前回はこちら

プログラミングを習いたいという知り合いがいたので、週1回のペースで、有料プログラミング先生かコーチみたいなことをやってます。生徒さんは、ほとんどPCも普段使わないような男性です。

今回で8回目です。今回は、『やさしいJava 第4版』 の12章をやりました。抽象クラスとかインタフェースの部分です。この辺りから、概念的には難しくなってきますね。実用的なことの理解も必要なので、抽象クラスやインタフェースを使うとどんないいことがあるのかを考えてくる宿題を出しておきました。ただ、うまく答えるのは難しいかもしれません。僕としては、デザインパターンなんかの話題を出して説明しようかなと思いましたが、やめておきました。

前回書いたように、今回からから新しいことをやり始めました。生徒さんに専門雑誌を読んで来てもらって、内容を僕に説明する、という宿題です。『日経ソ フトウェア』のNDSのゲームをBASICで作ると言う記事を読んできたようです。内容について少し話したりする程度のことをしました。次回は、Javaの記事を読んで来てもらう予定です。

続きはこちら

以下宣伝:
こんな感じにやってます。大阪で(新大阪とかが場所としては近いです)やってますので、習いたいという方がいましたら asatohan@gmail.com までお問い合わせください。2時間で1回2,500円です。学生さんは1,500円です。時間帯や時間は気軽に相談してください。初回は無料です。

「仕事でプログラミングをやっているのだけど、自信がなくて誰かに相談したい」というようなことでもかまいません。お気軽にお問い合わせください。

教えれる内容は、色々ありますが、こんな感じです。
・言語の基礎: Java, C言語, C++, Scala
・オブジェクト指向の基礎
・リファクタリング
・デザインパターン: デザインパターンは学生時代に研究でやっていたのでかなり詳しいです。
・Google App Engine: 2年以上使ってます。
・Android: アプリの作り方からマーケットに公開まで。
・Webアプリ
・その他