りぼん 2013年 08月号 [雑誌]りぼん 2013年 08月号 [雑誌] [雑誌]
出版:集英社
(2013-07-03)


表紙:夏らしい中にも爽やかさがありいいですね。ただ個人的に蒼が微妙なんだよなー髪の色と塗り方?ぱきっとせずにのっぺりしているいうか…

「りぼんサイン会ツアー2013」

フェスタ終わって間もないのに夏のサイン会やるんですね。昨年もやってたっけ。
結構近場もあるけど行かないかなー。槙さんが関東に来てくれたら行くかもしれない。

「RMCニュース」

HIGHSCOREの表紙最近自由で好きだな。絶叫はどれが何巻だとか絶対わからない。ていうかもう15巻なんですね!20巻いったらすごいなぁ。

「シュガー*ソルジャー」 酒井まゆ

1枚目のカラーいい!一瞬なんの綺麗なページなのかと思ったら今月は3枚扉なんですね。渡瀬くんかっこいいなぁ。
でも見開きのカラーの麻琴の表情が…頬がピンクすぎるし目も何か、これならもっと儚げな表情に近づけた方がよかったんじゃないかなー。そして入谷くんと渡瀬くんが双子に見える。
彼女いなかったら考えてくれんの?って彼女とどんな関係なのか知らないけどダメ男だろーこれは。しかも彼女いい子ですごい一生懸命真剣な感じだったし渡瀬くんの得体がしれない。
渡瀬くんに長い時間をかけて揺さぶれるのかと思いきや意外と展開があっさり早いんですね。麻琴にとって渡瀬くんは完全に過去の人で当たり前のように入谷くん一筋で、気持ちの波、葛藤も終えて早くもちゃんと向き合うみたいな。
渡瀬くんの存在ってもっと大きくて偉大なものだと思ってたんだけどなー、まあこれから一波乱あるかもしれませんが。
でもやっぱり何だかんだ渡瀬くんかっこいいな。渡瀬くんみたいなキャラがヒーローの漫画ぜひ希望だけど、このキャラはサブキャラだからこそよりかっこよく光って見えて良さが生きてるのかなと思う。
そして入谷くんが悟ってる感じというか、すごい落ち着きのある優しいキャラになってるようで気になる。初期は優しい中にももっと年頃の男の子っぽさやんちゃっぽさみたいなのがあったような。私はそのほうが好きでした。あと初期だしどんな子なのかなーっていう謎っぽさもあって。偽ってるっていう問題があってから変わったように思うし、あえて変えて描いてるのかなー。

「猫田のことが気になって仕方ない。」 大詩りえ

扉絵いいね!構図や色使いが違和感なくしっくりくる。
いくら猫田のことを知りたいと言っても友達になりたいとかガンガン押して行くのは見てる側としてもしつこくてなんか嫌だ。多分もう友達なんだから今まで通りもっと知りたいとか仲良くしたいでよくないか?
入江くん、初対面でペラペラ話されて友達になりたいっていうのもあれだけど猫田にしか興味ないからの一言で拒否ってひどすぎだろ…付き合ってくださいって言われたならまだわかるけどさーそれにしても猫田に一筋すぎてうざったいわ。
そんな主人公をかっこいいとか正当化して扱うのにも付いていけない。

「ひよ恋」 雪丸もえ

りっちゃんって恋のことになると落ち着きなくなるよね…
コウくんは甘いの嫌いだからって断ってるんだからりっちゃんが怒るべき表現は甘いの嫌いなことじゃなくて、断ったことなんじゃないのかなと思った。こんな感情的になっちゃうもんかなーそれにしてもコウくん鈍過ぎ。

「絶叫学級」 いしかわえみ

契約ってすぐに願いを言う訳でもなかったからあまり緊迫感がなかった。
この二人は良くも悪くも仲良しで、仲が良いほど、互いに意思が疎通するほど辛く苦しくなるんですよね。明らかに憎み合ってる対立とは違うから、だからこそ何とかやり直せなかったのかなーと思うけど、逆にこの方が難しくて辛いのかもしれない。
でも今回仲直りしてもお互いの存在がある限り永遠にすれ違いは続いてしまうだろうからどうしようもなかったのか…
それはまた再会しても同じですよね。結局また同じようなことになってしまうか、一つ山を乗り越えた二人は同じ過ちを繰り返さないのか。
こういうオチは新鮮でした。ハッピーエンドでもバッドエンドでもなくどちらとも受け取れるような結末。

「流れ星レンズ」 村田真優

今回はデート話。武智のことは長い期間をかけてやっていくんですねー最近話が逸れてるけど忘れられない程度ならいいと思う。
自信のない凛咲が完璧な夕暮くんに劣等感を抱いて涙を流して幸せに浸るってくだり何回やるんだろう…
スマホカバーはかわいいですね!そして凛咲が気性が激しくて落ち着きがない子に見える。やっぱり何となく大人しい控えめなイメージがあるからなー。
着信武智って何かおもしろかった。

「ロマンチカクロック」 槙ようこ

慎ちゃんさよならか!結局杏花音のこととかはっきりしないまま去ってしまったようですっきりしない。華々しく正当化するような去り方なのがもっとすっきりしない。きれいな締め方だとは思いますけどね。
前回の蒼香鈴のことは特に触れず。新キャラ登場しましたがとても微妙な気がしてこの先どうなるのか。新キャラが去って新キャラがすぐ現れるみたいな展開は、展開を作る、繋ぐためだけというか物語の肝心な部分が生かされないような気がしてロマチカの場合は特に微妙です。何を描きたいのかいつまでもわからない。

「僕の家においで。」 優木なち

うちの近所ではたこ焼き器3000円以内で売ってます!金持ちが買うものは質が違うってこと?たこ焼き器の質ってなんだ。
鈴間くんは早くも気持ちを打ち明けましたね。真野さんが優しくしてくれる理由って単純に主人公を気に入ったからじゃないのか。意外性のある理由だったりしたらおもしろいかも。

「チョコタン!」 武内こずえ

やっと長編?来たー!
今回も一話完結かと思ってたから次の話に繋がりましたね。とにかく何話かにまたぐ話を待ってた。
いつもは比較的犬側に問題があることが多い気がするけど(犬に重点的とか)、今回は完全に人間側の問題ですねー。新しくていいと思う。
チョコタンは服来てるし小物も付けてるから明らかにペットってわかるのに勝手に連れていっちゃうのか。死ぬ気でいるから細かいことはどうでもいいのかしら。
トラックのおっちゃんの言葉、人間と犬との比較や互いの存在みたいなのは感慨深いものがありますね…本当いい漫画だわ。
チョコタンたちに色んなこと起きすぎだろって突っ込みたくなるけどおもしろければ問題ないと思います。

「たまたま!きんぎょ壮」 岡野小夏

入れ替わるの多いなーおもしろいけど。
この連載、ストーリー漫画ではなく最近はギャグ重視ではもうほぼギャグ漫画になってると思います。序盤は今よりもストーリー重視みたいな展開多かったよね。

「CRASH!」 藤原ゆか

ついに最終回。カラー扉は花も描いてほしかったなー、裏の扉絵ギャラリーはいいですね他の連載でもやってほしい。
今までもそうでしたが最終回もかなり早い展開で一瞬で終わってしまった印象。最終回ならではの感動の余韻とか全くない。長い連載だったのでそういう意味ではある程度の感情はありますが。
突然のカズユイの別れとかもう今回結婚しちゃってるし本当何だったのみたいな。結婚っていう感動がないよ!花の恋愛事情もCRASHっていうグループの成長も心残りがなー。
やっぱり話数が少な過ぎたのかな、最後の方は一つ一つの展開に長さと深みがなくてすごくあっさりしていた。長期連載だったからこそ終盤こうなってしまうのは特に惜しく感じるし違和感を覚える。
最後に色々なキャラの未来はちらほらわかりほっこりしましたが、急ぐなら後日談的な感じでちゃんと説明を入れるなり詳しくやってほしかった…。この作品にはもっとたくさんのキャラがいるし気になる。玲はどうなったんだろうとか、まだ玲に切ない感情が残ってます。
長期連載で物語の規模も大きくキャラも多いからまとめるのは難しいですよね。主人公も交代して二部性だったから特に。
まあ強引に終わらせてる感も否めなかったけど、最後だからそれっぽいモノローグとかできれいにまとめられていたとは思うし爽やかでいいと思いました。最後のモノローグじわじわくるし、ユイの花嫁姿きれいだったし!
色々残念な部分はあるけど5年を超える連載でずっと追って来て、何故かCRASHは当たり前にあるものだというイメージがあって。最終回を迎えて終わったという感覚もあるようなないような、何とも言えない寂しさを感じます。
次回作はとりあえず番外編ですかね。もやもやしてる部分が少しは解消されるといいな。
長い間本当にお疲れさまでした!

「まりもの花」 香純裕子

マサルがかっこかわいい。
まりもの竜星くんへの好きは憧れの気持ちのほうが強いと思うけどなぁ。マサルと両想いになるところも想像しづらいけど私はマサルとくっついてほしいです。
竜星くんが極悪人って竜星くん自体がおとり捜査してるんじゃなくて?いつも疑いかけて実は大したことないってパターンが多いから何とも言えない。

「シスターズシークレット」 池田春香

良くも悪くもりぼんっぽくない作品だなーと思う。
今までにこういう家族ものの教育的な漫画なかったから新しいとは思います。この年代ならではのリアリティがあり小中学生とか低い年齢層に受けそうな感じ。
姉妹ってこんな顕著ではなくても微妙な難しい部分があるよね。あと小学生の時の些細なおしゃれとか細かい思い出がよみがえって懐かしくなりました。
絵は前よりも隅々まで丁寧になっていてよかったです。女の子はかわいいから男の子もかっこよくなるといいのになぁ。
話はすっきりしていましたがこれも良くも悪くもで単純すぎて印象に残らないと思います。この系統でやっていくにしてももっと凝った話を期待。

「放課後のヒミツ」 朝吹まり

話の導入が全体の8割を締めていてようやく動き出したと思った途端に終わってしまった感じ。
主人公が桐谷くんを好きっていうのはすごくわかったし共感できる部分もあったんだけど、2人の距離が近づいていく感じが全く伝わって来なかった。それでただ好き好き言ってるうちにいきなり告白して両想いみたいな。
恋愛以外のことが浅くしか描かれていなくて、主人公と出会っての桐谷くん自身の変化とかをきちんと描いてほしかったですね。小説っていう要素ももっと生かせたはず。
絵は綺麗でした。主人公が顔赤くなるとき赤くなりすぎだったのが気になったけど。
朝吹さん結構ベテランで久しぶりに載った本誌読み切りでこれかーって感じです正直。話の内容や系統も新人作家さんみたいだったし。個性がないんだろうな。

「聞いてよ、サメオくん!」 つわぶき杏

初本誌ですねー。
キャラクターはまあまあよかったけど何でヒロインがこんな先輩のこと好きだったのかめっちゃ気になった。しかも普通に好きとかじゃなくてすっごい好きですよねこれ。この子がのめりこみやすいのもあるんだろうけど。
二面性があるにしてもそのいい部分をちゃんと多少は見せてほしかったなー。ヒロイン大丈夫かそんなヒロインが好きな主人公大丈夫かって思っちゃうので。
しかもこんなに先輩のこと好きな末、本人の目の前で嫌な思いしたのに結構リアクション薄かった。もっとショックとか大きい反応あるべきだと思うこれは。
それでこれから2人が結ばれていくっていってもうーん。しっくりきません。

「りぼんスペシャルバニラ」

槙さん来ましたね。最近特殊な女の子が主人公の話が多いなー。槙さんのキャラはらしさがあるのもいいけどたまには話で読ませるような普通のキャラクターの話も読みたいなぁ。ちょっと重めの話とかも読みたいです。
酒井さんは久しぶりに明るい系の話ですね、どうなるんだろう。
あとはやっぱり込由野先生!最近頻繁に掲載してくれて嬉しいです。個人的にいつも増刊に前後編はいらないと思うので前後編なのはうーんって感じですが、楽しみにしてます。おもしろい前後編を読んでみたいしおもしろければ全然いいので。ハードル高いけど頑張ってほしい。
優木さんは何これ…。完全に手抜きっていうか何か浅い少女漫画だなー。最近優木さんってこんな感じだよね。
村田先生が巻頭ですが題名とか切ないとか昨年の込由野先生のとすごく被る。読んでみなきゃわからないですけどね。そしてカラーも白黒も青井さんは浮いてるなーと思ってしまった。
やっぱり夏だから夏らしい爽やかな恋みたいな作品が読みたいですね。

「来月のりぼん」

春なな新連載、微妙すぎるわ。
究極の片思いって杏菜とかをひどくした感じでしょ。考えただけでも恐ろしすぎるし予告だけでこんなに不安になるって何これ。不安っていうか何となくだめな作品なことがもはや決定しちゃってるみたいな。今から何も期待出来ないとか言っちゃう自分が一番ひどかったり。
主人公のキャラとかじゃなくてあらすじとか題材とか全部含めてちょっと…。何か読みきりとか短期連載ならまだ納得できますが。でもまあヒーローはかっこいい気がしますしいい風に転がってくれることに期待!
そしてまさかのいしかわ先生と村田先生コラボ。村田先生はもう絵だけで微妙なおどろおどろしさがあるっていうか雰囲気的に奇妙な感じが醸し出されると思うので、そこにホラーってなると逆に合わないんじゃないかと思ってしまう。


1位 チョコタン!
2位 シュガー*ソルジャー
3位 CRASH!




今月は連載作品はまあまあで読み切りはどれも微妙って感じでした。
連載作品はもっとがっつり山場みたいな流れを読みたいなー最近安定して落ちついてる感じ、どの連載も。読み切りはおもしろいって思える読み切りに最近どれだけ出会ってないんだろう…。

増刊号バニラは今日発売でしたが明日買おうと思います。感想はちゃんと書くかどうかわからない。書くとしたら簡単に書くかもー。