2009年07月15日

堀江シェフの秘伝アニョロッティ・ダル・プリン勉強会 7月14、15日

CIMG0677元西麻布のラ・グラディスカの堀江シェフと言えば、ピエモンテのレストランを一つ星にした男。

現在は奈良の大仏のまん前の武家屋敷で、i-lungaというイタリアンをオープン。


そんなシェフの代表的な人気料理の一つ、アニョロッティ・ダル・プリンを習う講習を開催しました。
今回は協会会員のイタリア料理教室主宰者限定でご案内させていただきました。


「これ教えるのたぶん最後。」という貴重な機会。

CIMG0725
アニョロッティ・ダル・プリンはピエモンテの代表的な郷土料理のラビオリの一種。




本当は3日かかるんだけど・・と堀江シェフ。

今回はなんとか2日で教えてくださるという。
参加者全員の疑問、それにしても何でまた2日もかかるのだろう。

そのわけは習ってみて、初めて良くわかった。

シェフの肉料理に対するこだわり、思いはただものではなかった。
数々のテクニックを披露してくださった。

CIMG0669ローストの待ち時間の間には、「料理の質問、なんでもいいよ。」
と次々魔法のかばんから、肉やソースやいろいろ出てくる。
どんどん料理を披露してくださり、みんなで楽しくワイワイ味見です。

CIMG0668

熱心にメモをとる参加メンバー。


今日はここまで。

次の日、やっとパスタ作りに入ります。
薄く延ばす技、粉の弾力の変化のコツを惜しげもなく、伝授くださった。

CIMG0739出来上がったリピエーノ(中身の肉)の美味しさに感動です。
やはり美味しいアニョロッティ・ダル・プリンはリピエーノがこんなに美味しいのか・・・・

試食は実に感慨深いものがありました。


本当に気軽にどんな質問にも答えてくださり、学ぶことが多かった!!

すっかりシェフとも仲良くなっちゃって、翌日のシェフの奈良への引越しをお手伝いにいったメンバーもいました。

またこのような勉強会を開催したいと思います。






ascig at 03:35コメント(0)トラックバック(0)勉強会  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ