2005年04月27日

耳のかゆみの正体は50匹のうじ虫

84歳になるタイ人の男性はある日、耳のかゆみに襲われたという。
綿棒などを使って緩和しようと試みたが、あまりにかゆみが取れないため
耳の内部を引っかいてしまい、鼓膜が破れて出血してしまったとのこと。
 
その後病院に行った彼はなんと耳の中からおよそ50匹のうじ虫が出てきたという。
「耳に入ってしまったハエが中に卵を産んだのだろう。」と彼の耳を診断した医師は言った。
 耳のうじ虫2
耳のうじ虫
 
 ←クリックすれば大きくなります。耳の中のうじ虫
 
ピンセットと吸気装置を使い、うじ虫を取り除いたが、まだ卵があるかもしれないので
しばらく様子を見なくてはならないとのこと。
 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/asdf666/20178875
この記事へのコメント
名前: マンドウセ 投稿日 : 2005年04月27日 14:17 ID:???
ととととと都市伝説じゃあああああああああ
名前: aa 投稿日 : 2005年04月27日 23:55 ID:???
>ハエは耳の内部に卵を産まないと羽化できない可能性があるため

might have gone〜
訳おかしまくり
名前: ASDF 投稿日 : 2005年04月28日 00:05 ID:???
誤訳の指摘有り難うございます。
ちょっと自分でアレンジしてしまったようです・・・。
あってるかな?
名前: とど 投稿日 : 2005年04月28日 01:45 ID:???
うわああああああああああああああ
でもこういうお話大好き!!!
名前: まる 投稿日 : 2005年04月28日 21:06 ID:???
うっ 吐きそう…