快釣の何とかなるさ

ルアーゲーム&日常の出来事が中心です。

伊予鱒が遡上する河口調査

河口はチヌッパーゲームが殆ど成立するポイントです。

今朝は初めてのポイントに入る。
160730_060224

新規ポイントでは何処で出るか?なのでテンポよく撃って行く

中々反応がない?

河口をウェーディングして行くと沈みテトラ?が見えるので集中的に攻めると

ジュボと小気味よい吸い込み音と共にラインが水中に入ったので合わせを入れると大型魚らしいパワーがロッドに伝わる。

数秒後、テンションが抜けた。

大型チヌの口の中は堅い歯だからリヤフックのみ噛まれたのでしょうね。

その後反応ないので車まで戻り護岸調査

多くのチヌを発見するも反応がない?

イマイチスイッチが入らないのでしょうね。

午前9時に帰宅し少し休んで神さんと久万高原町に新しくできたカフェでランチ後は息子夫婦達が友人とバーベキュウしてる御三戸嶽へ差し入れ
PICT0157


ウエーダーは初使用ですが、いい感じでした。

PROX ウエーダー購入

マズメもダイワも約1年でブーツとのつなぎ目から上の部分の生地から浸みてくる現象

釣行後は水洗いし陰干しして大切に取り扱っているつもりなのですが…。

使用限界かな?

色々やったけどダメなのでポイントも使ってネットで購入。
PICT0153
これまでで最安値だからどれだけ耐久性があるのかな?

チヌッパーゲームにはなくてはならない必需品ですから


今度の休日は新規ポイント開拓&無くしたもの探しして来ます。

新規ポイントでガイド成功

今朝は昨年チヌッパーゲームでガイドするも撃沈したリベンジで釣友をガイドして狙いのポイントへ入った。

午前5時に自宅に迎えに来てもらい助手席で楽ちん釣行

今朝入ったポイントは前々から気になっていた所で必ず釣れるってガイドしました。

雰囲気最高で他魚が爆釣です。
BlogPaint
ダツですが(笑)
久々にダツが大当たりでしたね。

ガイドした釣友のルアーに大型シーバスがアタックしたのですが水飛沫を残してサヨナラ

超惜しい魚でしたが、その後に狙い通りキャッチ
BlogPaint
この魚はダツです
160726_062858 (2)
46.5僂遼椒船

私はフグにダツばかり
PICT0148

ポイント移動後、午前9時前まで頑張るも本命は出ずでした。

しかし、新規ポイントでチヌを出すことができたので大きな収穫ですね。

やはりトップゲームは超楽しい。

Yさん、また行きましょう。

今期チヌッパーゲーム始動しました。

トラウトゲームが一段落するとチヌのトップゲームがスタートする。

今期も新規ポイント開拓に燃えますよ〜


午前5時にポイント到着。昨夜からスタートはこのポイントでと考えていました。

狙い通りの潮時ですが、午前6時を過ぎても全くの無反応?

ポイント選択ミス?

潮が動きだせばきっと口を使ってくれると信じて足で調査

シャローエリアの先にある掛け上がりを狙う作戦を実行してると久々に聞く懐かしい音

ジュボッ ロッドに衝撃が伝わってから合わせを入れてファイト開始

チヌのファイトが懐かしく超嬉しい
PICT0128
今期ファーストフィッシュは35
連発はなく足で移動しながらキャストしてると水深50冂のシャローですが、ポッパーの後ろを追尾してる波紋?

ポッパーとの距離が近づきそのままアクション入れてたらよいものを私の不注意からウェーディングして近づいた。

その時、大きな波紋と同時に年なし級が反転しサヨナラ

やっちまったぜ。


段々と潮が動きだすとポッパーへの反応が出てきたがフッキングまでは至らず

絶対に2匹目キャッチしてやるぞとアクションに変化をいれると突然ポッパーが消えた

中々のパワーで楽しい〜
PICT0137
45

PICT0142
自撮り
他に数回反応があったからこのポイント今期も楽しめそうです。

里川アマゴ 14

愛媛県内も梅雨明けで暫くは雨も降りそうもないから少しでも水量があるうちに行かなくちゃと久万高原町の里川に今朝行って来ました。

朝イチは本流で尺アマゴ狙うもノーバイトなので、見切って国道から直ぐの支流に入る。

3連休で釣人が入っているかなと少し不安でしたが、ミノー&スプーン共に高反応

良かった。

午前7時半で水温19.5℃
PICT0115

PICT0120
殆どアマゴでたまにカワムツ

癒され鱒。

ただ、蜘蛛の巣だけは勘弁してよ〜
PICT0123
拾った木で蜘蛛の巣を取りながら釣り上がる。

段々とカワムツが多くヒットするもアマゴも高活性
PICT0125


約2時間里川で遊んで脱川
PICT0126
神さんがゲーターを誕生日プレゼントしてくれるって言うのでモンベルショップ行かなくっちゃ

あ〜っ楽しかった。


2016 伊予鱒 総括

終わってみればあっと言う間の数か月でした。(涙)

二桁キャッチを目標に通った数か月、途中に今期から里川アマゴも楽しむようになったので通う回数は若干減りましたがそれなりに松山市内から伊予鱒が遡上する河川に通いました。

ヤマガブランクス本社工場見学でルーパスの実物を手にして完成度に惚れ込み61を購入し多くの魚と出会うことが出来ました。

釣りは1場所 2エサ(ルアー) 3腕(経験値・テクニック)ですが、タックルも大切なキャッチの要素です。

釣りは人それぞれ楽しみ方が異なりますが、私はキャッチ(自分の手にした時こそ満足感が達成すると思っている)こそが釣りの満足だと思っています。

ナチュラルリリースでは満足できない釣人です。


今季はサイズは別にして9匹の伊予鱒をキャッチ&リリースした。私的には海に降りた魚体含めを伊予鱒としているので銀化した個体(河口〜海でキャッチ)及び遡上したサツキマスをターゲットとしている。

大型魚には出会えなかったが3匹は自慢できる伊予鱒です。詳細は書けないが伊予鱒軍団のメンバーはわかってくれている。多分、この3匹は愛媛県内で伊予鱒を狙っている釣人では一番の釣果だと自負している。

愛媛県内で伊予鱒を釣ることは各河川の漁協が放流するアマゴの時期・数・場所及び雨量が全てで海に下る・遡上するには水量は必要不可欠な要素ですが人間がどうする事もできない自然の摂理ですから

勿論、一番大切なことはどれだけ情熱を注げることができるのかってことです。地元なら仕事前後釣行も出来ますが、松山市内在住の私達が出来ることは限られますから…

多少の犠牲を出してもフィールドに通うこと。

よくぞ頑張ったぞ!伊予鱒軍団

特大 天晴

それでは今期の思い出の伊予鱒を見て下さい。
PICT0024

PICT0190

PICT0194
PICT0197
PICT0221
PICT0236
PICT0254
PICT0289
PICT0304

伊予鱒は本当に魅力あるターゲットですね。勿論、他の魚も素晴らしいターゲットですが、これまで色々なゲームをしてきた快釣が惚れた魚ですから(笑)

これからはチヌッパーゲームを中心に禁漁まで里川アマゴも楽しみたいと思っています。

これからも「快釣の何とかなるさ」宜しくお願い致し鱒。

2016 伊予鱒 25

今日が今期ラストの伊予鱒釣行と自分に言い聞かせて出撃。

伊予鱒軍団のお二人とポイントが重ならない様に事前に入川ポイントを決めて入る。

7僖潺痢爾鬟札奪箸慶爐蠑紊るも無反応、今度はスプーンにチェンジし釣り下がるとヒット。

久しぶりの魚からの反応だ。(サイズはイマイチ)

小型だが嬉しいアマゴなので写真撮影しようと寄せてるとまさかのポロリ(涙)
160717_055552
本当に鱒運が無いと自分でも落ち込む。

その後、数か所ポイントを攻めるも無反応で今期伊予鱒釣行は終了。


これから伊予鱒写真をまとめ今期の伊予鱒総括は近日中に投稿予定です。


2016 伊予鱒 24

昨日、少しまとまった雨が降ったのでよせばいいのに出撃

仕事前釣行で軍団メンバーのマルコさんが上流に見えます。

水量は十分で期待してミノーをキャストしますが無反応?

下流側に一流し後は上流の本命ポイントへ釣り上がりながらミノーをキャストしていくと

突然、このような幅広鱒が見えた。
PICT0203
この写真は5月にキャッチした伊予鱒ですが、今朝の魚は久しぶりに見る分厚い魚体の鱒でしたね。

多分ですが、私のミノーに興味があって追尾してきたのだと思い鱒。

その後、ポイント数か所やるも撃沈
160714_091233
午前7時も写真の時間も水温は22℃

本当に終了か、も一度だけ行くか

悩み鱒

魚運持ってる釣友お二人

最近釣運が急降下中の快釣ですが、ブログ訪問有難うございます。

急激にルアーフィッシングの魅力に侵されルアーフィッシング中毒になった職場の若手が狙い通りキャッチ
DSC_8347~01
ルアーで狙って釣れる魚ですが、ポイント開拓が大変です。

天晴


昨日夕方気になるポイントへ入り尺アマゴをキャッチ
OI000086
お名前は?さん(笑)
タックル見たらわかるかも(大笑)

天晴

昨夜は職場のメンバーでビヤガーデンでした。

帰宅後、酔った勢いでウェーダー注文

今日の雨でラスト伊予鱒釣行は鱒運急上昇するかな?

2016 伊予鱒 23

良い雨が降ったので性懲りもなく出撃

超々早起きで天気予報もチェックし午前4時過ぎにポイント一番乗り

小雨が降ってきました。

レインギヤ持ってきてないのに(涙)

準備して車中で待機してたら車が来たのでヘッドライトをセットし河原に降りる。

段々と雨は本降りになってびしょ濡れ

やけくそで午前5時前スタートですが、無反応?

一流し半やって車に戻り濡れたシャツを脱いで移動

伊予鱒軍団の3名は各自狙いのポイントに入り鱒との出会いを信じてルアーを流すも全員ファーストポイントでは沈黙

第二ポイント
上流にマルコさんを確認、丁寧にミノーを流すもノーバイト

ミノーをリュウキ50Sにサイズダウンし丁寧にコースをリーリーブするとヒット

やったぜ!今日は鱒の写真が撮れるとルンルン気分

魚体確認し寄せる体制に入り少々強引なファイトした瞬間

反転しフックアウト サイズは尺はある本流アマゴか小型伊予鱒か?
160710_061754
黒柿のウッドノブに新しく購入したブルーのキャップ。

マルコさんもこの周辺で1バラシ

今朝は3人で2バラシのみ

だんだん終わりが近づいてきた感があり鱒。
Profile
訪問者数

キリンビールブログ発ブログパーツ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ