北の糞ミサイルネタがかまびすしい。
 支那人や朝鮮人はミサイルで火の海だと脅せば
 日本人が屈服するとでも思っているのだろうが甘い。
 いざとなった時の日本人の腰の据わり方は尋常ではない。
 それはもう死すら超越してしまう。
 

  ここに至ればジタバタしても致し方なし。


 この一言で日本人の腹はピタリと据わる。
 腹が据わるまでは付和雷同するし、むやみに騒ぎ立てるが
 一度でも据わってしまえば死を超越する。


 腹が据わった後に出てくる日本人の顔は
 また今とは異なる顔である。
 まるでジキルとハイドのように。


 ミサイル着弾時の回避訓練があっているようだけれども、
 対象者はもう婦女子に限定すればよし。
 40歳以上の殿方はシェルターなどに逃げる必要もなし。
 もちろん、このわしも逃げるつもりもない。

 nmd


 ともかく本邦に仇をなす敵国はすべからく伐つべし。