asc23 Blog

(ASC23期会)   愛知シルバーカレッジを卒業した60歳以上の男女81名の日々笑顔で楽しい仲間です

11月7・8日の上天気の2日間 秋のバス旅行です。
一宮駅前から第1の目的地 安城の「丈山苑」に向かいます。
IMG_7555-1
IMG_7565-1
お抹茶をいただき 自由に園内・屋敷内を散策です。 ちょうど前撮りの撮影中で綺麗な花嫁さんにうっとり!! 
第2の目的地「無量寺」(がん封じ寺)へLet’Go. 昔からがん封じで知られる平安時代の古刹。
住職のユニークな法話で盛り上がりで~~す。IMG_7571
全国から訪れる悩める方の願掛け絵馬がこんなにも目につきました。
千仏洞巡りも真っ暗な中を前の人を頼りに肝試し。(これ無料でした。)
其の後
「妙善寺」地元ではハズ観音・カボチャ寺と呼ばれているそうです。
カボチャ茶をいただき・・・宿泊のホテルに向かいます。
IMG_7576
夕日です。

大宴会後温泉で癒され 会長のお部屋で2次会・・・・十二分に楽しまれましたね。
IMG_7584
朝日です。
皆さんご覧になりましたか? 海の上にお盆状態でした。
朝もゆっくりバイキングを味わい 「海遊亭」に移動。IMG_7591
温泉の効果凄いね。美男・美女ばかり。(笑い)
IMG_7593
ランチのお弁当を頂き 楽しいショーを満喫いたしました。
初めての観劇一泊バス旅行でした。 幹事さんのお骨折りありがとうございました。
  写真提供八代会長
      by kawamura




11月11日
紅葉前線南下中 2年ぶりの貝月山トライです
今回は長者平コース このコースは登山者も少なく 夏は山ヒルのメッカ しかもルートが分かり難く一人では敬遠したい山ですが 粕川の上流に向かう川を幾度となく渡渉する変化に富んだコース 山ヒルのお休みのこの時期 お忍び登山です
IMG_5226
長者の里より入山 今回駐車場には先客10台ぐらい有りで 日曜日のせいかな??
IMG_5229
10分ぐらいでナラの木を乗せた「長者石」の下に猿後家地蔵が祀られています(^_-)-
IMG_5230
セクハラで問題にならず
IMG_5235
いよいよ、これから渡河の繰り返し 何回有るか楽しみです(^o^)
IMG_5236
山犬の岩穴 一言挨拶したかったのに残念ながら主は留守でした(^_-)-
IMG_5240
渡渉場所は体力に合わせ各自選択です これが又楽しいですね
IMG_5242
「少将淵の滝」はアルミ梯子が見つからず滝壺に降りれず(;´Д`)
IMG_5246
楽しいけど ず~と登りなのでボデーブローの様に足に利いて来ぞ~(+_-)
IMG_5247
何ヶ所か見かけた炭焼きの窯跡 下すのが大変
IMG_5250
夫滝??
IMG_5256
登山口から3K 2時間半 平地で昼食です 荷物をリュックから胃袋へ移動だぞ~
今回久しぶりのシェフの手料理?コーヒー旨かった!次も宜しくです

IMG_5258
貝月山頂まではまだ1.2K  沢の水も細り このルートを来た目的は果たしたので急遽
今日の目的地は食事場所として 下山です(^^)/ ??

IMG_5269
水が大変きれいな川です
IMG_5263 
1秒のスローシャッター!! 下りは余裕たっぷりです
下り大好きだけど登らないと下れな~い
IMG_5271
コースには目印のテープが? テープを見落として迷い込むと大変!!
バリエーションルートが相応しいかな!!
は複眼で
常に先の目印を確認しながらの移動です
IMG_5290
足のスパンや
柔軟性等
IMG_5292
そして足元の足場の状態 何処を渡渉するかは
IMG_5281
6人6色で性格まで分かっちゃう(^_^;) ホンマに楽しい渡渉です(´▽`;)
昔なら石を飛び回れたけど 残念ながら今回はドボンでした
(T_T)
IMG_5294
此処までくればもう終わり (^_^;
IMG_5305
山は 無事下山して目標達成です 
見てくださいこの笑顔はまるで山頂
(^o^)クリアしたみたい!!
イヤイヤ果たしてなかった
m(_ _)m m(_ _)m
登山中、誰にも会わなかった人気?の山でした ハイ~

貝月山
青いルート軌跡が今回です 渡渉は往復40回 赤ルートはヒフミ新道2016済みです  
帰路 中姫の取り計らいで大野町で富有柿ゲット とっても美味しかったです有難う!!
                                 ohara









11月4日(日)

01

青空切符使用で一日楽しんでまいりました。お天気もまずまず味方につけて6・2Kmの峠越えです。往復座れたことも感謝。座席とりありがとうございます。機転の速さに再発見。
藪原駅での駅員さんのお出迎え。記念写真です。02
歩きだして間もなく こんなに色ずいた蔦を発見。
にぎわい広場・清酒試飲・そして鳥居峠越えです。
03
天然記念物の大もみじです。
04
カラマツは葉を落としておりました。
05
道の両側がカラマツの落葉です。
06
07
08
09
10
大木の栃の洞に 昔子供が捨てられ 村人が育て上げたといういわれのある木です。
11

1213

木曽義昌と武田勝頼の戦いの場所「鳥居峠」 竹田勢の戦死者500余名の亡骸が埋め尽くされ 
 「葬沢」と呼ばれるようになったそうです。
ここから少し急ぎます。 奈良井宿で14時から皇女和宮御下向行列があります。
間に合うかしら???
14
滑り込みセーフ。16
17
ホームに着いたとたん雨・・・・でもなんと幸せなことでしょう。
皆様に感謝でした。
    by kawamura

↑このページのトップヘ