specialy

りぼんの感想を中心に、好きなことを

2010年12月

きよしこの夜


早いような、遅いような今年も1年終わりですね。
楽しいことも、苦しいこともたくさんありました。
思い出に残して、また来年楽しく走り抜けていけたらなと思います。

そしてこのブログに足を運んでくれた皆さま、本当にありがとうございました。
至らないしだらしないのに、遊びに来てくれる皆さまのおかげで、このブログを続けていける糧となりました。
感謝します。
そして来年もよろしくお願いします。

あまりかっこいいことは言えません、寒かったかもですが許してください。

みなさんよいお年を。

2011りぼんスペシャル冬の増刊号


「だから好きなんだってば」 黒崎みのり
このかたが描く高校生の物語始めて読む気がするんですが、予想より全体的によかったです。
あまり心に残る物語じゃなかったけど、さらっと読めたよ、と。
私は黒崎先生の描く小学生男子がかっこいいと思うので、見慣れないせいもあってか猿飛くんはあまりかっこよく見えませんでした。
でも、最近りぼんにも多いチャラチャラした感がなかったので、物語全体も爽やかに見えました。

 「ブルーフレンドafterdays」 えばんふみ
本誌連載の終わりかたが微妙で、増刊で片付けられるのかなと不安だったのですが、爽やかにきれいにまとまっていてたのでちょっとびっくりでした。
劇も結局配役交代とかするんじゃ…と思ったんですが、最後までやり通したことで皆の心の成長が感じられてよかったです。
歩と美鈴の気持ちもいい意味ですっきり流れていったので「溺れていた、名前も知らないこの気持ちに」がよくわからなかった、ってなっても大丈夫でした。次回作楽しみに待ってます。

「いちいちズキズキハート」 木村恭子
私は木村先生の絵とか作風とかが強烈なのが苦手で、あまり好きではないです。
このいちいちズキズキハートも強烈で、ついていけなかったのですが今回は1番面白くてびっくりでした。
犬田くんが、真夏のことを廊下で待っていて「よくねーよ」って言ったところはこの増刊で始めてきゅんっとなりました。
新キャラのネコちゃん眉毛が怖いけどいいキャラになってくれるといいな。

 「君が教えてくれたこと」 樫の木ちゃん
このシリーズ好きなのでわりと期待してたんですが、微妙でした…。
特にはっきりとした山場がなくて物語もありきたりの枠にはまってたままだったからかな。
おかんが何か抱えてるんじゃないか、というのは読んでて思ったけどお父さんのいいところしか話していない、というのは予想できなかったしおかんの純粋な優しさがわかってよかったです。

 「リアルme」 薬師寺敦子
このかたの投稿時に絵が天性のもの、とか書かれ批評されてたのである意味めっちゃ気になってました。
だけど、デビュー作読んで今までなんな作品に変な癖があるのかな、とその癖が好きになれずしらけて。
そしてこの作品は薬師寺先生の例の癖がよく出てしまった作品だと思います。その癖はいいのか悪いのかは読む人の判断だと思いますが、よく言えば個性があるよってことだと思うので誰にでも好かれる、らしい作品を作っていってほしいと思います。
でも、掲載速度速いのはすごいと思います。

2011りぼんスペシャル冬の増刊号

 
619ccVzIecL__SL500_AA300_

この増刊読み終わってないのに、りぼん2月号発売してしまった…






表紙:冬らしい。藤原先生独特の色塗りかたが異色でいいけど、雑な印象も。

「絶叫学級」 いしかわえみ
扉絵、初めていいと思った。話はたまにはこういう爽やかなラストも必要だよね、と思いました。ていうか優美って黄泉でしたっけ。確認してないんですが、性格と見た目的にそうだったよね。
絶叫学級は地味に人気が安定していていいですね。増刊の巻頭も取れたんだからそろそろ本誌の表紙にくればいいと思う。

「桜姫華伝」 種村有菜
これって掲載する意味あるのかなあ。面白くないっていうよりも寒く感じるし、作品の空気も壊してる気がする。

「ひよ恋」 雪丸もえ
コウくんいいですね。
役回り的にひよりが好きになりそうなんだけど、そうじゃないのがいいし安心した。

「キラふわXmas」 牧野あおい
キラふわKissが好きになれなかったので、ふーん…としか感じられなかった。

「素直にメリーキス」 柚木ウタノ
まず、男の子の性格やキャラがわからなかったのでぜんぜん感情移入ができなくさらっと終わってしまった。
 
「サンタなう」 はんざわかおり
前作の男声のやつが面白かったので期待してたんだけど、あれって感じでした。微妙に笑えなくて滑ってた感があり残念でした。
こういう形式のギャグまんが好きなので次回作に期待。

「姫ちゃんのリボン番外編 コイスルキモチ」 込由野しほ
高田くんかっこいいと思いました。
予想外の爽やかな性格でかっこよかったため大地くんに匹敵するぐらいに感じ、女子に騒がれていないのが不思議に感じました。
大地くんとかっこいいコンビとかになってもいいと思う。

とりあえずここまで。

携帯から


ブログってなかなか更新出来ない…パソコンって忙しいときできないからなあ→でも携帯からでもできるんだよね→いやいや、そんな本格的なこと私にはできないしお金もかかるんじゃない→でもやっぱパソコンだけじゃきついぞよ→やり方見てみよう、え、簡単じゃないか
ってことを3年くらいやってました。
いや、携帯からって先入観で無理だなって決めつけてたんです。

ということで、これ携帯からの更新なんですけどどうでしょうか! 簡単に携帯から更新できるなんてめっちゃ便利な世の中。
あと、いつも字だらけお送りしてるのでずっと画像載せたい!って思ってたんですよ。いろんな記事書けるし楽しそうだなって。
まあ、携帯とパソコンの通信?なんて私には未知の世界だわって思ってたんですよね。だけど普通にできてしまいやっぱ挑戦って大事なんだなと思いました。

 脈略のない文章ですみませんが、そういうことで。

2011年りぼん1月号



「スターダスト☆ウインク」
 春田なな

扉絵久しぶりにいいけど、話はまた意味分かんないことになってきた。
「颯に離れようって言われた→日向が好きなくせに颯が離れていくのを寂しく感じてる私…→え、日向は私のことが好き!?→私を惑わす2つの星」
意味わかんない。颯が離れようって言ってる時点でもうややこしいんだけど、そのあとの主人公の心情がおかしいと思います。
日向が好きだけど颯が離れていくのも寂しい、っていう気持ちを主人公は「最低だ」と捉えているけど別に「日向は好きだから離れたくない」、「颯は幼馴染で大切な存在だから離れたくない」っていうことで普通にいいじゃないですか。
ていうか、前そう確認したんじゃなかったっけ?それとも主人公が颯を好きな可能性があるってことですか?
日向が主人公を好きかも、っていう展開は都合よすぎ。だって主人公日向に1度失恋した以外何も苦労してないし、自分で話をややこしくしてきて周りから助けられてるだけでここまできたじゃん。
画面の見せ方とかモノローグの配置とかは今月よかったと思います。

「夢色パティシエール」 松本夏実

樫野がほんと最近かっこよく見えて困る、てか大人になったよね。
ジュリくんがスイーツ王国の王子だったことはびっくりでした。いちごたちの作品をスイーツ王国で見てたのも彼だったんですね。
微妙にジュリくんとは髪型が違ったので、また違う別キャラがいるのかと思いました。それにあの場面の感じどう見えても悪者に見えた…。
個人的にジュリくんと花房くんの絡みが好きなのでもっと見せてほしいです。

「プリティーリズム」 朝吹まり

どの技がどんな風にすごいっていう基準なのかな。
りずむたちの大技が「めっちゃ飛び上がってる…」ってだけで、おお!と感じなかったし、逆に相手のほうが可愛くてわかりやすい技でよかった。
もっと相手の技をしょぼくするか、りずむたちの技をわかりやすくするかしたほうがよかったんじゃないかな。
これからどんどん強い相手と大戦していくんだし、あんだけ空飛びあがるより上の技っていうとどんなのがあるのか逆に期待。

「MOMO」 酒井まゆ

いらないんじゃないかと思う展開や、強引過ぎるだろ…って思う突っ込みどころがたくさんあるんだけど今月になって面白くなってきたからよし。
叶歌の病気は予想外でしたね、夢と叶歌かわいそう!ってことよりもモモちゃの意味深な反応の方が気になる。
最近モモちゃんの出番が少なかったのでこれから動いていくのだろう、と楽しみです。あと、ここらでやっと沙成編もくるみたいですね。
病室の場面では2人で頑張ろう…っていうことだと確信していたので最後の傷心の夢にはびっくりしました。
何事にもやる気をなくしてしまったかもしれない夢にモモちゃん側がどう関わっていくかすごく楽しみ。

「ポケメン!」 黒崎みのり

最終回どうまとめるのかしら、とちょっと不安でしたけどきれいにまとめてくれたと思います。最終的にポケメンたちが出ていく場面もさらりとしていて、小葉とコンドルの気持ちも自然でよかったです。
黒崎先生の書く男の子は外見とかではなく性格的にかっこいいと思うので、次の連載で活かされるよう待ってます。

冬のりぼん大増刊号

そこまで楽しみな作品はない…けど、個人的には黒崎先生樫野の木ちゃん先生、星村先生、竹内先生椎名先生あたりが楽しみです。

りぼんRMC

アニ横発売やった-。アニ横は全巻持っているのでちょっと表紙が残念けど11巻も買います。箸に応募したいから1ヵ月以内に買わないと。

ふろく

思ったより小さかったけどかわいくてよかった。周りについてるぼんぼんはもうちょっとどうにかならなかったのかな、ちゃっちく見える気がする。

来月のりぼん

村田先生新連載。線が最近若干薄いと感じているので、しっかりした綺麗な線を描いてほしいです。
小桜池先生が読み切りだけどどうしてこんなに線が薄くなってしまったんだろう。青空ポップからフライハイ初期あたりまでの線に戻ったほうが絶対にいいと思います。
ふろくは手帳ですか、あまり興味ないからカレンダーがよかったな。来年にカレンダーがくることを楽しみにしてます。


☆―――


リアルタイムの感想だったため気分良かったし、最後にいろんなことがかけて楽しかったです(・∀・)
長い文章でしたが読んでくれてありがとうございました、来月からも続けていけるといいな。まずは増刊号感想が目標!
livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ