specialy

りぼんの感想を中心に、好きなことを

りぼん1月号





区切りのよい1月号から感想書きたいと思います(´∀



――――



表紙:背景の色が変わってて新鮮でよかったです。



―「桜姫華伝」

桜と同じ顔、同じ声、同じ体の瑠璃条。

それを知らずに塊に人間にされた彼女は悲運というか、不憫というか。

もちろん、塊の「ある計画のため」という理由で桜と同じ姿にした、
というのもあると思いますが、やはり「桜に会いたかった」という理由も大きいのでしょうから。

でも瑠璃条は無条件に塊を愛してしまった。
塊も私も愛している、と。

満月の夜「同じ姿」の桜を見てしまった衝撃は図りしれないほどだと思います。


「おまえにはわからないだろうな!「本物」のお前には!」


かといって桜を憎むのは筋違いな気もしますが、気持ちはわからなくもないです。
だって、自分は塊の「特別」だと思っていたのだから。

果たして2人の桜を塊はどうするのか。
楽しみですね。



―「夢色パティシエール」


文化祭でお嬢と対決する話。

クロワッサンという題材を使うのは新鮮で面白いですね。

やっぱり、スイーツ作りに重要なのは「高級な材料」ばかりではなく、
スイーツに込められた「気持ち」なのだと改めて思わされました。



―「ひよ恋」

編集部に大プッシュされているこの作品。

「恋愛」をテーマにした作品はりぼんには少ないですし、
その恋愛というテーマに正面からぶつかっている感じでいいですね。

全体を包む暖かくぽわぽわしてる空気も素敵です。

「私自分の世界を変えたい
 広瀬くんと同じ高さからみる世界は
 とてもキレイだった」

「身長差」と「ひよりの心」というのを上手く扱っているなあ、と思います。
「身長差」という壁があるからこそ、ひよりは落ち込みそして励まされる。

普通の恋ではない「身長の差」というのを大切にして、
ひよりの恋がすくすく育ってほしいと思います。



―「MOMO」

大魔王やめる宣言をしたモモちゃん。

しかし、白の方のモモちゃんが大きくなってしまった分、
黒いモモちゃんが出てきてしまう。

この2人がどう絡むか楽しみです。



―「スターダスト☆ウインク」

自分と日向は両想いと思う杏菜。

そしてやっと杏菜は行動に移します。

が、しかしそこに待っていたのは期待とは違う結果。

先生が来た途端、ぱっと手を離される瞬間というのは、
とても悲しいというか、寂しい瞬間だと思います。

「恋愛対象外」というのは幼なじみという意味ではなく、先生という意味だった。

ここから杏菜がどう動くか見ものです。



―「めぐる」


予告の作品……、どうした!?、笑

予告の結構読みたかったんですが!

個人的に、好きな人にあてる「照明」という仕事と、
「田中ちゃんの恋心」を照らし合わせているところがいいなあ、と思いました。



―「kiss me ホスト組」

豪さんの過去にうけた、笑

しかし多くの女の子を思わせぶりにして気を引くというテクニックはすごいと思います。
皆豪の罠の中だもんね。

さて、この罠のなかからマコがどう抜け出すのか。



――――



今月号の感想、結構まじめに書いたんじゃない?(・∀・)
感想書いてない作品もありますが、そこは色々あったんでおけということで。

あと何かコーナー的なものやりたいんですが、毎月恒例☆的なね。

何やろうかな。


はじめまして




はじめまして(・∀・)


すごく訳ありで、新しくブログ始めることになりました。

まあ、2010年心機一転って感じでいいよね。


放置プレイ連続となると思いますが、どうぞよろしくお願いします。
livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ