セミナー

2022年05月13日

日本イタリア料理教室協会xLagostina
Touch&Try
イベント
今回はトスカーナ州です。

IMG_2548


 今回はパンツァネッラとアリスタを作りました。

Panzanellaパンツァネッラ

IMG_1918


Aristaアリスタ

 

IMG_1927
IMG_1935
オーブンに入っている間に
Tonno e fagioliを作って待ちます。
FullSizeRender

前の日に焼いたCantuccini

IMG_1921

トスカーナ州は内陸のフィレンツェを州都として発展した背景から

肉料理が中心です。


美しいオルチャ渓谷へワインの里を訪ねる楽しみもあります。

IMG_1962



海に面したリヴォルノでは海の幸のズッパであるカッチュッコが

IMG_1960

あるものの内陸のフィレンツェではほとんど肉料理です。

 

IMG_1943

フィノッキの種(フェンネルシード)と粒こしょうが練り込まれた

豚の脂肪がたっぷりのサルーミ、Finocchionaフィノッキオーナを中心に生ハムなどのサルーミが盛り合されたトスカーナ風アンティパストから始まり

 

IMG_1944

歯ごたえのある手打ちパスタのピーチや幅広パスタのパッパルデッレにはウサギや猪のラグーがよく合います。

 

IMG_1945

IMG_1946

セコンドピアットには白く大きいキアーナ牛のTボーンステーキは

5cm以下の厚さには切らないというのが本格的な店であり、

IMG_1961


香ばしく炭火で焼き上げた肉は切り分けると

Al sangue アル・サングエ「血の滴るような」という焼き具合が理想的です。

 

IMG_1947

同じく炭火焼の牛フィレ肉をアル・サングエに焼き上げて切り分けルッコラの上に盛り付けた、タリアータTagliataがあります。

タリアータは直訳して「切った」という意味です。

 

IMG_1949

Aristaアリスタと呼ばれる子豚の丸焼きはお腹に塗り込んだスパイスがしみこんでなんとも味わい深いで

薄切りにしたものを屋台やお肉屋さんで調達しバニーニにしてたべたり家庭の食卓に並ぶこともあります。

これを家庭用にしたローズマリーを巻き付けた豚かたまり肉もお肉屋さんにAristaといって

売られています。

 

IMG_1950

また内臓料理も発達しており、鶏レバーペーストのクロスティーニ、

IMG_1951


牛の胃袋のトリッパはトマト煮込みのトリッパ・アッラ・フィオレンティーナ、

真っ白なトリッパをサラダにしたインサラータ・ディ・トリッパ、

IMG_1952


ギアラrampredottoの煮込んだパニーニやグリンソースをかけたセコンドピアットなど

IMG_1955


味わい深い料理が多くあります。

 

トスカーナのパンには塩が入っていないことも特徴の一つですが

そのパンを生かした料理が多くあります。


 リボリータ

IMG_1958


パッパ・コル・ポモドーロ

IMG_1959



ドルチェにはパーパ(ローマ法王)の帽子を模したと説もある

ズコット、

IMG_1963

シューを積み上げたボンゴ、

IMG_1964


カルネヴァーレの時期のスキアッチャータ・フィオレンティーナがあります。

IMG_1965


カントゥッチーニ・アル・プラートはアーモンド入り固いビスコッティーニは

IMG_1920


地元の人たちで賑わう昔ながらのオステリアやトラットリアでは

ヴィンサントと共に供され長々とおしゃべりに興じます。

 

トスカーナ州ワインはイタリアでも12の人気を誇ります。

Chiantiを始めBrunello di Montalcino、また世界の市場やDOCGなどの

ワイン法にも翻弄された歴史もさまざまなワインや流行を生み出しました。

下記は前回のトスカーナ州の回から
Tonno e fagioli
ツナと白インゲンの前菜

Fagioli all'uccelletto
白インゲンの小鳥風

Crostini di fegato
鶏レバーのクロスティーニ

Pici all'aglione
ピーチ アリオーネ

みんなで頑張って手打ち

Arista
アリスタ


マエストリアのフライパンは取手が取れるのでそのままオーブンへ。


Trippa alla fiorentina
トリッパ・アッラ・フィオレンティーナ

トリッパは下ごしらえが大変!
今回も誰も苦手な人がいなかった。
頼もしいメンバー。

Cantuccini
カントゥッチーニ
(Biscotti al Prato)




最後のVin Santoは
カントゥッチーニをジャブンと
するにはもったいない…

Vernaccia di San Gimignano
Chianti
Montecucco
Vino nobile di Montepulciano
Burnello di Montalcino
Vin Santo del Chianti classico


ではインフォメーションです。この講座は11時から30分で料理実演します。
実演をご覧いただきながら、それぞれのご自宅等で同時に作り、その後30分休憩時間を設けます。
料理は自由参加でデモンストレーションをご覧になるだけでも結構です。

テーブルセッティングを整え、ワインの講義を待ちます。
12時から再びオンラインでイタリアワイン講座です。



新製品のお知らせです。
新しいパスタ&スチームポットが発売されます。
パスタを茹でながら同時に蒸し料理もできちゃうそうです。
IMG_0607
パスタ&スチームポット
https://www.lagostina.jp/information/#1557
IMG_0608
オンライン販売サイトもあります。


次回は6月12日ウンブリア州です。
日時:2022年6月12日(日)11:00〜13:00
 
場所:オンラインレッスン
 
参加費:17600円
お申込みはinfo@ascig.com
日本イタリア料理教室協会まで。



ascig at 15:31コメント(0) 

2022年04月17日

日本イタリア料理教室協会×Lagostina

Touch&Tryイベント

今回はエミリア・ロマーニャ州です。パスクア当日2022年4月17日(日)の開催です。

IMG_2548 食


食の宝庫エミリア・ロマーニャ州には押さえるべき食材や伝統料理が目白押しです。

地理を感じながらエミリア・ロマーニャ州を存分に味わいましょう。


IMG_3625
IMG_3626
プロシュット・ディ・パルマ
IMG_3628
IMG_3629

パルミジャーノ・レッジャーノ


IMG_3624
バルサミコ・ディ・モデナ

IMG_3627
クラテッロ・ディ・ジベッロ

IMG_3630

モルタデッラ

IMG_3631

コテキーノ

IMG_3632

ザンポーネ

ボローニャを境に西のエミリア地方と東のロマーニャ地方に分けて捉えてみましょう。
 


IMG_3597


ボローニャからアドリア海沿いに北から

フェッラーラ

ラヴェンナ

フォルリ

リミニ





FullSizeRender
ガルガネッリ ラグー・ロマニョーラ

IMG_3598

IMG_3599
パッサテッリ・イン・ブロード 
パッサテッリの器具

IMG_3601
ピアディーナ・ロマニョーラ


IMG_3600
ピアディーナoピアーダ


ガルガネッリやパッサテッリ、ピアディーナはボローニャからロマーニャ地方にかけてのものです。


フェッラーラの名物
IMG_3609
コッピア・アッラ・フェッラレーゼ

IMG_3611
FullSizeRender
IMG_3612
カペラッチ・ディ・ズッカ・フェッラレーゼ

IMG_3597





一方、エミリア地方は縦割りにして、ボローニャから西へ


ピアチェンツァ←パルマ←レッジョ・エミリア←モデナ←ボローニャ

都市ごとにラビオリの名前と形が変わります。

IMG_3602
トルテッリーニ

IMG_3606
トルテッリーニ・イン・ブロード

IMG_3618
トルテッリ・ピアチェンティーニ・コン・ラ・コーダ

特にエミリア・ロマーニャ州は州の料理はあるものの、
ロンバルディア州同様、都市ごとの料理があります。
 
IMG_3620
ワゴンでサービスされる
IMG_3621
ボッリート


IMG_3596
アッフェッターティ・ミスティ

IMG_3583
ティジェッレとペースト・モデネーゼ

IMG_3636IMG_3633
ティジェッレ器

前回2020年11月は
エミリア地方からはティジェッレ。
ペースト・モデネーゼ(クンツァ)を添えて
ロマーニャ地方からはガルガネッリ・ラグー・アッラ・ロマニョーラを
作りました。

今回2022年4月は
エミリア地方からはピアチェンツァのピサレイ・エ・ファソ。
ロマーニャ地方からはフォルリのパスクアのドルチェのパニョッタを
作りました。
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_1871
IMG_1862
ピサレイ・エ・ファソ

IMG_1872
プロシュット・ディ・パルマ

パルミジャーノ・レジャーノ
IMG_1859

ランブルスコ・ソルバーラ
アルバーナ・ディ・ロマーニャ

IMG_1875

ロンバルディア州パヴィア発祥のコロンバは今や全国的にパスクアには欠かせないドルチェです。
IMG_1879

ワインは微発泡のLambruscoを始め、
ほの甘い蜜の後味のRomagna DOCのAlbana、Sangioveseではその品種の起源にせまり、最後は注目のGutturnio、しっかりとした骨格のの見応えのある赤でしめました。
エミリア・ロマーニャ州は紹介すべき名物、伝統料理が州全体広域にわたり、とても多いのが特徴的です。

全てを一度に紹介しきれません。
それぞれの都市ごとに一回ずつ開催したいほどでした。またの機会に。
 
ではインフォメーションです。この講座は11時から30分で料理実演します。
実演をご覧いただきながら、それぞれのご自宅等で同時に作り、その後30分休憩時間を設けます。
料理は自由参加でデモンストレーションをご覧になるだけでも結構です。

テーブルセッティングを整え、ワインの講義を待ちます。
12時から再びオンラインでイタリアワイン講座です。

新製品のお知らせです。
新しいパスタ&スチームポットが発売されます。
パスタを茹でながら同時に蒸し料理もできちゃうそうです。
IMG_0607
パスタ&スチームポット


IMG_0608
オンライン販売サイトもありますよ。


次回は5月9日トスカーナ州です。
日時:2022年5月9日(日)11:00〜13:00
 
場所:オンラインレッスン
 
参加費:17600円

お申込みはinfo@ascig.com
日本イタリア料理教室協会まで。


ascig at 18:18コメント(0) 

2022年03月13日

日本イタリア料理教室協会×Lagostina
Touch&Tryイベント

オンライン講座になって2度目のリグーリア州です。


IMG_2548 食

リグーリア州は近年では世界遺産チンクエテッレで有名になり観光客がどっと押し寄せる観光地となりました。


IMG_0580
この断崖絶壁の急斜面が続く東西に長く
弓状の地形のリグーリア州は
ジェノバを中心にして、右(東側)をレバンテ
左(西側)をポネンテといい、チンクエテッレのあるのは
右側です。
IMG_0605
IMG_0606

この断崖絶壁で作られる希少なワインが日本にもちゃんと入って来ているから凄いです。
レバンテではヴェルメンティーノやピガートなど単一でも作られますが、ボスコ、アルバローラとの混醸で白の辛口のチンクエテッレや、甘口ワインとして有名なチンクエテッレ・シャケトラが作られます。
ポネンテでは単一品種で作る傾向が強く、赤ワインではドルチェアクアという地域のロッセーゼなどがあります。
料理では誰もが知るペスト・ジェノヴェーゼ。


IMG_0581
大理石のモルタイオ(乳鉢)で作ります。
ジェノバのバジリコは小さな葉がたくさんつくのが特徴です。
トレネッテ・アル・ペスト
trenette al pesto
ジャガイモとインゲンが入ります。
IMG_0583
もう一つは
トロフィエ・アル・ペスト
trofie al pesto
手の平でひねって作ります。
IMG_0584
ペスト・ジェノヴェーゼと同じくらい
現地で愛されているのが
松の実のソース、またはクルミのソース。
IMG_0586
こちらもモルタイオで作り、
IMG_0588
木型で抜くコルツェッティ・スタンパーティに
和える典型的なソースです。
IMG_0587
コルツェッティには
ポルチェヴァラスカというものもあって
このような8の字のような小さなパスタです。
ミネストラにしたりします。
FullSizeRender
ボッラジーネなどの青菜の入るラビオリの
パンソッティも外せない名物パスタで
クルミや松の実のソースであえます。
Pansotti alla salsa di noci
IMG_0591
https://www.lagostina.jp/recipe/detail/16/
こちらはレシピをラゴスティーナ公式HPでも紹介しています。
またリグーリア州とトスカーナ州の重なり合う地の
Luniの名物テスタローリもあります。
これにはペスト・ジェノヴェーゼを合わせます。
IMG_0576
それぞれのパスタに合わせるソースが決まっているのです。 
街のピッツェリアで頬張るファリナータは
ひよこ豆の粉で作ります。
IMG_0592
同じくひよこ豆のスナックと言えば、
パニッサです。
ポレンタのようなタイプとフリットがあります。
IMG_0593
こちらは日本にも浅草にお店が
ありますね。
IMG_0594
そしてフォカッチャ。
IMG_0595
もう一つはIGPにもなった
フォカッチャ・ディ・レッコ
中からとろけ出すクレシェンツァ。
IMG_0597
薄い生地にクレシェンツァをたくさん散らして
もう一枚生地を被せて焼きます。
IMG_0596
結婚式など特別な日に作られてきたと言われる
Cappon magro
カッポンマーグロ
豪快な海の幸の盛り合わせです。
これでもかというくらいふんだんに
海の幸を積み上げます。
グリーンのソースが特徴的な美味しさ。
IMG_0599
イカとグリンピースの
ブリッダ・ディ・セッピエ
buridda di seppie
IMG_0601
ドルチェではエスプレッソ風味のバタークリームが
幾層にも重なったサクリパンティーナ。
IMG_0602
ナターレ(クリスマス時期)のパン・ドルチェ。
IMG_0603
花形にくり抜いたクッキーの
カネストレッリ。
IMG_0604
数え上げればキリがないほど名物目白押しのリグーリア州は他にもたくさんの魅力的な食材があります。


今回のワインは珍しいものばかりだったので少し解説をしておきます。

IMG_1705

1番のオルメアスコはSiac-Traというロゼでなかなか珍しく入手困難なものです。チンクエテッレの甘口ワインのSiacchetraシャケットラとは別のものですからご注意を。

2番目のCrovinoという品種は絶滅危惧品種とこれまた珍しい地場品種です。

3番目のロッセーゼはリグーリアならではの品種で色合いは少し淡く、トマトを使った魚介にあいます。実際ジェノヴァのレストランで初めてDolceacquaのロッセーゼを飲んだ時、イカのブリッダに合わせてくれました。

4番目のピガートと5番目のヴェルメンティーノは今回は特別に熟成したものをご提供いただきました。

赤のロッセーゼと白のピガートとヴェルメンティーノはリグーリア州を代表するブドウ品種ですからぜひ覚えていただきたい品種です。本来のピガートとヴェルメンティーノは同じクローンと言われており、しかしながら、現地では明確にこの2品種を区別しており、実際特徴が変わります。このようなものをバイオタイプと呼ぶのですが、共通して言えるのはとても軽やかでフレッシュ、海のミネラルを帯びた口当たりの良い白の辛口スティルワインです。今回は特別造りの良いものだったため、2011年ヴィンテージという長期熟成に耐えたのであって、本来は早飲みワインです。

手に入りやすいので、この夏、この2品種の現行ヴィンテージを味わってみてはいかがでしょうか。

今回はコルツェッティ-スタンパーティをsalsa di pinoli 松の実のソースです。
FullSizeRender
モルタイオを使って作ります。

FullSizeRender
今日の材料です。

IMG_1696

コルツェッティ-スタンパーティの木型

IMG_1694

イカのブリッダ
IMG_1700

テスタローリは実演はしませんでしたが、それぞれの料理とワインの相性を確かめるために用意しました。
IMG_1698

いざ試飲です
IMG_1703






以下は前回のメニューです。

IMG_0574
今回実演したのは魚のパッサータ。いくつかの魚を煮込んで濾した味わい豊かなスープです。

IMG_0575
ペスト・ジェノヴェーゼはテスタローリで。
IMG_0576

IMG_0577
ファリナータも追加。

カッポンマーグロは食卓サイズのプレゼンテーションを試みました。

FullSizeRender

ではここからはこの講座のインフォメーション


この講座は11時から30分で実演します。
1週間前に上記のような伝統料理の写真付き資料と伝統料理のレシピ一式をお送りします。

前日までにワインも小瓶に分けてお届けします。
予めメールでご連絡したコツを踏まえて下準備して講座に臨んでいただき、
実演をご覧いただきながら、それぞれのご自宅等で同時に作り、その後30分休憩時間を設けます。
料理は自由参加でデモンストレーションをご覧になるだけでも結構です。

テーブルセッティングを整え、ワインの講義を待ちます。
12時から再びオンラインでイタリアワイン講座です。

ラゴスティーナの鍋を使っての実演です。

新製品のお知らせです。
新しいパスタ&スチームポットが発売されます。
パスタを茹でながら同時に蒸し料理もできちゃうそうです。
IMG_0607
パスタ&スチームポット


IMG_0608
オンライン販売サイトもありますよ。

次回はエミリア・ロマーニャ州です。
日時:2021年4月17日(日)11:00〜13:00
 
オンラインレッスン
 
参加費:17600円(ワインテキスト資料込み)
お申込みはinfo@ascig.com
日本イタリア料理教室協会まで。



ascig at 20:08コメント(0) 

2022年02月15日

20州のイタリア料理とワインの講座
〜フリウリ・ヴェネチア・ジューリア州2/13日〜

IMG_2548

日本イタリア料理教室協会×Lagostina
Touch&Tryイベントを開催しました。

フリウリ・ヴェネチア・ジューリア州は
東側を隣国スロヴェニアとの国境に接する州です。
IMG_1593
Piazza Unita d'Italia 

IMG_1594
castello miramare

IMG_1595
トリエステの丘から

 フリウリ・ヴェネチア・ジューリア州はヴェネト州と北のドイツ語文化圏の影響を受けた料理です。
今回はヴェネト州と海沿いの料理で
Sarde in savorin saor)イワシのサオールを作ります。
IMG_1585

海沿いの街トリエステは隣国スロベニアに海沿いに入り込んでいて
フリウリ・ヴェネチア・ジューリア州の形をたぬきに例えると
たぬきのしっぽに位置するところです。
IMG_1596
独特な異国情緒たっぷりの街で洗練された素敵なところです。
作家須賀敦子さんの著作にトリエステの坂道があります。


読まれた方もいらっしゃるかもしれません。
この著者が愛する詩人のウンベルト・サーバの住んだトリエステの街を訪ねてのエッセーです。 
IMG_1600
海から坂道を登った先には城塞があり、街が一望できます。
途中詩人ウンベルト・サーバの生家があったり。
 
こんな素敵な街トリエステですが、街中には結構地元っぽい店もあります。
豚の各部位を細かく豚の形のお皿とともに出してくれる豚のボッリートの有名な店があり、旅人の誰もがここは訪れるようです。
Buffet da Pepi
FullSizeRender
それとは別に名物料理はたくさんあり、
ヨータという具沢山の滋味豊かなスープ。  

今回はヨータを作ります。

IMG_1584
また海沿いの街ならでは華やかな魚介類の料理が食べられますがあります。

魚のブロデット
IMG_1603

グラーシュは異国文化のなごり
IMG_1601
トリエステから北に進みゴリツィア近郊のワインの名醸地を通り
IMG_1604
さらに内陸に行くとウーディネという大きな街があります。
IMG_1605
その近くチビダーレ・デル・フリウリという小さな可愛い城壁街があります。
ここも人気の街で観光客が多く訪れます。
IMG_1606
有名なドルチェはほとんどこの町のものです。

ストゥルッキ・フリッティ
IMG_1607

ストゥルッキ・レッシ
IMG_1608
今回はこれを作ります。
これにはブドウ果汁を濃縮したサーバまたはモスト・コットというシロップをかけます。

リピエーノ(詰め物)には干しブドウ、ナッツ、パン粉、スパイスなどが練り込まれます。
これをパン生地に巻き込んだものを
グバーナ
IMG_1609
これをパイ生地で巻けば
プレスニッツ
IMG_1610
フリウリ・ヴェネチア・ジューリア州の有名なラビオリにチャルソンズがあります。
このリピエーノに青菜が入れば
チャルソンズです。
美しい縁飾りが伝統的。
IMG_1611
これにはリコッタ・サラータの燻製のすりおろしをかけます。
IMG_1612


チャルソンズもこのストゥルッキ・レッシも生地はパスタと違い、
練らないもっちりした独特のものです。これもこの地方の特徴です。

じゃがいもの生地に包まれたプルーンのニョッキ。生のプルーンにお砂糖を詰めて包むものや、ドライプルーンを包むものがあり、
通常プラモピアットとして食べますが、甘くしてドルチェにもなります。
IMG_1614
IMG_1613
そしてどこの店にもあるのドルチェがリンゴのストゥルーデル。
IMG_1615

さらにイタリア2大生ハムの一つサン・ダニエーレの街を抱えます。
IMG_1617
モンタージオを使った料理も有名です。
IMG_1618

じゃがいもとモンタジオを厚みのあるふんわりとしたパンケーキ状に焼き上げた
Frico morbido
IMG_1619
これはポレンタを付け合わせたりして
メイン料理にもなります。

もう一つはFrico croccante
IMG_1622
フライパンで焼いてパリパリにしたもの。
市販のものはこんな感じ
IMG_1620
袋入りで販売されています。
IMG_1621

ワインでは近年2〜30年前からは
高品質な白ワインの産地として名を馳せていますが、
実際大昔はメルローなど赤ワインの産地でした。

ごく最近ではGravnerを始め、
アンフォラを使った自然派ワインで注目を集めています。
オレンジワインなどと言う言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

代表的な品種として押さえておきたいのは
白ブドウでは
フリウラーノ
リボッラジャッラ
ピノグリージョ

黒ブドウでは
レフォスコ
スキオペッティーノ
デザートワインでは
ピコリット
ヴェルドゥッツォ

主なDOCは
Colli orientale del friuli
Collio
Friuli Grave
Isonzo

DOCGのデザートワイン
Colli orientale del friuli Picolit
Ramandolo

 今回もラゴスティーナの鍋を使って楽しくお料理です。
新製品のパスタ&スチームポットと圧力鍋を使います。
IMG_1623

パスタを茹でながら同時に蒸し料理もできちゃうそうです。
IMG_0607
パスタ&スチームポット
https://www.lagostina.jp/information/#1557
IMG_0608
オンライン販売サイトがあります。
https://www.t-fal-onlineshop.jp/tfal/shop/goods/index.html?ggcd=8900531536
 
以下は参考までに前回の講座の模様です。

Sarde in Svor
イワシのワインビネガーマリネ

Jota
豚の塩漬けとうずら豆のスープ

Gulasch
牛肉の煮込みパプリカ風味
Presnitz
プレスニッツ 
ドライフルーツやナッツのパイ包み


IMG_0119
はVeneto州をテーマに、

次回はリグーリア州です。
日時:2021年3月13日(日)11:00〜13:00
 
オンラインレッスン
 
参加費:17600円(ワインテキスト資料込み)
お申込みはinfo@ascig.com
日本イタリア料理教室協会まで。



ascig at 01:25コメント(0) 

2022年01月10日

20州のイタリア料理とワインの講座
〜ヴェネト州1/9日〜

IMG_2548

日本イタリア料理教室協会×Lagostina
Touch&Tryイベントを開催しました。

ヴェネト州は世界的な観光地ヴェネチアを抱える州。
IMG_1462
 

ヴェネチアには独自に発展したヴェネチア料理があります。
アメリカ人オーナーに出資してもらったのが始まりのハリーズバーで生まれたカルパッチョ・ディ・マンツォ。

IMG_1463
プロセッコと桃のジュースのカクテル
ベリーニの発祥の地としても有名です。

IMG_1470
イタリアでカルパッチョは生肉の料理。

ヴェネチア風子牛のレバー炒めにはポレンタが添えられます。

IMG_1464

イカ墨料理も豊富。
イカ墨リゾットやイカのイカ墨煮込み白ポレンタ添え。
IMG_1465
IMG_1467
夏のオペラやロミオとジュリエットで有名なヴェローナ。
IMG_1483
IMG_1484

トゥルッキオで絞り出したビーゴリというパスタに鴨肉のラグーを合わせます。
FullSizeRender

ペアラという牛の骨髄のソースを添えるのが特徴のボッリート。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender


馬肉を繊維に分かれるまでクタクタに煮込みポレンタを添えたパスティッサーダ。
FullSizeRender


ナターレ(クリスマス)時期にはパンドーロ。
IMG_1493
グラッパや白アスパラガスで有名なバッサーノ・デル・グラッパ。
IMG_1482
IMG_1481
IMG_1480
内陸トレヴィーゾでは特徴的な野菜は他にもラディッキオ・タルディーヴォやカステルフランコなど。
IMG_1473IMG_1477
ラディッキオはマリネやリゾットにします。
リゾットにはアジアーゴをブロックで混ぜ込みます。
IMG_1478

バッカラ(干し鱈)のトレヴィーゾ風やヴィチェンツァ風。
IMG_1472

ビーゴリ・イン・サルサといえばアンチョビと玉ねぎのソースのこと。
IMG_1496

今回はポー川沿いに平野の広がるヴェネト州ではリゾット料理が盛んなので、Risi e Bisiリージ・エ・ヴィージを作りました。
フレッシュなグリーンピースが手に入りました。
IMG_1429
IMG_1442

セコンドにはパスティッサーダ。

まず一晩ワインと香味野菜でマリネします。

FullSizeRender

肉を引き上げ水分を拭き取ります。

FullSizeRender
ラルドを周りにぬります。


FullSizeRender

そして牛もも肉をラゴスティーナの圧力鍋で60分煮込みます。

繊維がほろほろに煮崩れます。




FullSizeRender

ほぐした肉と濾したソースを煮込んで出来上がり。

IMG_1449
ポレンタとともに盛り付けます。

ドルチェは来月のカルネヴァーレの季節にちなんでヴェネチアのフリットレ。
たっぷりのグラッパを染み込ませた干しぶどうを使います。
FullSizeRender

この3品を作って30分休憩の後、
ワイン講座とお食事です。
FullSizeRender

Veneto州のワインを紹介しましょう。
ヴェネトには有名なワインがたくさんあります。
Soaveは世界的に有名な銘柄ですが、土壌や造り手により大きな差が出ます。

イタリア最大のガルダ湖畔の銘醸地で作られるワインには、
Valpolcella
Bardolino

葡萄を陰干しして作るデザートワインはヴェネトならではの表現Reciotoレチョートと呼ばれます。
Vapolicellaを陰干しして作る辛口の赤ワインは
Amarone della Valpolicellaといい、
デザートワインは
Recioto della Valpolicella。
SoaveのReciotoもあります。
今回もラゴスティーナの鍋を使って楽しくお料理です。
新製品のお知らせです。
新しいパスタ&スチームポットが発売されます。
パスタを茹でながら同時に蒸し料理もできちゃうそうです。
IMG_0607
パスタ&スチームポット
https://www.lagostina.jp/information/#1557
IMG_0608
オンライン販売サイトがあります。
https://www.t-fal-onlineshop.jp/tfal/shop/goods/index.html?ggcd=8900531536
 
以下は参考までに前回の講座の模様です。

今月はVeneto州をテーマに、
バッカラ・マンテカート、
イタリア産ラディッキオ・タルディーブォを使い、前菜にマリネ、グラーナ・パダーノを添えて。 

プリモピアットにもラディッキオ・タルディーブォ。
Veneto州のアジアーゴをブロックでたっぷり使ったリゾットです。
ヴェローナ風にペアラという肉のソースを添えたボッリートの後はティラミスで締めくくります。


IMG_9495


IMG_9505

次回はフリウリ・ヴェネチア・ジューリア州です。
日時:2021年2月13日(日)11:00〜13:00
 
オンラインレッスン
 
参加費:17600円(ワインテキスト資料込み)
お申込みはinfo@ascig.com
日本イタリア料理教室協会まで。



ascig at 11:24コメント(0) 

2021年12月12日

20州のイタリア料理とワインの講座
〜トレンティーノ・アルトアディジェ州12/12日〜

IMG_2548

日本イタリア料理教室協会×Lagostina
Touch&Tryイベントを開催しました。

トレンティーノ・アルトアディジェ州はドロミテ峡谷を望むドロミテ街道が世界遺産に指定されています。
IMG_1228
街道沿いの平地にはポレンタが愛される土地柄、延々続くトウモロコシ畑でその先の街道の左右を囲むように両斜面にはワイン畑が広がります。
IMG_1227
山の斜面には牛の群れが草を食んだり牧歌的な風景が続きます。
夏は抜けるような青空に山々が美しい本当に良いところです。
IMG_1226
南のトレンティーノ地方はヴェネト地方と共通する料理があり、
スプマンテのフェッラーリで有名なトレントがあります。
IMG_1229

赤ワインのテロルデゴがあります。
IMG_1230

北のアルト・アディジェ(スッド・チロル)はドイツ文化が色濃く、
ドイツ語とイタリア語を話します。料理名にも多数登場します。
トレンティーノ・アルト・アディジェ州はイタリアではありながら
自治権の認められている地区なのです。
ワイン名にあるAbbaziaは修道院という意味で、各地に修道院のワイナリーの建物があり観光スポットにもなっています。
IMG_1233
赤ワインのラグレインを始め様々なワインに出会えます。
 
生ハムは燻製にしたスペックにビール。
きゅうりのピクルスやバターが添えられます。

IMG_1224
鹿肉のサルーミもあり、フェンネルシードやクミンが練り混まれた
固いおせんべいのようなパン(シュッテルブロット)が添えられます。
 IMG_1225
きゅうりにパプリカをふりかけたサラダや、
IMG_1190
クミン風味の
キャベツのサラダ、またキャベツはクラウティ(ザワークラウト)にしたり、

赤キャベツはバターを効かせたストゥファート(蒸し煮)にして
肉料理に添えられます。
スペッツレという生地を熱湯におとしていくパスタ状のコントルノは
IMG_1234
小さな箱のついた大根おろしのような独特の器具を使って作ります。
 IMG_1189
パスタ料理は無くなり、ジャガイモや穀類、パン、ポレンタ、大麦のミネストローネなどスープ、などが主食になります。

IMG_1246

北部らしい料理のそば粉のタルトのズマカファムがあります。
IMG_1235
アルトアディジェでは何と言ってもカーネデルリ。
IMG_2534
大きな団子状のカーネデルリはシンプルなものからいろいろ練り混まれた
ものまであり、ブロードに入れるのが一般的ですが、その他焼いたり、
IMG_1245
プッツォーネ・ディ・モエナというフォルマッジョのソースに和えたり、
IMG_1244
甘いドルチェのカーネデルリまであります。
 
トレンティーノでは青菜の練り混まれたニョッキ・ヌーディのような
ストランゴラプレーティがセージバターソースで供されます。
 IMG_1240
メイン料理はアルト・アディジェと言えば鹿の煮込みのチロル風。 
IMG_1239
パプリカの効いたウィーンやハンガリー料理のグラッシュはフリウリと共有の肉料理。
IMG_1193
ジャガイモやポレンタ、スペッツレなどの付け合わせにジャムが添えられます。
魚は川魚のマスなどの料理があります。    IMG_1247
 
ドルチェの種類は豊富で、ドイツ文化を彷彿させるものが多いです。
アーモンドやドライフルーツで飾られたタルトのツェルテン。
リンゴのフリッテッレや
IMG_1242
パンケーキのマルタリアーティにジャムを添えたカイザーシュマーレン、
IMG_1243
アンズジャムの入った揚げドーナツのクラプフェン、
IMG_1236
フリウリと共有するドルチェのストゥルーデルは最も一般的。 
IMG_1238
フォレスタ・ネーラは黒い森と言う意味のドイツ菓子。
IMG_1241
スタウベンというチロル風のフリッテッレは渦巻き型のユニークな揚げ菓子で
赤いベリーのジャムや生クリームが添えられます。
IMG_2528
 
魅力あふれるトレンティーノ・アルト・アディジェ州の少し異文化を感じる料理とワインの数々をお楽しみいただきます。

今日はグラッシュとスペッツレを中心に、スペックとキュウリのサラダを用意しました。
FullSizeRender
IMG_1190
IMG_1189
FullSizeRender

IMG_1198
IMG_1201
オンラインでの料理レッスンの後、準備時間30分を挟み、
レッスンに入ります。

FullSizeRender
今回もラゴスティーナの鍋を使って楽しくお料理です。
新製品のお知らせです。
新しいパスタ&スチームポットが発売されます。
パスタを茹でながら同時に蒸し料理もできちゃうそうです。
IMG_0607
パスタ&スチームポット
https://www.lagostina.jp/information/#1557
IMG_0608
オンライン販売サイトがあります。
https://www.t-fal-onlineshop.jp/tfal/shop/goods/index.html?ggcd=8900531536
 
以下、前回の講座の模様です。
各地域から選んだメニューです。
ワイン解説は永瀬先生です。
Trento brut Perle'11 Cuvee と
Alto Adige Vigna Kastelaz'18
Sudtirol Vernatch'08
Sudtirol Lagrein'04
Sidro di mele du Saint Bernard
Trentino Vino Santo'02
お料理は岸 摩弥子が担当します。
Speck
スペック
schuttelbrot
シュッテルブロット
Canederli in brodo
カーネデルリ・イン・ブロード
Spaetzle
スペッツレ
Stufato di cavolo rosso
赤キャベツのストゥファート
Insalata di cavolo capuccio
キャベツのマリネ
Capriolo alla tirolese
鹿のチロル風
Strauben
ストラウベン


さらにお皿いっぱいのスペックに添えるのは、きゅうりのピクルスとこのバターです。現地ではバターが添えられます。
FullSizeRender
IMG_2542
フェンネルシードとクミンを練り込んだシュッテルプロットをバリバリ食べながら。
IMG_2531
カーネデルリはスペックの角切りとバターを練り込みます。
IMG_2534
スペッツレは独特の器具でパスタ鍋に落としていきます。
熱々の茹でたてのスペッツレにたっぷりのバターを加え、余熱でなじませます。
同時にスペックの薄切りを混ぜ込みます。
IMG_2532
IMG_2538
鹿肉はスパイス、ハーブ、赤ワインで丸一日マリネしたものを煮込みます。
IMG_2544
IMG_2543
キャベツのマリネ
IMG_2536
赤キャベツのストゥファートにもバターたっぷり。
IMG_2537
ドルチェは渦巻型のストラウベンです。赤いベリーのジャムを添えます。
IMG_2528
すごく美味しいノジオーラのデザートワインとともに。

今年最後のレッスンです。
また新年にお会いしましょう。

メリークリスマス☆良いお年をお迎えください。
IMG_1203
Buon Natale☆

次回はヴェネト州です。
日時:2021年1月9日(日)11:00〜13:00
 
オンラインレッスン
 
参加費:17600円(ワインテキスト資料込み)
お申込みはinfo@ascig.com
日本イタリア料理教室協会まで。



ascig at 15:00コメント(0) 

2021年11月14日

20州のイタリア料理とワインの講座
〜ロンバルディア州〜11/14
IMG_1087
日本イタリア料理教室協会×Lagostina
Touch&Tryイベントを開催しました。

今回はロンバルディア州です。

ロンバルディア州は州の料理というよりそれぞれの都市の料理と言われるのは
各々の都市ベースに発展を遂げており、料理もそれぞれの都市独特の魅力が
反映された郷土料理となるのです。

まずは州都ミラノでは
〜アッラ・ミラネーゼといった言葉は耳馴染みがあることでしょう。
IMG_1204
IMG_1205
IMG_1206
ミラノ風のリゾットや子牛のコトレッタは有名です。ッソブーコやクリスマス時期(ナターレ時期)のパネットーネなとはミラノ料理です。

IMG_1084




 

しっかりとした赤ワインの好きな方は北のソンドリオ県Valtellinaヴァルテッリーナ地方に

思いを馳せることでしょう。

IMG_1208




こちらではネッビオーロ(現地ではキアベンナスカ)を使ったValtellina,
Sforzato di Valtellinaといったワインがあり、ジビエや、そば粉を使ったタリアテッレ状のパスタ、

Pizzoccheriピッツォケリや、同じくそば粉のフリッテッレのSciattシャットなどがあります。

IMG_1209
IMG_1210

 


マントヴァはカボチャのトルテッリやドルチェのそぼろ状のナッツ生地が香ばしいズブリッソローナ。

IMG_1211


IMG_1212


 

クレモナはトッローネやカラシシロップ漬けのフルーツのモスタルダ。


IMG_1213


IMG_1214

 

ベルガモはポレンタ・エ・オゼイ。山盛りのポレンタに鳥のグリル。

IMG_1217




同名のお菓子もあります。ポレンタはスポンジケーキ、鳥のグリルは

チョコレートで作られています。

IMG_1216



カゾンセイ、またはカゾンチェッリというラビオリも有名です。

 IMG_1219


IMG_1218

泡好きな方はフランチャコルタやポー側沿いを思い浮かべるかもしれません。
IMG_1221


ポー側流域の平野では米の栽培が盛んで、

パヴィアはリゾットが有名です。パスクアのお菓子コロンバもあります。


IMG_1222


 IMG_1223


と、このように多彩な地域ロンバルディア州からは、

今回はカッスーラと来月は12月ですからクリスマス菓子のパネトーネを用意しました。
IMG_1094


IMG_1095
IMG_1092

オンラインでの料理レッスンの後、準備時間30分を挟み、
ワインレッスンに入ります。

今回もラゴスティーナの鍋を使って楽しくお料理です。

新製品のお知らせです。
新しいパスタ&スチームポットが発売されます。
パスタを茹でながら同時に蒸し料理もできちゃうそうです。

IMG_0607
パスタ&スチームポット


IMG_0608
オンライン販売サイトもありますよ。

 

前回も各地域から選んだメニューです。

Sciatt
シャット(ヴァルテッリーナ)
Risotto alla milanese
リゾット・アッラ・ミラネーゼ(ミラノ)
Cotoletta alla primavera
子牛のコトレッタ ミラノ風を
今回はアッラ・プリマヴェーラで
Sbrissolona
ズブリッソローナ(マントヴァ)

IMG_1101

次回は1月9日ヴェネト州です。

日時:2022年1月9日(日)11:0013:00

 

オンライン

 

参加費:17600円(ワイン・テキスト込み))


お申込みはinfo@ascig.com
日本イタリア料理教室協会まで。




ascig at 16:00コメント(0) 

2021年10月10日


20州のイタリア料理とワインの講座
〜ピエモンテ州〜10/10
IMG_1087

日本イタリア料理教室協会×Lagostina
Touch&Tryイベントを開催しました。


今回はピエモンテ州です。

ピエモンテ州というとワイン好きにはたまらない州ですね。


ピエモンテ州はサヴォイ王国のもと栄華を誇った土地ならでは食文化の水準も高く魅力あふれる多くの料理があります。


海の無い州ピエモンテはリグーリアとの貿易で保存食アンチョビを手に入れ、

バーニャカウダやアチューゲ・アル・ヴェルデを生み出しました。
IMG_1257


バーニャカウダは一人一つの素焼きのポットで、ソースをあたためながら

IMG_1248


いただくのが習慣で、家庭では山盛りの野菜が中央のテーブルに置かれ、それぞれのポットで野菜をつけて食べながら、外は寒い冬にポカポカの部屋で長々とおしゃべりに興じるのです。

前菜の種類は多く、子牛を生でいただくカルネクルーダや

IMG_1251


子牛のツナソース、


IMG_1252


お米と肉をチリメンキャベツで包んだカポネ等々。

IMG_2124


グリッシーニもトリノのものです。胃腸の弱かった王子のために母親が考案したとの逸話も残ります。

 

IMG_1256

卵黄と粉だけで練った極細パスタのタヤリン、

IMG_1258


ボッリートの残り肉と青菜を

リピエーノにしたアニョロッティ・ダル・プリン。

IMG_1249


ポー側流域の平野で採れるお米で作るバローロのリゾットやノヴァーラやヴェルチェッリのパニッシャ。

 

IMG_1254

バローロ一本で肉を2日間たっぷりマリネしてから煮込むブラサート・アル・バローロ。

実は作る人が一番幸せ。バローロを気前よく肉に注ぐ時の香りといったら…


IMG_1253



また、ボッリート・ミストも外せません。

Bollito misto (2)






さまざまな肉の部位をお皿にいっぱい盛り付けるボッリート・ミストに

添えるソースの種類が多いのがピエモンテの特徴です。

 Bollto misto ソース






お菓子はバーチ・ディ・ダーマやアマレッティ、クルミリ、サボイビスケットなどの焼き菓子、チョコレートプディングのボネ、
bonet2






ヘーゼルナッツ入りチョコレートのジャンドゥイオッティ、
トリノのカフェでのビチェリン、
Bicerin






ヘーゼルナッツ入りのチョコレートケーキのジャンドゥイヤ、パンナ・コッタ、ザバイオーネ等全国的に有名なものもたくさんあります。

 

ピエモンテは特にスローフードの本拠地ですからぜひとも教本片手に名物を

追ってみてください。

 

ワインは言わずもがなですがバローロ、バルバレスコをはじめ

バルベーラ、ドルチェットなど親しみやすいものからちょっと日本では珍しい品種まであります。

基本品種だけでも多彩なピエモンテですから確実に抑えていきましょう。




永瀬先生のワイン解説はワインのトレンドの歴史から最新情報まで幅広く、ピエモンテ州ワインの知識を毎回アップデートできます。


今回もラゴスティーナの鍋を使って楽しくお料理です。


新製品のお知らせです。
新しいパスタ&スチームポットが発売されます。
パスタを茹でながら同時に蒸し料理もできちゃうそうです。
IMG_0607
パスタ&スチームポット


IMG_0608
オンライン販売サイトもありますよ。


今回はボッリートとバニェット・ピエモンテーゼ(サルサ・ヴェルデ)
タヤリンに軽い鶏のラグー、ドルチェにボネを用意しました。
オンラインでの料理レッスンの後、準備時間30分を挟み、
ワインレッスンに入ります。




以下は前回の料理です。
ピエモンテ州の田舎料理を含むどっしりとした料理を用意しました。


カポネ
caponet
IMG_2112
IMG_2111
IMG_2124



ノバーラのパニッシャ
paniscia novarese



IMG_2113

IMG_2125


牛肉のバローロ煮込み
IMG_2114

IMG_2128
バローロ丸二本を注ぎ、肉をマリネします。


IMG_2105



IMG_2108

バターでこんがり焼きブランデーでフランベ。
IMG_2127


クルミリ
Krumiri

IMG_2116
IMG_2126


IMG_2118


次回は11月14日ロンバルディア州です。

日時:2021年11月14日(日)11:0013:00

 

オンライン

 

参加費:17600円(ワイン・テキスト込み))



お申込みはinfo@ascig.com
日本イタリア料理教室協会まで。



ascig at 14:00コメント(0) 

2021年09月12日


20州のイタリア料理とワインの講座
〜ヴァッレ・ダオスタ州〜9/12
IMG_2129
日本イタリア料理教室協会×Lagostina
Touch&Tryイベントを開催しました。

今回はヴァッレダオスタ州です。


ヴァッレ・ダオスタ州と言えばまさにアルプスの美しい山々を望む素晴らしいところです。

山の料理って…フォルマッジョとジャガイモが思い浮かぶかもしれませんが

こちらヴァッレ・ダオスタ州はフランス文化側。

古くは王家サヴォイアのお膝元ピエモンテ州と接する共有する料理やフランスと国境を接するので街の標識や料理名にはイタリア語名とフランス語名をもつものもあったりと、トレンティーノ・アルトアディジェ州などドイツ文化側とは

食文化の違っていることが見て取れるはずです。

 

山間の料理ならではのポレンタ、ラルド、フォンティーナ等脂肪と炭水化物でがっつり冬の寒さを乗り切る料理であることは間違いありません。

 

名物料理何もかもにDOPのフォルマッジョ、フォンティーナが入っているといっても良いほどです。

フォンティーナとハムをクレスペッレ(クレープ)に包みベシャメッラ(ベシャメルソース)でグラタン焼きにしたら

Crespelle alla valdostana

それを子牛のロース肉に挟みカツレツにしたら

Cotoletta alla valdostana

フォンティーナのフォンデューはFonduta

ポレンタに同量くらいのたっぷりフォンティーナを混ぜ込めば

Polenta concia

といった具合にいかにも力が湧きそうなメニューです。

ポレンタ・コンチャは冬山のスキー後の冷えた体をあたためるのに最高なんだそうです。

Seupa alla valpellenense(通称Zuppa alla valdostana)は

チリメンキャベツとライ麦パンにたっぷりのフォンティーナでグラタン焼きにしたズッパ。

こちらも温まります。

 

そしてヴァッレ・ダオスタ州の前菜にはアッフェッタート・ミストを味わうのが醍醐味です。

サルーミの盛り合わせですが、クルミや蜂蜜、ドライフルーツなどが添えられるのが一般的。

サルーミ類では何と言ってもDOPのラルド・ダルナー。

豚の背脂を塩漬けにして熟成したものですが、

そもそもは料理に使う脂でしたが、生でも食されます。


他にも鹿や牛の赤身のサルーミのMocettaモチェッタがあります。

 

牛肉の赤ワイン煮込みのカルボナーデや

ヘーゼルナッツ入りの瓦ビスケットTegole(瓦の意)

モンテビアンコなどのドルチェ類。

 

飲み口のたくさんついたGrolla(Coppa d’amicizia友情カップ)でいただく

アルコール度の高いgenepy(ジェネピー)入りのカッフェCaffe valdostano

スパイスや柑橘類の皮の入ったホットワインVin Brule(ヴァン・ブリュレ)。

 

今回もラゴスティーナの鍋を使って楽しくお料理です。

新製品のお知らせです。
新しいパスタ&スチームポットが発売されます。
パスタを茹でながら同時に蒸し料理もできちゃうそうです。
IMG_0607
パスタ&スチームポット


IMG_0608
オンライン販売サイトもありますよ。



今回はFavoファヴォというそら豆とフォンティーナとパスタの入った
グラタン状のずっしりとしたミネストラ、
La Favo






カッフェ・ヴァルドスターノ、
caffe valdostano







テーゴレ
Tegole






を用意しました。
オンラインでの30分のライブ料理レッスンの後、準備時間30分を挟み、
ワインレッスンに入ります。


以下は前回の料理です。
ピエモンテ州の田舎料理を含むどっしりとした料理を用意しました。

そして12時からお食事とワインの講義がスタート。ワインのヴァッレ・ダオスタ州ならではのなかなか味わうことのできない地域のお料理とワインを楽しみます。


まずはLardラルド。


IMG_2217

IMG_2224
IMG_2226
フォンティーナにくるみと蜂蜜をそえます。
IMG_2216
IMG_2222

FullSizeRender

Polenta Concia

IMG_2228

フォンティーナとバターがたっぷり。

IMG_2220
Carbonade
カルボナーデ

IMG_2237
Tegole
テーゴレ

IMG_2227

Caffe valdstano
カッフェ・ヴァルドスターノ

IMG_2215

アルコールに火がつき
青い炎がたちます。
IMG_2229
IMG_2232

ワインは6種
Blanc de Morgex et de la salle '16
Prie blanc

Valle d'aosta
Chardonnay'16

Valle d'aosta
Petit Rouge'16

Valle d'aosta
Fumin'10

Valle d'aosta
Donnas"Napoleon"'15

Jalousie
Moscato bianco

ヴァッレダオスタに想いを馳せた午後でした。

 

次回は10月10日はピエモンテ州です。

日時:2021年10月10日(日)11:0013:00

 

オンラインレッスン

 

参加費:17600円(ワイン、テキスト込み))


お申込みはinfo@ascig.com

日本イタリア料理教室協会まで。



ascig at 14:00コメント(0) 

2021年07月13日

 
日本イタリア料理教室協会×Lagostina

Touch&Tryイベント

今月は夏の特別編パーティー料理講座です。

スライド1






資料には、過去7年分のパーティーメニューとパーティープランを
事前に配布し、当日はPower pointをご覧いただきながら説明をすすめます。

IMG_5684














実際のパーティーでのお料理
IMG_1434
















スライド2






副題のパーティー準備大百科の通り、
パーティー開催のノウハウを詰め込みました。
IMG_1426














パーティーの必需品の数々
ウォーターサーバーもその一つ
o0720096014524241306














リゾートがテーマの時のグラスマーカー

パーティーにはドレスコードやテーマがあると盛り上がります。

o0996108014524241407











パーティーに便利な食器やグッズを紹介します

IMG_1353














高低差で空間を効果的に利用してのディスプレイ

FullSizeRender (1)











自分で組み立てていくミニモンブラン
個々の小さなグラスはパーティーでは活躍します

IMG_5692














オリーブのまな板や大きな平皿の活用
準備リストや当日朝のルーティーンを紹介し、
誰でも20名規模のパーティーが準備できる自信がつく講座です。

スライド3






参加できるようなちょっとしたイベントを
パーティーに組み込みます。

スライド4






パーティーの必需品リストなどを紹介し、
最後に簡単にできるパーティーメニューを10種類ほど
実演を交えて紹介します。
スライド27






Power point資料とレシピはPDF資料にして
ご参加の皆様へお渡ししています。

スライド5







事前にお送りした、夏の軽井沢で飲みたいワインを
いただきながら、過去7年間のパーティー料理と
パーティーの開催の様子のスライドショーをご覧いただいて
締めくくります。
2018-8軽井沢ワインパーティ










参加いただいた皆さまからは活発に質問が飛び交いました。
夏に向け、皆様素敵な企画がいろいろおありのようです。
o0720096014524213093
















コロナが落ち着いた後、またはご家族での会食などで
活かしていただけたらと思います。




ではここからは次回からの講座のインフォメーション

9月からはイタリア検定教本通り北から順番に1州1州
進めるイタリア料理とワインの講座をお送りします。

この講座は11時から30分で実演します。
1週間前に上記のような伝統料理の写真付き資料と伝統料理のレシピ一式をお送りします。

前日までにワインも小瓶に分けてお届けします。
予めメールでご連絡したコツを踏まえて下準備して講座に臨んでいただき、
実演をご覧いただきながら、それぞれのご自宅等で同時に作り、その後30分休憩時間を設けます。
料理は自由参加でデモンストレーションをご覧になるだけでも結構です。

テーブルセッティングを整え、ワインの講義を待ちます。
12時から再びオンラインでイタリアワイン講座です。
事前にお知らせしたワインをオンラインサイトで各自購入して臨みます。

ラゴスティーナの鍋を使っての実演です。

新製品のお知らせです。
新しいパスタ&スチームポットが発売されます。
パスタを茹でながら同時に蒸し料理もできちゃうそうです。
IMG_0607
パスタ&スチームポット


IMG_0608
オンライン販売サイトもありますよ。
次回は9月です。



日時:2021年9
月12日(日)11:00〜13:00
 
場所:オンラインレッスン
 
参加費:17600円
お申込みはinfo@ascig.com
日本イタリア料理教室協会まで。


ascig at 12:51コメント(0) 
プロフィール

日本イタリア料理教室協会

日本イタリア料理教室協会は日本全国にあるイタリア料理教室と、イタリア料理愛好家を会員組織する団体です。
イタリア料理関係のイベント、イタリア料理研究家認定試験の開催、イタリア関連の情報の会報の配信を行っております。
どなたでも登録(無料)できます。
こちらには活動レポートを掲載いたします。

QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ