毎年恒例、劇場版コナン見て来ましたー!
最近はコナン熱が下がってたけど劇場版があるこの時期はやっぱりコナン熱が上がりますね!イベントやキャンペーンに本誌の盛り上がり…もうわくわくが止まりません(^ν^)

異次元の狙撃手、簡単に感想書きますがネタバレを含むのでご注意ください。

まず今回の目玉といえばやはり原作の先を行く新事実の発覚!そんな大したことないんだろうな、そういう原作の先をいくどうこうより映画の完成度よ、とか思いながらも楽しみにしていました。

全体の感想としてはまあまあおもしろかったです。事件は全体に筋が通っていてわかりやすい内容でした。緻密さや意外性も合ったし。最初は説明の多さ…!って感じでしたけど。
ただ映画ならではの盛り上がりがなく淡々してるように感じました。最後のベルツリータワーのところが盛り上がりだと思うけど漆黒と似てるし…そういうアクションじゃなくてハンターの人間性とか吉野との絆をもっと大きく描いて話に絡めてほしかったなー。

いやーでも昴さんがいつも以上にかっこよく見えた!大人しく冷静な感じからの最後の天才スナイパーは反則!蘭がターゲットに被って「ちっ」てところが個人的にツボです!笑
最後は例の本編の先を行く種明かしがありましたがネットを見てかなり前から知っていたし、本誌でも見え隠れしていたのでやっぱりかーという感じでした。
でも最初にネットでその説を見たときはものすごいびっくりしましたよ!その頃はコナンを推理をせずに読んでたから特に。
その種明かしはわかってたからいいとして問題は次兄が誰かなんですよねー。希望を含め色々考えていますが気になります。

そして劇場版の見所はやっぱり原画!で今回も興奮箇所がたくさんでしたー。
赤井含めて色んなキャラの原画があって幸せでした。個人的には世良の原画に一番興奮し「おおっ!」って声が出ました。

あと声優さんで重要な役の福士さん。
英語や他愛のない会話はよかったけど叫ぶところがただの福士さんだった。福士さんって何か言葉のイントネーションに違和感があって訛り?それがそのままだったからちょっと残念でした。
エンディングは曲としては明るくかわいらしいけど映画と合ってないように感じた。この流れの終わりからのこの曲!?みたいな。

統括すると、映画としてはわくわくしましたし完成度はまあまあでした。
すごく気になるのが来年ひまわりって何!?全然予想がつかない…