羽田空港

2019年11月20日

2019年1月 バンコクの美味い屋台麺 2/7

何も食べずに早朝出ていますので
朝食をいただくためにダイニングエリアに行きました

DSC03544

私が最初に食べるのはどこでも変わりません
先ずは野菜サラダです

DSC03543

トッピングには
ほうれん草とエリンギのソテーをのせています
右の方には
ドレッシングがわりのカレーのルー

このサラダはいつもは一皿ですが
起きてから何も食べてないので
おかわりしました

そしてチマチマしたものを少しづつ

DSC03545

ホウレン草は私の好物の1つですから
添え物ではなく
メインとしていただきました

ダイニングから戻った後は
シャンパンとチーズで過ごします

DSC03546

このチーズも
以前は必要なだけブッフェで取れたのですが
今はこのようにセット化されてます
これだとブッフェのチーズが汚くならず
ラウンジ側としては良いのでしょうけど
チーズを食べる側としては
好きなチーズだけ……と言う取り方ができません
ましてやつけあわせのドライフルーツ
私の場合は食べませんので
食品ロスになります

乗りましたのは11時発ANAのバンコク行き
NH847便です

DSC03549

使用機材はB787−9
バンコク線の主要機材ですね

DSC03548

ANAの中距離ビジネスのウエルカムドリンクは
プラカップでサービスされます

DSC03550

長距離でも同じなのでしょうか
事故防止の意味合いで始まったと思いますが
そろそろ廃プラの事を言われそうです

789のビジネスクラスシートは
世代によって微妙にディスプレイが異なります

DSC03551

これは新しい方だと思います
エアショーの画面も少し違って
より複雑になっていますが
それはどちらかと言えば
制作者の自負によるもので
見る側は要らない情報が入ったと感じます

富士山は朝の若干の靄も晴れて

DSC03552

くっきりとその姿を見せてくれていました



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(8)mixiチェック

2019年09月25日

2018年年越し 久しぶりの鬼門高雄とバンコク 03/11

翌朝は早く起きて
私とDr様ご夫妻の3人で
羽田空港国際線ターミナルに向かいました

会員レベルで言いますと
私はファーストクラスチェックイン
ご夫妻はビジネスクラスチェックインの利用ですが
ファーストクラスで3人とも可能です
しかしここに落とし穴があるのです
まだ国際線が成田しかなかった頃
成田のファーストクラスチェックインでは
融通がきいたのか
3人の荷物全てにファーストタグをつけてくれました
しかし今の羽田では
私のにしかつけてくれないのです

なので私が夫妻の荷物を自分の荷物として預け
夫妻は別にチェックインしてもらいました
3人分なら私ひとりの許容量内なのに
融通がききません

セキュリティは一緒の優先レーンですが
イミグレは別でしたので
ANA免税店で待ち合わせをして
スイートラウンジに入りました

DSC03188

まずはシャンパンで乾杯です
以前はラウンジのシャンパングラスは
小さいものでしたが
今はこのファーストクラス用のものになっています

ダイニングに移って朝食をいただきます

DSC03189

私はいつも通り
野菜サラダを中心にいただきます

私一人ですとシャワーを使ったりしますが
仲間がいますと
しゃべったりして時間が過ぎて行くのが早いです

搭乗時刻があっという間に来た感じでした
乗りましたのは
9:20発のANA台北松山行き
NH952便です

DSC03191

使用機材はまだB767−300ER

DSC03190

冬ダイヤ一杯は787は復活しないようです

この日は昨日と同じで天気が良く
大阪付近であった気流の乱れもすでに東に抜け
江ノ島辺りでポーンが鳴って
サービスが始まりました

富士山が快晴の中見えた頃には
食前酒が配られました

DSC03192

もちろんシャンパンです

私は普段家ではお酒は一滴も飲みません
親戚や誰か来た時のために
ビールとスパークリングワインだけは
冷蔵庫に入っていますが
出掛けた時にだけお酒は飲むことにしてます
呑兵衛ではありません(笑)

二択の機内食の選択は洋食です

DSC03193

和食に好きな食材がない限り洋食です
もちろん赤いジュースを飲むためです

DSC03194

この時のメインはハンバーグでした
美味しかったのですよ
でもね
ビジネスクラスで出してほしくないメニューです
やはり近距離といえども
非日常の演出をしていただきたいです
昨日の晩飯だった人もいるかもしれません

松山機場にはほぼ定刻に到着しました
私は先に出られますので
預け荷物のピックアップ係です
1番目5番目で荷物が出てきました
その後ご夫妻を待って台北捷運に乗りました

DSC03195

台北捷運文湖線です
これでいつものように忠孝復興乗り換えで
台北車站に……
この時はそうではありませんでした




asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2019年09月18日

2018年年越し 久しぶりの鬼門高雄とバンコク 01/11

年末年始の旅行は
いつも通り台湾とタイでした
とにかくこの2ヶ所は
冬の間に詰めて行ってるようです

この時はDr様も台湾行きで
南の高雄から
東の台東付近に行かれるとのことでしたので
元々この2国での予定なんてない私は
途中までご一緒することにしました

12月28日
この日は自宅から会社に寄ってから
伊丹に向かいました
この日はお休みにしてるのですが
あくまで無理矢理です
年内にしなければならないことがありましたので
それだけするために会社に行ったのです

なのであべの橋からリムジンバスではなく
梅田から阪急とモノレールで向かいました

DSC03171

行きなりもう羽田に着いたのか……
そんなわけはありません
これは大阪モノレールの京急ラッピング塗装です
この2社はお互い競争には絶対ならないので
仲が良いようです

スイートラウンジは昼間なのに混んでいて
さすがに御用納の日だなと感じました

DSC03172

いつもの奥のソファ席には座れませんでした

乗りました飛行機は13時発の
羽田行きANA26便です

DSC03174

使用機材はB767−300ER
この路線でも昼間は中型機が組み込まれます

DSC03175

特に盆暮れは大阪からは帰省用に
九州沖縄路線に大型機が回されて
幹線は737の場合があります

この日はお天気は悪くなかったのですが
いわゆる
大気の状態が不安定な天気
晴天乱気流とまでは言いませんが
西日本エリアは強風と重なり
大きな揺れが続くフライトでした

DSC03176

静岡県上空でようやくポーンがが鳴りました
CPさんのアナウンスでは
普通席では冷たいお茶とリンゴジュースだけのサービス
プレミアムクラスでは飲み物だけのサービス
お弁当はお持ち帰りの袋に入れて渡すとの事
御前崎を過ぎてから弁当を出しても
中高生しか5分で食べられませんからね

なので羽田到着までは
シャンパンだけで過ごしました

DSC03177

持ち帰りになったお弁当は
翌日の朝食と化しました
本当はダメです
賞味期限は当日夜8時と言われましたから(笑)

この日の夜はワハハがある予定です
14時過ぎに羽田に着いてもすることがありません
若い頃なら少しの時間でも都心に出たのですが
今は絶対に疲れるのがわかっていますので
そういうことはしません
かわりに久しぶりにターミナル1に行ってみました

飛行機関連での私の久しぶりは
一般の人とは格段に違って
2ヶ月を越えるとひさしぶりになるのですが(笑)
この時の久しぶりは年単位の久しぶりです

この通路を進みます

DSC03180

はい
ここに行ってみたのです

DSC03178

長年羽田を利用し続けていますが
初めてお詣りさせていただきました
多分房総のI氏等は
来られたことがおありでしょうね

DSC03179

ちょっと飾り気のない空間ですが
場所が人出の多いところから離れた一室ですから
こうなるのでしょうね



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2019年08月28日

2018年11月 予定になかった台湾 1/8

昨年の春

何回か一緒に台湾やら伊勢に行っている
元後輩社員(社員というと微妙な身分)から連絡がありました
彼は一昨年の末に私のいる部署から異動になり
大阪市内の別の店舗で勤務しています

「また台湾に行きたい」

自分で行け・・・もちろんそう答えました
私はもうすでに1年の海外旅行の予定は組んでいます
3月末でしたので
チケットも翌年の2月位まではすでに発券しています

彼は人の言うことは聞く耳は持つのだけど
聞くだけで反映させないため失敗してしまい
加えて計画段階では一人では決められないタイプなのは
伊勢行きの記事などで紹介しています
なので
私が台湾だけに行く旅程がある時で

。腺裡善復
⊂なくとも半日は自力計画で動け
私は3泊するので2泊しかできないお前は帰りは自力で帰れ

この3つの条件を提示して
一緒に行くことになりました

と言うことで
2人とも前日は業務を終えたのち
伊丹空港で待ち合わせました
私は梅田から阪急とモノレールで
彼は京橋から環状線と阪急・モノレールで

DSC03055

スイートラウンジで小腹を満たしましたが
この時私はいったい何を食べたのでしょう
まったく覚えていませんし
写真を見ても思い出せません

DSC03056

でも彼はおにぎりとパン
私はおにぎりは食べないのでパン・・ということになるのでしょうね

蒲田に前泊する時は大体18時発のANA36便で羽田に向かいます

DSC03057

使用機材はB777−200ER
壁材の色とWIFIステッカーでERだとわかります

私のチケットは国際線のチケットですので
事前の国内線の座席のリクエストに制限があります
またD会員の優遇措置〔詳しくは書きません〕も使えません
その中で一番良い5Aを確保したうえで
当日プレミアムクラスへアップグレードしました
そして私のとってた5Aを彼に横流ししました
なので二人は別々の席です

ひとりで行動する時間を多くしなければストレスがたまります

プレミアムクラスのお弁当は夕食仕様

DSC03058

羽田発着の幹線路線ですので
松竹梅の梅ではなく竹コースです(笑)
松コースは以前に書きました札幌・福岡・那覇のみです
松と竹の違いは
上の竹コースにホットアントレが一つ加わります

蒲田のいつものアジトに泊まって
7時前に出発しました

羽田でのチェックインの時
彼の預け荷物だけは
私の荷物として私のチェックイン時に預けました
こうすればFタグが付きますので
出てくるのが格段に早くなります
以前のように2人でWチェックインして
ふたりともFタグを付けてくれるとは最近では限りませんので
チェックイン自体は自分でさせました
今後自力で行けるようにさせねばなりません

スイートラウンジでは
私はいつもの野菜サラダに
ドレッシングとして茄子の胡麻和えをトッピングしました

DSC03059

彼はやはりごく普通にご飯やらを食べていました

乗りましたのは9:20発のANA台北松山行き
NH851便です

DSC03060

この状況は
事前改札が終わった際に
団体の年配の人が我先に前に行った時の模様です
このころはまだ「高齢の・・・・」という案内をしていました
現在は「小さなお子様連れ、妊娠中など、お手伝いが必要なお客様」と言ってます
「2歳以下の・・・」というのは省かれることが多いです
こんなものは言葉にしてアナウンスするから
適当に来るのだろうし
あてはまらない人が行ってるとクレームになるのでしょう
アナウンスしないで
チェックインの時に旗を付けて係員が集めればよいのです

使用機材は・・・・・・
この時はB767−300ERでした

DSC03061

この路線はずっとB787−8での運航が続いていたのですが
覚えておいででしょうか
昨年後半は787の大改修が行われました
ANAのほとんどの787がドック入りしてエンジンを交換しましたね
そのおかげでこの路線も767のカムバックとなったわけです

767はD滑走路を千葉に向け離陸し
ネズミの国の直前で右旋回で180度方向を変えました

DSC03062

私の席は1Aですが

DSC03063

もちろん彼はその隣ではありません
確か4万円台の価格でチケットを買ったと思います
伊丹⇒羽田⇒台北松山
台北桃園⇒成田⇒伊丹
4フライトで4万6千円ほどだったと思います



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2019年06月05日

2018年5月 チケット調整で台南と台中 2/6

乗りました飛行機はANA10:05分発の
台北松山空港行きのNH851便です

DSC02585

10番ゲートからの出発ですので
改札をくぐってから階下に降ります

DSC02586

使用機材は松山線の定番B787―8でした
現在ではエバーも787を導入していて
長距離の高需要路線以外と
その路線の合間に
名古屋等に飛ばしているようです

DSC02587

この時は
天空の指定席1Aをとることが出来ました

DSC02588

更に運が良いことに
お隣はいらっしゃいませんでした

短距離アジア線ですから
ウエルカムドリンクはありません
ちなみにエバー航空はあります
アシアナもDr様のレポートではあるようです

これはレベルに達してからの食前酒です

DSC02589

機内食は和洋の2択

DSC02590

ご覧のように洋食の選択です
前菜に鮪と鴨のロースト
メインはバジルチキン
私の大好きな物ばかりのオンパレードでした

この日もずっと天候が悪く
折角787なのに高高度が取れず
32000フィートほどの飛行でした

DSC02591

と言いますのも
この高度だけに雲の隙間があったようです
台北松山機場に着いたあとは
台北捷運で台北車站に向かい
そこから新幹線で台南に一気に南下しました

DSC02594

この写真で自由座に乗ったことがわかるのは
Dr様くらいでしょうか

高鐵台南站は台鐵沙崙站と繋がっていることは
以前に阿里山に行かれた方はご存じですよね

DSC02595

改札を出て左に回り込んで
通路を100mほど歩いて行きます
そしてこのウリナリ電車でトロトロ5駅ほど

DSC02596

途中
西部幹線と合流して
約23分ほどで台南に着きます



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2019年06月03日

2018年5月 チケット調整で台南と台中 1/6

昨年のゴールデンウイークは
欧州旅行を予定していたところ
間際でタイ航空のダウングレードがあり
急遽台湾行きになりました
その時に使ったチケットは
5月末に予定していた台湾行きだったんです

次の台湾行きは8月のお盆ですので
約4ヶ月あります
台湾発券のチケットの場合
3ヶ月オープンまでは安く
それ以上になると
6ヶ月オープンになって
極端に値段が変わります

それならと
ゴールデンウイークの帰路
そう言うチケットではなく
更に安い1ヶ月オープンのチケットを購入し
5月末に再度行ってみました
そうすれば今度はお盆まで3ヶ月未満です

旅のはじめはいつものように
退社後の伊丹空港です

DSC02575

スイートラウンジではキャロットスープと
これ何を食べたのでしょう…
全く覚えがありませんし
見てもわかりません
きっと美味しくなかったんだと思います

DSC02576

乗りました飛行機は18:00発の
羽田行きANA36便

DSC02578

使用機材はB777―200ERです

DSC02577

タキシング中に
珍しいものを発見しました

DSC02579

穴村のターミナルの南側に
穴の整備場があるのですが
そこに桃の飛行機がいたんです

ご存じのように伊丹には桃は飛んでいません
定期整備のために来たのでしょうか
昔はアシアナの小型機も
定期整備のために伊丹に来ていました

この時の座席は1C
プレミアムクラスのお弁当は夕食仕様

DSC02580

私はこの食事は
一列目席がとれて
食べる時間が18分ほどないと食べきれません
天気が悪くてポーンが遅く鳴った時などは
お持ち帰りにしてもらっています

羽田に着いたあとは
京急に乗って
いつものアジトで前泊しました


翌日は
台北松山空港行きの午前便に乗ります

スイートラウンジでは
滑走路側の窓席が取れました

DSC02584

多分左の飛行機に乗るのでしょう

ラウンジでは朝食をいただきましたが

DSC02582

いつものサラダのドレッシングには
カレーをかけてみました
胡麻のドレッシングがなかったんです

この時はシャワーは使わずに
そのままチーズをいただいて過ごしました

DSC02583

朝目覚ましより早く目覚めたので
ホテルで朝シャワーをしていたんです



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック

2019年05月20日

2018年駅5月 タイフェスティバル2018 3/3最終章

代々木公園の会場を歩道橋の上から見ますと

DSC02470

11時からの開始にもかかわらず
20分前にはこのように混みだしています
年々私たちの集合時刻も早めています
理由は場所取りですね

DSC02477

運営側が用意したテント張りのベンチ席は
いったいいつ行ったら取れるのかわからないくらい
早くに埋まっていますので
こういう地べたの場所を勝手に確保するのですが
ブルーシートと携帯椅子は必携です

11時になったらセレモニーの開始です

DSC02473

まあ
タイ人でも誰なのかわかんないでしょうね
在日大使館関係の人でしょうからね
我々も
外国にいる日本大使の顔も名前も知らないのと一緒です

お店は飲食と物販がありますが
我々日本人は主に飲食の方に向かいます

DSC02471

お店も
この年はセット物を多く見かけました
何を食ってよいのかわからない日本人向けでしょうか

ちなみに
ガッパオ
パッタイ
カオマンガイ
この3つはタイ庶民料理のメジャークラスです
上から挽肉炒飯・炒麺・チキンライスです
あとカオパッという中華寄りの炒飯があります

右端のカオソーイだけは少し異色で
タイ北部のチェンマイ名物の麺料理です
本場で食べましたが
火を噴く辛さというのはこの料理のためにあると思いました
でもここではかなり抑えているのでしょうね

この時の参加者は房総のI氏と
MKさんご夫妻とその愛娘様と私の5名
まずは泡で乾杯です

DSC02474

I氏はシンハビールいわゆるビアシンです
私はビアシンのドラフト
MKさんはレオビールいわゆるレオです
タイではビアシンとレオでは明らかな値段差があるのですが
日本では一緒です

お料理は何を買ったのか
すでに忘却の彼方に行っています

DSC02476

多分MKさんが覚えてらっしゃると思います

DSC02475

この挽き肉
一見辛そうに見えませんが辛いんですよ
私・・・最近これが大丈夫なことに気付きました

MKさんご一家を残して
私とI氏は家が遠いので午後3時前にはお暇しました

渋谷から山手線で品川
京急で羽田空港国内線と行きの逆ですね
空港でI氏とも別れ
私は伊丹行きの飛行機で帰ります

DSC02482

18時発伊丹行きのANA37便
この飛行機では伊丹着が19:15分
家に到着するのが21時前になりますので
1便前の飛行機の方が良いようです
何せ私は午後8時就寝の生活をしています(笑)

使用機材はB777−200

DSC02481

これはERかどうかはわかりません
壁が写っていませんからね
座席は11Aという
普通席では一番良い席を確保できました

なので
珍しい光景も見ることができました

私の乗った飛行機は西行きですので
南風の時はA滑走路を海に向けて離陸
東・北行きはC滑走路を海に向けて離陸します
この時はA/C同時離陸でした

プレミアムクラスではないので
自費で泡を頂きました

DSC02483

TOKYO CRAFT ペールエール
エールビールにANAは凝ってるのでしょうか
私やMKさんは好きですが
一般日本人には合わないビールだと思うのですが・・・・・



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(8)mixiチェック

2019年04月17日

2018年GW 2度目の台湾ワハハ 03/10

翌日5月2日
羽田空港から出発です

一応平日ですので
通常の混雑程度でセキュリティとイミグレを抜けました

このセキュリティなのですが
どうしてみなさん
自分の番が来るまで何もせずに並ぶだけなのでしょう
その人が鞄から何かを出したり
ベルトをはずしたりしている間
時間が止まってます……
コンベアがある程度長さがあるわけですから
2人位前からコンベアを使えるはずです
その時点で始めていただきたいです
超慣れてる人ばかりの伊丹のプレミアムレーンなどは
外で用意してから並ぶ人が多いくらいです

と言うことで
スイートラウンジでいつものように
出発まで時間を潰しました

DSC02357

この個室タイプの場所を使いたがる人
多いですよね
私は狭い場所に閉じ籠るようで嫌です

もちろん
アジトでは朝食をとってませんので
ここでいただきました

DSC02358

この野菜サラダは器が小さいので2杯いただきました
細々としたものは

DSC02359

色んな物を少しづつですね
独り暮らしの人間には
少しづつと言う食べ方は
普段とっても困難ですからありがたいです

乗りました飛行機はNH851便
10:05発の台北松山空港行きのANAです

DSC02361

使用機材はこの路線の定番B787−8

DSC02362

Dr様は信用おけない機種だそうですが
私は快適なので好きです

この日も確か下界に雲が分厚く張っていて
窓からの景色が楽しめなかったと記憶しています
実は
昨年は私
フライト時の天候に恵まれませんでした
雨男になって
台風まで引き寄せてしまったこともありました

機内サービスはおしぼりの後は食前酒からです

DSC02363

短距離線ですから
その前のウエルカムドリンクは
ANAではありません

2択の機内食は洋食を選択しました

DSC02364

選んだ基準は
前菜に鴨肉があったことと
メインアントレが鶏の香草揚げだったことです
鶏肉大好き人間ですからね
実は翌日のワハハ会場の選択にも
この事は影響しています

台北に着いてアジトにチェックインしたあとは
少し時間がありましたので
散歩してからいつもの寧夏街夜市に出掛けました

散歩の目的地は本来なら朝行くのが良い所ですが
いつも朝早く空港に行きますので
今まで行ったことがない所です

まず地下鉄で雙連と言う駅に行きました
台北車駅から淡水線で2駅目です

MRTの座席には
以前から日本の優先席にあたる
この博愛座があったのですか

DSC02374

こんなものも出来ていました

DSC02375

親子友善区
この子供優先と言う考え方は
日本を含めアジア独特のものです
欧米ではそうでもないのか……と言いますと
少しニュアンスが違うのです
保護をするのは当然ですが
決して子供単体を優先することはありません
もちろん赤ん坊や乳児は別ですが
自分で歩けるようになった子供は
しっかりと立つことをしつけられます




asato8686 at 05:00|PermalinkComments(4)mixiチェック

2019年03月18日

2018年2月 久しぶりに関空に帰国した旅 1/7

私は現在大阪に住んでいますが
海外旅行の際はその95%東京経由で行っています
あとの5%は2年に1回くらいの
JAL特典航空券での旅行の時くらいです

ANAで受ける特典の数々は
東京発着でないと100%享受することができませんし
私の航空券は海外発券ですから日本が目的地になります
ANAで東京に着いて
大阪・名古屋・福岡
この3都市へは追加料金は必要ないのです
なので24時間以内に乗り継げば
同料金で航続距離を増やすことができるからです

しかしこの時の旅は
最後の最後で思わぬ出来事に遭遇し
関空に帰着して入国することとなりました

旅の始まりはいつものように伊丹空港です
スイートラウンジで定席の奥まったソファ席に座りました
はい
行きは伊丹から羽田経由で行きましたよ

DSC02203

これは私が座った席から向かいの席を撮影しました
伊丹に限らず
スイートラウンジでは
自分の使ったものを返すということをしない人が多いのです
席に置きっぱなしにする人が多いです
一応アナウンスでは
使った食器などは食器置きカートに置くようには流れていますが
日本人が置きっぱなしにするのです

いただきましたスープは私の大好きなオニオンスープです

DSC02202

白いパンはモチモチとした米粉のパンですが
私は残しました
モチモチという食感はパンには不要だと考えてるからです
これは多くの日本人の趣向に反していることはわかっています
でも
小さい時に
たまたまドイツパンの自家製パン屋が近所にあった私は
パンとはそういうものだという口になってしまったようです

伊丹〜羽田間です
アップグレードポイントがなければ
有償でプレミアムクラスにすることはありません
この頃にはもうポイントは残っていません
詳しく書きますと
この区間は280マイルですから
国際航空券の場合
280x1.0x2=560のポイントが付きます
これを1万1千円足してプレミアムクラスにしますと
280X1.5x2=840のプレミアムポイントです
1万1千円足して280ポイントしか増えません・・・・

DSC02204

国際航空券ですから
秘密の技で11列の席を取ることはできません・・・・
あれは国内線チケットでないとだめなんです
国際航空券なら当日空港で空いていれば・・・になります
それでも事前で押さえられる席では最上の5列目をキープしました
この時は5Cですね

当然のごとく
乗ったら飲むです

DSC02206

前月味をしめました小樽麦酒のクラフトビールのアンバーエール
またまたいただきました
ほろ酔いのままいつもの蒲田アジトに前泊しました

翌日の羽田空港は混雑していました

DSC02207

時間的なこともありますが
多分春節の休暇に出た華人たちの帰国ラッシュの時期だったと思います

台湾人・中国人のスターアライアンスゴールドメンバーは多いのですが
ANAのダイヤレベルは
台湾人にしかいないようです
まだまだスイートラウンジ内は静かでした
まずは駆け付け1杯のシャンパン

DSC02209


ダイニングに移動しての朝食

DSC02210

この時はあまり食べなかったようです
普段は食べないスープがありますでしょう
こういう時はたぶんお腹の調子が悪かった時です

それでも食後はシャンパンのためにチーズと白蒲鉾で過ごしました

DSC02211

最近はこの組み合わせに至福感を感じています

乗りますフライトは11:00発のバンコク行き
NH847便です

DSC02212

使用機材はB787−9

DSC02214

このころANAの国際線では787ばかりに乗ってたようです
それも昨年の春ごろからまた変わってくるのですが
それはまたその時に話題として書いてみますね



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(8)mixiチェック

2019年02月25日

2018年1月 バンコクに避寒 2/5

さて乗りましたのは11:00発
ANA847便のバンコク行きです

DSC02136

この角度から写真が取れたということは
110〜108番ゲートだったのでしょう
使用機材はB787−9です

DSC02138

今はー8でもスタガード仕様になってる機材もありますが
当時はスタガードはー9だけでした

お粗末なウェルカムドリンクです

DSC02139

スパークリングワインなのですが
これをガラスのグラスで出すと
本当に歓迎の意味合いを感じられるのですが
こういうもので出されると
喉の乾きを潤す普通の飲み物に感じますね
サービスとは「物を出す」だけではないのです

天気は良いのですが気流が悪く
せっかくきれいに見えた富士山も
ベルトサインが消えた直後
ダッシュで走って右ドアの窓に移動して撮ったくらいです

DSC02140

通常天気が良い時は江の島あたりでサインは消えるのですが
この時は伊豆半島までつきっぱなしでした

この時のエアショーです

DSC02146

向かい風時速309km・・・・・
新幹線のスピードで風が吹いていました
これにあらがって飛ぶのですから
巡航速度910kmのB787と言えど
600km前後の対地速度で飛んでることになります
QちゃんやATR72などのプロペラ機並みのスピードです

さてメニューが配られました
台湾に行く時などの短距離線では
ビジネスクラスと言えども
メニューはあらかじめポケットに入っていますが
中距離になりますと
うやうやしく配られます(笑)

DSC02147

この白ワインのニンフというのが
ANAオリジナルブレンドだそうですが
後で試したいと思います

和食は鱈のあんかけですね

DSC02148

この時は割烹津やまのメニューでしたので
和食を選択したんです

ちなみに洋食はと言いますと

DSC02149

和牛のロールかシーフードココナッツカレーかの選択
津やまの和食でなければ
こちらを選択していた感じです

そしてアラカルトメニュー

DSC02151

基本的には私はこの中ではチーズを頼みます
デザートと一緒に持ってきてねと頼みます
ラーメンやらカレーは
量的に食べられないのでまず頼みません



さて
今日午後より
今年最後の避寒に南国に行ってまいります
通常の記事は本日でいったん休止
来週3月4日の月曜日より再開したいと思います
それまではいつものように
Wi-Fi環境のところでのライブアップをさせていただきます



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(4)mixiチェック