specialy

りぼんの感想を中心に、好きなことを

2011年09月

読書の秋


小説にはまってまっすー。

本にはまる周期ってあるのですがそれが今。飽きると虚しいので長く続いてほしい。
要は自分の心持ちなんですけどー。

ミステリー小説を基本的に読みます。
マニアックな…とかじゃなくて王道な有名どころを読みたいです。それで個人的にいい悪いを判断するみたいな。
読んだ数も増えてきたし、今は特に知識に入れたいってことで有名どころを集めてますねー。
このあいだ宮部みゆきさんの火車買いました。内容はあんま興味ない感じですが王道ってよく聞くので。
読み返してる漫画があるのでまだ読んでないですけどねー。

あとは、井坂さんあたりを読んでみたいなぁ。読んだことないから。
オーデュボンの祈りが入門にいいって聞くけどどうだろう。個人的には重力ピエロに興味があるんですが。
読んでみたいのは題名でいうと、青の炎、アルジャーノンに花束をかな。
青の炎は同じ学生として早く読みたいですね。

最近余韻が残る作品に出会わない。私は東野さんの作品が余韻残って好きなんだけどそれに慣れてたら他の作家さんのを読むと余韻が残らずびっくり寂しい。
まぁこれから読むのに期待します。

関係ないけど涼しくて嬉しい(^o^)/
寒いのも冬も大好き(^o^)/

2011年りぼん10月号 感想


「プリティーリズム」 朝吹まり

絵がシンプルになってる。今までも多々いいじゃんって絵がありましたが今回はそれに全体的に近かった。
やっぱし書き込みトーンがっつりじゃなくてこれくらいさっぱりしたほうがいいよね。
話は…アスタリズムがそんなに強く見えない。技自体はすごいのかもだけど全体的としての一体感が皆無だしその点では相手のほうが勝ってたと思うし。
よくわからない基準で試合進めて強くなったって言われてもなぁって感じかな。

「チャラインサマ~」 沢木なな絵

全体的によかったけどもりぼん賞ではないなと。78点の凖りぼん賞だと思う。
軽いノリとは反対に最後らへんの流れの雰囲気はおぉって思いました。こう軽さと切なさを両方持ち合わせてるのは珍しい。
ヒーローの気持ちの移り変わりがなぁ。どう見ても切り替え早すぎるし結局本質的な面で軽い人じゃん。
ハローハロウィンの人どうしてるんだろう。あの作品好きで切り取ってある。

「RMCニュース」

つばめのすぅバランスが微妙。おもしろいけど。
レンズはレンズじゃなくてもいいよねって表紙。流れ星だけに1、2部ラストみたいに星関連にすればいいのに。

「来月のりぼん」

スタダス表紙とひよ恋巻頭じゃ今のいい流れの意味ないじゃん…
両思いになっただけにひよ恋巻頭はわからなくもない。去年からのひよ恋の表紙巻頭の数、すごいことになりそう。数えたくないけど。
新連載は武内先生か。動物物ってあまり人気出ずに短期終了なイメージあるけど頑張ってほしい。

作品と新しく扉絵(カラー白黒含む)のTOP3です。

作品

1位 シュガーソルジャー
2位 桜姫華伝
3位 セカイの果て

扉絵

1位 シュガーソルジャー
2位 桜姫華伝
3位 CRASH!

★―

雑誌が盛り上がってていいですね。来月は危ういけどこの調子で。

絶叫学級、パーフェクトローズあたりを巻頭にもってくれば安定すると思うんだけどなぁ。
勢いでCRASH、セカイの果て。
たまに盛り上がりでスタダスひよ恋シュガー桜姫で。
桜姫華伝は来年1月号2周年表紙巻頭っぽい。

2011年りぼん10月号 感想

「ひよ恋」 雪丸もえ

うーん、告白した→恥ずかしくて逃げまくる→気持ちがとまらず再告白
1話から何の段階も踏まず毎回同じことを繰り返してるだけだよね。
まあそのなかでやってることが1歩1歩進化してるのはいいけどさ。
だから成長も感じられないし付き合うことになってもやっとついに…じゃなくてさらっとおめでとうしか。

「CRASH!」 藤原ゆか

伶かっこいいなぁ。
第2部になってからやたらカズ伶(特に伶)がかっこよく見えてね!風呂シーンとかどきどきしちゃうんですけど!
んーこのままカズユイなのかな?予告の感じでは怪しいですが。

花桐伶の私の予想
長いです

花はいつもどんな時も支えてくれた伶を思っていた、2人は両思いになる
そしてひょんなことからそれを知ってしまった桐は怒りを覚えるが、悔やみながら徐々に2人を認めるようになる
しかし伶の心境に変化が訪れる、自分といる時に花がありのままの姿じゃない気がする
どこか無理をしている
自分を好きといったのも本当の恋の形じゃない気がする
そこで伶は気づいた
花は桐といるときこそが素のままでいられるのだと、桐こそが花に相応しいのだと悔しいけれど認めるしかない
花は迷っていた
たしかに伶の考えてることは否定できない、でも伶に申し訳ない自分最悪だ
でも、でもいつまでも伶に甘えていてはいけない…伶は背中を押してくれているその気持ちを無駄にはできない
私、桐が好き…!
END

「まりもの花」 香純

死ぬなんて言葉簡単に口にするんやない…!

「つばめのすぅ」 鳥海りさこ

はさみすぅがあいくるしくて可愛かった、笑
おもしろかったー。

「スターダスト☆ウインク」 春田なな

写真部の扱いとかそこのお嬢さん…とか、この漫画って周りの人や物をばかにするような表現が多いよね。
レンズは私たちいい子いい子で、スタダスは私たちバカなんすよっていう違い。

「桜姫華伝」 種村有菜

扉爽やか。
瑠璃条は塊へ使命感と疾風との友達、どちらともなくなのがいいですね。普通に好感持てる。
疾風が滝に瑠璃条探しに行って…って最後の流れが好きでした。
種村先生のこうゆうの好き。
フラれたあとの琥珀の顔が微妙だったけど…もっとびっくりしてよかったんじゃない唐突だったんだし。

「ボクは狼。」 優木なち

お父さんの髪の毛なんとかならなかったのか気になった…

「ブルーフレンド」 えばんふみ

どこから見ても友情。微笑ましい友達の話としか。
来月クライマックスだと。

2011年りぼん10月号 感想

0811bfeb.jpg

今月号、私にダメージな漫画…いやシーンが多かった…

表紙:酒井先生が表紙やってくれればそれでもういい気がする。

「流れ星レンズ」 村田真優

蜂野、夕暮くんを批判するのはいいけど頭弱そう。キャラはコウくんと似てるけど魅力が全然違うなぁ。
夕暮と凛咲が正しいっていうか正義→周りを見下してるように見えるのがたまらなく嫌。主人公たちだからしょうがないんだけど、君たちだけが中心の世界じゃないよねって。
蜂野くんとかさー、まあ彼も変だけど眼中にありませんよってバカにしてるような。

「セカイの果て」 牧野あおい

内容が薄く見えたけどページ数が愕然と減ったからですよねうん。
川口くんがあずさを抱きしめるシーンがよかった。ドラマみたいだった。
最後は意外と早く疑いの目が。2人て町を逃げなかったあたり牧野さんが何を書きたいのとか非常に気になる。

「シュガー*ソルジャー」 酒井まゆ

扉かわいい。はやくも人気バクハツ!私のダメージもバクハツ!
入谷くんかっこいいわー比べるつもりはないけどかっこいいって魅力が結心や夕暮とは違うなと。
入谷くんには等身大のかっこよさがある素敵すぎる。こんな人いたら絶対好きになってる。いや…いてもそもそも触れ合う機会なさそうだからかっけえって思ってるだけで恋にはならないかも、いやいや、寝癖つけていけば…それなら努力しなくても毎日できるんだけどっ
漫画の中としてこのキャラいいねっていうのではなく漫画を超えるかっこよさを彼には感じる。
この漫画キュンキュンするよーっ

「女の子って。」 カナヘイ

背が伸びる、足が長くなるストレッチ実践してます!

「パーフェクトローズ」 小桜池なつみ

言ってることと思ってること逆になってるのがいい。今回もあれ…って止まってしまったから読んだ瞬間につっこめるようになりたい。
蒼馬くんが喧嘩しそうな場面で主人公がとめるのがよかった。うっとおしくない程度の助言だし最後の笑顔とかもいいキャラだと思う。
僕の出番っている…?

「絶叫学級」 いしかわえみ

今までの系統でいうと聖くんが腹黒なんだと思って読んでたけど違った。いや違う意味で黒いのか。いい人すぎる人の典型にも思えた。

2011年夏の大増刊号りぼんスペシャルオレンジ 感想


「夢色パティシエール 番外編」 松本夏実

アンリ先生って天王寺さんのこと好きだったんだー。何かどうしてもアニメのイメージがあってアンリ先生が嫌なやつに見えてしまう…何でアニメああなった…
何はともあれ両思いおめでとう。物語もよかったと思います。このへんの問題は本編で片付けてほしかったけど。
シリーズ最後(多分)が樫野とのラブラブじゃなくてよかった。

「願い屋魔女の“恋”調査!」 かめ乃

独特の雰囲気がいいですね。画面作りも。

「笑童子」 とん子

1つの作品として安定してまとまってる。小学生でこの安定感ってすごー。

「恋して毎日」 透水

恋模様がリアル。主人公の気持ちとか男の子の感じとか…
かっこつけずに素直に描いてるから小学生の描く恋描写は現実味があるんだよね。

「ブラぱに」 かるき春

絵が…
昔のエピソードはよかった。
こうしていろんな作品読んでると皆それぞれ同じ系統に納まってて1人の人としてキャラがないよなぁ。

「青の音色」 椎名あゆみ

お兄ちゃんとの関係がしつこくなりすぎずにうまくまとまったと思う。
生ドーナツって食べたことないんですよね食べてみたい。


1位 超能力者少女クラネ
2位 絶叫学級
3位 めんどくさガール、恋をする
4位 バージンロードどこっ?
5位 山本善次朗と申します


☆-

オレンジよかったよー全体的におもしろかった。
しかし感想書く気分がのらず後半やる気がないのがバレバレ。
今度は執筆陣のメンツが偏らないことに期待。りぼんって漫画家さんいっぱいいるんだからさ。
livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ