台南

2020年09月11日

2019年10月 トラブル続きの台湾行き 12/16

このホテルの朝食は
中級ホテルではごく普通のスタイルでした

DSC01044

動物性タンパク質が少なかったのですが
私はいっこうに構いません

DSC01043

このソーセージは台湾によくあるタイプではなく
比較的日本のソーセージに近いタイプでした
カスカスな香腸タイプではなかったです

DSC01045

朝食後は台北に戻りました
行きと同様
新幹線は自由座を買って
台中で速達タイプに乗り換えて行きました

DSC01046

行きの車内と微妙に違うのが
お分かりいただけますでしょうか
自由座でも平日の昼間なら混雑しません

DSC01047

お昼過ぎに台北に着いて
アジトに荷物を置いて
ちょっとした用事を済ませて
16時頃チェックインしました

いつもなら少し休憩して
寧夏街夜市に繰り出すのですが
この時は別の場所を試すことにしました

まずは捷運で1駅
西門町に行きます

DSC01048

昔は台北の原宿や渋谷と言われたのですが
今は……台北の秋葉原と言う感じです

ここから今度は公車……バスに乗り換えます

DSC01049

台北の市内バスは
以前はカードを乗車時か下車時に1回タッチすれば
15元が引き落とされるシステムでしたが
今は乗車時に1回
下車時に1回タッチするように変わっていました
市郊外にまで延びる変動型運賃バスにも
対応できるようになったわけです

DSC01079

以前はただの荷物置き場だったところに
こんなものも設置されていますが
誰も使っていません
短い時間で出したり入れたりするのは
面倒だからだと思います

バスで5つほど行きますと
目的の場所に着きました

DSC01050

この辺りを南機場と言います
完全下町です



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2020年09月09日

2019年10月 トラブル続きの台湾行き 11/16

老街を抜けたところに
次のスポット周氏蝦捲屋があります

DSC01035

ここは安平で一番店で
台南以外でもファストフードとして展開しています
作り方が簡単なので
揚げる前の状態を移送できれば
どこでも開店出来ます

お店の向かい側には
蝦捲のショップもオープンしています

DSC01034

頼みましたのは蝦捲2本で1セットと
蝦のすりみ団子入りのスープ蝦丸湯です

DSC01036

蝦丸湯は台湾のスープに多く見られる
味の薄いスープでしたが
蝦捲はやはり
一番店と二番店の差がはっきり感じられました

DSC01037

断面ではなく味です
蝦の風味がワンランク上でした
もちろん作りたてを提供できるお店だけだと思います

この時の台南でのアジトは長悦旅桟
はじめての利用です
以前に皆様と泊まったエクファホテルの真向かいに
新しくできたホテルです

お部屋は新しく出来たてですので綺麗です

DSC01039

ベッド回りも文句ありません
大きなカウチがあるのも現代的ですね

DSC01038

クローゼットと荷物置き場も
簡易ですがついています
デスクが少し狭いかなあ……と思いました

DSC01042

バスルームはこのクラスのホテルではしょうがないですね
シャワーのみです

DSC01040

しかし
トイレが洗面台を挟んで反対側にあります

DSC01041

この造りは台湾ではよく見かけます
とても良い造りだと思うのてすが
出来れば
中央になる洗面台には
部屋との間にドアが欲しいところです


ここで3つ目のトラブルが起こりました
このお部屋の床は合成樹脂製のフローリングです
カーペット敷きではありません
小さなデスクに置いたカメラを
別のものを取ろうとして滑らせてしまったのです
見事床にカメラが落ちました
着地は背面でしたので内部やレンズ部は無事だったのですが
裏の液晶カバーのガラスがひび割れになってしまいました
このカメラは買い替えてまだ半年しかたっていません
もちろん撮影には何も影響はないのですが
私にとってのこの旅の最大のトラブルになってしまいました
自分が起こしたトラブルなのでショックでした



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2020年09月07日

2019年10月 トラブル続きの台湾行き 10/16

わが社では
9月1日に棚卸がありまして
私個人の持ってる職種では
その後10日間休みなしで
その調整作業で1年で一番忙しい時期に突入しています
大変申し訳ございませんが
10日までブログのコメント活動をお休みさせていただきます
ブログの記事は自動予約ですのでアップは続きます

11日より復活いたしますので
なにとぞご了承くださいませ

この分のお休みはシルバーウイークに振り替えております



天后宮から門前町を抜けますと
正面に構えているのが
陳家蝦捲店です

DSC01024

安平でのNo.2の蝦捲屋さんです
トップは周氏蝦捲と言いまして
次の記事で紹介します

DSC01025

甘いたれとピリ辛のたれとを
好きなように混ぜていただきます

DSC01026

なぜ2番目の店に寄ったのかと言いますと
この陳家の方には
蝦捲のほかに蚵仔捲があるからです

DSC01027

2本で1セット
簡単に言いますと両方とも揚げ春巻です
この安平の2店のは普通の春捲より細く長く
余計な餡は入ってません
蚵仔捲と

DSC01028

蝦捲

DSC01029

揚げ春捲ですから
揚げたてはとてもサクサクしていて
蝦もプリプリ
牡蠣も台湾の牡蠣ですから
小振りでエグみが全くありません
本当に美味しいと感じました


陳家蝦捲屋の1つ北の通りは安平老街と言って
お土産物屋さんの商店街になっています

DSC01030

ここには蝦餅屋が軒を連ねています

DSC01032

ほとんどが揚げ煎餅で
中には焼きと言うか
鉄板プレスものもありますが
極々少数です

華圏で餅と言いますのは
日本の餅の意味ではなく
穀物の粉に熱を加えた料理ではなくおやつ……
と言う感じですね
なので色んな物に餅と言う字を使います
日本で言う
餅、団子、煎餅、ケーキ、おまんじゅう、クッキー
全て餅です

同様に日本人とは違う使い方をするのが
麺と言う字です
これは私が勝手に推理しているだけかもしれませんが
小麦粉から作った平たいものを基礎とした食事になり得るもの……
そういう意味だと思います
もちろん麺類がそれですが
ビーフンは米からできているので違います
米粉と書きますね
そしてパンも麺包と言って麺のカテゴリーです
字を見ると明らかですよね
麦と言う字ですから
決して米ではありません
また餃子は主食としての1つのカテゴリーですから
麺とは区別されます

DSC01033

お店によって味が違うのは当然です
買う人は自分の好きな味のお店で買って行くそうです

私も買うつもりでいたのですが
量が……
一袋が大きいのです
袋を破ると
バケツサイズになるような袋に入っていますので
泣く泣く諦めました



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2020年09月04日

2019年10月 トラブル続きの台湾行き 09/16

安平樹屋の見学を終えて
次のスポットに向かいます途中に
少し大きな公園にこの方がいらっしゃいました

DSC01011

鄭成功さんです
福建省人の父と長崎の母との間のハーフで
台湾の英雄だということはご存じでしょう
台湾の都市に多くある成功路という道路名は
サクセスという意味合いではなく
この人の名前からとったものです
ちなみに中正路の中正というのは
大陸では違うかもしれませんが
台湾の場合蒋介石を意味します

次のスポットは安平名物です
安平の名物は
蝦捲
蝦餅
豆花
牛肉麺
その内の豆花です

DSC01012

一番有名な安平豆花店に入りました

豆花と言いますのは
大雑把に言ってもどう言っても
豆腐なのですが
日本の絹ごしより数段滑らかに作られていて
スイーツとして食べる点が違う点です
杏仁豆腐と食感は似ています

DSC01013

内装は新しいとは思いますが
老舗だぞ……と思わせる感じですね

いただきましたのは
2番目にオーソドックスなタイプです

DSC01014

豆花は黒胡麻入りで
シロップにあんこさん
関西人ですからあんこにはさんをつけます

そんなに甘くなく
その辺りも最近の台湾の低糖ブームが反映されています

次のスポットは安平古堡です

DSC01018

ここは台南市内中心部の赤崁楼とともに
台湾の歴史を語る上で最も重要な史跡です
当時オランダが占領していた台湾ですが
鄭成功が打ち破り
その後清王朝そして日本と
時代の波に呑まれながら
城壁を残すのみとなっています

楽しみにはしていたのですが
外から見て
あまりに整備され過ぎていて
展望台まで余計に作っているので
見学する気が一気に失せました

DSC01019

もちろん入場料も高かったです

次のスポットはすぐ南にありました

DSC01022

開台天后宮です
天后宮ですから媽祖様ですね

DSC01021

門も立派ですが
お廟の方の彫刻も素晴らしいですね
ただ建造物としては古くありません
このくらいの彫刻は
現代台湾では容易く出来ます

さて
あとは食べます

DSC01020

天后宮から続く門前町を1分ほど進みます



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(4)mixiチェック

2020年09月02日

2019年10月 トラブル続きの台湾行き 08/16

台南のアジトに荷物だけ預けて
行きました所は安平(アンピン)と言う所です
タクシーで海側に10から15分位です
もちろんバスもあるのですが
市内を大回りをして走るようで
台南駅前から小一時間もかかって
実用的ではありません

安平で最初に行きましたスポットは
安平樹屋と言う所です

DSC00997

入場料は50元位だったと思います

DSC00998

ここは歴史的な価値が……と言うよりも
珍しいと言う価値でのスポットです

DSC01004

ガジュマルの樹が
廃墟となった建物を包み込むように生えています

DSC01005

明らかにこの地域が亜熱帯と言うことが
よくわかる現象です

ここ台南の少し北に嘉義と言う都市がありますが
そこを北回帰線が通っています
大まかに言って
それより北は温帯モンスーン気候
それより南は亜熱帯と言う分け方なのですが
ご存じのように自然なんて
バシッとそこで分かれるはずもありません(笑)
台湾や南西諸島の温帯モンスーンと言うのは
亜熱帯に近い程度である……と言えます

DSC01007

こことよく似た所として
カンボジアのアンコール遺跡の中の
タプロームと言う寺院も同じようになっています

DSC01009

両者ともほったらかしにしていた結果ですが
アンコール遺跡の方は崩壊の危機
こちらは観光施設として
整備されて残しています
そのあたりはやはり経済力と
国民の余裕の差でしょうね

DSC01010

敷地内に面白いものがありました
井戸を利用した防空壕跡です

DSC01001

日本統治時代
第2次大戦中に出来たと書かれていますので
美国の攻撃は台南まで及んできたと解ります
この事は日本人として知っておかねばならないことです

この施設の中では
展示物としては小さいですが
大きな意味を持つものだと思います

DSC01002

半島にこう言うものが作られていたら
戦後すぐに取り壊されていたでしょうね



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2020年01月24日

2019年3月 受動喫煙法直後のバンコク 09/10

台南の歴史小路をうねうねと進んでいきます

DSC03744

そして赤崁楼前に出ました
この赤崁楼真向かいにありますお店は
私のお勧めのお店です

食べ物に関しては
人それぞれの好き嫌いがありますので
あまりお勧めとかをいうことは少ないのですが
ここは数少ないお勧めと言ってるお店です
皆様と阿里山に行った時には
残念ながら定休日でしたので
寄ることが出来ませんでした

DSC03747

以前にも紹介していますが
このメニューです

DSC03746

白腹魚羹というスープです

DSC03745

鰹出汁の効いたすまし汁の中に
白身のお魚と葱を浮かべて
黒酢を少し垂らしたものです
上品なお味は日本人のほとんどが好きなはずです
なによりこの器です

ここ
黒い器を使ってますでしょう
このスープは実は透明ではありません
かつおだしと醤油で少し色がついています
そして具材は真っ白な魚です
これを黒い器で出すことによって
スープは透明に見え
具材はより白く見えるのです
これは私たち日本人にとっては当たり前のことで
和食の盛り付けの基本の第2歩ぐらいだと思います
しかし
偏見かもしれませんが
華圏での食器ってあまり気を使われることがないのです
なので
これはやはり日本の影響なのでしょうか

そして
台南の定番です

DSC03748

担仔麺の老舗の度小月ですね
ちなみにここは本店ではありません
本店は孔子廟の近くにあります

DSC03749

大きさはお茶碗大ですから
女性でも余裕で食べられます
この中では煮玉子が別料金になります

さて
何だかんだで
台南から帰る頃は夜になってしまいました

高鐵の台南站で
新幹線の中で食べようと
寿司を買いました

DSC03750

小さめのお寿司です

DSC03751

お味は不味くはない
でも決して美味しくはない……です
千葉のI氏は系列のお店で
食べたことがあるはずです

海老とサーモン
サーモンの炙りと鮪
これで日本円700円ほどします

帰りも予め買っていた商務座……
ではなく
一本早い列車に変更して帰りました

DSC03752

茶菓子は行きと違う方を選択しました
う〜ん
甘さ控えめ過ぎのお菓子
奈良の鹿煎餅とは言いませんが
マミーのようなクッキーでした



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2020年01月22日

2019年3月 受動喫煙法直後のバンコク 08/10

バンコクから台北に着いて2日目
台南に向かいました
台湾の中では私はこの都市が一番好きです

新幹線の台北站は
ホームにAEDも用意されるようになりました

DSC03736

この装置も日本製です
某国製だと
いざという時作動しなかったら大変ですからね

左営行きが入線してきました

DSC03735

この日は台南日帰りですので
予め対号座を買っていました
対号座の時は商務座にしています

DSC03738

値段的には
自由座と普通対号座の差はほとんどありません
なのでわざわざ対号にするときは
商務座で静かに過ごしたいんです

DSC03737

最近はこの茶菓子も2択制になっています
大概が洋菓子なのですが
たまに中華菓子があったりします
これなどはなぜ日本語表記があるのか
日本のメーカーの台湾進出品なのか
日本語を表記すれば
格が上がるという戦略なのか……

台湾高鐵の車内トイレは
飛行機のトイレ並みに狭かったのですが
最近は多目的トイレも見かけられます

DSC03739

改装したのか
或いは新規導入車両からなのか
その辺りはDr様の方が詳しいはずです

台鐵台南站前は日本人にとっては
大変面倒臭い造りになっています

DSC03740

ロータリーの向こう側に行こうと思うと
地下通路を通らなければならないようになってます
たいした道幅でもありません
なので私は大阪人の習性で
多くの台湾人と同様に道を渡ります

この時行きましたのは
今まで近くを通りながら
寄りもしなかったお廟です
3つほど行きましたが
印象に残ってるのがここです

DSC03741

開隆宮と言います

DSC03742

細かい装飾と
7人の天女というのに引かれました
道教のお寺の場合
偉人や豪傑が祭られている場合が多いですが
女性の場合は大抵寄ってみます

DSC03743

この辺りは行かれた方なら覚えてらっしゃると思いますが
歴史の小路がうねうねと
路地裏に続いています




asato8686 at 05:00|PermalinkComments(4)mixiチェック

2019年06月07日

2018年5月 チケット調整で台南と台中 3/6

台南でのアジトは初めて泊まったホテルです

いつもは剣橋大飯店に停まるのですが
良い部屋が取れなかったので
近くの華光大飯店にしました

DSC02602

外観は良さげですが
中身は中級ホテルそのものです

私はどうしても狭い部屋が嫌なので
別館のダブルの部屋です

DSC02598

何と小さい窓でしょうね
一度開けましたが
その後2度と開けることがない風景でした

ホテルの正面玄関には

DSC02600

こう言う喫煙所があります
ベンチも用意してあって
このホテルの喫煙に対する意識がわかりますね
この場所はホテル従業員も
出入り業者も自由に使っていました

翌日は台中に移動しました

ホテルの朝食は
台湾の中級ホテルにありがちな
レストランではない
朝食専用のお部屋です

DSC02604

品数は案外ありましたが
基本台湾人用と
日本人の建設員用の内容でした

DSC02613

日本人用にサラダバーとフルーツ
そして台湾人用にお粥のおかずと

DSC02607

包子の数々

DSC02612

ちゃんと日本語表記もあります

ただ洋食が殆どありません

DSC02614

私はサラダを山盛りと
肉がハムとチキンしかなかったので
チキンとおかずをちょっとづついただきました

DSC02615

パンもいわゆる麺包と言う感じのもの
甘味をつけたぱんばかりでしたので
食べていません

チェックアウト後は
前日とは逆に
台鐵→高鐵で台中に向かいます

DSC02617

もちろん自由座に乗りましたが
チケットの台紙が変わっています

DSC02630

開通以来ずっとオレンジだったのが
グリーンになっています
期間限定なのか
変わったのかは解りません



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2019年06月05日

2018年5月 チケット調整で台南と台中 2/6

乗りました飛行機はANA10:05分発の
台北松山空港行きのNH851便です

DSC02585

10番ゲートからの出発ですので
改札をくぐってから階下に降ります

DSC02586

使用機材は松山線の定番B787―8でした
現在ではエバーも787を導入していて
長距離の高需要路線以外と
その路線の合間に
名古屋等に飛ばしているようです

DSC02587

この時は
天空の指定席1Aをとることが出来ました

DSC02588

更に運が良いことに
お隣はいらっしゃいませんでした

短距離アジア線ですから
ウエルカムドリンクはありません
ちなみにエバー航空はあります
アシアナもDr様のレポートではあるようです

これはレベルに達してからの食前酒です

DSC02589

機内食は和洋の2択

DSC02590

ご覧のように洋食の選択です
前菜に鮪と鴨のロースト
メインはバジルチキン
私の大好きな物ばかりのオンパレードでした

この日もずっと天候が悪く
折角787なのに高高度が取れず
32000フィートほどの飛行でした

DSC02591

と言いますのも
この高度だけに雲の隙間があったようです
台北松山機場に着いたあとは
台北捷運で台北車站に向かい
そこから新幹線で台南に一気に南下しました

DSC02594

この写真で自由座に乗ったことがわかるのは
Dr様くらいでしょうか

高鐵台南站は台鐵沙崙站と繋がっていることは
以前に阿里山に行かれた方はご存じですよね

DSC02595

改札を出て左に回り込んで
通路を100mほど歩いて行きます
そしてこのウリナリ電車でトロトロ5駅ほど

DSC02596

途中
西部幹線と合流して
約23分ほどで台南に着きます



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2018年12月27日

2017年12月 久しぶりの花園夜市 07/10

それでは少し食べましょうか

先ずは黄金蝦仁起司棒です

DSC01807

黄金は見た目というか
高級感を出すための形容詞句
蝦仁は海老
起司はチーズ
海老のチーズ棒です

DSC01807b
なんかね
美味しいのですが
海老とチーズが殺しあって
引き立てあってないお味です

次はこれ

DSC01808

煎餃と言います
お店によっては上海煎餃という場合もあります
少し前にはやった
蒸し餃子を焼いたものです

DSC01808b


DSC01808c

まあこれは
誰が作ってもそれなりに美味しいと思います

DSC01808d

でもやはり
寧夏街夜市の蒸餃にはかないません

鶏好きの私としては
最後はやはり鶏でしめなければなりません

DSC01812a

雛排です
簡単に言うと鶏ステーキなのですが
鉄板で焼いたもの
バーナーで焙ったもの
油で揚げたもの
これら全て雛排と言います

DSC01812b

ここのお店は下火で焙り焼きせて醤をかけ
一口サイズにカットしてくれました

DSC01812c

う〜ん
残念……
鶏は美味しいのですが
醤が甘過ぎました
台南は甘口が多いことを
すっかり忘れていました




皆様
今年も私のつたないblogにおいでいただき
足跡を残していただき
誠にありがとうございました
今年の定期アップは
本日で終了させていただきます

年末は28日に仕事を終え
そのまま伊丹から羽田に向かいます
夜には蒲田で忘年ワハハに参加しましたあと
翌29日に
Dr様ご夫妻とともに台湾に飛び立ちます

その後バンコクに移動して年越しをした後
帰国は翌年2日の夜となります
定期アップは翌週の7日から再開させていただきます
その間はライブアップなどをする予定ですが
海外ですので
wifi環境が整った所でしかできないことをご了承くださいませ

来年も引き続きよろしくお願いいたします

それでは皆様
良いお年をお迎えください



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(4)mixiチェック