July 18, 2016

BMCC English class

BMCCという学校のフリーのイングリッシュクラスに夏休みの2ヶ月間、通うことにしました。

ESLは最初にアメリカ上陸した時に2年間通ったきりで、英語の勉強をもっとしたかったので申請することにしました。
言語を習得するという事は、短期的にぱっとでは無く、長い期間で慣れていくものなので、上を目指せばいつまでも学びは必要のように思えます。追い求めるか求めないかで到達する所も違ってくるので、高い山を登ることも出来れば家の中のお風呂のぬるま湯にいつまでも浸かっていることもできる。

自分のnativeな言語でさえ、読めない漢字、使ったことのない表現、まだまだありますよね?
漢字検定はちょっとずつ取っていこうと思いつつまだ準二級だけど、検定をしなかったとしてもたくさん本を読んで知らない言葉を調べて、使えるようになることが大切。

また、英語の段階として、

1. 見たこともない単語
2.見たことはあるけど、意味が思い出せない単語
3.単語を見ればふんわりと意味が分かるもの。でも、ちょっと曖昧、何故ならいろんな解釈があってそれを文脈から読み取らなければならないから。
4.明確に単語の意味がわかり、訳せる。
5.会話の中に入っていても聞き取れる。
6.会話の中で意識すれば使うことができる。
7.考えなくても自然と言葉にできる。

これぐらいの段階にわけると、意味はわかるし、本では読んで意味は分かるけど実践の会話にはまだ使えない単語がいっぱいある。
もちろん、意味がわからないものもあるし、見てもわからないものもあるけど…。
それを出来るだけ少なくして、新聞を辞書なしで読めたり、詩をかけるようになりたい。

9月には妹が遊びに来るのでそれまでみっちり勉強と音楽します!
夏は始まったばかり、楽しみだな⭐️




Meg⌘

aselindebison2008 at 22:13コメント(0)トラックバック(0) 
今、頑張っていること☆ 

July 16, 2016

にっしーさん in NY

年に一度、にっしーさんがNYを訪れるので、久しぶりの逢瀬。こっちで会ったのは3回目かな?日本帰国時には会わないのに何か不思議😁
引っ越しの直後で学校の始まりだったため、バタバタしていたけれど、ゆったりとした時間を過ごせました。

今回はNYでのgigは無いというので、普通に観光へ。前回は智也くんも、パワフルガールが一緒だったけど今回は割と静かに2人で話し、適量のご飯を食べ、話しながら長時間歩いた。

気付いたら14stから53stまで歩いていた!

お昼に食べたロブスターとお寿司をほぼ完全に消化したのではというぐらいのウォーキング。 気を遣ってくれていたのかもしれないけど、同じテンポだったので歩き安かった。
あたしは、女性の中では割と歩調が早い方なので、女友達や妹と歩く時はゆっくりめに歩く。歩幅の差があるので、男性の本気よりは遅いと思うけど、今回は気兼ねなしに歩けた✌

チェルシーマーケットでは、この前も食べたけど、まず初めにロブスターを💗

ニッシーさんも食通のため、美味しいものツアーに。今回は牡蠣で悲しい経験があるとのことで、マーケット内のカウンターでお寿司を頂きました。イワナが無くて残念だったけどイキイキしたミルガイが本当に新鮮で美味しかった!!


アジやサバなんかもあって、北海道から空輸されてるとのこと。東京と同じで、なんでもあるな、NY✨日本が恋しくなったよ。
ウニはNYでまだ美味しいのには数えるぐらいしか出会ってないのでちょっと控えました。


大トロにはキャビアが乗ってたけど、乗せる意味はあまりわからなかったのとミシシッピ産だからそこまでなのかな。
と。
あと、どのネタにも切り込み入れてるけど、必要無いよね??





隣に座ったパナマから来たイタリア人の子が、日本人?アニメの日本の曲でこれわかる?って歌ってくれたけど、発音とかより多分マニアックな領域でわからなかった。

前にも暗殺教室わかる?って言われてわからなかったことがあり、欧米に渡ってきている漫画、アニメの豊富さに驚かされる。
スラムダンクの君が好きだと叫びたい、だけは歌ってくれた時に気付けたけど!

それにしても日本人は家でも寿司をよく食べてるんでしょう?作れる?って質問にはちょっと辟易。手巻き寿司ぐらいならするけど、本格的なのはなかなかしないと思う。

でも、この女の人も
私、寿司が大好きなのー!っていいながらロブスターの太巻き食べてたから巻き寿司でもいいのか。。

こっちの日本食レストランで日本人が板前で無いお店のネタはとても分厚い、何故なら寿司の修行をした人では無く、このお店で学んだよー。みたいな人が多いから。それも教えてる人もきちんと学んでなさそう。寿司も握るのでは無く、形作るって感じ。子供が粘土をこねるように両手で寿司の形にする。
今回の調理者はブータン出身の人。日本には行ったことないそうです。従業員もネパール出身。異国の人に寿司を握ってもらい、サービスを受ける私たち。


もちろん、高級寿司レストランに行けばみんな板前さんで、ちゃんと握っているし、白米も美味しいですよ!

その後、ハイラインをふらふらと歩き気づくとハイラインの長さは14stから34stまで伸びていて、確か前は23stぐらいまでだったのに。
ハイラインは観光スポットで、元々、貨物線が走っていた線路が閉鎖して、人が歩ける長い橋に改造したところです。所々、線路の面影を感じられ、コーヒーやアイスなどがちょこちょこ買えて、ベンチや憩いの場があるお洒落な場所です。




日差しは強いけど、気温と湿度はあまり高くなく、まぁまぁの散歩日和。





スタバのコーヒーは美味しく無いらしいので、ブルーボトルとBouchonのコーヒーを。

あたしはイタリアンジェラートを食べながら歩きました。夏に食べるヨーグルト味は本当に美味☺️

ザハのデザインのビルを発見‼️
これでいつでも会えるね。



どんどん街並みが変化するNY。たった1ヶ月でこんなに変わるんだね。

線路の上や線路の側を歩くのは不思議な感じで、異国な雰囲気と川も見えてよかった。




34stまでくると、線路の終点。
隣に電車が集まる所が見える。



最近気づいたんだけど、建物や橋とかだけではなく、乗り物もすごい好きみたい。
電車より車、飛行機、船のが好きな傾向なんだけど、だから小さい男の子と話があったり、一緒に盛り上がれるのかも。と思った。

たくさん歩いて疲れたのでシュークリームを食べて帰路につきました。
シュークリームはアメリカではCream puffっていうよ!



にっしーさん、ありがとう!また、来年来る時までに美味しいお店を開拓しなくっちゃ!
ナッシュビルにJoinできる日が来るといいな。



Meg⌘

aselindebison2008 at 23:54コメント(0)トラックバック(0) 
おでかけ in NY | その他レビュー

July 12, 2016

New life!

勇気を出して、10'trackを借りてみたら積荷は広くなったものの運転席や車高は、以前借りたvanと変わらなくて恐怖感無く運転が出来て本当によかった。

前回は2往復したけれど、大きくなった分家具は増えているとはいえ、うまく詰めることが出来たようで何とか一往復で行けた!よかった!

クイーンズもブルックリンも道がなかなかBampy(凸凹)なので、揺れもするし、スピードもあまり出せない。ただでさえ、J-walker(信号を気にせず渡る人)が多いので、車間が空くとどこでも渡ろうとしてくる。自転車も並走してくるし、車幅広いからすごい気を遣った。車を運転しない人の奔放さにはいつも参る。もっと気をつけて動いて!!怪我するの自分だよ!

何はともあれ、やっとあのアパートメントからの解放。荷解きはまだまだかかりそうだし、性格上、早く片付けたい方なんだけど…部屋がごちゃごちゃしてると疲れるタイプ、掃除をするとちょっとしたストレスを排出。

とりあえず今日からまた学校がスタート。英語の更なる向上のため、頑張ります!
色々やりたいことがあるのだけど、クラスはいい感じ、先生もいい雰囲気。ビザが発行されるクラスではないから、みんなやる気十分な所がちょうどいい。

クラスはhigh-intermediate. 毎日の宿題と遅刻欠席に制限があるので頑張ります!
また、音楽活動も張り切ってしていきます。

とりあえず帰ったら荷物の片付けだー。

Meg⌘

aselindebison2008 at 05:54コメント(0)トラックバック(0) 
English School | 今、頑張っていること☆

July 06, 2016

物件探しと引越しと新たな決意

物件探しは根くらべ

もう何件も何件もネットでチェックし、メールを送り、物件を見て回って、やーっと巡り合って決めました!

バスタブが無いとか、駅から遠すぎるとか、部屋が古くて汚すぎるとか家賃が高すぎるとか、帯に短し襷に長しで、2度とこのエリアには戻りたくない。と思うような事件と不備だらけのアパートメント、安全第一を考えて、woodsideに戻ります。更にオーナーから直接借りるので色々安心💖

シェアルームに戻るとか、NJに移り住むとか西海岸や他のエリアも視野に入れたけど、とりあえずもう少しNYCで頑張りたいと思います。


たくさん内覧に行って、やっと決めた新しい物件の持ち主は、去年家探しの時に最後の最後に見て、今住んでいる家とどちらにしようか最後に悩んで選ばなかった方の家と同じ方でした。仲介の方も同じ。

前回の家はクローゼットや収納スペースが無いことやネックでしたが、今回はバッチリ!そして、キッチンも広く一目見て気に入りました。
やっぱり直感は大事。前回はどちらの家も入りたくなくて、でも期限を迫られて慌てて決めてしまった感があった。
バスケットゴールも見えていたのに、床が斜めなのも気づいていたのに。

今日も窓の外では、管理人を含めて植木を植えている。アパートメントの修理は後回しで呼んでも来ないくせに、外側や自分たちが住む地下のことばかりしている。我が家のバスルームは依然、天井から水漏れしているし、ベッドルームの煙、休日の騒音は続いている。
ここのマネージメントで働く人たちはアパートメントの人が住みよくなることよりも仕事にかこつけて、自分たちが住みよくすることの方が優先なのだ。


地下に住むために灯り取りの窓をつけた辺りに植木を植えるらしい。ちょうど私たちの部屋の窓の下。


また愚痴だらけになってしまうので切り替えよう。もう直ぐ出ることが決まっているのだし、、後は次の方が苦労されないことだけを祈ります。私たちはできる限りの手を尽くしました。

ブルックリンに住んだことで、ライブラリで巡り合った素敵な友達がいるので、ここに住んだことを後悔はしていない。

近くの図書館の英語のクラスに通っていたのだけど、遠くなると通うのも大変になる。なので、また家の側で探さないといけないし、
勤めていた幼稚園なども離れることになりますが、音楽に専念しなさいとの暗示かもしれないし、また新たな仕事が始まるということかもしれない。幼児教育も英会話も必要だし、これからも勉強して行くけれども、新しい家に移動してこの一年間のあらゆる雑用から早く解放されたい。新たな家ではきっと音楽も人生もうまくいく。


最近、6/21のライブを終えて、バンドの味をしめてしまったあたしは2人だと物足りず、リズム隊をバックに歌いたくてしょうがない。彼の曲はバンドに向いているし。そして、一緒に夢を現実にしようと奔走してくれるようなパーマネントなメンバーを求めている。


1人で見る夢は夢でしかない。
しかし誰かと見る夢は現実だ。
ーオノヨーコ

大好きな友達や家族を含めた自分の故郷を離れて、NYに来て音楽や自分のやりたいことで上を目指さなくてどうするの?

そう、自分に喝を入れてまた頑張りたいと思います!



aselindebison2008 at 13:27コメント(0)トラックバック(0) 
今、頑張っていること☆ | 夢の話

June 28, 2016

家のcomplaint

新しい家を探しています。

NYCの家の相場はどんどん上がり去年より$100〜200は上がっています。
それなのに、私たちは今の家を離れ新し家を探しています。

去年の夏、一生懸命探して住み始めた家は広くて、天井も高くて、気に入ってはいたけれど、古い建物で初日からトイレとキッチンシンクの下の水漏れがあり、直してもらい、窓の鍵が閉まらなかったり、家の前にバスケットフープがあり、そこでバスケをするメンバーが夜までうるさかったり、マリファナを吸ったり、家のドアの前でたむろしていたりして、今すぐ引っ越したいと思った。

それでも管理人に直してもらうよう何度も掛け合い直し、311に電話して何回か警察を呼んで文句をいい、夏の終わりと共にバスケットフープは去っていった。
諦めずに文句を言い続けることの大切さを知った。
アメリカの110番は911
緊急な事はこの番号にかけますが、緊急ではなくても直してほしいことや行政に入ってほしい時は311にかけたり、メールをします。
公の場でのこと、アパートメントの問題、いろんな項目に分かれていて、言いたいこと、直してほしいことを書きます。
アパートの場合、それが重なると罰金ということもあるそうです。




引っ越してすぐ、家の郵便番号を間違えて把握していた管理会社に間違えたまま教えられ、郵便番号を間違えたまま、引っ越しの荷物を名古屋から7箱も送ってもらってしまう。
両方の郵便局に連絡を取りながら郵便番号が間違ってる旨を伝えるがどうにもならず、箱が行方不明に。
追跡番号の無意味さ、日本の郵便局とアメリカの郵便局の連携の取れてなさにがっかり、もう祈るしかない。


そして、秋。ビルの入り口のドアのロックが壊れ、ドアガラスが壊れていて、ガラスはすぐに直したものの、鍵は何度言っても直らず、ずっと誰でも入れる状態だった。私はそれが嫌で家賃を払いに行く時や管理人に会う度に言い続けていた。


冬が来て、外にあったビルのゴミ集積所が中庭に移動、私たちは一階の中庭と外の通りに面しているので中庭側のドアを開けるとゴミの臭いがしそうで窓を開けたくなくなった。
向かいの同じ気持ちのインド人のおかあちゃんがウチに来て一緒にマネージメントに抗議しようと言われ、したけれども聞き入れられず、場所はそのままに。
夏が来たら虫が増えるかもという心配と共に、我慢。

冬がきて、お湯が出ない、暖房がつかないなど本当によくあった。酷い日は停電も!ハリケーンサンディを体験している私は経験を生かして、湯たんぽ、蝋燭、ホッカイロ、マッチは常備。とても役立ちました。
それが功をなさなかったのか、急性気管支炎になり、空気の汚さやあらゆることからなかなか治らず、拗らせ2ヶ月ぐらい咳をしながら閉じこもり生活。
そして、行方不明のボックスのうち、1つが見つかり再送され届く。
6つは返送途中で行方不明、追跡も更新されない。

新年明けて2月。
花粉症に悩まされるかな。と思いきや、それはそこまでひどくなく、地下から聞こえてくるすごい騒音!
私たちも音楽するけれどそんな類じゃない。それも1ヶ月近く続く。何をしているのか聞くと、ボイラー室を綺麗にしているとの答え。気づくと地下に窓ができ、床を突き上げるようなハンマーの音、ドリルの音。そして遂に、バスルームのタイルにヒビが入り、部屋とバスルームの境の大理石に大きなひびが入り、ドアが閉まらなくなる事態に。
我慢できずに下の人を呼び、直してくれと言ってから直してもらえたのは2ヶ月後、それも311に通報してやっと対応し始めるマネージメント会社。日本だったらあり得ないし、アメリカの中でも対応が遅すぎる方に属する、本当にろくでもない会社。

ついでに秋から壊れているビルのエントランスのドアの話もすると、我が家の家のドアと勘違いされて、確かにドアベルが鳴らないので直してくれることに。でもそれよりも入り口でしょう!?

この入り口のベルが鳴らないことで何個の郵便物が支局に戻っていったか!
新しいピンポンを取り付けてもらう。

5月
地下に人が住み始めた気配。
どうやら、ポーター(ゴミをまとめたり、掃除をする係りの人)が住み込みになったよう。
バスルームの天井から水漏れ、管理人に言って直してくれるよう言っても、明日行く、明日行くと言って、待っててもこない。(いつもそう。)

寝室からタバコの臭いがし始める。
ヒーターの辺りを中心にどうやら地下でタバコを吸うと臭ってくるみたい。紙タバコと何かを燃やしたような臭いが夜になるとする。

どうやら、工事の時の衝撃で床にたくさんヒビが入ったみたいでそこから漏れてきているみたい。
たまにリビングやバスルームでも臭う。
臭いというのは目に見えないし、夜中や休日にその出来事が起こるのでなかなか訴え辛く、ただでさえ動かない管理会社を動かすことは難しいと判断した私たちは自分たちでシリコンコーキング、ビニールコーティング、そして地下の人に文句、マネージメントに訴えるを根気よく続けるが、コーキングしてもしても臭ってくる。

そして、夏が来てバスケットフープ再び!もう勘弁してほしい。すぐに311を呼ぶが、警察にも反抗するいい大人たち。2ブロック先にバスケットコートのある公園があるのに、この車道でバスケをしたいと言い続ける輩たち。
近くに駐車してる車には当て放題、その道を通る車はクラクションを鳴らす。バーベキューもスタートしてお祭り騒ぎ。本当に意味がわからない。


もう無理だね、疲れたね。ということで家を出ることにしました、一年の契約とはいえ、これだけ劣悪な環境ならばマネージメントに手紙を書いて途中で出るのは全然可能だったらしい。。

そしてここへきて、6個のうち、4個が日本に返送されてきたお知らせ。
このまま送り返せば送料は取らないでいてくれるらしいが、私たちも引っ越すので日本でとりあえず引き取ってもらうことに。

出てきたことで大喜びしたけど、これってただの現状復帰、もし出てこなかったら裁判も辞さない予定だった。でも送料も無駄になるわけだから、本当は請求したい!!

本当に大変な一年だった。

次の日記はもっと幸せなこと書きます(^o^)


aselindebison2008 at 11:15コメント(0)トラックバック(0) 
アメリカと日本の違い | NYのこんなとこ。
記事検索
楽天市場