December 06, 2018

After gig @the Bitter End

昨日はわざわざ遠方から来てくださったり、久しぶりの人もいたりして、お客様の愛を感じたライブでした😊
日本の地震のチャリティコンサートで定期的に出ています。

IMG_5631


ライブをする時は、ステージの中で鳴る音(中音)とお客様が見る席の音(外音)と言うのがありまして、演奏者である私たちにも音がしっかりと聞こえることが、演奏を更によくする鍵でもあります。1人で弾き語りをしたり、静かな音楽の場合、これはほぼ問題になる事はありませんが、ドラムがいるバンドで大きな音を出す場合、自分の音やそれぞれの楽器の音が聞こえないと言う事はよくあります。なので、自分で調整してもらうようにPAの人とやりとりをするんです。PAさんは外音や中音を聞いて、音作りをしてくれるわけですが、それが上手な人、下手な人、ほったらかしの人がいます。NYでは、演奏始まるとふらっといなくなるPAさんもいます。

自由。

始まってから歌のボリューム足りないから上げてー。と言おうとしても、はっいないってことがあります。それが君の仕事でしょ〜しっかり

ビターエンドの音作りは私としてはとても歌いやすく、ボーカルをしっかりと聞かせてくれるので、安心して任せられるのですが、昨日は中音でピアノの音が聞こえない、アコギの音が聞こえない。互いの音が聞こえてない。などがあったようです。途中で止めざるを得ない場面もありました。私だけが調子良くても、やっぱりみんなが良くないと最高の物は引き出せません。。日本のツアーの東京の会もWings Like a birdでそれが起こり、今回も同じ曲。と言うのはこの曲が唯一、ギターを持ち替える曲なんです。
だから、しっかりとサウンドチェックをしなければならないのですが、日本のお店のようにリハの時間があって、本番では無く、お客様が入った状態の公開リハーサルなので、さらっとしてしまうことが多い。来たばかりの頃はそれに慣れずかなり入念にしていたのに最近はアメリカナイズされているかも。反省😓



IMG_5642

最近、色々音楽を聴いて、自分の声を変えたりしてライブの中でお客様が飽きないよう、試行錯誤してますが、まだまだ努力は足りず、課題はたくさん。Voiceliveとはもっと仲良くなる必要がある。

バンド全体の演奏ももっとタイトにグルーヴ感が前に出るようにしたいです。
お客様からはかなりお褒めの言葉を頂き、私たちの前に演奏した方のお客様からも高評価!嬉しい!!新曲 “Fallin’”のお披露目も無事できました!
また、どんどん新曲が出来ているので次のライブまでに準備できるかな〜。
もっともっと研究、そして練習だな。


IMG_5646


次のライブは
12/29 9pm
Silvana
お楽しみに。

話は変わって、日曜に観に行ったMitskiというJapanese Americanのアーティスト、良かったです!
声がとても心地よく、はっきりとした発音にアンビエントな音楽、バックに映し出される映像と彼女の個性的な振り付け。かなりアーティスティクで、見ていて飽きず楽しめました。オープンから入って前座を2組見てからの彼女のショーだったので計4時間、立ち見はかなり疲れましたが。。欧米人とアジア人/南米人の足腰の強さや体力には差があるのを感じる。1800人は入るこの会場、いいなー。こういうところで歌いたい。


IMG_5617


前座の2組は全く好きになれず、早く終わんないかなーと思ってしまう始末。
人のふり見て我がふり直せ。
私たちもそう思われないようにお客様にとって、ライブがあっという間で、終わってほしくないと思ってもらえるように頑張っていきたい。


自分たちのライブの後に、演奏していたバンド。ドラムがどっしりとしていて、安定感があり、安心して聞けました。ビターエンドっぽいバンドの印象。演奏がタイトというのはいつだって最低限のことで、みんなこうあるべきなんだろうけど、なかなか難しいよね。それにこの音量で叩かれたら私は声が潰れてしまう。ギターの人は日本人で、バークリー大学で教授をされているトミ藤田さんという方。インスト多めでたまに歌も入るというスタイル。
IMG_5630

とても上手、お客さんものってる。

IMG_5629



そして、昨日は、友達の大学で行われたコンテンポラリーのコンサートへ。
Steven Reighという作曲家の曲を2台のピアノと2台のバイブラフォンで表現する興味深い現代音楽。それぞれの楽器がそれぞれ音素材として力を発揮するスタイルの演奏も面白くて目が離せなかった。音を奏でるというよりはまるで会話をするように構成されている。

中でも気に入ったのは、Troicaという曲で、エレキギターとピアノとフルートがアラベスクのメロディーを繋いでいくもの。通常はピアノで全てを弾くものだけれど、それを少しずつ三分割して、演奏、流れて行くように、重なるように演奏するにはかなり特訓が必要と思われる。

世の中には色んな音楽があふれていて楽しい!私は好きな音楽の幅が狭い方だとは思うけれど、たくさん音楽を聴くことでその中のヒット数が自然と増えていく。そして、それを自分の引き出しに一旦入れて、みんなに見せたり、影響できたらもっといい

胃炎が少しずつ良くなってきて、マインドも前向きになってきました

IMG_5644










December 04, 2018

明日はライブです♪

人は人生のあらゆる局面で選択をし続けなければいけない。前回の帰国であった同窓生.と言っても在学中の面識は皆無に等しいーの一言で印象的だったのが、"決断はとにかく早くする。悩むのに時間をかけるのは主義じゃない”との事だった。どちらにしてもどちらかを選ばなければいけないのなら、早く選んで行動に移す。確かにそれは合理的で、会社のトップに立つ人はそう言う考え方しそうだけど、私は結構大きな事をいくつか早期決断してしまった過去があって、飛び込んだ後、数年はそれでよかったと思ったけど、今考えるとあれで良かったのかな。と思うこともあるので、早期決断が必ずしも良いとは言えないでいる。

メリット、デメリットを考え、自分の心にしっかりと問いたい。


先週はいろんな人との逢瀬が大事と言うのを感じた。突発的に誘われて、フットワーク軽く出かけると新たな知り合いが増えたり、情報を得たり、会話も弾んで楽しい食事会だった。バンドの中にも分担があり、そう言った意味でもたくさんの人との出会いは大事なのです🙂

NYという街では普段なかなか出会えない人とひょんなところで出会えて縁ができることがある。物をはっきり言ってしまう私は日本ではなかなか仲良しの友達が出来づらかった記憶もあるけれど、いろんな人がいるこの街では、自己主張をすることも、はっきりとした物言いも、合理主義も嫌がられず、(むしろ私のわがままレベルは低め) 年齢、性別、人種問わず、素敵な友達が見つかる。

むしろ、曖昧な態度は人を困惑させる。

明日はビターエンドでのライブです😄
PAさんがしっかりしているので大好きなお店です!新曲もあるし、新生Lotus Verryの力をどれだけお見せできるか楽しみです。

収益は、日本の福島、熊本などの震災エリアに寄付されます。

IMG_5624
IMG_5432




November 24, 2018

911メモリアル

911 メモリアルミュージアムの記事が掲載されました。

普通の博物館と違って、真面目な見学になりますが、一度は見ておくべき場所だと思います。

プレ子とニューヨーク
因みにライオンキング、グッゲンハイム、自然史博物館なども執筆しています。


IMG_5395
IMG_5383



aselindebison2008 at 23:02コメント(0)
執筆情報 

November 23, 2018

Thanks Giving Day

サンクスギビングはアメリカの大型連休で木曜が休日のため、金曜を休みにして、4連休にする人やその週+次の週も休みにしてバケーションに行く人もいる、GWみたいなものかなー。

収穫祭のお祝いなので、七面鳥の丸焼きの中に食べ物を詰めたものやマッシュポテト、パンプキンやクランベリーパイを食べます。



今年のサンクスギビングは6年前にNJに渡米して来た時、お世話になったお宅にお邪魔しています。あぁ、この芝と芝の間に家がある感じ、懐かしい
落ち葉がたくさん落ちていて、リスが走り回っていて、空気も綺麗で澄んでいて、街の喧騒から離れて、静か。




IMG_5546

当時の子供たちはもう11歳になり、英語もペラペラになって、ゲーム好きの6年生(眼鏡付き)になってました😊
私とはDSで遊んだ記憶が強く残ってるらしく、X-boxやVRがあっても久しぶりだからやろう〜とDSでマリオの対戦したり、ババ抜きしたり、みんなでワイワイしました。最近の子たちは、機械の反応が早いので、DSの通信の準備されてる時間とか、遅いー!と言って、待てないみたいで、世の中が便利になるとみんなせっかちなってイライラしがちなんだなぁと思いました。

これは現代病だな

将来の夢もゲームプログラマーだそうでみんなそうなのかなー?
でもゲーム作りはクリエイティブな作業だけど、その産物がクリエイティブを失わせるってすごい皮肉だな。
音楽とか絵とか本とか映画とかは作品を受け取った側もクリエイティブにしてくれるのにな。

2人は、部屋にあるものをいろいろ見せてくれたり、こんなことあったよね?って私も覚えていないような当時の話をたくさんしてくれました。
私の両親が遊びに来た時にあげたゾウの布のバッグはまだ、お弁当バッグとして活用されていて、ポケモンのフィギュアもベッドルームに飾ってありました。物持ちがいいのはお母さん譲りだねいいことだ。

5歳の時
IMG_5032
IMG_5048


7歳の時
IMG_6950
IMG_6734



そして今年
IMG_5569
IMG_5558



折り紙を持って行ってたので、もう6年生だし、男の子は興味ないかなーと思いつつ、提案すると、やるー!と1人が行って、後からもう1人も呼んで仲良く3人でモジュール折り紙、24面体を作りました。私は子供の時から12角形と呼んでるけど。

彼らの好きな音楽を聞かせてもらって、私の好きな曲や自分のを見せて、歌って踊って、ケーキを食べて、幸せなひととき。


久々に遮光カーテンの無いところで寝たので早起きだ。
昨日もマイナスだったんだけど、今日も寒そうだなぁ〜。



今日はBlack Friday. 何かいい掘り出し物あるかな。

智也氏抜きのリハーサルは初めてだから、緊張するけど、どんな風になるのか楽しみでもある。








aselindebison2008 at 23:31コメント(0)
あの頃 | IN NJ

November 07, 2018

執筆掲載されました!

シュタイナー教育に引き続きまして、

NY名門私立校の記事が掲載されました。

日本の私立校とアメリカの私立校、捉え方が違うのでぜひ読んでもらえたらと思います!

https://www.shinga-farm.com/study/kindergarden-ny-01/



また、以前のシュタイナー教育の記事はこちらから。


https://www.shinga-farm.com/study/waldorf-education-vol1/


https://www.shinga-farm.com/study/waldorf-education-vol2/




IMG_5464





記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ