この前劇場版ドラゴンボール神と神を見て来ましたー。
ドラゴンボールは昔から好きだったので結構楽しみにしていました。

さすがおもしろかったけど完璧を求めるとしたら物足りませんでしたね。昨年あたりから期待していたのにこれかーみたいな。
本編が厚みがあっておもしろいだけにそれと同じか超えるくらいの作品を続編として作り上げるのは大変ですよね。

まずビルスが本当の悪者ではないことに驚きその時点でハラハラドキドキの緊迫感は薄まりました。
バトルへの盛り上がりも薄いためバトル自体の充実感もなく結構呆気なかったですね。

サイヤ人皆で合体するところも超大事なイベントなのに何か軽くて。サイヤ人ゴッドになっても感激みたいなのは全くなく悟空の炎の気のCGが違和感ありました。
最終的に勝負というより力試しという感じで勝つ負けるも曖昧で結局負けてしまい負けるっていうのもどうなの。いわゆるバトルの興奮みたいなのも感じませんでした。色々重みとかは一切なかったです。

でもその軽いっていうのはいい意味でもあり、コメディというか笑いの要素はとてもよかったです。
ベジータの一連の行動とかここまでやっていいのかっていう感じで笑いましたし、ピラフ様のところも色々散りばめられてるギャグがすごくおもしろかったです。

あとキャラクターですが今回初登場のビルスとウイス。
怖いのか優しいのかわからないから怖いっていう今までにない個性がありいいキャラクターだと思いました。最後のこれで破壊ねっていうシーンとか印象に残りましたし。実はウイスが師匠というのがおもしろい。

悟飯はもう完全にギャグ要員でしたね。ベジータは全体的におかしかったけど妻を守るために覚醒したのはいいなー。それすらおもしろく思えてくるけど。
私はドラゴンボールの魅力であるだろう男性陣がキリッとかっこいいのが好きなのでそういう意味では不満足でした。
そして大好きな大人版トランクスが出てこなくて残念。助っ人呼ぼうとしたときまさか未来からトランクスをって思ってしまったわ。
ビーデルはきつめだったけど丸くなって女性らしくなりましたねー。結婚すると母になるとやっぱり違うのかしら。私はきつめのビーデルも好きですよ。

全体的にコメディ要素が強くて終始ほんわかしていました。
なのでどちらかというと女性は楽しめた人が多かったんじゃないかと思います。
反対に修行、バトルを重点に置いた激しいアクション系を望むなら特に男性は物足りなかったんじゃないかな。

また続編はありそうですよねー。
ビルスも倒してないしウイスもいるしまだまだ神様がいると続編を思わせる発言もありましたし。
でもまだビルスも倒せないのにそんな先なんて考えられないですよね。あとどういう風に覚醒するんだよってもうすごく限られてくるように思うし、はちゃめちゃなことにならないでほしいしなー。
神様は強くないといけなくて、悟空たち地球人も追いつかないといけなくてそのバランスが難しいですよね。どうかその辺をうまくやってほしいなと。

そしてビーデルの赤ちゃんですよ。楽しみです嬉しくてどんな子が生まれてくるのか気になります。これは続編やるしかないですね。

とりあえず続きを楽しみにしてます。