機内食

2019年12月02日

2019年1月 バンコクの美味い屋台麺 7/7最終章

1つ前の記事で
初期導入の789ではないと書きましたのは
このエアショー画面だからです

DSC03606

作り手の自己満足が表れていて
良く言えば面白そう
悪く言えば作り込みすぎて分かりにくい
そんな感じです
ゲームだったらこれで良いと思いますが
情報を得るのであれば
画面はわかりやすく……が一番です

この日は珍しく
インドシナ半島の上空が曇ってきたようです
晴れ間が出てきたのは
ラオスからベトナムへ
山を越えた辺りからでした

DSC03608

当然それまでもベルトサインこそ消えていましたが
わりとぶるんぶるん揺れて
サービスは始めていませんでした

ダナンから南シナ海に出てサービスが始まりました

DSC03610

食前酒は行きと同じキールロワイヤルです
右端の小瓶はカシスクリームです
気の利いたCAさんなら
シャンパンとステアする割合が
個人の好みがあると言うことを知っていますので
あえて作らずに
こんな感じで自分で作れ状態にしてくれます

帰りは洋食の選択をしました
和食と違って
プレートを使わずにサービスされます

DSC03611

前菜はスモークサーモンのロールと
なんかのテリーヌです

洋食のメインは2択なのですが
牛さんのステーキにしました

DSC03613

バンコク線は赤いものも良い物を積んでますので
ステーキにしました
ソースはマスタードソースで
私が上からたっぷり胡椒をふりかけました
全く効かない胡椒でした

真左をタイ航空のA350が
高速で通過して行くのを
なんとか撮ることが出来ました
この辺りはかなりの確率で
対向機を見ることが出来るのですが
あまりの高速に撮影が難しいのです

DSC03617

デザートはやはりピエールエルメのでしたので
バスさせていただいて
別注でチーズプレートを頼みました

DSC03618

チーズプレートとボルドーワインを楽しんでいるうちに
飛行機はとある空港の上にさしかかりました

DSC03632

冬の帰国便は速いです
既に日本
例の下地島空港ですよね
昨年からLCCが飛び始めました
今宮古島はバブル真っ最中だそうです

この先
眠ってしまいまして
写真がありません……
この時も羽田に着いて
国内線で伊丹に帰ったのですが

DSC03637

伊丹最終進入の際
奈良盆地上で旋回を余儀なくされました



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(4)mixiチェック

2019年11月22日

2019年1月 バンコクの美味い屋台麺 3/7

さて機内食です

バンコク線は
シンガポール等と一緒で
戦略的に中距離でも長距離と同等のサービスです
最初はアミューズで始まります

DSC03556

チーズとプレッツェル
手前は大根?ホタテ?
忘れました

しかし食前酒
色がいつもと違いますでしょう?
いつもはシャンパンか
オレンジジュースとで作るミモザなのですが
この時はシャンパンにカシスクリームを入れています
お分かりの方もいらっしゃいますよね
これをキールロワイヤルと言います
シャンパンベースでは世界で1番有名なカクテルです


選択はこの時和食にしていますので
前菜プレートにはお刺身などが乗っています

DSC03557

和食を選択しますと
洋食とは前菜から違います
そして洋食にはさらにメインの選択があるのですが
和食は選択はありません

実はこの時
食前酒をキールロワイヤルにしたせいか(笑)
私としては大変珍しい事をしました

DSC03558

このメニューの日本酒を頼んだのです

私滅多に日本酒は飲みません
ただなぜか
この天山と言う名前に惹かれたのです
こんな大それた名前をつけるのは
きっとスペシャルな味に違いない……と

DSC03559

アルコール感がほとんどない
フルーティでフレッシュなお酒でした
これなら私でも美味しくいただけます

この時点で東シナ海に出ていまして
左の窓からは寳縞が見えていました

DSC03560

少し曇ってきたようです

私が選択を和食にしたのは
これが理由です

DSC03561

メインが金目鯛の煮つけだからでした

以前にも書いてますが
この美味しいお魚は
関西ではバカ高い魚になります

最後はデザートはなのですが
ピエールエルメの酸っぱいケーキです
いったいいつまで続くのでしょう
最初の契約で決めているのでしょうけど
おいしいのだけども味の傾向が偏ってるので
何度も食べたくないようなものを
長期間続けていただきたくないです
なのでパスして
アラカルトのチーズプレートをいただきました

DSC03562

ブルーチーズをペースト状にしているのは
日本人に食べやすいようにと言う配慮だと思いますが
欧州人が見ると変に写るでしょうか
少なくともこの小さなバゲット以外に
ペーストを塗って食べるも荷が必要です

この時はバンコクに2泊なのですが
すでにもう
スターウッドのライフタイムブラチナをとりましたので
滞在数を稼がなくても良いので
フォーポインツに連泊しました

DSC03563

スモーキングコーナールームです
コーナースイートではありません

DSC03564

以前はこのアップグレードも嬉しかったのですが
コーナーによっては
部屋のすぐ隣がフーターズと言う部屋があって
夜中まで大変うるさいのです



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2019年10月28日

2019年1月 プロペラ機で五島 1/9

冬の間は
私は暖かい所に詰めて行くことは
以前に書いた通りなのですが
通常は
年末年始に台湾とタイに行った後
1月の末に再度タイに行き
その2つの東南アジア行きの間に
沖縄行きをいれていました

なので今年も
タイから年始に戻ってすぐ
沖縄に飛んだのは
前回までの記事通りですが
今年はそれに加えてその後すぐ
この長崎行きをしてしまいました

海外と沖縄はかなり以前から決めていたのですが
この長崎行きは
たまたま
成人の日の連休が今年は遅かったこと
そしてDr様とI氏の離島の旅が
今年は五島になったことで
私もつれていっていただくことになりました

まずは関東組の旅程を聞いて
それに合うように組もうとしましたが
大阪から九州へのフライトは
昔はかなり多かったのですが
新幹線ができてから半減しました
関東組の旅程の長崎発の離島便に乗ろうとすると
当日乗り継ぎができないことが発覚したのです

なので私の出発は旅の前日
仕事を終えて伊丹空港に向かいました

DSC03347

土曜の夜は
伊丹→羽田はあまり混みません
逆は混むのです
なのでスイートラウンジも空いていました

DSC03349

一応プレミアムクラスはとっていますが
ワッフルとクロワッサンで腹を満たします

乗りましたのは18:40発の長崎行き
ANA785便です

DSC03355

使用機材はB737−800
私にとっては乗り慣れた小型ジェットです

DSC03354

この時初めてウェブでのアップグレードをしました
搭乗2日前午前0時
空席があれば
クレカかアップグレードポイントかで出来ます
当日するより楽なのでやったのですが
この時にはすでにもうポイントはありませんでしたので
5000円をクレカで支払いました

DSC03356

プレミアムクラスのお弁当は夕食仕様

DSC03358

羽田が絡まない路線ですので
以前と同じ小さな箱2つでサービスされます

こちらがコールドミール

DSC03359

こちらもコールドミールです
幹線ではない路線ですから
ホットミールはサービスされません

DSC03360

長崎空港にはほぼ定刻通り到着しました
空港からこの日のアジトまではタクシーで移動しました
公共の乗り物がないのです
直線距離で1キロちょっと
でも空港自体が島なので
道はぐるりと3キロ以上あります

ホテルの部屋は何もない殺風景な部屋です

DSC03362

ホテルのお勉強をしていない
素人が建てた感満載ですね
広さだけはちゃんとあります
バスルームも典型的なユニットバスです

DSC03363

実は広目の部屋が良いので
この別館の部屋にしたのですが
それが大きな間違いだったのです



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(4)mixiチェック

2019年10月23日

2019年1月 改装した⭕⭕ 4/4最終章

年のはじめですから
沖縄行きは経由便を使って
なるだけ多くのポイントを稼ぎます

この時も行きは宮古島経由
そして帰りは成田経由にしました

DSC03330

乗りましたのは成田行き
11:55発のANA2158便

DSC03329

使用機材はB767−300
ERはつきません
そろそろ退役する旧機材です
本当にボロいです

プレミアムクラスのお弁当は昼食仕様

DSC03331

那覇からの成田線は羽田線と違い
国際線並みの機内食ではなく
今まで通りの小さな箱が2つのスタイルで
シャンパンではなく
スパークリングワインです
羽田が絡まないと
幹線でもサービスはランク落ちします
しかし那覇のケータリングは質が高いので
これはこれで大変美味しかったです

飛行機は
天気は良いけれど下界は一切見えない
低空に雲が貼り付いた中
千葉まで飛行しました

DSC03336

降下態勢にはいって
低空の雲を突っ切ってからは霞ヶ浦周辺が
少し見えたくらいでした

成田からは伊丹行きに乗り継ぐのですが
時間は2時間以上ありますので
当然ANAラウンジに入ったのですが
ラウンジが少し変わっていました
今回の第2の改装です
タイトルに⭕を2つ入れたのは
2文字の伏せ字の意味ではなく
改装案件が2つという意味でした

DSC03337

エントランスを入って右に進んだらラウンジエリアですよね
上の写真はその突き当りです
床材が途中から変わっていますが
そこまでが今までのラウンジで
そこに壁がありました

奥の方にスペースが広がっていますよね
たいした増大床ではないのですが
繁忙時には入れないほど混雑しますので
少しはましになるかもしれません

DSC03338

置いてある家具は
どこかから急遽持ってきた感丸出しのもので
統一もされてなく置き方も変でしたが
このエリアだけは妙にゆったりと配置されています
いずれもう少し詰め込みになるか
スイートラウンジでも出来るのでしょうか

乗りましたのは伊丹行き
16:40発のANA2177便

DSC03340

沖止めでしたので写真はありませんが
使用機材はB737−800でした
プレミアムクラスへは
アップグレードポイントでアップグレードに成功しました
多分これが最後のポイントだったと思います

お弁当は軽食仕様

DSC03341

サンドイッチと焼き菓子とフルーツ
何故フルーツがあるのかがわかりません

飛行機は離陸待ちの時間が長かったので
離陸する頃にはすでに日没を越えていました

DSC03344

上空はほんの少し夕焼けが残って見えた程度でした
なので
大阪平野に入るまでは
何も撮影するものもなく
ひたすらスパークリングワインを飲んで

DSC03346

こういう撮影も
恥ずかしがらずに出来るほど
酔いが回っていました


はい
ダウンジャケットを頭から被って
窓に貼りついていました



昨夜は福岡で1泊して
本日より4日間
南の島に参ります

台風シーズンは
この間の19号で終わったと思ったのですが
またまたその呪縛が
私には降りかかったようです
1日の差で逃れていますが
次の台風も
私の帰国する日に影響が残ってるかも……です
私は雨男になったのではなく
台風男になったのでしょうか

帰国は土曜になりますが
ブログは月曜日から再開いたします
その間は
明日の皆様のアップ記事も含めて
コメント出来ないと思います
また
何か目新しいものがあれば
ライブアップいたします



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2019年10月18日

2019年1月 改装した⭕⭕ 2/4

昨年ずっと続いた私の雨男の敬称?も
今年からは元に戻ったようです
快晴ばかりとは言いませんが
天候不順のフライトは少なくなりました

この日もだいたい晴れの天候の中
737は関空を北東の方向に離陸しました
沖縄行きの場合
この方向に離陸しますと
大阪湾沿岸を大きく左旋回で回ります
そして神戸空港を右下に見る頃

DSC03297

伊丹からの航路と交わります

この白い海岸は須磨浦海岸
平家物語に出るくらい古くからの名勝です

DSC03298

そしていつも撮影していますが
明石海峡大橋

DSC03301

この辺りでベルトサインが消えました

プレミアムクラスではこの時間帯は
朝食サービスです
昼食サービスとの境目は10:30ですので
搭乗する方は覚えておくと良いと思います

DSC03305

国内線としては
2時間を軽く越える長距離路線ですので
サービスも伊丹〜羽田線とは違って
ゆったりと進みます

お弁当と飲み物は別に持ってきます
国際線サービスと同じですね
先に飲物をサービスです

DSC03306

これが繁忙短距離ですと
先にお弁当を配って
その際に飲物のオーダーをとる形で
飲物は後からギャレ担当のCAさんが持ってきます

DSC03309

飛行機は順調に日向灘に入り

DSC03311

鹿児島県の東側上空を飛行して行きました

ここまでは
朝の霞が残っていましたが
下界がきちんと見えていました

太平洋に出ますと低空に雲が出てきて
沖縄本島を過ぎるまでは
下界が見えないフライトになりました

仕方なく?
お酒をのみ続けたのですが
あてには有料のお菓子を買いました

DSC03313

海苔の天ぷらです
間違いなく美味しいのですが
私にとっては少し塩味が強すぎました
喉が乾くこともそうですが
いかにも体に悪そうな味に感じてしまいますね

赤いブドウ汁を2本飲んだ頃
降下が始まりました

DSC03316

この島が右手に見えたと言うことは
宮古島を一旦通り越して
西から進入すると言うことですね




asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2019年10月14日

2018年年越し 久しぶりの鬼門高雄とバンコク 11/11最終章

787ですが
高度は32000フィートまで上がって
サービスが始まりました

DSC03274

インドシナ半島上空はよく晴れていました
この区間は対向機がよく行き交います
これはエアアジアでしょうか

DSC03275

我々より高い高度で飛んでいました
この787も東シナ海に出る頃には
4万フィートまで上がると思います

例のワイングラスの言い訳の文です

DSC03279

ワインを足無しのグラスで楽しむことが多くなった
だからシャンパンも……
文脈が飛躍してますね
ワインだけで終わっていれば納得もしますが
いきなりワインがシャンパンに変わっているのです

DSC03277

機内食は中距離の戦略的路線ですから
コースサービス
アミューズから始まりました

DSC03278

手前のおつまみは生ハムです
ここまでは全ての選択で共通です

次に前菜がセットされました
これは洋食用の前菜です

DSC03280

スモークサーモンと何かのテリーヌです
ちなみに食器類はセッティングしてくれますが
カラトリーは私がセットしました
和食用の前菜は全く違います

前菜が食べ終わる頃
メインがやって来ます
この時は洋食は2択
タイカレーと

DSC03281

このテンダーロインステーキの選択でした
ソースはマスタードソース
和食のメインは全く違います

前菜もメインもこの時は美味しかったです
強いて言えば
ステーキの温度がもう少し高ければ
もっと美味しくなったと思います

デザートはフルーツでしたがパスしました
どうせ
チーズにブドウがついてるだろうと思って
アラカルトメニューで
チーズプレートを頼んでいたのです

DSC03282

残念ながらクラッカーとドライフルーツでした
甘いデザートチーズでないだけましでした



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(8)mixiチェック

2019年10月07日

2018年年越し 久しぶりの鬼門高雄とバンコク 08/11

さて
乗りましたのはエバー航空バンコク行き
9:40発のBR201便です

DSC03238

使用機材はB777−300ER
エバー航空の欧州便の主力機です

DSC03236

一昨日Dr様たちと一緒のフライト時は
あんなに天気が良かったのに
私一人ですとこんなに分厚い雲です……
本当に昨年から今年は
フライト時の天気に悩まされます
今月も半ばに沖縄行きがありますが
台風がやって来そうです……

エバー航空のビジネスクラスは
この斜め向きのフルフラットの場合は
ロイヤルローレルクラスと呼びます
この夏から導入されますB787は
斜め向きではなくスタガードになりますが
それはプレミアムローレルクラスと呼ぶようです

DSC03239

食前酒は
ANAと違い
フルのシャンパングラスでシャンパンが出され
おつまみも袋物ですが小鉢に入れたおかきです

DSC03242

皆様は
おかきと煎餅の違いをご存じでしょうか
正直な話
私は今年の春にはじめて知りました
おかきはうるち米で作られたもの
煎餅はそれ以外で作られたものらしいです
なので餅米で作ったおかきのようなものも
実は煎餅なのです
あられと言うのは単に大きさや形状で
厳密な区分はないようです

機内食は3択でした
原則通り
出発国料理
到着国料理
グローバルメニューの3種です
しかし
この前菜は共通なのですが

DSC03245

何だったのか覚えてないほど手抜きメニューです

メインは当然出発国である中華の選択をしました
辺り外れの大きいエバーの機内食では
出発国のお料理にしておくのが無難です

DSC03246

メニューにはスキャロップのXO醤ソテーと書いてありました
この区間は日本語はありませんので
訳するとホタテ貝柱のXO醤炒め
広東料理の海鮮炒めです
これはすごく美味しかったです

デザートはフルーツと
ヨーグルトムースケーキ

DSC03247

フルーツが少ないですが
ケーキつきなのでちょうど良いかもしれません
私はチーズが欲しかったです

食後はエバーの場合
いつも高山茶をいただきます

DSC03249

何か入ってるのではなく
何かが移り写りんでいるだけです

食後には免税品の販売と
該当者には優先レーンのカードが
配られました

DSC03241

台湾からエバー航空で入る時も
日本からANAで入る時もいただいてますが
最近はレギュラーレーンも
大きな混雑はないようです
また
今年からかもしれませんが
このカードの配布はなくなっています
搭乗半券の提示です



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2019年09月25日

2018年年越し 久しぶりの鬼門高雄とバンコク 03/11

翌朝は早く起きて
私とDr様ご夫妻の3人で
羽田空港国際線ターミナルに向かいました

会員レベルで言いますと
私はファーストクラスチェックイン
ご夫妻はビジネスクラスチェックインの利用ですが
ファーストクラスで3人とも可能です
しかしここに落とし穴があるのです
まだ国際線が成田しかなかった頃
成田のファーストクラスチェックインでは
融通がきいたのか
3人の荷物全てにファーストタグをつけてくれました
しかし今の羽田では
私のにしかつけてくれないのです

なので私が夫妻の荷物を自分の荷物として預け
夫妻は別にチェックインしてもらいました
3人分なら私ひとりの許容量内なのに
融通がききません

セキュリティは一緒の優先レーンですが
イミグレは別でしたので
ANA免税店で待ち合わせをして
スイートラウンジに入りました

DSC03188

まずはシャンパンで乾杯です
以前はラウンジのシャンパングラスは
小さいものでしたが
今はこのファーストクラス用のものになっています

ダイニングに移って朝食をいただきます

DSC03189

私はいつも通り
野菜サラダを中心にいただきます

私一人ですとシャワーを使ったりしますが
仲間がいますと
しゃべったりして時間が過ぎて行くのが早いです

搭乗時刻があっという間に来た感じでした
乗りましたのは
9:20発のANA台北松山行き
NH952便です

DSC03191

使用機材はまだB767−300ER

DSC03190

冬ダイヤ一杯は787は復活しないようです

この日は昨日と同じで天気が良く
大阪付近であった気流の乱れもすでに東に抜け
江ノ島辺りでポーンが鳴って
サービスが始まりました

富士山が快晴の中見えた頃には
食前酒が配られました

DSC03192

もちろんシャンパンです

私は普段家ではお酒は一滴も飲みません
親戚や誰か来た時のために
ビールとスパークリングワインだけは
冷蔵庫に入っていますが
出掛けた時にだけお酒は飲むことにしてます
呑兵衛ではありません(笑)

二択の機内食の選択は洋食です

DSC03193

和食に好きな食材がない限り洋食です
もちろん赤いジュースを飲むためです

DSC03194

この時のメインはハンバーグでした
美味しかったのですよ
でもね
ビジネスクラスで出してほしくないメニューです
やはり近距離といえども
非日常の演出をしていただきたいです
昨日の晩飯だった人もいるかもしれません

松山機場にはほぼ定刻に到着しました
私は先に出られますので
預け荷物のピックアップ係です
1番目5番目で荷物が出てきました
その後ご夫妻を待って台北捷運に乗りました

DSC03195

台北捷運文湖線です
これでいつものように忠孝復興乗り換えで
台北車站に……
この時はそうではありませんでした




asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2019年09月20日

2018年年越し 久しぶりの鬼門高雄とバンコク 02/11

蒲田のアジトには15時半頃に入りました
出発後に判明した不足の物品などを
近くのコンビニで買い揃えたり
ホテルでは本来してはいけないことをしたり
少し眠ったりして過ごしました

そして
夜8時からは年末蒲田ワハハです

DSC03182

いつものかた
お久しぶりのかた
そして今回初めてのかた
総勢7人で乾杯です

利用しましたのは
アジトのすぐ近くの馬肉のお店です

DSC03183

ここは
房総のI氏やDr様が以前から行きつけで
お気に入りのようです

上の殺風景なキャベツですが
見た目以上に美味しかったです

DSC03184

馬肉自体は初めて食べるわけではありませんが
このお店は私は初めてでした
上の写真はお刺身
下はサラダです

DSC03185

そしてメインは馬ンギスカン鍋でした

DSC03186

皆さま方
特に男性の方は美味しいと好評でしたが
私は微妙でした
馬肉が……ではなく
タレと言うか味付けです
実は私は焼肉やジンギスカン系のタレが
濃すぎると感じる人間なのです
バーベキューソース苦手です
嫌いではなく苦手
これはタレの程度だけの問題ですから
美味しくいただける場合もあります

最後にこれなんだったんでしょうか
メンチカツ?

DSC03187

これは極々想像通りのお味でした
これで飲み放題付きで3980
ビールはプレモルでした

私はワハハが終わりますと
もう完全にお眠の状態になりましたので
そのままアジトで休みましたが
二次会に行かれた方はいらしたのでしょうか

翌日は早く起きて
昨日の伊丹からのフライトで
持ち帰りになったお弁当を
朝食としていただきました

DSC03181

この箱に入ったお料理だけいただき
心苦しいのですが
ご飯はこの全容器と共にゴミ箱行きになりました



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2019年09月13日

2018年11月 予定になかった台湾 8/8最終章

機内食サービスが終わる頃には
飛行機は鹿児島辺りを飛んでいました
帰りの航路は行きより南側をとるのが通常ですので
左の窓からは桜島が見えました

DSC03144

少し噴煙が上がってるように見えますね
ズームアップしてみますと

DSC03146

余計わからなくなりました……
でも雲の色が違う部分があるので
噴煙でしょうね

機内食を食べ終わりますと
今までは台湾烏龍茶の凍頂茶をいただいていたのですが
そのサービスをANAはやめましたので
仕方なくコーヒーをいただきました

DSC03148

日系の航空会社のコーヒーは
基本的には美味しいです
味覚の落ちる低圧の機内でいただくため
普通よりは焙煎が深くなってるようです
なのでイリーとかスタバ等のコラボコーヒーは
機内では美味しく感じません

富士山は先っぽだけ見えました

DSC03150

この写真は実際とはかなり違い
すごく加工しています
実際には下のような明るさの中の飛行でした

DSC03151

羽田に着いた後は
急いで国内線乗り継ぎカウンターに行き
伊丹行きのアップグレードを試みました

元々20時過ぎの関空行きの予約ですが
19:20発の伊丹行きに変更して
尚且つアップグレードして
宅空便で荷物を送る
私の乗り換えの係りはいつも大変です(笑)
研修生バッチがある人に会うと
最初からベテランと変われと言わないと
時間がかかって
チェックイン締め切り時刻を
越えてしまう場合があります

無事全て順調に終わって
ANA40便のプレミアムクラスに着席しました
機材はB777−200ERです

DSC03154

機内食のお弁当は夕食仕様
奥がコールドミール
手前がホットミールです

DSC03155

この量で出る幹線路線の時は
私はご飯と味噌汁をいただきません
全部まんべんなく食べると
時間がギリギリになるからです

この時のフライトは
私のせいではない出発ディレイでした(笑)
当然この路線でこの時間帯
少しでも時間的にずれると
伊丹着陸もスムーズにはなりません

DSC03156

奈良盆地まで来ているのに
ポーンが鳴らないのでおかしいなと思ってたら
なんか
東京方面に逆戻りしてますね

DSC03157

結局3回転してやっとポーンが鳴って
生駒山系を越えて行きました
1回転は時々経験しますが
複数となると8の字回転するのですね



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(4)mixiチェック