August 23, 2017

ふぅー!

さて、今週から日本に行くまで、怒涛の日々が始まっています。
久しぶりの早起き生活に体内時計を合わせるのに数日かかるので、先週末から早く寝たかったのに、そうも行かず、昨日、今日とちょっとつらめです。

7時起きの 一つめが終わって、次は5時から日本語レッスン、そして夜はスタジオです。
さっさとフライヤーの入稿して、バンドのanalysingに行かなきゃ。それから、リハーサルですね。


電車に乗ってる間に、読書できるのが幸せ。今日は、小川洋子さんの「いつも彼らはどこかに」を読んでいます。「博士の愛した数式」の著者です。解説が江國さんだったので、手に取りました。短編なんですが、タイトルセンスも面白く、ハモニカ兎や愛犬ベネディクト、断食蝸牛など。



そういえば、1ヶ月程前家の近くに美味しいブランチのお店を見つけました。
パンケーキやエッグベネディクト、サラダもパスタも美味しくて、フレッシュオレンジやグレープフルーツジュースが飲めるお店です。
家の近くに通えるお店があるのは嬉しいものですね。
image


image



昨日は、Eclipse, 皆既日食の日でしたね。写真を撮りましたがイマイチの出来。

image


サングラスを2段重ねで🕶見ることができました。太陽が侵食されて三日月のような形になっていました😉
残念ながらNYでは、リングになるほど、重なることはありませんでした。
いつか見れるといいな。

image



今週末の8/26はライブです。
Lovecraftは二度目、ぜひ、みなさんお出かけください😊

日本でのライブも楽しみ〜!



August 20, 2017

彼女がくれたもの

あっという間にお休みの多い筈の1週間が通り過ぎて行きます。

7月中旬から乳がんで入院していたお友達の
訃報を受け、日本からいらしたご家族や他のは友人の方達と共に、遺品整理、ご遺体にお花を添えて、お別れを告げました。

その方がどういうことに情熱を注いで、たくさんの友人から愛されていたかを感じて、切なくなり、まだまだやりたいことがたくさんあり、やる気に満ち溢れていたということを知り、本当に残念でありません。

彼女が作っていたエコバッグ、ドル札入れ、ワインボトルバッグ、自然石のネックレス

image



そして、生前頂いた、デニムの生地のバレッタ。
image




病気や事故で人はいつ、人生を終えるかわかりません。

一生懸命自分のやりたいことを優先して、大事な人を大切にしなければいけないと思いました。
明日死んでも悔いは無いと言えるように毎日を楽しく生きたいとは、思います。

会いたい人には会いに行ったり、話したり、家族とは仲良く。

ただ、働かないと生きていけないので、自分のしたいことばかりというのも難しいものです。だからこそ、好きなことを仕事にして、好きなことを追いかけることの喜びを噛み締めていかなければいけないんだと、思います。

やっと昨日、先週のライブの音源を聞いて、ピッチの悪いところ、声質を変えて歌いたい所などのチェックをすることが出来ました。


悲しい気持ちが未だ晴れませんが、自分のことに向かわなければなりません。

彼女の死が私の心に、そして、新たな繋がりを与えてくれました。これからあたしたちは、彼女が30年いたNYでどうやって生きて行くか。何を掴むことが出来るのか。


どうか、安らかにお眠りください。
Rest in Peace.
image





August 10, 2017

誕生日🎂

先々月の話になりますが、お誕生日にNYで1番美味しいとされる焼肉屋さんに連れてってもらった話の回想。今頃。

行きたい、行きたいと思いつつ、初めての来店😊

普段2人では予約の取れないお店なのに、智也くんのお知り合いの口利きで予約をとってもらうことが出来たそうで、数日前から楽しみにしていました💃

昼間はドミニクアンセルで簡単なお昼ご飯を食べて、ランチっていうか、甘いものばっかり!

食べたことがなかったので”クロナッツ”と大好きなkouign amann(クイニーアマン)🌟
image

ケーキもずらり
image

ドミニクアンセルは、クロナッツを初めてスタートしたお店。

この日は、レギュラー商品ではなく、変わり種しかなく、それを頼んでしまったので、ちょっと甘すぎる印象。


その後、SOHOのギャラリーやお店を回って楽しみました。

今、現在進行形のアート
image

image


このガラスの作品素敵だったなぁ〜
image


image


image

image





Sleepy Jonesでパジャマをのぞいたら、店員さんもパジャマだったよ。

NYには1店舗しかないAnna SuiやJill Stuartでネイルカラーやコスメを見たり…。色んなお店をウインドウショッピング💅🏻💄👒🕶

ANNA SUIで新色カラーをゲットして、プレゼントを探す🎁
image

新しい形のメガネを探しに、Mykitaに行こうと思って、歩いていたら私のショッピングアンテナが動いて、お店のドアに吸い寄せられました。ドアの前にはブザーが。御用の方はブザーを押してね💕

そこは素敵なvintage shop😍
アメリカのビンテージショップだとサイズがあまり無いかな〜とは思ったんですが、数点、これならいけるかな。または少しお直しすればいけるかな。というのが見つかり、またそれが素敵なデザイン!

これをプレゼント🎁にしてもらうことにしました。

お会計のところで、ふと目に入った真っ黒のドレス👗
普段、あまり真っ黒を買わないのですが、数週間前に見たジョージアオキーフ展で、オキーフが来ていたドレスがとても素敵でこういうの欲しーなー!と思ってたので、似た感じのものを発見。

上二つは、オキーフの
image


image



image


すぐに試着、ちょっと直さなければいけないけどシルエットがとても素敵。これから年を重ねても着ていけそうな色(黒だから)と流行り廃れのない洗練されたデザイン👠
タグを見るとmiu miu

2着とも欲しくて、決められないので、こちらは自分で購入することにしました




その後、念願の焼肉屋さんへ。

私は生肉が大好きなので、前菜を頼みすぎてしまう傾向にあります。

こちらのお店では生肉にウニを載せたものを頂きました!
image

シーフードとお肉の最高峰の組み合わせは口の中でとろけます💖しそと韓国海苔は何と一緒でも美味しい。


生肉loverにとって、レバ刺しが品切れというのは悲しかったけれど、ユッケ、センマイ刺しを頂きました。
image

image

image


image


牛もつの煮込み

私は動物のことを考えて、肉食をやめたくなる時もあるけど、なかなかなれない。ヴィンテージショップのマダムが、ヴィーガンになったけど、とてもつまらないわよ。って言ってた。それでも、彼女ぐらいの年になった時、いろいろ削ぎ落としてそうなれたらいいな。って思う。今日はその思想は置いておいて、焼肉を楽しんだレポを書きます。


焼肉の中では、タン好きな方なので、タンの盛り合わせ(たん先、たん中、たん元)と厚切りタンを頂きました。
たん中は普通の牛タンっぽい感じ。たん先の触感が1番好きでした。

厚切りなのにとてもかみ切りやすく、全然大変じゃない☺️

これはにんにくバターの中にフィレ肉を入れて食べるだったかな。すっごく美味しかった!
image


それから、カルビ、ハラミ、ホルモンなども頂き、満腹、満腹。どれもとろける。日本も入れて、こんなに美味しい焼肉は初めてじゃないだろうか?

他にも試したいものはあったけど、2人だと限界も早い。

あまりの満腹さにシメは飛ばしてデザート!
抹茶ときな粉をまぶしたソフトクリームに黒蜜をかけて頂きました。金箔も載ってたよ。
image

ご馳走様でした😊







Meg

August 08, 2017

After gig 8/6 @the Bitter End

先週は朝からすごい雷雨だったり、夕方からスコールがざーっと来たりしていたのに楽しみにしていたライブの昨日は晴れでした☀️

そして、駅に着いた途端に電車が来てさっと乗れる交通機関もいいタイミング。天候と交通機関に恵まれる女、健在です。

今回、新しいベーシストなのと新しい場所でのライブなので色々新鮮です。

今日は72年前、広島に原爆が落とされた日。過去は変えることができないけれど、これからのことは私たちで考え、選び、行動することが出来る。戦争を起こしてはいけない。その方向に向かう一歩を踏み出してはいけないし、それを許してはいけない。単純なことです。


今日のチャリティイベントで集まった基金は、日本の災害復興にあてられるそうです。
みんなに楽しんでもらえるよう、短い時間ですが、良いパフォーマンスにします

たくさんの方に見てもらえるといいな。と思って挑んだライブ。
image^_^

とても楽しかったです!何よりお客様に聞こえる音をちゃんとPAの方に任せられて、自分の音が聞こえる!と思いました。
image

image

なんか楽しそう。
image




色んなお店で演奏するので、音響がしっかりしていなかったり、PAさんがいなかったり、モニターが無かったりということもよくあります。日本のお店がいかに恵まれていたか。

でも、NYにもきちんとしたお店はありました。ビターエンドは、ロックのお店では老舗で、レディガガが15歳の頃やボブディランやジョンデンバーなども歌いに来たことのあるお店で、NYでは割と有名なお店です。image

また、お店の周りは他にも生音楽を聴けるお店やJazzのblue noteもありますし、とても賑わっている界隈です。

一度歌ってみたいなー。と思っていたVenueでした。

PAの方はとても玄人で、外音は任せろ!という頼もしい方。色々お見通しで演奏後に厳しい=優しいアドバイスを頂きました。
自分でもふんわりわかっていることだけど、人に言われるとやっぱりそうか。と思いますよね。

精進します。次にここで演奏する時までにもっともっとよくしておかなければ。と思いました。まだよくなるでしょ。確かに。

やっぱりただ、褒めてくれる人よりも、こうしたほうがいいんじゃない?
とちょっと厳しいように感じても言ってくれる人は大事です🙂

お客様から頂いた立派なお花💐




対バンだったAlan Merrilさん、私の両親と同じぐらいの歳なのに、I Love Rockn'rollは健在。とても、フランクな人です💕日本でも一世を風靡したそうで、日本語も上手。どの歌も楽しみました✨最後に演奏者たちで写真を。


image


お母様がHelen Merrilというジャズのボーカリストで有名だそうです。


見に来てくれた私の英語の先生と!
image

次のライブは来週土曜!
8/12, Saturday 8pm- @Silvana














July 28, 2017

今日はリハとこの前のライブ写真

今日はリハーサルの日なんだけど、これから雨が降りそう☔️ 昨日、今日と少し気温が下がって過ごしやすく、少し肌寒い。 前回のライブを終えて、やっぱり演奏は毎回、毎回気を抜けないなと思った。 機材トラブルやテンポミス、ケアレスミス、気を抜くと、抜かなくてもだけどやってくる。 馴れ合いも敵。 Silvanaは定期ギグとなりつつあって、あまり緊張しなくなっている。極度の緊張ではなく、ある程度の緊張感は常に必要で、それが1つ1つのショーを魅力的にしてくれることもある。 間違えることが当たり前になることや、1つずつのライブが大切じゃなくなるのはいけない。 あとは、PAさんがGig中にその場を離れていて、ギターをアコギに変えた時にボリュームを上げて欲しかったのに、いないから音量を変えられず、彼が戻ってきて、ふと気付き途中から急に音量が上がるということが起こった。それは仕事をサボってるってことじゃない?💢 気を取り直して、 前々回のライブ写真、素敵に撮ってもらったので載せまーす!
image image
image
Websiteにはもっとたくさん載ってま〜す! https://www.lotusverry.com 髪カラーしていこー!

記事検索
楽天市場