specialy

りぼんの感想を中心に、好きなことを

2013年05月

ドラゴンボール 神と神


この前劇場版ドラゴンボール神と神を見て来ましたー。
ドラゴンボールは昔から好きだったので結構楽しみにしていました。

さすがおもしろかったけど完璧を求めるとしたら物足りませんでしたね。昨年あたりから期待していたのにこれかーみたいな。
本編が厚みがあっておもしろいだけにそれと同じか超えるくらいの作品を続編として作り上げるのは大変ですよね。

まずビルスが本当の悪者ではないことに驚きその時点でハラハラドキドキの緊迫感は薄まりました。
バトルへの盛り上がりも薄いためバトル自体の充実感もなく結構呆気なかったですね。

サイヤ人皆で合体するところも超大事なイベントなのに何か軽くて。サイヤ人ゴッドになっても感激みたいなのは全くなく悟空の炎の気のCGが違和感ありました。
最終的に勝負というより力試しという感じで勝つ負けるも曖昧で結局負けてしまい負けるっていうのもどうなの。いわゆるバトルの興奮みたいなのも感じませんでした。色々重みとかは一切なかったです。

でもその軽いっていうのはいい意味でもあり、コメディというか笑いの要素はとてもよかったです。
ベジータの一連の行動とかここまでやっていいのかっていう感じで笑いましたし、ピラフ様のところも色々散りばめられてるギャグがすごくおもしろかったです。

あとキャラクターですが今回初登場のビルスとウイス。
怖いのか優しいのかわからないから怖いっていう今までにない個性がありいいキャラクターだと思いました。最後のこれで破壊ねっていうシーンとか印象に残りましたし。実はウイスが師匠というのがおもしろい。

悟飯はもう完全にギャグ要員でしたね。ベジータは全体的におかしかったけど妻を守るために覚醒したのはいいなー。それすらおもしろく思えてくるけど。
私はドラゴンボールの魅力であるだろう男性陣がキリッとかっこいいのが好きなのでそういう意味では不満足でした。
そして大好きな大人版トランクスが出てこなくて残念。助っ人呼ぼうとしたときまさか未来からトランクスをって思ってしまったわ。
ビーデルはきつめだったけど丸くなって女性らしくなりましたねー。結婚すると母になるとやっぱり違うのかしら。私はきつめのビーデルも好きですよ。

全体的にコメディ要素が強くて終始ほんわかしていました。
なのでどちらかというと女性は楽しめた人が多かったんじゃないかと思います。
反対に修行、バトルを重点に置いた激しいアクション系を望むなら特に男性は物足りなかったんじゃないかな。

また続編はありそうですよねー。
ビルスも倒してないしウイスもいるしまだまだ神様がいると続編を思わせる発言もありましたし。
でもまだビルスも倒せないのにそんな先なんて考えられないですよね。あとどういう風に覚醒するんだよってもうすごく限られてくるように思うし、はちゃめちゃなことにならないでほしいしなー。
神様は強くないといけなくて、悟空たち地球人も追いつかないといけなくてそのバランスが難しいですよね。どうかその辺をうまくやってほしいなと。

そしてビーデルの赤ちゃんですよ。楽しみです嬉しくてどんな子が生まれてくるのか気になります。これは続編やるしかないですね。

とりあえず続きを楽しみにしてます。

2013年りぼん6月号



りぼん 2013年 06月号 [雑誌]りぼん 2013年 06月号 [雑誌] [雑誌]
出版:集英社
(2013-05-01)


表紙:前にも見たことあるぞっていうもはやマンネリ感が。こんなペン強調するなは凛咲もペン持つとか関連性のあるイラストにしたほうが統一感がでたのでは。

「新人漫画グランプリ」

こんな企画始まるんだー。ティアラ賞と微妙に混同してしまいそうだけど何かわくわくしますね。スペシャル審査員が小花先生ってもうそれだけで応募しちゃう。

「りぼんフェスタ色紙プレゼント」

各一点って確実に無理!だから原画一点プラス複製原画みたいなのを何十名かとかやってほしいです。
本物の色紙ってどの作品でも手に入れられたら相当嬉しいですよねー。
やっぱり生で見るのとこうして紙面上で見るのとでは印象が全然違うと思った。

「RMCニュース」

ロマチカ、一巻と統一感あっていいですね。色もかわいい。今流行りのシャーベット色ですね(多分)!
ひよ恋はもう間違い探し並みの。しかも10巻なのに紫なんだーっていうか10巻って!おめでたいし人気なんだろうけどすっごい微妙な感情しか沸かない。巻数に見合った仕事をしてない気がする。スタダスは11巻…
僕の家においではどの狙ってる読者層狙ってるんだよっていうような表紙。

「ひよ恋」 雪丸もえ

長い前振りで引っ張ってきたわりにあっさりまとまったな。
出会ってすぐに公衆の場でキスっていいけどこの2人がすると違和感。今はまだハグとか手を繋ぐとかのほうが素直にかわいいなーって思えるしそのほうが自然。
女性客と笑顔で会話しながら帰りてーって以外と結構ひどくね?結心のキャラじゃない気がする。

「ロマンチカクロック」 槙ようこ

カラーじゃないの、残念。
んー杏花音がちょっと幼稚すぎるかなー。
初期はもっと高飛車で正義を貫いている感じで今よりは大人っぽかった。今は子供っぽくて。しっかりするところはしっかりしてくれないと読んでてしっくりこないです。
今回は蒼の杏花音に対しての感情がすごく出てるなーと思った。やっぱり今特に杏花音が子供っぽい分蒼の注意?も増えるというか。
次回にどう繋がるんですかねー。

「シュガー*ソルジャー」 酒井まゆ

もう文化祭終わっちゃうのか。特に大きなイベントもなく微妙に寂しい。
って渡瀬くんきたー!!渡瀬くんのこと忘れて思い出して忘れてたころにまた登場。まだ文化祭でしょ?っていう流れの中で不意打ちで登場するのがいい。あーそろそろ出番だなこれはっていう予感があるのとでは気分の盛り上がりが違うので。
初回のあの少しの出番で私の中では今まで入谷くんと競るくらいの好感度です。渡瀬くんのこと完全に何も知らないんですけど、彼にはいい子であってほしい。麻琴と両思いだったんだから悪くはないと思うんだけど。ちょっと嫌なやつ嫌なポジションだったら嫌だなーという勝手な思い。
1話で微妙に入谷くんに渡瀬くんの存在知られてるんですよねー。そういう部分もどう展開していくのか楽しみ。

「猫田のことが気になって仕方ない。」 
大詩りえ

扉絵結構いい。
案外春菜との問題の解決が早かったなー。ある程度続いてほしいけど短期で終わってしまいそう。
猫田は何かセリフや行動が悟ってるというか悪い意味で大人っぽく感じてキャラとして微妙に思う。いい意味での小学生らしさもないし個性もなくて普通なんだよなー。魅力を感じない。
最後に微妙に本来の姿が見えましたけど、学問題や人間関係などを解決することで何か繋がるのかな。
猫田が猫に見えること、今回ふと見えたことにちゃんとした理由があるといいなと思います。

「絶叫学級」 いしかわえみ

こういう顔のコンプレックス系は読んでてわくわくしてしまう。
プリに何か起きると現実にも起きるって設定が取って付けたようで微妙だと思いました。まとまりがないように感じた。
最後のほうの花南とのいい場面も楽しくプリ撮ってたころに戻ろうよって、なんか説得力ないなってそんなプリ主体かって個人的に違和感を覚えた。
終わり方が何とも後味悪い初めて感覚。いい場面からのあの顔。

「流れ星レンズ」 村田真優

扉絵の夕暮くんがスコットランドの人みたい。凛咲は眼帯してるw
武智は色々抱えてるけどおちゃらけて流せる俺かっけーみたいなキャラなんですが、私は特に最近度がいきすぎている気がして若干痛いというか恥ずかしいというか子供っぽいと感じます。そこは村田さんがあえて狙ってやってるのか、そうじゃないのかわかりませんが、これから先の展開の中で何らかしっくりくることがあればと思います。
あと村田さんの特徴であるだろうよく髪型変えてるよねーみたいな青春の些細な場面が読んでて微妙に恥ずかしくなる。最近はその恥ずかしさが逆に爽快って面白く感じたりもするんですけどね。そもそもレンズってそういう漫画だと思うし。
初めて名前読ばれて恥ずかしくなった夕暮くんにしゃがんで笑うってやっぱりあまり凛咲のキャラが掴めない。

「僕の家においで」 優木なち

勝手にアドレス消すって…本当感情の起伏が激しい子だな。
そういえば優木さんの漫画って友情の描写が少ないよね。今回微妙にあるっぽいけどすごく浅いし全く友情って感じではない。
やっぱり度が過ぎる卑下はいらない。少しずつ完治へ階段登っていくみたいな部分はこの漫画にはないのかな?
鈴木くんのメールは誰からだろう。まさかの真野さん…ってないか。

「まりもの花」 香純裕子

訪ねた村が鬼に呪われてるって何その犬夜叉的展開。
よその者って組織が黒い花病を広めたのかな。それでお父さんが追って北海道に来てそれらを制御するために水晶が必要で探してるっていう感じですかね。
毎回が超展開すぎて一々冷静に感想述べられないわ。

「チョコタン!」 武内こずえ

ナオの髪がすごく丸くなった。
今回はほのぼの回でしたね。「どうすればいいがもうわかるよな?」ってアリマかっこよすぎー!
チョコタンの性格がさらにかわいらしく子供っぽくなった気がしますね。初期はもっとしっかりとしていたような。私は初期のほうが好きです今もかわいいと思うけど。

「99回死んだ七瀬くん」 彩原その

七瀬くんが自分の存在意義に葛藤するくだりがごちゃごちゃしててわかりずらかったかなー。
ヒーローじゃなかったらいらないですかっていうのは「本当はヒーローみたいに戦えないから」っていうのと「死なないっていう特別な能力がないなら(ヒーローじゃないなら)自分はいらないのか」っていう意味が込められてると個人的には思うんですが、その辺の心の動きを明確にはっきり描いてほしかったですね。葛藤に入るのも突然でしたし。
七瀬くんが人が喜ぶからではなく、自分自身で頑張ろうって思えるようになったらいいな。
きれいにまとまってる話だと思います。

「CRASH!」 藤原ゆか

こっちは別れたことも全然すっきりしてないのにこれから先未来!みたいな悟った場面を見せられてもなー。
花がようやく動き出しましたね。話しかけるのが桐っていうのがどういうことなんだろう。

「花めぐりあわせ」 持田あき

また急展開かー。
いい話だとは思うんですが一つ一つの出来事の前後に細かい描写がないため感情移入が全くできない。
もっと掘り下げればすごくいい作品になるよなーって毎月思ってます。

「終末のナミダ」 たいら茶織

死神総出演。
全体的に印象に残るきれいな話でしたー。人が死ぬのって本当に悲しくて、内に秘めている物は計り知れないと思うけど強くいられる周直くんは本当に強い人なんだなと感動しました。
死神っていうことをバレるバレないみたいな描写に、実は気づいてたのか…とかそれらしい感情が全く沸かなかった。元々そういう部分は狙ってなかったのかもしれませんけどね。
私はそれぞれの立場というか、死神と死神に命をとられる人間というそれぞれの葛藤のような部分を、もっと話と並行させ進展させてほしかったと思います。
でもこのくらいの距離感がよかったのかもしれないと、ある程度の距離感だから独特の作風が生まれると思うし、いきすぎた描写はしつこいし難しいよねー。
たいらさん初本誌、これから期待しています。次作は一旦死神以外がいいな!

「たまたま!きんぎょ荘」 岡野小夏

サムイケメン!珠姫に優しいなー早くくっついてほしいですね。
ギャグも相変わらずおもしろかった。

「りぼんフェスタレポート」

漫画家さんのレポートおもしろいですよね。いつもイベントがあるごとに楽しく読んでます。
寄せ書きメッセージって会場にあった大きいやつとはまた違うんですね。会場にあったのも結構興奮しましたが、寄せ書きメッセージとかって漫画には出ない漫画家さんのらしさがあっておもしろいよね。

「来月のりぼん」

絶叫祭り!前後編かー楽しみだな。
読み切りは柚原さん。妖精ってこの前の?よくなかった部分が解消されてるといいなー。
あと最終回が2作ということで春田さんが再来月から新連載ですかね。


1位 終末のナミダ
2位 たまたま!きんぎょ荘
3位 シュガー*ソルジャー




今月は微妙なようなおもしろいような作品が多かったです。見せ場ではない回の作品が多かった。

込由野さん新連載来てほしいなー。漫画教室もいいけどやっぱり独自の作品がいい。

りぼんスペシャルキュート 感想


りぼんスペシャル キュート 2013年 05月号 [雑誌]りぼんスペシャル キュート 2013年 05月号 [雑誌] [雑誌]
出版:集英社
(2013-04-19)


りぼん発売日いつだろーって確認してみたらもう発売していた。昨日買いました。
感想、時間がないので簡単にいきます。番外編は割愛します。


表紙:前髪が長い、面積って意味で。色をもっとぱきっと出来ないかなーひよ恋らしい淡さは残しつつ。

「トリックオンザチョコレート」 槙ようこ

ミステリーじゃないよね?チョコに特別意味もないし覚醒するっていう設定も影薄すぎる。恋愛、学校、人間関係どれを取っても微妙で…。
前の魔法使いのやつに似てると思う、色んな要素を散らばせてどれも雑で生きなく全体的に微妙になる感じが。読んだ後に結局何だったんだーってなる。
あと主人公のキャラが最近真面目ちゃんが多いからたまには違うのが見たいです。
でも絵はすごくいい。絵で読めますね。今の絵はたらんた後半くらいに私のツボで。永井くんかっこよすぎ。

「2番目じゃだめなんですか」 酒井まゆ

意識したのかはわかりませんが題名が仕分けのあのセリフとものすごい被る。
んーこれは何か終わり方が消化不良だった。もやっとする。題名と作品の内容とあんましっくり来ない。

「V・I・P」 香純裕子

もうこの作品にはモデルあれこれの奥深いことを求めないほうがいいんですね。
そんな簡単に引っ越し完了出来るんだ…どこまでをギャグと受け止めていいのか。

「アイ・コミュ!」 柚木ウタノ

カップル最低すぎる。自分達からグループに入って来て、皆で楽しいキャンプなのに喧嘩して周り巻き込んで嫌な空気にさせるとか…アイコの対応は好感持てた。
意外と話はきれいにまとまっていたと思います。アイコが恋心を抱く描写とか。ヒーローには魅力を感じなかったけどキャンプの最初の方の笑顔だけはいいと思った。

「おはようの夜」 木村恭子

芯の家庭の事情が心の闇がっていう流れがすっきりしないまま終わってしまったような。
あと芯のスキンシップが早くておいおいってなりました。読んでいてドキドキがないから不思議。
木村さんの個性でもあるモノローグがらあっちこっちいっちゃってるように感じがしました。題名を生かすモノローグをどんどん使えば締まりが出たんじゃないかと思います。

「絶叫学級」 いしかわえみ

すっごいよかった!イケメン最高!
前作と繋がっていてミステリーっぽくなってるのがよかった。眼鏡の子気になってたんです。
佐藤くん、前作はもちろん今作と性格は最悪だったけどもうイケメンってだけでOK。最悪っていっても最後にかけて希望が見えてきてますし、そのキャラが余計にイケメンらしく見せるというか。漫画だから許される。漫画って素晴らしい。
いい人に見えて実は、悪い人に見えて実はって人ってわからないですよね。誰に視点を置くかでも真逆に変わりますし。今作と前作でも登場人物の印象がだいぶ違う。
佐藤くんに希望が見えてきた分ラストが悲しかったけど前作見てたらまあそうだよなーって何か切ないです。

「あまからカシスオレンジ」 佐和田米

おもしろいけど絵も話も若干質が落ちているような。
たまには違う作品を描いてもいいんじゃないかなー。

「春と桜の音」 込由野しほ

待ちに待った込由野先生の新作!
耳をすませばを連想したけど作品の世界観はすごく好きです。他の作品にはない個性があって独特の空気がページから滲み出ている感じ。
作風がよかったからこそ話が普通でびっくりした。こういう作品だからこそ特に、どんでん返しや驚きがあるのかと思いきや何もなく単純な話で。主人公の葛藤とか名前がどうのこうのっていうのも薄かったです。
込由野先生どんどん新作載ってほしいなー。絵もいいし知らぬ間に個性を着々と開拓していってるように思う。

「平成レトロ」 水純あかね

レトロがわからない。普通に考えが古い女の子でよくない?
こういう男の子がチャラい話ってチャラいけど真面目みたいな部分が強くなきゃいけないと思うんですけど、この作品の子は最後までチャラいだけに感じてこれから大丈夫なのかなーって心配になった。

「はっぴーラブアゲイン☆」 薬師寺敦子

これは最悪でした。
フられるまではまだよかったんですが、その後元彼と何のくだりもなく簡単によりを戻した衝撃。それで最後、出発前に追いかけて来た美容師に引き止めてもらい大衆の前でキス、彼氏には一切声かけがなく新しいカップルの誕生をただただ見せつけて終わるという。主人公の人間性を疑うっていうか疑うこともなく最悪なんだとわかる。
元彼は新しい彼女が性格悪すぎで、そんな彼女と付き合う彼氏ってそんな彼氏に未練を持つ主人公って…って思っていましたがそんな主人公を好きになる美容師も皆同じ穴の狢なんだなと思います。
子どもさんとのいきなり感動系にも着いていけない。
よくこの話でいいと思ったなー。

「桜草色のウェディング」 島田花芽

結婚とか大事なことでもぶっ飛びすぎてると人として大丈夫なのかなって思ってしまう。自由気ままとかそんな問題じゃない。
主人公が素直になるっていうより兄が何かしら変わったほうがよかったのでは。
最後の方のまとめにいってる感じでこういう作品だったのかって。これで兄弟愛を描いたって謳われてもうーんって感じです。

「めくるめくきみ」 綿丘ゆにこ

いきなり好きって言われても何か怖くないですか。そんなすぐに意識するもの?って違和感。
しかも主人公が何も努力していない。流れに乗るだけで両思いになったように思えた。

「友活メゾット」 南美ナホ

人気者の転校生にそんな簡単に話しかけられるならクラスにも打ち解けられるんじゃないかと思った。しかも弟子にしてってそれこそその勇気を正しく使おうよみたいな。
自分から知ろうとしないだけっていうセリフやクラスの子との葛藤の流れはよかったです。でも最後の恋への発展みたいなのはよくわからなかった。しかも何で笑顔だよって。

「秘密作戦W」 風海ひゅう

また新作ですねー。
風海さんの作品はいつもちょっとした驚きがあり好きです。
今回もいくら近づきたくてもそんな作戦で常に借りるって人てしてどうなのよ、と思い読みつつも実は男の子も待っていたっていう話で。男の子も意識していたっていう展開もいいけど主人公が努力した上で好きになるっていうのも必要だと思うんだよね。
今でもいいと思いますが物語全体としても驚きもやっぱりまだまだ浅いと思うし、これから活躍するにはもっと上の完成度にならないといけないと思うんですよね。個性を温めつつ頑張ってほしい。

「オオカミみたいな君だけど」 つわぶき杏

いきなり告白?クライマックスになってしまったなーという印象。そこに繋がるモノローグの流れや気持ちの描写が足りなかった。
あと何でオオカミくんが主人公を好きなのかっていう描写が足りないと思った。卒業までに彼女作るっていう目標に都合よかったんだねーと思ってしまう。
つわぶきにお子さんがいることにびっくり。

「子猫の吐息で」 椎名あゆみ

さすが男の子かっこいい。かっこいい姿がいっぱいあって楽しかった。
暖かく優しい作風でも意外と内容が重いような重くないような、えっこんな方向にいくんだっていう感じで読んでました。男の子のセリフとかそこまでいくのかって若干深すぎたような。
家族のことは最後までしっかり描いて欲しかったなー。すっきりしないです。子猫ももっと存在感を出せたのでは、とか色々うーんって感じです。
ラストページの絵の雑さが気になった。

「夢色パティシエール~ア・ラ・カルト~」 松本夏実

ミシェルが期待通りの美少年でこういう絵に描いたような(絵なんですけど)容姿のキャラ好きです。
この話は色々要素をつけ足して前後編にしたほうがいいんじゃないかと思いました。もっと感動も生まれそうだし。

「空くん、いい天気だよ。」 星屋ハイコ

特別関係してくるわけではなくとも、題名と内容が独特に混じり合ってる感じがいいなーと思った。
男の子が色々背負ってるという話ですがその描写も唐突でいきなりキレてるしちょっと着いていけなかったです。
図書館で騒ぐのはだめです。しかも罪意識がないのが余計にだめ。主人公がずっと明るく騒がしかったのが良くも悪くもって感じでした。


1位 絶叫学級
2位 子猫の吐息で
3位 春と桜の音




今回読んで思ったのは、主人公(またはヒーロー)がすでにヒーロー(または主人公)のことを好きで好きになった理由の回想に入るっていう作品が多くて。読み切りってそうゆうものなんですけどやっぱり飽きちゃいますし読んだ後に印象が埋れてしまいますよね。
だからそのありきたりな展開の中で如何に個性を出せるか、または違う構成で話を作るかが大事なんだと思いました。

あとはイケメンって大事だなと思う。それだけで楽します。
livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ