倉敷市議会議員 あしだ泰宏ブログ - あしたを創るあしだです!

倉敷市議会議員 芦田泰宏のブログです。

地域振興

渋滞解消に向けて

自転車道の新設工事なのです

市道粒江-広江線の改良工事が急ピッチで進行中。倉敷と児島を繋ぐ幹線道路なので、ご存知の方も多いはずです。


拡幅工事に見えますが、これは自転車道の増設。しかも、新設される車線が自転車道になるわけでなく、車道がここにスライドして、空いたスペースに自転車道を確保します。
通学やサイクリングなどが、便利に(というより現実的に)なるはずです。

FullSizeRender
(倉敷方面からの粒江-広江線。矢印が新設の道路。ここに車道がスライドして移動します)

IMG_8539
(児島方面から見た道路。後期は年内をメドとしていますが....)


渋滞交差点の解消に向けて

この市道に関連して新たに着手されるのが、水島インター西交差点( 
https://maps.app.goo.gl/EzyCpmiSiRUvdPFR9?g_st=ic )の形状改良工事。知る人ぞ知る渋滞の名所です。9月補正予算で測量と設計の予算が議決されています。


FullSizeRender

(これが水島インター西交差点の倉敷方向からの進入路。この地点の形状変更の測量や設計が今年度中に行われる予定。)

ここでのポイントは、渋滞解消のため岡山県と協議してもらうこと。
倉敷方向から同交差点までは市道ですが、その他の3方向は県道だからです。渋滞は児島方面からの県道で発生します。岡山県でもこの交差点の渋滞問題を認識しており、信号制御や形状変更に関する基礎調査に着手したと仄聞しています。


FullSizeRender
(ご覧の通りの渋滞ぶりです。)

倉敷市土木部では県に連携を呼びかけてもらうことになっています。
本庁への通勤ルートでもあり、私も渋滞に悩む一人です。引き続き同事業を見守っていきます。

以上

#倉敷市 #渋滞 #水島インター西交差点 #粒江広江線  #倉敷市 #倉敷市議会議員 #新風くらしき #あしだ泰宏



倉敷市文化章贈呈式に出席

倉敷市文化章とは、文化の向上や地域社会の振興などに貢献された市民又は市に縁故の深い方に贈られるもので、昭和23年より続く伝統ある章です。

過去の受章者
https://www.city.kurashiki.okayama.jp/5699.htm


本年度は、倉敷美観地区の町家の保存/再生に尽力された建築家の楢村徹氏(倉敷建築工房 楢村徹設計室 主宰)に贈られました。
0F1DF84D-0D47-4E52-9D26-8A18018592DD
下津井、田の口湊、堀江など、自宅から遠くない地区にも情緒溢れる町家は多数ある(or あった)ので、エリア保存の難しさは仄聞しております。この分野の見事な成功事例である美観地区周辺の町家保存には、予てより敬意を抱いておりました。
IMG_8341

楢村氏は、NPO法人倉敷町家トラスト👇の活動に尽力された他、現在でも倉敷市中心市街地活性化協議会タウンマネージャーでされております。地元の良い事例から学んでいきたいと思います。
https://kurashiki-machiya-trust.jp/kmtrust/


地元の良い事例から学んでいきたいと思います。(ご参考:倉敷市議会事務局投)
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=pfbid0t3wy6fzbm6ZVDqYqtCACNjzwtdP1gL7DvKTbQDMLBuDUX5qbMQRhSNcmLRVnd9TEl&id=100044102206942

以上

サミット閣僚会合の倉敷開催決定

G7サミット閣僚会合開催決定

来年のG7広島サミットに伴い開かれる労働/雇用大臣会合が、倉敷で開催されることが発表されました。

倉敷市で閣僚会合が開かれるのは、伊勢志摩サミットの教育大臣会合に続き2回目です。

👇開催を報じるNHK News Web👇https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20220916/4020014046.html



何を狙うか

当地の知名度を上げるものとして、一市民として大歓迎です。会場となる倉敷美観地区への経済効果も、市内の経済に良い影響を与えるものと思われます。(警備は、市民生活への影響も含めて大変だと思いますが…)


同時に瀬戸内海観光のPRにもつながることを期待します。


前回の教育大臣会合では、大臣に同行する奥様方のツアーのグループが、瀬戸大橋を含む瀬戸内海沿岸を訪れてくれました。

世界的な知名度を持つ「瀬戸内海」に今回も関連の団体を誘致すべく、関係先と連携したいと思います。少しでも同行するメディアなどの目に触れ、一層の瀬戸内海の知名度向上に繋がればと思います。

👇倉敷市ホームページから

https://www.city.kurashiki.okayama.jp/39397.htm
17.9.2022 17.25のイメージ


    

#G7広島サミット#閣僚会合 #関係大臣会合 #労働雇用大臣会合 #倉敷アイビースクエア #瀬戸内海 #児島 #倉敷市 #倉敷市議会議員 #新風くらしき #あしだ泰宏


以上


開会 名物「ジーンズ議会」!

昨日9月議会が開会しました。

毎年この議会では、市内特産のジーンズをPRするため、議員も執行部もデニム生地の衣類を着ることが勧められています。

倉敷市議会名物、「ジーンズ議会」です。

IMG_7829
(矢印の先が私です。広いおでこが目印です。
毎日がクールビズ+カジュアルフライデーの感覚です。全国的にも珍しいはず。)

IMG_0648
(こんな風にGパンを履いて議会に臨みます。デニム地のシャツやGジャンを纏ってもOK。ただし強制ではありません。)

👇昨日のNHK岡山放送局のニュースです。



私も一般質問に立つ予定です。
通告書
(一般質問も準備中です。これは質問通告書の一部です。)

本議会は注目の議案、予算案が数多くあります。

しっかり議論するとともに、こちらでも少しづつご紹介していきます。



以上

職員用ポロシャツのプリント柄

何がデザインされているか見えない

5月から倉敷市役所でもクールビスが始まりました。
倉敷市では、ここ数年何種類かオリジナルデザインのポロシャツを作成し、職員に販売しております。
リラックスできるので、庁舎でも半分かもしくはそれ以上の職員の方がポロシャツ勤務です。地元の倉敷ファッションセンターが製造販売に関わっており、地場産業振興にと私も喜んで購入しております。

ところが、購入した1種類は、生地とプリントロゴの色組み合わせが悪く、プリントのデザインが分かりません。

(⬇️ 正面の右胸のプリントです。〇の中に倉敷環境キャラクター「くらいふ」があるのですが…)
image1

光の当たり方で見えたりするのかと思いましたが、そうでもないようです。

何かの間違いではないか、と思える仕上がりで、このまま販売された理由がわかりません。

確かに注文の時は、ちゃんと生地とプリント色の説明はありました。自分もおやっ?と思いましたが、きっと現物を見るとちゃんとしているのだろうと思いました。

(⬇️ 注文を取った時の案内です。自分も色の組み合わせを知った上で注文しました。)
別紙1_R4+ポロシャツイメージ_Original


地元の繊維産業の業界関係者に感想を聞くと、やはり評判は芳しくなく、これではデザインの意味がないとか、サンプルを確認せずに発注したのでは?などの意見もありました。


意図的に目立たなくしました
このデザインのポロシャツを担当した部署に問い合わせると、次の答えが返ってきました。
  • もちろん製品のサンプルは事前に確認した。
  • 色の組み合わせは意図したもの。仕事帰りに買い物に立ち寄ったり、飲食に行ったりする時、すぐに市の職員だと分かるとリラックスできない。
  • 職員はクールビス期間中は、指定されたデザインのものしか着用できない。4色ある中の、2色(ネイビーとジャパンブルー)はそうした目立たない組み合わせを選んだ。職員に意見を聞いた。
なるほど、心情的に理解でないものではありません。

しかし、率直に言って商品の完成度は?であり、イイモノ感はありません。国内有数の繊維産業のハブを標ぼうする児島地区(倉敷ファッションセンター)が関わったものとして、いい印象を持ちません。メーカーさんは、注文通りにやるしかないでしょうが。

また、プリント1つに数百円コストがかかります(このシャツにはプリントが2箇所あります)。購入者が職員個人なので、税金は使わないとはいえ、不要なプリントにコストをかける不経済感もあります。担当部署に、そう苦言を呈しました

来年度以降のデザイン選定の参考とさせていただきますとのことでした。

(⬇️ 右袖口「がんばろう倉敷」とのプリントがされているのですが、わかりますかね。)
image0




以上



海洋資源保護と漁業振興【2月議会報告14】廃棄物管理と海洋資源保護(4)

👇録画のリンクはこちらです。

該当時間帯
質問: 26分00秒~28分39秒

答弁: 41分08秒~44分01秒

https://kurashiki.media-streaming.jp/recording/meeting/detail/1007


Q13. カーボンニュートラルを目指す観点からも、たんぱく質摂取方法として、温室効果ガス排出の多い畜産肉食から、魚食が見直されている。

倉敷市は県内第二位の海面漁獲高を誇る自治体。魚食の普及と漁業資源の保護・増加において、イニシアティブをとるべき立場と考えるが、魚食の普及にどのように取り組んでいるのか? また、より漁業に適した海洋環境の改善に向けた新技術の開発がされており、積極的に導入を図った方がいいと思うが、どう考える? 


A13.(答弁者:文化産業局参与) 魚食の振興については、「親子漁業体験学習」の実施や学校給食の自由献立で魚を取り入れるようにしている。また保健所主催の「食育フェア」に参加している。 

漁業に適した海洋環境の改善については、漁協、県、市が参加する「岡山県地域水産業再

生委員会倉敷地区部会」において、また広域な漁村地域が連携して行う必要があるもの

については、「岡山県広域水産業再生員会」において、それぞれ漁業振興全体に関わる計画である「浜の活力再生プラン」、通称「浜プラン」を策定し、その中で進めている。

具体的には、漁業環境調査の他、生育環境の改善及び整備、海底耕耘や海ごみの除去等の海底環境の改善策などを実行中。

新技術の導入については、先の2つの委員会などの場で、協議、検討していく。



解説と所感


魚食文化を守る

まず前段の質問について。 

近年タンパク源の多様化が叫ばれております。話題に上るのは大豆及び、大豆由来の代替肉や、昆虫食などですが、魚食の重要性もまた世界中で見直されています。しかし、乱獲や、行き過ぎた水質管理、海水温上昇による生態系の変化、後継者不足などから、現在日本の漁業は深刻な危機にあり、魚食促進の土台は無くなりつつあります。


全国に約1,750ある自治体のうち、海のある自治体は640程度しかなく、中でも倉敷市は県内第二位の 海面漁獲物販売髙を誇る自治体です。魚食の普及と漁業資源の保護・増加に、イニシアティブを取るべき立場と考え、市の魚食振興策について問いました。


答弁にあった「親子体験学習」とは、親子で漁業体験をして、漁業と魚をより身近に感じてもらおうという市の農林水産課主催のイベントです。コロナ禍のため令和元年以降行われていませんが、いい企画なのでぜひ続けて欲しいと考えます。

👉倉敷市HP(親子体験教室のページ):
https://www.city.kurashiki.okayama.jp/34349.htm


また、魚食文化の振興については、議会外でのお手伝いもしました。 下津井のまちおこし団体である下津井シービレッジプロジェクトが作成した「瀬戸内下津井お魚料理」という地魚料理のレシピ本の市内図書館や、公立小中学校の栄養士さんへの寄贈の橋渡しをさせて頂きました。

👉ブログ「あしたをつくるあしだです」 ―地魚食べてまちおこし(5月27日投稿)―
http://blog.livedoor.jp/ash_ashida1185/archives/14797123.html


(地魚レシピ本「瀬戸内下津井お魚料理」の表紙)
瀬戸内下津井さかな料理

(「瀬戸内下津井お魚料理」(部分)倉敷市内7つの図書館に置いています)

めばる2    めばる3

漁業を守るには、漁業が儲かる業種でなければなりません。 そのためには、まず魚を食べる文化を守り、育むところから始める必要があります。引き続き積極的にサポートしていきます。


新技術の導入

次に、後段の海洋環境の改善と新技術の導入について。


まず、倉敷市では、海の貧栄養化に対応して、下水処理施設の排水の水質基準を緩和する施策を既に試行中です。


さらに、漁業振興の長期計画といえば、水産庁、県、市、各地の漁協が一体となって取り組む「浜の活力再生プラン」、いわゆる「浜プラン」が知られます。放流事業や、海洋環境改善、加工による付加価値アップや販路開拓等を通じた収益性向上など、あらゆる角度から、漁業の事業としての持続性向上を目指します。

👉浜プランHP:https://hama-p.jp/


現在の倉敷地区部会でのプランは次のようになっています。


👉岡山県地域水産業再生委員会倉敷市地区部会 浜プラン第二期

https://www.jfa.maff.go.jp/j/bousai/hamaplan/setouchi_area/attach/pdf/211004-95.pdf

新技術の導入等は、行政が取り組むとすれば、このプランの中に組み込まれるものとの答弁がなされました。


「新技術」には、例えば、JFEスチールグループのJFEミネラルズが開発した「グリーンストーン」という漁礁兼水質改善剤が挙げられます。製鋼過程で発生するスラグを活用する技術で、環境省によりその効果が実証された技術に認定されています。

環境省 HP

👉http://www.env.go.jp/policy/etv/document/pdf/etv_jfe-steel.pdf

今後とも、こうした技術の導入に向けた積極的な対応を促してまいります。

222議会質疑投稿14_ページ_1
222議会質疑投稿14_ページ_2


以上


地魚食べてまちおこし


下津井の街おこし団体である下津井シービレッジプロジェクトが作成した魚料理のレシピ本「瀬戸内下津井お魚料理」の、倉敷市への寄贈をお手伝いしました。

(寄贈を報じる地元紙山陽新聞部分)
IMG_7013


この本には、下津井で取れる魚から18種類を取り上げ、その料理法を写真や挿絵付きて紹介しています。
(倉敷市中央図書館梶田館長(右から2人目)と、左から下津井シービレッジの牧代表、(あしだを挟んで)余傳さん、南條さん)
IMG_6978


寄附は倉敷市中央図書館長と保健体育課を通じ、市内10箇所の図書館及び、図書スペースと、市内の給食の献立作りを担う栄養士に配られます。


(保健体育課橋本課長と牧代表、余傳さん)
IMG_6992

魚食文化を育み、地元漁業の一層の振興を狙っています。


多くの人の目に触れ、お魚を食べる習慣が少しでも育ってくれればと思います。

下津井シービレッジの南條さんのFacebook投稿もご覧ください。
👉https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1638814546498060&id=100011085917071


以上

レポート提出/伊勢おかげ横丁

久々のレポートのシェアです。

伊勢おかげ横丁
昨年12月に岡山政経塾の研修で伊勢神宮の内宮門前にある「おかげ横丁」を訪問しました。
民間資本100%(赤福)による地域振興の成功事例です。

IMG_5405
(訪問したのはコロナ第6波前の12月11日。多くの人手でにぎわっていました。)



👇はおかげ横丁のHPです。
https://okageyokocho.com/#bunka


おかげ横丁設立の中心にいた株式会社伊勢福 橋川相談役の講義から、観光の均一化への懸念という発想と、地域の魅力の源泉の分析や、他所との差別化を極めようとする姿勢を学びました。地元の人が伊勢観光についてこれだけ自問自答し続ける限り、魅力の発掘・開発は続くのではないかと思わせます。

IMG_5406
(これが有名な赤福本店です)


詳細は一番下に添付したレポートをご覧ください。

IMG_5400
(伊勢神宮内宮前です)


岡山政経塾21期生募集
本題からは外れますが、岡山政経塾では21期生を募集しています。
私は20期生。月2回の例会や視察からなり、はっきり言って地方議員としての活動にも大いに役立っております。
このブログでも何度かレポートを掲載させて頂いてる通りです。
塾長は福武總一郎べネッセホールディングス名誉顧問で、直島合宿ではZoom経由ながら、直接会話する機会も頂きました。

例会は岡山市で行われますが、県外から通う塾生もあり、OBには数多くの地方議員がいます。

募集要項リンクを貼ります👇


IMG_6012
(本日2月6日の山陽新聞岡山県面)


【レポート】
レポート 伊勢神宮おかげ横丁 改 2021211.docx_ページ_1
レポート 伊勢神宮おかげ横丁 改 2021211.docx_ページ_2
レポート 伊勢神宮おかげ横丁 改 2021211.docx_ページ_3
レポート 伊勢神宮おかげ横丁 改 2021211.docx_ページ_4
レポート 伊勢神宮おかげ横丁 改 2021211.docx_ページ_5

以上

インディゴ議会👖です


議会報告ばかりでは息が詰まるので、軽い話題を。


毎年9月議会では、倉敷市の名産であるジーンズをPRするため、ジーンズもしくはデニム地の衣類の着用が認められております(というか推奨されています)


インディゴ議会です!


FullSizeRender
これは伊東市長。デニムのジャケットです。

FullSizeRender

ジーンズ着用を説明する中島議会運営委員長。デニムのシャツを着用しておられます。


FullSizeRender
























議場に向かう我が会派新風くらしきのメンバー(一部)の後ろ姿です。
皆さん勝手に写真を使ってごめんなさい。



IMG_4559


























これは私です。頭がデカく似合ってません。


議員も執行部も議会中はジーンズ👖です。


このカジュアル感は、さながらアメリカ西海岸🌴🏄‍♂️みたいでイケてます!


以上

レポート提出/高松市丸亀町商店街訪問


岡山政経塾

岡山政経塾という政治塾に通っております。

http://www.oskj.jp/

議員にはなりましたが、まだまだ知見を深めたいとの思いあり、4月から正式に20期生として学んでおります。

月に2回の講義もしくは視察があり、2週間以内にレポートの提出が義務付けられております。

拙い内容でもできるだけこの場でレポートを公開していきたいと思います。



全国最先端 丸亀町商店街

商店街活性化+コンパクトシティ化実現の具体例を知るとして、お向かいの香川県高松市にある丸亀町商店街を視察しました。緊急事態宣言前の5月8日です。

IMG_0180


そこでは多数の商店街のオーナー達から、商店街振興組合が60年の超長期の定期借地権で土地を一括して借り上げ、更地にし、新たに商店街やマンションを建設するという離れ業をやっております。所有権と利用権の分離して、テナントを募集しています。

IMG_8341


マンションにはかかりつけ病院やフィットネスを併設し、フレイル防止から往診サービスまで実現する半ば医療施設的な機能も持ちます。食品スーパーもある上、商店街なので買い物はすべて徒歩もしくはエレベーターでできます。

IMG_8343



IMG_5995


商店街にはブランドショップも軒を連ね、店舗案内はまるでシッピングモールのそれのようです。

IMG_6009




丸亀町商店街については、👇ホームぺージの「再開発について」に詳しく書かれております。





結果的に人口も増え、強烈な成功事例として日本全国に知られるようになっています。(近県にあって本当に良かったと思っています)



レポートは下の通りです。
政経塾repo 丸亀町商店街 カバー版_ページ_1
政経塾repo 丸亀町商店街 カバー版_ページ_2
政経塾repo 丸亀町商店街 カバー版_ページ_3
政経塾repo 丸亀町商店街 カバー版_ページ_4







以上



全く新しいコンセプトの道の駅 

道の駅 山陽道やかげ宿

3月28日にオープンしたての「道の駅 山陽道 やかげ宿」に行きました。

IMG_8177

この道の駅には強い関心を持っており、できれば市内(下津井など)に似た形式の道の駅が誘致できないかと前から考えています。



素晴らしいコンセプト

興味を持った理由はそのコンセプトにあります。


ここは他の道の駅にある大きな駐車場や物販スペースはありません。食事や買い物は矢掛町の商店街(山陽道の宿場町跡と重なる)でしてもらい、駐車場はなんと周辺5か所に点在します(駐車可能台数は道の駅の規格を満たしているそうです)。


従来の道の駅が郊外に新たに誘致されがちなのと違い、今ある街を生かして地元の人が潤うことを狙った発想です。共感する人が多いのではないでしょうか。


自慢の宿場町の本陣、脇本陣や古い町並みが残る山陽道の宿場町 矢掛の観光も加速します。


「やかげまるごと道の駅」と呼ばれるコンセプトです。

⏬ テレビせとうちの番組動画がYoutubeに公開されていましたのでご覧ください。




地元の結束がカギ

道の駅の補助金のほか、報道によると県と町とで約12億円が投入されています。しかし注目すべきは、地元商店街の皆さんの結束です。

道の駅誘致の前から、矢掛町では町屋の再生や積極活用、恒例行事である矢掛大名行列の米国進出などを実現させてきました。

プロジェクトの仕掛け人(商店会長、商工会長さんを歴任された方)ををよく知っており、この方の行動力・指導力・人間性が特筆されるのですが、それに加え、地元の商店街の皆さんが、足を引っ張りあうことなく、矢掛の発展のため心を一つに団結して行動していることが決して無視できません。行政もとても後押ししやすかったはずです。



以下、今日は写真を中心にご紹介します。


IMG_8147

これは情報センターとしての建物「道の駅山陽道やかげ宿」という建物です。
地域おこし協力隊としてANAのCAを休職し案内をされている女性がおられました。

IMG_8158


建物の中には、商店街で買える商品の展示スペースがある他、

IMG_8148

建物の内装などを岡山県出身の工業デザイナー水戸岡鋭二氏がデザインしています。  

IMG_8153

さながら建物全体が幅広いジャンルで活躍する水戸岡氏のミュージアムになっています。

IMG_8161
F84EBF74-1EE6-44BC-BC4A-3730418F4DF2_1_105_c

1A2B8CBA-D51A-46DA-AE2B-684431EC97A2_1_105_c

D2DC51D9-4838-4B73-AC38-1371FB3D8B7E_1_105_c


また重要なのは、無料配布される街歩きガイドが非常に充実していること。コンセプトからすれば当然ですが。

IMG_E8173

IMG_E8155

IMG_E8156


IMG_E8157


👇は再整備されたと思われる矢掛ビジターセンター「問屋(といや)」の様子です。

IMG_8183


IMG_8182


最大のコンテンツや矢掛の街並みです。
IMG_8170

無電柱化工事した家並みが美しいです。
IMG_8174


道の駅の新しい形を見せられました。

ゴールデンウイークにいかがでしょうか。


以上

児島版 ラ・ラ・ランド


見てきました!
地元児島を舞台にした映画「石だん」。

今日はそのプレミア上映会でした。


FullSizeRender

どんな映画か一言で言えば、
ズバリ、
「児島版 ラ・ラ・ランド」

夢をあきらめてはいけない!という熱いメッセージが込められています。児島八十八箇所を巡るロードムービーでもあります。

FullSizeRender

正直言って3回泣きました。そんな映画です。
(郷土愛ある人なら号泣ポイントもあります)

お勧めします。

なお、追加上映も決定しています。
(玉野) 
6月20日(日)10時〜17時 
玉野市玉野産業振興公社3階 3回上映       

(福山)
7月18日(日)
福山市福山駅前シネマモード

今日の上映会はYahoo!ニュースにも取り上げられています。




映像メディアの持つ力に改めて脱帽です。


どんな地域おこし政策もかすみそう。

【議会報告6】児島地区沿岸市有地の有効活用について


最後は市有地の有効利用についてです。

Q13.児島ボートは今後駐車場の余剰感が生まれる可能性が大きく、他の用途での活用が検討され始めている。一方児島にはここから1,5kmほどの距離に給食共同調理場向けに用地取得が決まった海技学校跡地があり、ここも調理場では使い切れない余剰スペースが生まれる可能性がある他、そこから1km圏内にある児島環境センター横には多目的広場という名称の広い芝生広場がある。

これら3つの市有地は市民が使えるウォーターフロントとして貴重で、重複に注目するより、恵まれた条件を十二分に活用したい。バラバラに用途を検討するのではなく、相互に連携した
1+1+1が3以上になるように使い方をぜひ検討して欲しい。


これは質問の形態は取らず、要望として出しました。


解説と所感

互いにどういう位置にある?

これはまず下の写真を見てもらうのが一番だと思います。
赤い丸で囲んだ場所がその3箇所です。

2.4.2021 20.42のイメージ


前記の通り全て海に面し、児島駅からも程近く、また駐車スペースにも困らないという本当に恵まれた条件にあります。真ん中の海技学校の跡地だけは日テレ系のバラエティ番組に出て来るDASH海岸のような入江になった場所にありますが、それでもこのエリアの南側には海を挟んで鷲羽山を望む美しい景色が広がります。


倉敷市では貴重な海岸線

児島地区の強みは海にあるというのが私の持論です。


市内でも倉敷の真南にある水島は、残念ながら海岸線は企業が占有しており、それが玉島乙島地区まで続きます。市民に広く解放されたウォーターフロントで、しかも瀬戸内の島々や対岸の四国の姿が日常風景に溶け込むのは児島地区ならでは貴重なもの。

海ぎわに3箇所の市有地があるなら、3箇所あるなりの使い方を考えようというのがポイントでした。

議会では、具体例として私は海沿いウォーキングコースのスタート/中間/ゴール地点として開発し、ストレッチなどの運動器具や、大規模ドックランを併設した
(ペットも一緒にウォーキング!)拠点とする、また何らかのマリンスポーツやアトラクションの拠点にする(3地点の中心付近には児島観光港がありシナジーが生まれるかも)などを例示しましたが、あくまで思いつきでもっといいアイディアはあると思います。


これがどれだけ難しいことか

要望として出したので、市からの回答はありませんが、それでもこれは非常に難しい要望なのだろうなと思わせることがありました。

最初は質問として用意し、執行部と事前打ち合わせ(質問取り)を始めたのですが、打ち合わせには3つの部署から5人がやって来るという仰々しいものとなりました。それぞれの担当部署が異なるからです。
環境リサイクル局、市営企業であるボートレース児島、企画財政局がそれで、「『3箇所が連携した使い方』とは、議会ではどの部署が回答すればいいのでしょうか?」と聞かれ、また、うちの部署が答えるのもしっくりこないと担当者間でやりあうのを目の前で見せられ、とても困惑している様子が見て取れました。質問から要望事項に変更した時には安心している様子でした。

「連携」に向け旗を振る部署はここにはないと感じました。

この縦割りこれを解決するには市長のトップダウンなしでは進まないのだろうと思いました。


中継録画リンクは36:30以降終わりまでがこの質問です。



以上


都市機能縮小(!?)...... はぁ(溜息)

鶴屋南北

地元 児島/玉野市民劇場の観劇会で「東海道四谷怪談」を鑑賞しました。

初めてじっくり観た鶴屋南北ワールド。
ドロドロの愛憎劇に戦慄、でも刺激的!
作者の意図は?などが随所に。また、歌舞伎式演劇で近世古語のセリフが耳障りがいいです。

IMG_5646


都市機能縮小⁉︎
会場は児島文化センター。今の限界maxの観客を収容でした。

ここは、耐震強度検査を理由とした長期の使用停止→そのまま解体 が規定路線の噂あり。こうした演劇などのパフォーマンスは、舞台と会場が同じ空間を共有するライブにこそ意味があり。引き続き身近な場所で親しみたいものです。


箱ものを新設する時代でないのは当たり前。人口減少時代に向け、これからは都市機能の集約・縮小が課題なのも分かります。

ただ、この文化センターが無くば、児島地区は能力270数人限定のジーンズホールのみとなります。チケット売り上げ高を気にしないグループだけ呼べばいいということなのでしょうか。6万人以上いる地区としては、さびしい限り。せめて700人程度の規模の箱を維持してほしいと思うのは贅沢なのでしょうか。


どうしたらいい?

児島文化センター単独での開発はいかにも難しそう。

周辺に立地する民間企業と、コンソーシアム(共同事業体)を組んで、近隣の一体開発をすればいいと思うのですが、どうでしょうか。いわゆる官民共同共同事業体(LABV)方式を採用して。

すなわち、近辺は民間企業は天満屋ハピータウン、中国銀行、トマト銀行、下電旧児島駅博物館が、公共建物は児島地域交流センター、児島図書館などが集まる一角。駐車場や商業施設、マンションが集中して立地するエリアにできればいいと思うのです。この時民間企業には県外の資本も呼びます。

需要が足りないかなぁ。

今のうちに…  尾道視察!

今のうちにと、前から行きたかった尾道を視察しました。


ファンが多い有名な街ですが、時間のない今回は県営倉庫を改造したOnomichi U2と千光寺、それと尾道ラーメンを食べることに絞りました。


古い県営倉庫を改装したOnomichi U2(https://onomichi-u2.com)は、想像以上のお洒落さで🌼
水際の岸壁にある建物だと、ここまで違うものになれるのかと唸りました。

千光寺は市内が一望でき、(観光のまとめができる)癒されるいいお寺でした。

尾道ラーメンはもちろん大満足の◎。

先日レポートした鞆の浦と合わせて半日の強行軍でしたが、魅力の一端をしっかり垣間見た思いです。

以下写真とともにご紹介。


もはや説明不要か。
醤油ベースのあもと背脂の出汁の尾道ラーメン。店は「壱番館」さん。コクとあっさりのバランスが絶妙。
IMG_4820
ラーメンの場合、中年を過ぎるとキツいと感じる有名店もありますが、ここでは「いいものを食べた〜」としみじみ感じられました。

食はそれ自体で訪れる理由になる強力な観光アイティムです。



これがOnomichi U2の外観。元は県営倉庫です。
IMG_4826

中にバイクショップのGiant、セレクトショップ、レストラン、コーヒーショップ、ホテルまであります。



入り口すぐにGiantの店舗。近くのしまなみ海道を訪れる自転車愛好家がターゲット。

IMG_4827

オーナーは県のままで、民間企業に貸し出し運営しているとのこと。

何のことはなさそうですが、県営施設の目的外使用ということで、これだけで役所にとってはハードルとなります。

岡山県でも同じことをやろうとした団体がありましたが、管理者である県港湾課がYesと言わず。
広島県は知事がリーダーシップを取ったことで違いが生まれました。


また、雑貨店には今売れ筋のエコバックが多く品ぞろえされていました。

とても大事なことは、中にあるお店がトレンドから切り離された「お土産物屋」ではないこと。

東京にあってもおかしくなさそうな、地元の若者でも買い物に行きたくなる店であることが、地域にとっても店にとっても値打ちを保つポイントになると思います。



IMG_4830
別の入り口。中にはホテルとコーヒーショップ、ベーカリーがあります。

ホテル側には耐震補強のH鋼が多数。この工事にお金がかかるんです。



外のスペース。

あるのは岸壁と尾道水道。それと対岸の向島。

眺めがイケているわけではないけど、気分がリフレッシュされるのは海に面しているから?

昔は倉庫前のコンクリートの野積みスペースか何かだったと思うのですが、ウッドデッキを引くと全然違う空気になるから不思議。

IMG_4825


デッキは建物の周囲全体を取り巻いています。
IMG_4822



建物の外には、尾道市が作ったコインシャワーが。 バイカーの御用達。

檜の香りがする気持ちのいい空間。

IMG_4837



天窓から日光が降り注ぎます。

IMG_4838



千光寺公園展望台からの眺め。眼下には尾道水道。
高台があると、旅のまとめをしたような満足感が出るから不思議。
IMG_4844

ひっきりなしに行き交うフェリー(渡し船)も、街のアイコンですね。



千光寺展望台にあったレストラン前あった張り紙。
日本中の観光・外食産業が苦闘中です。

IMG_4843


以上

今のうちに… 鞆の浦視察!

今のうちにと、前から行きたかった鞆の浦を視察しました。

瀬戸内海の先進観光地です。



まず驚いたのが、街並み保存の見事さ。

IMG_4859




ほぼオリジナルの木造状態がここまで広く残っているのは見事です。
倉敷にとっても脅威かもしれません。

IMG_4860



ただ、こちらはどちらかというと、飛騨の上三之町や、木曽路の妻籠・馬籠の雰囲気です。

IMG_4870




地面の石畳も作り変えているようです。
相当お金をかけているのではないでしょうか。

IMG_4869




昔の港町ならではの細い路地もあります。

IMG_4858




地元住民の方の建て替え希望もあるはずで、どうしてここまで保存できているか、いつか調べたいと思います。


なお、建物は由緒あるもので、江戸末期から。

これは私の地元の下津井などと同じで、北前船航路の極盛期と重なります。

IMG_4854



この石段が有名な雁木(がんぎ)。

段を選べば、潮位によらず船へ水平に渡し板をかけることができます。

小さい頃、私の地元の港にも数多くありましたが、今は浮き桟橋に替わっております。

鞆の浦は天然石(花崗岩)の雁木が保存されている数少ない港だと聞いております。

IMG_4861




ランドマークの燈台です。

航海の神である讃岐の金比羅大権現の名が掲げられております。

なお、この鞆の浦から香川県三豊市の荘内半島を結ぶ線が、瀬戸内海で一番浅い箇所、もし水が干上がれば、分水嶺になるところだぞうです。

IMG_4863



町屋を改造したカフェもしっかりあります。

前を通ると、若い女性の店員さんから客引きの声がかかりました。

商売熱心も大事なポイントですね。

IMG_4865


IMG_4866



思わず入りたくなります。

IMG_4868


写真はありませんが、目の前にある仙酔島の眺めも癒されるものでした。
鞆の浦からは人工物が何も見えないのです。



瀬戸内海には、古い家並みの街並みが残る港町、漁師町が点在しています。

下津井や児島田の口港、笠岡の金浦など個人的に縁のあるところだけも数多くあります。

しかしここまで街並みがしっかり保存ができているところは知りません。

若い人が働くお洒落かカフェや、セレクトショップもいくつもありました。

観光客が来れば商売になるとしみじみ思いました。




映画制作費用クラウドファンディング

児島を舞台とした映画制作費用を募るクラウドファンディングサイトが、明日7月9日(木)10時にOPENします。 ぜひお手伝いください!
2020-07-08 22.26のイメージ
監督の桑田浩一さんは地元で美容師をしながら映画制作を手掛ける映画監督です。 ツイッターアカウント:https://twitter.com/eigakamiisan?s=20
最近の作品である「かみいさん」、「ももの姫伝説 Shimotsui」 は地元から熱狂的支持を集めました。(関連リンクを下に貼ります)。 本年2月に開かれた試写会の様子はここでも報告させてもらった通りです。監督とは地元を盛り上げる同志として意気統合しております。
https://www.facebook.com/yasuhiro.ashida.52/posts/1485970224917398
この度第三作目となる「石段」の撮影構想が纏まりました。
監督は映画制作の目的をこう説明します。 ★人口減が続く「児島」を復活させ元気にし、活気溢れる町に戻したい! ★これからを担う若者に夢を諦めず、追い求めていくことのかっこよさを伝える作品を作りたい! ★児島に八十八ヶ所があることを知らない方が多く、映画化する事により「児島八十八ヶ所」に注目してもらいたい!
クラウドファンディングは、公開直後の5日間でどれだけ支援を集められるかが、成功の大きなポイントになります。
ぜひ、応援いただきたくお願い致します。
本作品は中国銀行、山陽新聞が運営する、県内発の地域応援プロジェクト「晴れフレ岡山」の認定を受けております。
地域振興の動画といえば、自治体が多額の補助金を払う映画や外注先に作らせる賑やか動画をイメージします。一方こちらはフル民間ベースの清々しさがあり、地元PRの濃いメッセージも備えております。 こうした活動をするクリエイターが地元にいることが誇りですあり、今後の活動に多いに期待しております。 ひとりでも多くの方にお手伝いいただければありがたいです。 関連サイト かみいさん
2020-07-08 22.29のイメージ
https://www.asahi.com/articles/ASLBF438HLBFPPZB00Q.html https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8B%E3%81%BF%E3%81%84%E3%81%95%E3%82%93!

ももの姫伝説shimotsui
2020-07-08 22.31のイメージ

https://momonohime.home.blog/

7日間ブックカバーチャレンジ 最終日「地方消滅」

7日間ブックカバーチャレンジの7日目。

STAY SAFETYが残りました。
TKY(東京)には
K(kilo =1,000=多数) が足りない文字だということで、これを(地方)とこじつけ、この本を紹介します。



「地方消滅 −東京一極集中が招く人口急減− :増田寛也著

2020-05-29 20.02のイメージ (1)



会社を辞め、ふるさとに戻るという人生の決断に影響を与えた一冊です。

 

日本の人口の減少を若年女性人口の多寡からシミュレーションしたもので、このままでは人口減少により2040年頃までに日本から869の自治体が消えると予測しています。「消滅可能性自治体」にあげられた自治体から異議が出されるなど議論を呼びました。(幸い自分の住む倉敷市はこの中に入っておりませんが)



日本の高齢化と人口減少は海外では有名。既に未来の商売の相手とは見做されなくなりつつあります。


東京一極集中に異を唱えつつ、現場(=地方)を支える仕事がしたい、と考え始めるきっかけともなりました。この後、いろいろな
人口本、地方振興本を読み志を鍛えました。


ということで本日でブックカバーチャレンジを終了ます。


お付き合いいただいた方は有り難うございました。

 

 

 

 

 

ギャラリー
  • 水道管が破裂したら
  • 水道管が破裂したら
  • 議会活動の成果が出ました
  • 久々の街頭活動
  • 久々の街頭活動
  • 鉄道沿いに侵入防止の金網を設置
  • 鉄道沿いに侵入防止の金網を設置
  • 鉄道沿いに侵入防止の金網を設置
  • 鉄道沿いに侵入防止の金網を設置
カテゴリー
  • ライブドアブログ