November 07, 2017

近況報告

ずっと細く長くブログを続けて来ましたが、最近記事を書く仕事を始めたら、そちらに時間を割くあまり、滞りがちの更新がさらに滞る結果に!

とは言え、仕事はお金が関わってくるので、優先してしまう気持ちも出てくる。

何か副業を始める度に、新しいことってなんか楽しく感じられるのと(それは楽しそうなことを選んでいるから)
はじめのうちは要領を得るまでに多少時間がかかるので、本業が疎かになりがちです。

文章を書くのも、何かを調べて新しい知識を身につけることも両方好きなので、ハマってます。

日本から戻って来て、時差ボケも抜けて、少しずつ日常生活に戻り、NYのメンバーでスタジオに入って、今週土曜は戻って最初のギグです。
8月に亡くなったJamさんの追悼イベントで、数曲彼女を想って歌います。

JamさんはNYで活躍するミュージシャンやダンサーを応援してくれていた。また、とっても物を作ることに長けていた方で、エコバッグや札入れ、髪飾りなどの小物、天然石やビーズで作ったアクセサリー、石鹸などを自分で作ったウェブサイトで販売、発送したりを個人でしていた。また、自分が身に付ける洋服も自分で作っていた。

まだ、47歳で、やる気にも満ち溢れていたのに…。

日本に帰っている間にもう1人若くして亡くなっていた方がいた。その方はまだ34歳でこちらも同じく癌だった。品のある雰囲気が漂っていて、黒目がちで肌が透けるように白く、とても綺麗な方なのに、男っ気が全くなく自分の好きな事に突っ走っていた。美味しいものとか、宝塚とか、声優さんとか、好きな番組の観覧とか…。美味しいケーキを食べに新百合ケ丘のリリエンベルグに行ったり、リーガルハイの脚本家、古沢良太さんがまだそこまで売れる前に手がけた映画”キサラギ”を見に行ったし、久石譲さんのコンサートも見に行った。ゲストに宮崎駿さんや平原綾香が来てたっけー。藤岡藤巻のお二人もいた!ラワンマンライブにも何度か来てくれていました。
楽しい事や美味しいものへ対する飽くなき探求心に共感を得て、感覚や趣味が合う人として、女性としても、慕って、懐いていた感じですね。


今回の日本帰国時にも、会いたくて連絡を取ろうとしていたから、とてもショックだった。今思えば、四年前に会った時、体調が悪くて病院に通いながら仕事はセーブしてるの。と弱々しく笑っていたのを覚えている。どんな病気かも聞いたりしなかったし、死に至る病気にかかっているなんて夢にも思わなかった。そして、人知れず四年も闘病していたなんて。

そんなお二人の訃報、色々考えてしまいますが、11日は想いを馳せながらも楽しく音楽をみんなで楽しめたらいいな。と思います。





October 18, 2017

After ワンマンライブ10/8 in Japan, 2017

10/8のワンマンライブを終えて。

今回の日本でのライブ、4本全てを終えてしまいました。
ホッとしたような、寂しいような。もっともっとたくさん演奏したかったし、色んな人とお話したかった。

image

皆さんからのアンケートの感想や個別メッセージの中に、元気をもらえた、自分も頑張ろうと思えた、夢を追いかけたくなったなどのやる気が出たという言葉に逆に励まされ、これは相乗効果だな。と思いました。

また、忙しない日々を忘れて、2時間たっぷり音楽に浸れた、新しい境地を垣間見れたなど、他にもお褒めの言葉を頂きました!
image


今回感じたのはNY、大阪、名古屋、東京と別メンバーで演奏することで、曲の表情が変わり、感情移入の仕方も変わりました。多分それはサポートメンバー、一人一人の曲の解釈が違うことでうまれる化学反応でした。

1つライブをすると家やスタジオで練習するよりもグンと先に行ける気がするのは何故でしょうね。本番が私を強くしてくれ、見たこともない景色を見せてくれます。



私がどんなことを思って歌ったかと、歌った感想をちょっとここに書こうと思います。
(和多田 恵の曲編)

I don't care what you're saying
Freedomに入ってる一曲。
周りに何を言われても気にしない!という曲ですが、アメリカに行ってから、いいことなのか、悪いことなのか、より気にしなくなりましたね。頭サビなので、ライブの頭にはもってこいの曲ですね。
和多田恵のチューンからバンド曲を選ぶ時に今回歌おう!と早い段階で決めました。




空のように
これは1番長く歌っている曲なので、大分いろんな思いが詰まっていましたが、今回それをリセットして新たな気持ちで歌うことが出来ました。渡米してLotus Verryとして歌ってきてよかったと思うのはこんな時ですね。

空のような人になりたい。この想いは全く変わっていません。そして、生まれた国を出た事で近づけた気がします。まだまだ理想までは遠いですが…。

Summer Vacation
これは夏を感じさせるので個人的に好きなのです^_^
今回は季節外れだったのと、お気に入りの曲が増えたこと、ちょっと古いサウンドにも思えましたね。歌詞も幼いし、、でも、またいつかどこかで。

image



Kite
アンコールに歌いました。Lotus Verry名義のOpacityにも入っている一曲。レコーディング後にこの形で演奏できたのは初めて。CDを購入された方はぜひ、たくさん聞いてあげてください。ギターは智也くん、キーボードは真也さん、Saxは圭さんです。
2013年のワンマン、Breathing timeのメンバーより、ベースは芹澤さん、ドラムとパーカッションは見谷さんです。
CDを購入し忘れた!または後から欲しくなった方はHPより音源のみお買い上げ頂けますのでよければそちらからご購入下さいませ。
https://www.lotusverry.com







Happy life
日本に帰ってきて、またはNYでの地下鉄に乗っている人もややそうなってきていますが、暗い顔で惰性のようにケータイを見るか、満員電車の椅子取りゲームで居眠りするか、みんな疲れているように見えます。ちょっとしたことに幸せを感じられない毎日は辛いです。そして、もっとみんな会社のためではなく、自分のために生きてください!休みもとって、家族や友人との時間、自分の好きなことに費やす時間を大切にほしいという思いを込めて✨

image


Nostalgic
会いたい時に会いたい人に会いに行こう。
ふと気付いた時に大好きな人には会っておきたい。年齢が若くても、同じ国にいても亡くなってしばらくたってから伝わることもある。だから、出来る限り友達や仲間と会っておきたい。
手遅れになることもあるから。

この曲はアコギやナイロンで歌うのが好き。真也さんにピアニカを添えてもらって歌いました。

image





星月夜
帰国前に知り合いとチェスターの、帰国してから3人の方の訃報を聞きました。

ライブでも歌った「星月夜」という曲を作った時、思い浮かべる顔は1つでした。そして今は飼っていた犬のジョンと、もっと思い出す顔が増えました。
月よりも星が輝く夜、それは星が何かを語りかけているように感じます。若すぎる年齢での死、人生を全うした後の死、闘病生活の後の死、遺された人たちは、その人を想い、考え、泣き、空虚になり、そしてまた前を向きます。

前を向いてもその人たちとの時間を忘れることはないし、忘れたくありません。
でも日々は続いていきます。この曲を歌うたびに私は思いを馳せます。そして今回のライブでこの曲を歌った時、確かに夜空が見えました。
みなさんの心にもどうか届いていますように。

メンバーの皆さんと












October 14, 2017

ツアー2日目 3日目 in 名古屋 9/23, 24

ツアーのころ、を振り返って今日は認めます。

大阪の夜を終えて、名古屋の話。
2年前、数ヶ月住んでいた名古屋、懐かしの桜通線。


今回、GC live barというライブハウスと
image


K.D ハポンという屋根裏のようなライブカフェで一回ずつ。

image

ハシゴがあるー。
image
登ってみた。
image

二階からステージをみると
image


サポートメンバーも名古屋メンバーに。
NYでの知り合いの知り合いの方に紹介していただいたベーシスト、ドラマー、キーボーディストに支えられてのライブ。
リハ時間2.5hなのに、安定ある演奏で支えていただき、とてもいい出来でした!

23日は英語圏の方が半分ぐらいいたので、英語と日本語を交えてご挨拶。
image


image

image

すごいスモークが焚かれて、日本のライブハウスって感じ。PAのKurtは陽気な人でベースも弾く面白い人でしたし、対バン中のturning the sea into monstersのボーカルLeeのパフォーマンス力は学びがとてもありました。
image


image

image

24日のお店の二階席は屋根裏のようでとても面白く、目をきらつかせながら梯子や螺旋階段を登ったり、降りたり!
育代さんも一緒に撮ってくれた〜^_^

image

経験を感じさせるベースのカズさんと、これから未知の可能性を秘めている育代さんと海平さん。また、名古屋での際はお会いしたいと思います。
お店も素敵だったので、また演奏させて頂きたいと思います😊

image




image

















September 30, 2017

ツアー初日、9/22

ツアー初日の大阪。

東京から新幹線での大阪入り。新幹線の切符の買い方がよく分からず戸惑いながら乗車。
実は1人での新幹線は初めてだった!

新幹線に乗ったのは修学旅行、そしてびっくりドンキーの本店訪店のため、岩手へ行った時と大阪へのお出かけ、前回の帰国で神戸や鳥取に向かう際に乗ったぐらいで数えるくらい。

2回目まで窓が開かないことや車内にトイレがあることすら知らず、皆さんの笑いを誘ってしまった記憶もあります。今回の新幹線での気づきは、洗面台にエアードライヤーとwifiが無い事(不便)、トイレ便座が自動で上げ下げするということ(便利)

前回は名古屋と埼玉を行ったり来たりたくさんしたので高速バスを使いましたが、新幹線が便利すぎて、飛行機とはまた違ったハイクオリティでもうバスには戻れそうもありません。。

新大阪到着!関東にいる間にエスカレータの左待ちにようやく慣れた所で、大阪はNYと同じ右待ち。気づかず、左に乗って、スーツケースは右側にあったから、両方の流れを止めてしまい、後ろにいた高校生に、ナニコレ!両方止まってんだけど、この人東京から来たんじゃね!と言わせてしまいました。

リハーサルスタジオのドラムが綺麗な色で、音も良かったです!夜空に星屑のドラム🥁
image
これは、帰国前に届いたNEWペダルボード。もう、コロコロでスタジオ行かなくていいのね〜!うれしー!
image

智也くんの甲陽
音楽学校時代のお友達2人と、そのお知り合いの方に演奏を手伝ってもらいましたが、皆さん上手!
音がキラキラしていた。3時間の合わせで、本番に望みますが問題無さそう。
面白かったのは、NYでのバンドメンバーのあきよしさんがSo in Loveでキメを入れたところに同じように今回サポートのあきよりさんが入れてて、同じだ!と思いました。
それも名前も一文字違い。皆さん、タイムも良く、速くなったり、遅くなったりしても自然に戻すことが出来るので、素晴らしい✨


翌日、お昼はすごい綺麗で大きな駅の中で、智也くんの友達たちとお好み焼きとたこ焼きを食しました!
image
image
時空の広場の金時計
image
image

たこ焼きは、新宿ゴールデン街の様な飲食街の中にあるお店で、立って食べるところでした。ネギがたっぷりのってらネギだことオリジナル。タコも大きくて熱々をみんなで頬張りました😊皆さん、夜の部にも来てくれるとのことで一旦リハのため、さよならしました👍


雨が降る中、天満のバンブークラブへ!

大阪にお住まいの方、遠方はるばる聞きに来てくださった方、またたまたまホームページを見て足を運んでくださった方、ありがとうございました。

アットホームな店内が人でいっぱいで、音楽が好きな方たちの集いとなりました👍 素敵なママとピアノを弾かれる娘さんのけいさん、演奏後に美味しい手作りの日本食とデザートの振る舞いもして頂きました✨神戸牛の肉じゃが❤️シュークリーム

音響のバランスも良く、ピアノもドラムもいい音色が出ていました。普段はJazzのお店ということで、大所帯ね〜。と言われましたが、私たちの伝えたかった音もきちんと届けられたかと思います😉

私たちがNYで演奏している曲を皆さんがどんな感じで聞いてくれるのか、楽しみでもあり、不安でもありました。。
結果、感触は良好💕


ライブ後にみんなでポーズ!
image


メンバーで
image

カメラがたくさんでどこを向いたらわからない!の図。
image

小さなお客様と。
image

Turning the sea into monstersと一緒に!
image




September 30, 2017

続★高尾山に登るぞ〜!の巻

さて、薬王院を見終えて、まだまだどんどん登ります!

富士山のような道無き道では無いので、ハイキングという感じ。
でも、父母にはなかなか大変のようで休みながらゆっくりと登ります✨

トイレに行ったり、水を補給しながら、息が上がっているはずなのに、おしゃべりは絶えない母が凄い!

空気がひんやりと澄んでいて、気持ちがいい。家族で、カップルで、親子で、夫婦で、友達で いろんな方がいました。野草もちょこちょこ顔を出します。image


残念ながらムササビの飛来は見れませんでしたが、この看板。
image

良い眺めですね。帰りはここでごぼうチップスを食べますが、美味しかった!
image



山頂着いたー!
image
image
スカイツリーより少し低いぐらいなんですね。

山登りの後で食べる蕎麦の美味しいこと、美味しいこと。オススメはとろろ蕎麦です。閉店が割と早めで3時くらいだと思うのでお早めに〜。私たちは最後の客で、後から空いてないーと悔しがっている人たちを店内から見ましたのでお気をつけください^_−☆
image



帰りは仲良くおてて繋いで💖
image


帰りのケーブルカーは坂が急でちょっと怖い。。

駅まで戻ると、温泉があるので♨️そこで疲れを癒して帰れます。大人\1000 バスタオルと小さなタオルのセットが\250でした。

炭酸泉に入ると、自分がサイダーの中に入ったみたいに気泡がプクプクついて、体が温まり、とても気持ちがいい!

マイクロシルキーバスは真っ白なお湯の中で肌がすべすべに。

露天風呂と座り湯、ヒアルロン酸の湯などもあり、身体も心も楽しめました。
お風呂上がりにはゆっくり寝れる畳の部屋があり、食べ物や飲み物も豊富に用意されていました。抹茶ソフトをみんなで食べて、帰路につきました。

これで1000円なんて、どんだけ素敵なんだ〜。

日帰りで楽しめる場所として、高尾山とっても気に入りました⭐️

image








記事検索
楽天市場