快釣の何とかなるさ

ルアーゲーム&日常の出来事が中心です。

2016 伊予鱒 16

今朝は本当に迷った。

久万高原町での本流アマゴか伊予鱒か

明日の6月1日から鮎や一部で網入れが始まります。

本日が好き放題出来る最終日、う〜んどうしようかな?

伊予鱒軍団としての使命を全うするべきと判断し瀬戸内海に流れ込む河川にハンドルを切る

今季絶不調のポイントですが、これまで10数年通った実績で必ずや伊予鱒は入っていると信じて入った。

水量大幅減少ですが、朝イチのチャンスに掛けた。

狙い通り良型伊予鱒がミノーを猛追、良し貰ったと思った瞬間

水量がないためミノーを引く距離がなく食わせ切れなかった。

何てこった。

次は少しサイズダウンした伊予鱒が猛追するもこれまでヒットまで至らず。

あ〜っ、天を仰いだ。

大きく移動し入ったポイントでも伊予鱒?のチェイスのみ

移動したポイントでは他魚を爆釣し伊予鱒は1回だけミノーをチェイスするもヒットに至らず。

シークレット情報で写真は撮っているがお見せできません。

情報が全てのこのゲームですから写真は超秘密事項です。

オープンにされてるブログも多数りますが、地元でない伊予鱒軍団が釣るには如何に最新情報を共有するかが全てですから

今日の私の情報も無駄にはなりません。必ずや軍団の誰かが明日以降に伊予鱒をキャッチすると信じて鱒。
13310517_871007486361403_2963928395709979210_n
本日のタックル

あ〜っ、朝イチの伊予鱒獲りたかな〜。

伊予鱒軍団の強さ

皆さんやりますね。

私は週末仕事してます。(涙)

いったい何があったのか?

伊予鱒が遡上する河川は現在渇水状態です。

これまでなら雨待ちでお休みでしたが、河川状況及び伊予鱒の動きを共有することで釣果がすこぶる上向きになった。

土曜日の釣果(伊予鱒ハンターのマルコさん)
13315648_810627429071504_1649977200193305510_n
この状況で2匹キャッチとは神業のテクニシャンをお持ちのようです。

日曜日の釣果(伊予鱒を愛する心優しきナイスガイのIさん)
CA3J0327
仕事と家族サービスで中々釣りに行けないが執念で午前11時前に39僂鬟ャッチは天晴


地元ではない私達ですが、ここまで来たら執念と言う言葉がぴったりではないでしょうか。

私も力が漲ってきました。

次回の休日は伊予鱒か本流アマゴか


う〜ん、どうしようかな

里川 8

いい雨降ったので今朝はルンルン気分で出撃

超早く目が覚めたから少しのんびりして出発

午前5時前に河原に降りると我が目を疑った。

濁流
PICT0353 (2)
写真手前の底が辛うじて見える程度
色々作戦練って来たのに何もかもぶっ飛んだ。

少しでもクリヤーな方向に歩きスプーンを流れに乗せると他魚がヒット
PICT0354
その後、少し歩いた瀬〜ポイントでミノーを流して行くとヒット。やっと写真が撮れると慎重に寄せると20僂砲亘たない魚体だが綺麗なアマゴ、良かったと思った瞬間まさかのフックアウト(涙)

車に戻りさてどうするか?

今年から始めた里川でのトラウトだが、引き出しが少なく応用力がない(情けない)

釣友にガイド頂いた川に行って見るとやや笹濁りでいい感じだったのだが、駐車ポイントに先行者の車が

あ〜っ

良し、釣友から教えて頂いた初河川に向けナビをセット

普段の水量が全く分からないけど今朝はこんな感じの水量です。
PICT0361
これぞ里川って川景でしょ。
数キャスト目に何とアマゴがヒット
PICT0358
超ミニサイズですが、写真を撮るためにネット使いました。

数百メートル蜘蛛の巣と闘いながらやると
PICT0360

PICT0363
他魚の入れ食いを堪能

まさかまさかあれだけの雨量で里川本流は濁流になるのだと…

ライブ映像が有ればな〜

伊予鱒狙いのポイント行けば良かったと少々後悔してます。

念願叶う

期待した雨量もさっぱりだった伊予鱒が遡上する河川方面ですが、里川方面は20亢瓩降ったので次回に期待が持てるかなとポジティブに

凄く可愛いと一目ぼれして購入(ネット販売)したアイマのissen 45S(イッセン 45S)で釣れた先日の本流アマゴですが、視認性が高いとトレースコースが見れていい感じ
160524_052647 (2)
本流アマゴの口元に血がついてるのが残念ですが…(涙)
160524_070729 (2)
このイッセン 45Sで初キャッチは嬉しかった、6月1日の鮎解禁で釣り人多くなる前にもう一度アタックしたいと思っていますが、多忙で神さんの機嫌次第って所です。

これだけトラウトに嵌まるとは自分でも驚きですしソルト仲間以外の釣友ができていい感じです。

意外と近くに住んでる釣友もトラウト大好きな方でご一緒できる日が楽しみです。


天気予報では今日も雨マークで期待していたが、今日は降らなくて良いんです。

りあん(孫で年中さん)ちゃん、砥部動物園に遠足だそうですから、曇りで良かったね。

なんて勝手な快釣でしょうか(笑)


里川用にステラC2000HGSが超欲しくなってきましたが、18ステラは再来年だしね。

どうにかへそくりかき集められないだろうか?

里川 7

今朝は予定通り久万高原町の里川に向け出発

やはり減水傾向ですが、山が深いお陰で何とか川は流れを保っています。

午前5時数分前に予定の駐車場に到着。

昨夜から釣り下がるか、釣り上がるか悩んでましたが、私の実力では渡ることが困難と判断し2回のアタックでポイントを攻めることにする。

第一ポイント
スナップにミノーをセットしアマゴが潜んでいそうなポイントを攻めるがノーバイト、貸切なので好きなように釣り下がると瀬〜ポイントでヒット

中々のパワーでルーパス61が曲がる。
PICT0327
ポイントの選択大正解。
PICT0331
30僉△笋辰燭室椶遼槊アマゴ
自作ビニール袋で活かしておいて次のキャストに移る。リトリーブコースを少し変えアクションを入れると

ドスン

ドンと言う表現じゃなくてミノーが止まった。

一瞬、底に引っかかったのかな?合わせを入れるのが正直怖かった。

?なんだと思ったらロッドチップが入ると同時にドラグがジャー

伊予鱒ヒットでも中々味わうことのできないパワー

これはデカい、獲りたい…

しかし、無情のフックアウト

完敗 まだまだ修行が足りません。

一度道路に上がり次なるポイントへ降りる道を探っていると発見
PICT0335
少雨でも豊かな水を育む山からの恵み

簡単に川に降りられないので道路を横切り河原に降りる。

第二ポイント
ここでもミノーをキャストし釣り下がるが反応がない、やはり少雨だからだろうか超低活性

初めてのポイントだからどんどん歩くと見た瞬間良さそう

ビンゴでした。
PICT0338
25兌命燭犬稘舛錣蠅砲いがダイナマイトボディ
PICT0344

活かしておいてどんどん釣り下がり道路から見えていた大物ポイント到着

出たらデカいぞ!

しかし、無反応?

やはり渇水の影響なのだろうか?

ひょっとしてこんな時はあのテクニックか

ルーパス61でやれるテク限界をやってみると

何と言うことでしょうか(ビフォーアフターで聞く言葉かも)明らかに良型2匹が猛追

おっ、やったか…

ヒットまでは至らず。

チャンスは1回のみ

最後にこれまでアマゴが100%ヒットするポイントへ
PICT0350
スプーンには超高活性で他魚が10数匹ヒット

しかし、アマゴは初のノーキャッチでした。

午前10時半頃無事に帰宅


北海道天塩在住のトラウト先生が久万高原町は日本一アマゴの魚影が濃いと言っていた通り凄いポテンシャルを秘めたポイントでした。

さて、これから雨マークが続き鱒。

伊予鱒&里川アマゴ、超楽しみ

サツキマス写真

本日も仕事ですが、早朝起床で今季初チヌッパー行こうかなって一瞬思いましたが潮時見てないので断念しPC電源ON

先日キャッチした伊予鱒で久々に物持ち撮影してみましたが、やっぱり無理でした。

誰か釣行してたら電話して来てもらえたのに超残念。

数枚チャレンジした一枚(写真は加工しています)
BlogPaint
写真左胸に先日のヤマガブランクス本社訪問時に頂いたワッペンを前夜縫い付けましたが少し下すぎたか?

思い出の写真が一枚撮れたので良しとしましょう。


錦川遠征の伊予鱒相談役の翌朝はベストポイントに朝イチ入れるも本流アマゴのみ、このポイントは前日に全員で10匹のサツキマスがキャッチされたそうです。やっぱり遡上数が半端ない。

IMG_3938
前日キャッチした錦川のサツキマスですが、綺麗で発達した尾鰭が印象的な魚ですね。

ごくまれに松山周辺の河口や沿岸でサツキマスが5〜6月にキャッチされていますがひょっとして錦川や太田川の魚じゃないのかな?重信川上流や石手川上流にアマゴが放流されているので海に下る魚がいても不思議じゃないのですが…。


私の予定は来週の火曜日に前々から狙いを定めている里川ポイント調査、ターゲットはルアーで釣れる魚全て(笑)

やはり基本は釣り上がり?、伊予鱒釣りでは釣り下がっているのですが?

まだまだ勉強不足

伊予鱒動画 5-19

何時も見ていただき有難うござい鱒。日焼けで顔が少しヒリヒリしてます。

夕方、次女が早めの帰宅で前日見つけたライフのロービームが切れていたのでバルブ交換しようとしたらバルブストッパーピンが外るアクシデント発生、いろいろやるも無理と判断しお世話になっているモータースへ緊急搬送、Tさん宜しくお願い致します。(汗)


釣友から後10年は伊予鱒ゲーム頑張って下さいってコメント頂きました。
体が言うことを聞いてくれるまでは楽しむ予定です。

漁協に話し合いの場ができてアマゴの成魚放流(伊予鱒になる個体)できないかな?大昔、県が試験放流したとかしないとか?釣り人として今後も楽しみたいですし。

宝くじが当たれば川近くに伊予鱒軍団用の拠点を建てる計画あり。(大笑)

古いコンデジでは映像が荒くイマイチですが、鶯のさえずりと川のせせらぎは綺麗に録音されています。

映像が残念。

遠征に行っている伊予鱒相談役の昨日の釣果は2ヒット1キャッチ(42僉
FullSizeRender (1)
昨日は初河川なのでポイントの偵察&絞り込みだったでしょうから今朝が勝負でしょうね。20日午前6:00にはまだ写メ届いていません。

他の写真見る限りでは素晴らしい河川で漁協もサツキマスに対して凄く理解があるそうです。
最近、ルアーメーカーが多く取材やテストされてますからポテンシャルがもの凄く高いのがわかりますね。


昨日の朝到着し釣りしてるルアーマンを見つけ鑑札売っている場所を聞こうとしたら偶然にもヒットし41僂鬟ャッチ。先日の雨で薄いささ濁りでベストの条件ですよ、いいタイミングでこられましたねとポイントの情報も快く話されたとか、サツキマスを愛する釣り人同志はこうあって欲しいですね。

愛媛県にも肱川と言う素晴らしい河川がありますが、伊予鱒を狙うには漁協の理解と協力が必要不可欠です。
漁協と釣り人が話し合える場が欲しいですね。

勿論、河川の清掃活動やターゲットの放流など釣り人として最低の協力は必用ですが

2016 伊予鱒 15

昨日から伊予鱒ゲームでトラブルがあってイマイチ気乗りがしなかった。

大人の遊びなのだから仲良く楽しくじゃいけないのか?

誰でも釣りたいのは当然だが…

昨年は超早起きで最高のポイントと言われる所に一番乗りして釣りしてたら地元のルアーマンが横に来て何にも言わずミノーをキャスト?

なんじゃ 。大人の対応でトラブルない様に処理し事なきを得た。

この川はそんなにローカルが強いのかって(サーフィンでは散々やられましたから)
この方だけ変人でした。良かった。


さて、今朝も頑張って超早起きして第一ポイントへ
全く反応なし(10数年ここに通っているがチェイスもないなんて?)どうしてだろう?

第二ポイント
異常なし(先日はヒットさせるも中途半端なフッキングでバラシ)期待したのに

第三ポイント
一気に水量が落ちたね。異常なしでした。

車を置いて歩く作戦(職場のターちゃんが私を発見してたそうです。悪いことはできませんね)

伊予鱒ゲームやってて足腰が強くなった。河原を何キロも歩くから

来年で還暦とは自分でもビックリ

さて、第四ポイント到着
瀬尻〜慎重にミノーをリトリーブしていくが無反応、雰囲気はいいんだけどな?

1m刻みでミノーをターンさせながら釣り下がって行くとお日様に照らされて伊予鱒がギラってミノーをチェイスしたと思ったらドン
水量が減ったからロッドはルーパス61をチョイス、綺麗な曲がりを見ながらファイト
長さはないがパワーある魚体でネットインまで楽しめた。
PICT0324
勝利
PICT0305

PICT0301
凄く便利な伊予鱒入れ、二匹目を狙うもノーバイト
厚み体高、申し分ない魚体、サイズは37

釣友達に写メ送りながらルンルン気分で河原を車まで戻っていると釣友から祝電(笑)いくらでも歩けますね。

車でポイント移動
先日の雨で遡上していた伊予鱒は必ずもうワンランク上を目指すと判断しポイントを選択

必ず伊予鱒はこのポイントへ遡上しているハズ、慎重にアプローチしチョイスしたミノーをキャストした数キャスト目にミノーを追従する白銀ボディが見えた。

やった、二匹目頂きって思った瞬間伊予鱒Uターン

なんでやねん。

甘くはなかった。

二日続きの快挙

喜びもあっという間に悲しみになった河川。

田植えのために大幅に水量が減った河川

しかし、松山在住で仕事前に伊予鱒が遡上する河川に釣行したメンバーがやってくれた。
CA3J0305
今季初伊予鱒
やっぱり頑張ったご褒美だね。

おめでとうござい鱒。


そして、もう一人の釣友も別河川でサツキマスをキャッチされた
160518_074612


お二人さんよく頑張りました。


明日からサツキマス遠征で好調な山口県錦川に一泊二日でアタックする伊予鱒相談役、本当に凄いと言うよりやっぱり貴方は釣り〇〇だね。

吉報メール舞って鱒。


さて、私にも釣りの神様が微笑んでくれるのでしょうか?

快挙達成

私が伊予鱒を狙う河川には昨日降った雨は恵みの雨量

今朝は松山在住の伊予鱒軍団のメンバーは仕事で行けないが高松市在住の伊予鱒相談役がポイントへ入った。

状況はまあまあってな感じだそうでもう少し降っても良いって話してましたが

雨が降ると地元ルアーマンも仕事前釣行でポイントは賑わっていたそうです。

釣人なら誰もが魚を釣りたいと思う気持ちはみな同じですからね。

限られたポイントは入った人の物

老若男女大人も子供もポイントには先に入った人が最優先。

大昔、大型ハマチが釣れてた時に私が1番乗りした時刻は12月の午前2時30分頃にポイントに立っていた。

どうだ、俺より先に入れないだろうって気合で入りましたね。

笑…、現地で待つって事が超大事なんですよね。

結局、午前中は尺サイズの本流アマゴをヒットさせたり伊予鱒と思われる魚のチェイスのみで終了。

お昼は私と電話で色々話して午後の計画を立てる。


一休み後、入ったポイント。

数キャストしたミノーに突然バイト

BlogPaint
ヒットタイム午後1時30分
意地と根性でキャッチした伊予鱒41

自分が釣った以上に嬉しい伊予鱒

元気頂きました。

次回の釣行では私も結果を出せるようにやります。


祝 伊予鱒相談役
Profile
訪問者数

キリンビールブログ発ブログパーツ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ