specialy

りぼんの感想を中心に、好きなことを

2011年10月

秋の大増刊号りぼんスペシャルリアル 感想


「偽笑ドール」 柚原瑞香

作り物で打算的な私とは対照的に素直ないちこが愛される、ってテーマが焦点がよく掴めずわかりずらかったかなー。
結局主人公がやや空回りしてるだけで世の中そんな落ちぶれてなかったってことですよね。
各キャラ誰もいい子で危害加えず加えられずなのがよかった。

「私ヶ星」 たいら茶織

このオチいらない。逆だったらよかった。死んだと思ってた世界が実は現実だったって。
最後が違ったら好きな作品だったなぁ。助かって余韻が少し残るほう暗いラストよりよほどリアルっぽいんだけどな…
星の話らへんは絵柄にも合ってたし画面も素敵でしたー。
前からこの人は絵もうまいし(というか私の好み)あとは話だねと思ってて今回いい場面もあって。個人的に期待してます。
あとこの方の書く男の子に可能性をずっと感じてるのでよろしくお願いします。

「略奪彼氏」 薬師寺敦子

最後の引きいらなくないか…また繰り返すならもうそういう子なんじゃん。主人公は性格的に問題のある子と小学校から親友だった、仲良くしてたってことだと思うんだけど…
立場置き換えて考えて確かに友達とスター感覚で見てた子がその友達と付き合うって言ったら確かにショックだけど、恨み憎しみ妬みに似た気持ちは持たないと思いますねーお互いに。
まずそんなんで妬み持ったりする子と憧れの人とか作らないし話さないし一緒にファンになったりしないかなと。

「不夜少女」 彩原その

絵が怖いというより気持ち悪い…怖いならいつものだしまだいいんだけど気持ち悪いのはだめだろ…
父親発覚はびっくりしましたが感動はなかったですね、共にメッセージ性も正確に伝わって来なかった。
彩原さんはキオクレンサが好きで以降注目してきたけどずっと微妙だなぁ、爽やかさを少し残す程度にオドロオドロしい話がいいと思うけど。


ランキングって基準がわからなくて正当に評価ができない。
一応締めでランキングやるけど、何か思いつくまで各作品印象に残ったセリフでも。

PLAY「こんなバカなやり方、嶋田さんしかできないよ…」
クリアノート「牛乳くばり俺ひとりにやらせたな!」
南くんの攻略方法「悔しいなら好かれる努力しなさいよ!」
絶叫学級「大事なことなんだよ」
おもいで金平糖「いつかきっとお前の色をきれいだって言ってくれる人に会えるからな」
桜子のイス「みどり隠さなきゃ、持ってかれちゃう」 
ブルーフレンド「色あざやかにいつも虹色に輝くあの人に」
スクール「ロケット花火ぶちこんだろうか」
見つけたら「超ただいま」
今夜君と「両思いの続きが見たい」
偽笑ドール「私のと似てるわけないじゃん」
私ヶ星「でもなり損ねなかったら、火星にも木星にもなれなかったよね!」
略奪彼氏「ホントはあたしフラれてたのよ」
不夜少女「みつけた」


1位 クリアノート
2位 おもいで金平糖
3位 惑星ハニー
4位 南くんの攻略方法
5位 偽笑ドール


☆―

セリフ書くの楽しかったけど意外と疲れた。どうしてもなくて印象に残ったセリフじゃないのもある。
全体的には前振りのほうの記事に書いたのでそちらで。

もうりぼん発売日ですねー。

秋の大増刊号りぼんスペシャルリアル 感想


「おもいで金平糖」 持田あき

爽やかな作風は好きだけどなんだかすんごい微妙だった…
まずオトメが目立ちたがりな設定が生きてなかったよね。性格的にそうゆう子にもあまり見えなかったし、特別先生に常に見つけてもらいたい…とかじゃなければいらないんじゃない…と。
昔の交通事故で自分に助けられていたのはよかったです。
色覚障害はなぁ…はつ音との関係も…すべてにおいて微妙だった。キャラや作風が素敵だっただけにもったいない。
説明能力がないので微妙しか言えなくてすいません。

「桜子のイス」 木村恭子

扉や予告からクラスで浮いてる同士の囁かな友情かと思ったら…
桜子のみどりに対する気持ちがよくわかんなくて怖かった。ただ殴って楽しむんじゃなくて笑い合ったりちょっと人としての気遣う気持ちがあったり、かと思ったら凶暴心もあるし。
そもそもの人間的欠陥があるのかな。何か壁に当たったり目の前にあることで伴う欠陥じゃなく、究極生まれてからずっと持ってるものみたいな。
みどり隠さなきゃって場面が桜子の思いなんだろうなぁと思った。
みどりって大切な人を守りたいっていう一心。恐ろしいですねー。
最後で実はうさちゃんがみどりだったオチにちょっと期待してしまった。

「ブルーフレンド」 えばんふみ

今回はちゃんとした恋が書けてる。
先生もさりげなく魅力的だったので主人公の気持ちもわかるし。
後味もすっきりしてましたね。ただ特徴がない作品だけど…

「アニマル横町」 前川涼

イヨ、3年前じゃなくて2年前に何があったのか気になる。
久しぶりにアニ横おもしろいと感じましたー日常抜け出すとおもしろいよね。

「スクールがボカン」 杉本愛紗

地味な教師がむかつくからスクールボカンしますってだけの話をここまで広げるとは…個性がすごいですね。もはや個性のみで話進めて作品出来上がってる気がする。
まあそれもいい方悪い方とあって今回は私好きじゃなかったなー。
あまり主人公が生意気なガキになってしまうと自然に拒絶してしまう。子供らしさやかわいさ…表現してほしかったです。

「見つけたら、おしえて」 佐和田米

扉いいと思う。
絵も話も味があるんだけど、たまにわかりずらいところがある。
自分の世界に入ってるギャグは笑えな…いやそれがこの人の武器なんだろうなと思った。

「今夜、君と恋のつづき」 沢なな絵

題名と扉から結構シュールなの想像してた。違った。
恋の続きは形だけじゃなく、気持ちの面でというのがよかったです。尚且つキラキラね。
意外性や黒い部分がなかったのが…この人に黒を描かせたらいい線いくと思うんですけど。
ピュアものだとちょっと怖い絵柄も暗い話だといきなり映え…!みたいなことあると思う。

秋の大増刊号りぼんスペシャルリアル 感想

abb68328.jpg

リアルって何なのかーって思った。読んだ後、この雑誌のリアルってテーマからよく考えるとおかしいぞって作品もあって。
私としてリアルは友情とか家族、恋愛の生々しい(リアルって感じる)部分かな。これがリアルなんだって一括するものじゃなくて一つ一つの出来事のなかにあるのかなって。
何となくシリアスめのイメージが強いかも。


表紙:シンプルで予告扉と統一してていいけど、ちょっと顔が怖いかなー。特に鼻。槙さんの絵はカラーに限らずたまに怖く見える。

「PLAY―僕たちの才能―」 牧野あおい

若林暁また登場。続編やシリーズで組み立てるのではなく、微妙に間をおいて追加で彼の話があるのがおもしろいです。
途中暁が嫌に生意気に見えて単に生意気じゃだめだろーって思ったら病室での涙がよかった。本心の子供らしい部分を見た気がしたしかわいかった。
まとめかたが微妙だったかな、2人のそれぞれの才能を含めたマネージャーと子役の結び付きが弱かった。
これ読んでデビュー作やREC読めばまた視点が全然変わりますねー。

「惑星ハニー」 酒井まゆ

不純な経験で周りを見下す主人公はどうなんだろう。
気持ちはわからなくもないがそんな大層な過去でもない気が。
姉とどうこうっていうのも意外性感じなかったし…
まあ作品の空気は好きです。主人公かっこよかったし。勝手に受信するなはもっと魅せられたよねっていう。

「つばめのすぅ」 鳥海りさこ

トムさんでると笑える。真面目にアホなのがいいです。
着ぐるみ意味ないのが笑った。 

「クリアノート」 槙ようこ

これは私のイメージとは違うけどリアルだったな。槙さんの漫画は基本的にリアルな気がする。
たまに絵柄が残念なのが残念でしたー、男の子の破壊力ある笑顔とか破壊力ないじゃんみたいな。
槙さんらしい作品でした。

「ほしのゆくえ」 谷川史子

あまり印象に残らずに流れるように読まされた。詳しいことは記憶になくてそこがすごいと思います。
今日は本体かにときめかなかった、本体って単語が微妙。

「プリンの虫」 鳥海りさこ

これはスペシャルverだから書き直したんですかねー。
体重のとこがおもしろかった。
たしかにこのプリンの虫の容姿じゃ一般うけしなそうだしデビューできないよねと思った。

「―超絶オタク男子―南くんの攻略法」 香純裕子

攻略どうこうはおいて話としてはシリーズ中1番おもしろかった。何もリアルじゃない気がするけど猫耳ソングが妙にリアルでしたねー1番印象的。
お互い本質を見極めて好きになったのがよかったです。カラオケの一体感がうけた。

「絶叫学級」 いしかわえみ

パラレルワールドってどうしても仁を思い出しちゃうんだけど、このラストはきれいにオチましたね。びっくりはないものの不気味さと納得感と。
この現実は男でも女でも辛いなぁ。
ちなみに私も男の子になってみたいとは思いますが、めんどい女の子の世界とは遠縁なのでその点不満には思いません。やっぱり生活してれば関わることもあるけど気にしなければ何とかなる。

「HIGHSCORE」 津山ちなみ

16歳は衝撃ですね。
今までレイジが超一方的な感じだったけど何だかんだいって景織子さんも最初はときめいててこの2人もっと好きになった。

りぼスペリアルの前振り


すごく期待してた分微妙だったかなー。

内心「期待しすぎてがっかりするかもしれないのはわかってるけど、本当に楽しみだから期待するしかないし(ていうか期待しすぎてがっかりするとかないだろっていう人間だったら少しはあるだろう的な不明な感覚)」
って思ってたら読み終えたあと何ともいえない気持ちに…
私の場合期待しすぎたので普通の目線で見れば一定のおもしろさはあったと思います。

そんな感じだからこの増刊がどうだったのかわからない。この増刊に対する感覚がよくわからなくなってる。
とりあえず微妙だった…ってことにしておこう。

作品の感想は次の記事から。

頭髪の日

アニメについて適当に。

私は元々アニメは好きなんですが、基本的に見るのは長寿番組や昔のアニメでして、何期とかで始まる新しいものには興味なかったんですね。

しかし今秋は気になって見ているアニメがあり。
ちはやふるです。中学時代に友達に原作を薦められ(読んだことないけど)賞も受賞しておりちらっとは知識はあったんです。そして夏ごろにアニメ化が決まったと知り久しぶりのアニメ鑑賞もしたいし見たいなぁと思っていて。

毎週録画して見てるんですがおもしろいですねー。まだ感動とかじゃなく単純におもしろいという印象。
百人一首一緒自体元々好きだったんです。中学のときに毎年百人一首大会があって暗記好きだし惹かれるものがあって、中1のときに結構頑張って覚えたんですよ。
それでクラスで5位になって賞状までもらって。はい自慢です。
まあ中2中3のときはあまり真面目にやらなくて1年の時覚えた記憶を頼りにみたいな。案外覚えてるものなんですよ。
最近またちょっと見てみたら全く覚えてなさすぎてあせった…春すぎてしか覚えてなかった…

話が微妙にそれましたが。あと今期のアニメは一応ガンダム見てます、いやまだ録画してみてないんだけど。

何ていうか普通のアニメ鑑賞とは違う、毎週オンエア中のアニメを待ち遠しく待つというか。待ち遠しいまでいかないけど生活の片隅にちょっとした楽しみがある感じがすごくいいなぁと思います。それのよさに今気づいた。

最後に放送中の白夜行と来週からTBSチャンネルで始まるタイヨウのうたが楽しみー。
明日のリアルも楽しみ、期待しすぎないほうがいいのは知ってるけど期待しかないからすごい期待してるよ!
livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ