
甘いペーストを多用したせいか
食事としては少し変な感じでした

上空の天気は良かったのですが
関東地方は大雨の残り香
そして九州からは気圧の谷
ほぼ下界の様子は見えませんでした

羽田には定刻より10分のディレイで到着しました
少し回復したようです
なので国内線の伊丹行きにも間に合いましたし
スイートラウンジにも寄れる余裕がありました

DSC01103

乗りましたのはANAの伊丹行きの最終便
19:20発の41便です

DSC01104

プレミアムクラスへのアップグレードにも成功して
古いタイプのB777−200に乗り込みました

DSC01105

当日アップグレードですから
最前列は取れませんでした
2Cという通路席です
夜のフライトですし
一番よく乗ってる路線です
外が見えないのは構いませんし
仕事で乗ってた頃は
この路線は常に通路側を取っていました

プレミアムクラスのお弁当は夕食仕様

DSC01107

羽田が絡む幹線ですので
大変良い内容になっています
長距離幹線との違いは台の物がない点です
私の場合これをゆっくり楽しむ余裕はなく
何とか時間内で
ご飯以外をいただくことが出来ました



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2020年08月24日

2019年10月 トラブル続きの台湾行き 04/16

248便は海とは反対方向の熊本に向いて離陸して
一所懸命上昇しました
この方向に福岡空港から離陸するのは
山が迫っているので少し危険です

そのあとは
日によってどこで左旋回が入るか違いがありますが
概ね大分県国後半島を通り
そこから瀬戸内海に入るのはほぼ変わりません

DSC00945

この日は少し北の方の航路を使ったようです
国後半島より北から海に出ました

プレミアムクラスのお弁当は朝食仕様です

DSC00946

実はこの内容は黒箱のものと全く変わりありません
玄箱に入れずに前菜用のお皿に並べるだけで
これだけイメージが変わるんです
これが予約していた1つ後の便ですと
短距離ビジネスクラスの和食並みのものがでるのです

この日は台風こそ1日前に関東から去っていましたが
西から天気は下り坂てで
伊勢湾を過ぎるまでは
下層の雲で下界が一切見えませんでした

しかし静岡県に入ると雲も切れだして
富士山を見ることが出来ました

DSC00948

248便は伊豆半島から房総半島へ
そして千葉には上陸せずそのまま東京湾を進みました
そして海ほたるの少し手前で左旋回して
西からのフライトですので
A滑走路に南南東からの最終進入に入って
ギアダウンしました

そして例の「アレ」が真下に現れた頃です
突然772の巨大なエンジンが
最大の唸りをあげて機首が上がりました

DSC00951

そのまままっすぐ上昇を続けて
羽田空港を通り越した時点で
コックピットアナウンスが入りました

皆様大変申し訳ないのですが………………
ただいま直前に着陸した飛行機が
バードストライクに遭遇いたしました
滑走路を閉鎖して点検するとのことで
我々の飛行機はゴーアラウンドさせられ
しばらく旋回いたします
到着が遅れますことを……

人生で5回目のゴーアラウンドです
突然の出来事でしたので
動画でアナウンスを録音するとかできませんでした
カメラもスマホもすべて
到着したらすぐ降りられるよう
バッグの中にしまっていましたからね

DSC00952

今まで
那覇、関空、スワンナプーム、チェラコップで経験しましたが
いずれももう少し手前でのゴーアラウンドでした
タッチ&ゴーになる直前のは初めてです

羽田からまっすぐ上昇しますと
東京都心に出ますよね
皇居から新宿上空を飛んだようです

DSC00954

右下に皇居の緑
その左上が新宿御苑の緑です

ここでコックピットから第2報が入りました


あーあ
遅れるようですね

DSC00956

このあと248便は東京23区内を縦断して
埼玉県西端から栃木県南部をかすめて茨城県に入り
最後は千葉県
成田空港を左に目ながら南下して
羽田空港C滑走路に南南東から着陸しました
A滑走路でバードストライクがあり
A滑走路が封鎖されたため
西からの便の着陸も
北からの着陸と同じC滑走路に回されたのです

DSC00958

結局40分弱のディレイになりました
55分早いフライトに変えずに
予約通りのフライトに乗っていれば
さらに遅れていたことでしょう
なんか変な導きです……

なんとか予約通りのフライトより少し早く
到着することが出来ました
調べてみますと
私の乗った飛行機の直前の着陸機は
広島からのANA便でした
間接的なバードストライクの影響が前回の記事と2回続きました



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2020年08月19日

2019年10月 トラブル続きの台湾行き 02/16

リムジンバスに乗りましたのが17時ちょうどでしたので
17:50定刻に関空ターミナル1に到着しました
KIXラウンジのPCで福岡地下鉄の時刻を調べた後
ANAラウンジに移りました

DSC00919

羽田行きに時間がありますので
ラウンジはすごく空いていました

DSC00922

時間まで泡とビールで過ごしました
ラウンジの規模が小さいので
泡も1種類しかありません
大阪ですのでアサヒです

ここで小さなトラブル
10分のディレイです
使用機材の到着が遅れていたらしいです

乗りましたのは19:35発の福岡行き
ANA1709便です

DSC00924

結局10分のディレイは地上職の頑張りで
リカバー出来たようです

使用機材は判りにくいですが
A320neoです

DSC00925

厦門から到着して1時間ちょっとのインターバルです

neoだというのは
この荷物入れの青のLEDでわかります
ANAはいつも青にしていますが
航空会社によって変わります

DSC00927

国際線機材ですから
プレミアムクラスはビジネスクラスがあてがわれます

DSC00926

小型機のビジネスクラスのシートは
あまり良くありませんが
それでもプレミアムクラスのシートより随分ましでした

オリンピックで外国人が大勢来ることを当て込んで
新しくなったANAの安全ビデオが
少し気になっていたのですが
前にDr様もブログで取り上げてくださったので
私が気に入らない点を2つ紹介します

まず1つ目は
手荷物は上の収納棚に入れるようにとの案内の時に
下のような画像が現れます

DSC00928

こんな木製の棚どこにもありません
こと安全に関して事実と異なることは避けるのが普通です
同様に2つ目
安全のしおりをご覧ください……と映し出されたのは

DSC00931

縦書きの紙です
こんなものもどこを探してもありません

上の2つの点は
私たち日本人なら当然のごとく脳内で変換して
実物と置き換えることができます
しかし
オリンピックでやって来る外国の人たちにとっては
なんと紛らわしいことでしょう

もう一度書きます
安全に関することは
事実と異なるものを使ってはダメです
紛らわしくわかりづらいのもNGです
同様にエバー航空のダンサーバージョンも
奇をてらいすぎて何をやってるのか伝わらないのでダメです
エバーのほうは今年から変わったようです

プレミアムクラスのお弁当は夕食仕様

DSC00932

羽田が絡まない幹線ですから
以前と変わらない
片方がホットミールの2つのお弁当箱です
ベーシックな和食で美味しくいただきました

福岡空港へは10分ほどのディレイで到着しました
急いで地下鉄に乗って
博多駅前のアジトに向かいました

DSC00933

なんと博多の地下鉄には
トイレがありました



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2020年08月10日

2019年10月 リベンジ沖縄 4/4最終章

那覇ではいつものように
沖縄料理や泡盛を楽しむことなく
いつものように泡と刺身などで夜を過ごしました

翌朝はまっすぐ大阪に帰ります

昔は那覇からの運賃は
関空行きと伊丹行きとではかなり差があったのですが
今はあまり差はありません
ANAとしては
関空線の個人客は
桃にシフトさせているのかもしれません
なので小型ジェットの関空行きには乗りません

羽田行きの出る直前に
スイートラウンジに入室しました

DSC00878

羽田行きに乗る人は全て出て行ってしまって
しばらくは静かに過ごせます
この新しいラウンジは前のラウンジより
少し広くなっています
また
ほとんどが国内線としては長距離線ですので
ミールが他のスイートラウンジより充実しています

DSC00877

スープは和洋
パンプキンと豚汁
ご飯ものは
お稲荷さんとじゅーしーのおにぎりと細巻き
炭水化物ばかりですが
小腹を満たすにはこう言う選択なのでしょうね

乗りました飛行機は1115発の伊丹行き
ANA764便です

DSC00880

使用機材はB787−8
今のところANAの中では一番好きな飛行機です
−9の方が大きいのですが
なぜか−8の方が揺れないんです

DSC00879

プレミアムクラスのお弁当は昼食仕様です

DSC00881

羽田が絡まない幹線ですから
ホットミールですが
以前と同じ出し方で
シャンパンではありません

この日は私にとっては珍しく天気もよく
下界がきれいに見えました
このマグマ大使の火山島のような島は何なのでしょうね

DSC00882

奄美より本土寄りで
屋久島より南です

屋久島の上はやはり雨雲がかかっていました

DSC00883

那覇から伊丹への航路は
鹿児島沖から足摺岬
室戸岬から徳島に上陸して
紀伊水道を和歌山に抜け
和泉山脈を越えて大阪南東部に入ります
そして八尾空港付近で
生駒山を越えて来る東からの航路と交わります

その時左窓には大阪平野が一望できます

DSC00886

これは世界遺産予定の百舌鳥古墳群ですね

このあと大和川を渡りますと
東大阪市に入って
私の住んでる阿倍野が見えてきます

DSC00887

今はハルカスがあるのでわかりやすいです
そしてその先には大阪ドーム

DSC00895

今はなんて名前に売られているのでしょう
京セラドーム?

このあと大阪城や梅田の摩天楼を見て
淀川を渡ってギアダウンです



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2020年08月07日

2019年10月 リベンジ沖縄 3/4

30分前にラウンジを出ました

DSC00867

最近は主要空港で
チェックインカウンターが改装になっていますよね
加えてセキュリティも変わりつつあります
羽田のセキュリティもずいぶん広くなりましたし
来年の伊丹では
複数の人間が一度に通れるレーンができたりします
しかし
人を効率よくさばくことばかり考えると
事故が多くなるのは世の常です
実際伊丹では
たて続けにナイフを素通りさせましたね

さて
ターミナル2では来春の完成に向けて
改装工事が入っています
なんの改装かはご存じだとは思いますが
ANAの国際線の一部を
こちらのターミナルにもってくる工事です

この地図は物販店の工事中の案内ですが
わかりやすいので使いますね

DSC00868

この地図のターミナル右端
65ゲート71ゲートのさらに右に
国際線部分が増築されます

この部分で繋がるのか……
というのはわかりませんが
いくつかのスポットと
出入国の設備が出来るようです
また
国際線ですから
それなりのラウンジも必要でしょう
免税店のスペースもいると思います
そうなりますと
それをコンパクトにしようとすると
短距離国際線が来ることが濃厚だと思うのですが
皆さま方はどうお思いでしょうか

私個人としては
大陸中国と半島行きが移動するのが
一番平和かな……と思うのですが……
台湾行きも含まれそうですね

乗りました飛行機は12:55発の那覇行き
ANA473便です

DSC00869

使用機材はB777−300

DSC00866

777自体はあまり好きではありませんが
773はすごく安定して揺れないのでましです

プレミアムクラスのお弁当は昼食仕様

DSC00870

羽田発の幹線ですから
短距離国際線並みの内容でサービスされます
国際線と違って加熱調理ではなく
保温状態の後のサービスです

この時の有料おつまみとして購入しましたのが
瀬戸内れもんイカ天です

DSC00871

イカ天は昔懐かしい駄菓子タイプのやつです

DSC00872

これはビールによく合うのですが
酸味が強くて
ビールにその味が残って少し微妙でした
でもこう言う酒のあて系の物のほうが
絶対に売れますね
スイーツ系のものはあまり売り切れだと聞きませんが
こう言うものはない場合が時々あります

飛行機は鹿児島を過ぎますと
台風の影響もなくなり
下界が見えるようになりました

DSC00873

お馴染みの美しい与論島と

DSC00875

左が伊平屋島
伊是名島です
この島々は沖縄本島の真北
地図では左上にある島々です
北から飛んでいますので
地図とは上下逆です



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(4)mixiチェック

2020年08月05日

2019年10月 リベンジ沖縄 2/4

皆様
私事で恐縮ですが
本日誕生日を迎えました

私はいわゆる養子でしたので
自分で産んだ子ではない分
その誕生日に力を入れてもらえたことはありませんでしたし
夏休みのど真ん中
学校で誕生会の話などもありませんでした
なので誕生日を祝うという感覚がほぼゼロのままで
今まで生きてきました
自分の誕生日は知ってはいますが
その日が来ても気が付かないことが多かったです

ただ今年は違います
晴れて還暦を迎えました
そして
この月で定年となります
なのでかなり真剣に数えていましたよ



さて
乗りましたのは羽田行き
定刻8時15分発のANA96便です

DSC00855

使用機材はB777−2……
あれ?
違うぞ
B777−300に変わっていました

DSC00853

違いはご存じのように胴体の長さです
外からはドアの数でわかります

機材変更ですが
プレミアムクラスは座席の数は変わりませんので
席は同じ1Aのままでした

DSC00856

プレミアムクラスには通常座席の上には
専用の毛布が置いてあるのですが
この時にはそれ以外の物もありました

DSC00857

これ
長距離国際線ビジネスクラスの
アメニティに使われているものらしいです
期間限定のサーヒス品ですね
私はこの沖縄行きでは3フライトありますので
3ついただけることになります

定刻より30分遅れでトアクローズしました
ディレイより5分さらなるディレイですね
誘導路には珍しい飛行機がいました

DSC00858

ノックスクートのB777−200です
LCCです
ノックエアと言うのは
タイの航空会社で
はじめはタイ国際航空の傘下でしたが
スクートと組んで
今はどういう立ち位置なのでしょうね

プレミアムクラスのお弁当は
朝の便ですから朝食仕様

DSC00860

ミールはコールドミールですが
スープは暖かいものです

ところで
772から773に機種変更ということは
CAさんの数も変わってきますよね
もしかすると関空でのスタンバイで
⭕池さんが乗ることになったのかなと
後ろまで機内を見て回りましたが
それらしき人はいませんでした
CPさんに名前を出さずに聞いてみますと
この日の場合
羽田のスタンバイ要員が2名
早朝このカラの代替え飛行機でやって来たそうです

羽田に着いた後
品川まで出て用を済ませた後
再び羽田に戻ってスイートラウンジに入りました
そのため国内線利用の時には珍しく
関空で荷物を預けています

DSC00863

まだ時間は一時間以上ありましたので
久しぶりに国内線のシャワールームを使わせていただきました

DSC00864

今まではアメニティとして置いていたものが無くなり
普通のANAラウンジと同じように
据え置き型のシャンプー類に変わっていました

DSC00865

これだと
必要のない時以外に
使わせてもらうこともありません
当たり前のことでしょうけど
こう言うサービスダウンの時は
一切案内がされませんね

DSC00862

シャワーを浴びた後は
約1時間まったりと過ごしました
羽田の国内線スイートラウンジでゆっくりするのは
ずいぶん久しぶりです
いつもは国際線からの乗り継ぎ時か
代々木公園からの帰りですので
案外気忙しいことが多いんです



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2020年07月08日

2019年8月 エバー航空の新機種に乗る 17/17最終章

ラウンジのブッフェも
伊丹空港や那覇空港等の新規ラウンジと共通です

これはパン置き場です

DSC00709

はっきり言って美味しくなかったです
パンはやはり都会の方が美味しいです
競争とかいろんな関係でです
もちろん
少し甘めのパンが日本人の口に合いますので
私のような変な感覚の人以外は
美味しくいただけると思いますよ

これはコーヒーマシンですね

DSC00710

横にミルク噴射機がついた
蒸気抽出型です

DSC00711

蒸気抽出は
豆を細かく挽きますので
私は苦手です

こちらはお酒類

DSC00712

九州らしく焼酎が素敵な入れ物で置いています

そしてビールサーバー
ハイボールサーバー

DSC00713

サーバーのアイテムは那覇空港以外は共通で
各社のプレミアムビールがあります
プレミアムモルツとエビスだけではなくなりました

乗りましたのは8時発の関空行き
ANA1702便です

DSC00716

国内線で4桁の便名は
ANAウイングスの運行便です

使用機材はA320−200neo

DSC00715

ANAでこれに乗るのは2回目です
プレミアムクラスのシートは
少し変わった感じのシートです
前回乗った時に
これは国際線用の機材だということを知りました

DSC00717

満席で私は2Aに座っています
隣の席は30代のサラリーマン
1Aの席にはやはり偉そうなおっさんが座っていました

プレミアムクラスのお弁当は朝食仕様

DSC00719

サンドイッチとフルーツ
そしてコンソメのようなスープでした
しかしこのスープ
一部のかたにはラインでお知らせしましたが
全く味がありませんでした

DSC00720

その事を少しオブラートに包んだ言い方で
担当CAさんに言ったところ

このスープはあっさり目のスープでございます

こうぬかされました
ここで騒いでもおとなげありませんので
隣のサラリーマンに

これ……味します?と聞きましたら

全くしないと答えました
その間担当CAはにこにこ聞いてるだけでした
そしてCAが去った直後
1AのおっさんがCPをつかまえて
大声で文句を言い出しました

ここでようやくCPさんが事の重大さに気づき
全員に謝りに来て
責任をもって調査しますと言い残しました

記事の中ほどに
この機材は国際線機材だと書いたと思います
国際線用機材の場合
国内線用のWi-Fiは飛んでいないのです
国際線用の課金されるWi-Fiになります
実はさっきの担当CAは
その事を確認した時も
いえいえいつも通りお使いいただけます……
と答えよったんです

すでに飛行機は徳島県に入ろうとしていました
あと5分ほどでポーンが鳴るので
スープの件もWi-Fiの件も
全てCPさんが謝るだけで終わりました

関空には5分ほどのディレイで到着し
ラピートで天下茶屋まで帰ったのですが

DSC00722

ばか野郎CAのことはともかく
スープの件の原因が知りたくて
翌日メールでANAに問い合わせたところ

該当スープは
フリーズドライの具材と粉末スープの素を入れて
お湯を注いで作るタイプのものらしく
担当CAが
国際線の機材にも
国内線のWi-Fiが飛んでると思い込んだように
フリーズドライの具材に
スープの素が入ってると勝手に思い込んで
スープの素を入れずに作ったようでした

お粗末すぎますね



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(8)mixiチェック

2020年07月03日

2019年8月 エバー航空の新機種に乗る 15/17

台湾を出発した時は
曇ってはいましたが
上空は晴れていました
しかし九州に近づくとだんだん怪しくなり
静岡辺りでは
飛行高度まで雲がかかってきました

DSC00685

この雲は確実に怪しいですね
案の定変なルートで
成田へアプローチとなりました

DSC00688

通常の北西からの着陸時は
銚子より南側から千葉県に上陸し
利根川で180度旋回して着陸です
茨城から上陸することはまず少ないです
空港上空の風が変だったのでしょうね

寄り道して帰ると言いますのは
ここからです
成田から伊丹行きの飛行機で帰るのではなく
前にもしましたが福岡によります
その方がチケットが少し安いからです

カスタムを出たら急いでリムジンバスに乗りました
福岡行きは成田からですと小型機なので
羽田で乗るためです

DSC00689

ネズミの国を左目で追いながら
リムジンバスは定刻より早く
羽田空港第2ターミナルに着きました

ここでややこしいことをします
福岡への予約便より早い便への変更と
プレミアムクラスへのアップクレードです

国際線のディレイの可能性を考えて
福岡へのフライトは
かなり余裕を持った乗り継ぎにしていました
なので到着後に
予約便よりも前のフライトへは変更可能ですので
それを利用した上でのアップクレードです

うまく成功してスイートラウンジに入ったのですが
早い便にしたため
あまりゆっくりも出来ませんでした

DSC00690

なんやら出発ボードに
怪しい文字がたくさんありますね

DSC00691

台風10号が北日本に悪さをしだしたようです
軒並み欠航と大幅ディレイです

DSC00692

北に飛んだ飛行機が
戻ってこれないか
出発待ちのため到着が遅れる……
その為メチャクチャになってるようです

幸いにも
わたしの乗ります福岡行きは
九州からの折り返し便でしたので
到着遅れもなかったのですが
同じ福岡行きでも
その40分前の便は
一時間半以上のディレイ予想
わたしが乗る便より後の出発になりました

私が乗りましたのは
17時発の福岡行き
ANA265便です

DSC00693

使用機材はB787−8

DSC00694

離陸してずっと雲中飛行でした
羽田から福岡行きは
大阪や南九州方面とはルートが違います
一旦東京湾に出てから左旋回で
元に戻るような感じで上昇し
東京〜山梨を通って西に飛びます
先程乗ってきたルートよりかなり北を飛びますので
台風の残り雲が残っていたようです

大阪付近になってやっと下も見えて落ち着き
プレミアムクラスでは機内食が配られました

DSC00698

羽田〜福岡の場合は
夕食仕様ですと短距離国際線の
ビジネスクラス並みのものが出されます
もちろん私はあなごの下のご飯には手をつけていませんが(笑)

サービスも一通り終わった頃
チーフパーサーがアナウンスで
お盆休みの最後の思い出に
機内照明をレインボーにしてみました・・・と言って
機内の照明を変えました

DSC00699

訳がわかりません……
羽田〜福岡はビジネス路線ですよね
これで困る人もいらっしゃるでしょうね



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック