specialy

りぼんの感想を中心に、好きなことを

2012年08月

りぼんスペシャルスター 感想


この間の続きです。

「青春いいじゃないか。」 前川涼

私このシリーズ好きなんです。今のアニ横よりもおもしろいと思う。
今回もゆるーくさくさく読めました。次号では本格的な海編ということで楽しみにしてる。

「MY♡告白プラン」 降音はつみ

主人公のキャラが石橋をたたいて更に観察してから渡るような性格のわりに、普段は全体的に勢いがあって元気な性格と違和感があった。
慎重なキャラだったら大人しめの性格のほうがよかったんじゃないかなー。ヒーローのキャラ的にも。
あとは主人公がヒーローに注意されてからもっと時間を取って改心→告白にしたほうが共感しやすかったし読みやすかったんじゃないかと思いました。

「君だけに告げるあいらぶゆー」 春待ポッティ

黒木くんの肝心な笑顔がちょっと場違いな表情に見えたのが残念だった。あれはもっとほっこりした場面での笑顔だと思う。
ここまで主人公が頑張ってきたのにヒーロー側からの告白にはびっくりした。あれだけクラスの男子達に反論してたんだから告白もしようと。
傷ついてる主人公を頭ぽんぽんとか手を握ったりして慰めてそれに主人公がやっぱり好きだって確信して主人公から告白がよかったなー。

「あたしキラー・スマイル」 青井真央

ポップで個性的な絵をストーリーに生かしてる感じはよかったです。もちろん画面にも生かされていたし独特な世界観を作り上げてるところもよかったと思います。
話も丁寧な作りでよかったんだけど、今ひとつ印象に残らないんだよなぁ。主人公が告白してからの展開も若干強引だったように感じるし。
この絵柄を存分に生かすような印象に残る話を描いてほしいです。

「ホレさせYOUッ!」 猫島かなえ

連続だったこともあり絵と話の系統が青井さんに似てるなーと思いました。
これは途中までよかったのにヒーローからの告白で一気に萎えた。春待さんの場合はまだあれだったけどこの主人公は決定打的な勇気のある発言も直前にしてないし、ここまでガンガン系の主人公と大人しいヒーローの場合は主人公から告白しないと本当違和感を感じるんだよなぁ。
あと会話がずっとギャル文字みたいになってるのがちょっとうざかった。

「ママエプロン‼」 池田春香

んーこれはりぼんに載る話っていうより、昔発行されてた「あみーご」に載るような話だと思った。
一人っ子ではなくて子供が何人かいるようにしたほうがお母さんの姿にももっと納得出来たんじゃないかなぁ。子育ては人それぞれだと思うのでとやかく言う気はないけどそのほうがしっくり来たと思う。

「卒業センチメンタル」 梅枝きさき

よかったです。すごく印象に残りました。
3人で過ごした思い出からやがて別れて大人になっていくという描き方や、その現実に葛藤する主人公と前向きな友達との対比だったりお母さんの言葉も表現の仕方が素敵で感動しました。
それでいてリアリティがちゃんとあるところもよかったと思います。
展開が急だとかもっと梅枝さん独特の個性が欲しかったりと突っ込みどころもありますが、小学生漫画大賞でこの出来はレベルが高いし評価すべきだと思います。
これからも自分の世界観で色々なお話を描いていってほしいです。
何だかんだこの増刊で一番よかったといっても過言ではない。

「ためいきさんの幸せ」 森町陽色

これはまた全然違う色の大賞同士ですねー。この作品は作品がどうこうというより全体的に可愛くてめっちゃほのぼのしました。
ためいきさん、という発想や題名も個性があって印象に残ってよかったです。
でも「ためいき」は実際克服しなくてはいけないことで、最終的には克服したけれどその観点から見るとこの作品はそういうテーマに属してないように思えるので「ためいき」ではなくて欠点だけどこれからも癖として続けられるような癖がよかったんじゃないかとも思いました。
しかし本当にほのぼのしてて心が温かくなるようでした。

-☆

作品ランキングはつけないです。つけられないくらいに全体的につまらない。
過去一番つまらなかったといっても過言ではないくらいつまらなかったです。もちろん同じ作家でマンネリ化し、作家の並び的にもつまらず問題があると思いますが、それにしてもつまらないです。
同じ作家を集めでもおもしろい、ならまだ許せるけど同じ作家を集めそしてつまらないって何だよって思います。

この増刊買わなくてもよかったんじゃないかなーと思いますが小学生漫画大賞の2人がよかったのでやっぱり買って良かったと思いました。増刊で読まないと読む機会とかもうないし。

あと自分で打ってて思ったけど題名が覚えられなくておかしいの多すぎだろうと。シンプルで作品に合って且つ印象に残る題名がいいと思うんです。

スカイのほうはまだ期待できそうなのでよかったです。

りぼんスペシャルスター 感想



りぼんスペシャル スター 2012年 08月号 [雑誌]
りぼんスペシャル スター 2012年 08月号 [雑誌]
販売元:集英社
(2012-07-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


表紙:目もやや小さくなって顔のバランスが安定してきた気がする。しかしこの夏の時期に紫は暑苦しい気が…。


「Hello,Mr.Rabbit」 村田真優

最近短編になるといつもと違う性格や顔の男の子を描いてくれるので新鮮でいいなーと思います。
特に感想がない。

「HONEY ARMY」 岡野小夏

さすが面白かったです。いつものギャグのよさが光ってました。
若干コマ割がごちゃごちゃしすぎるのと、読んでるうちにどうでもよくなるんだけど本来の目的や手段がぼんやりしてきてしまうのが残念だったかなーと思います。
純粋に単純にぱっと設定が入ってくるのがいいと思うの。

「花と蝶々」 小桜池なつみ

あーそういえば美晴はのばらが好きだったんだっけと思いだした。影が薄すぎるエピソードだったなぁ。このエピソードがもっとしっかり描かれてたらもっと話に共感できるというか入りやすかったんじゃないかと思います。
いくら同じタイプを好きになったと言えどこの主人公とのばらが似すぎて名前がでてこなければ勘違いしてしまうレベル。もうちょっと描き分けを頑張ってほしい。
最後はれから頑張るっていう終わり方なのがよかったです。

「プリティーリズム」 朝吹まり

うーん普通にいい話なんだけど今更こんなの見せられてもってイメージが強い。
本編にもっと散りばめるか連載中に番外編やったほうがよかったんじゃないかなぁ。

「ボクは狼。」 優木なち

これはギャグ漫画なんだと受け止めても気持ち悪い。
表情とか個性的な表情を描くのもいいと思うけどやっぱり上品さも大事だと思うんです。

「ラブソングを聴いてよ‼」 かるき春

今までないタイプの話に挑戦したって意味ではよかったです。
何が悪かったのかよくわからないけどテーマがぼやけてたかなぁ。歌と夢と家族と恋と色々詰め込んでどれも協調性が薄く印象に残らなかったみたいな。
結末の「そうだなこれは、働くあの人たちへの俺からの応援歌(ラブソング)」の部分もいきなりで、結局何が描きたかったの?状態になってしまい話がぼやけてしまった要因だったと思います。

「V・I・P!」 香純裕子

ゆなゆな意外といい奴だった。今回はゆなゆなに重点を置いての話の展開だったので相変わらず主人公の成長が微妙に感じられない。
成長してるんだけど逆境から這い上がって頑張ってる生々しい感じがまったく伝わって来ない。
絵の面でも大ゴマが少なく画面が寂しいのが気になりました。モデルという華やかなものを扱ってる作品なので特に。

「夢色パティシエール~ア・ラ・カルト~」 松本夏実

規模でかくて若干ついていけないけどいつも通りいい話でした。
最近困ってる人をスイーツで助けるという何となくマンネリ化した展開が多いのでそろそろ新たな違う展開も見せてほしいなぁと思います。
みんな自然に大人になってるなと思いました。

「チョコタン! 番外編」 武内こずえ

発想はおもしろかったと思いますがいまいちピンとこない部分がある。
おじさんの泥棒諦める理由とか少しは自分自身の人間の更生を考えてほしい気がしたし、最後の手紙も追伸も何だかなーという感じです。発想はおもしろいけど余計なお世話な気が。あとはまた感動系の話かっていう落胆もあった。
現実的に考えなければ十分おもしろい話だったと思います。

「パピーラブ」 水純あかね

相変わらず雰囲気はでてるなーと思います。
お父さんを好きになった決定的なエピソードが弱く何で好きになったんだろうっていう部分にちょっと疑問があったり、結局お父さんを吹っ切れた要因もごちゃごちゃしてて結局わかりにくかったかなと思います。
どこまでが恋愛感情で親子愛で最終的にはどうなのかなどがわかりやすく描かれてるとよかったな。

「子猫さまと私」 黒崎みのり

お金やもので人を釣ろうとするところとか微妙に生々しくてうわーとなりました。
金島が皆に思いを伝える過程やそれに葛藤する主人公をも細かく描けばもっとおもしろくなったと思うけど全体的にはおもしろかったのでよかったです。
絵の粗さがどうにかならないかなぁと気になりました。
金島のキャラが新鮮でかわいかったです、こういうキャラをヘタレっていうんだっけ。

「夏空シャウト」 高坂まい

男の子が普通に自然でかっこよかったです!そういえば男の子がかっこいいって大事なのに最近そう感じないことが多くなってきたなぁと気付きました。
朝練のことでもめたのに何もなしに次の日普通に朝練しようとしてるのは何でだよとか、他の子でもできることをしてなかった部分をもっと強調したほうがよかったとか色々突っ込みどころはありました。
あと一番気になったのでバスケでなくてもいいんじゃないかという部分。バスケならではの部分が強く描かれるとよかったです。


とりあえずまだ全部読んでないのでここまで。
いつのまにりぼん9月号も発売されてますがまだ買ってないですー。
livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ