specialy

りぼんの感想を中心に、好きなことを

2013年12月

冬の大増刊号りぼんスペシャル


読みましたー!

巻頭はたいらさんですね。この短期間で巻頭って成長したなぁすごいなぁ。
話はすごく思い入れがありそうというか考えて作ったんだろうなという印象。逆に凝りすぎてて1から10まで説明が細かすぎるみたいな、メッセージ性が強すぎた気もしますけどねー。白も黒も自分が選んだ道はきれいっていうのはわかるけどそれも今と昔が分断されている感じが腑に落ちないというか…もっとシンプルでよかったと思う。
黒井くんの雰囲気はかっこよかったです。全体時にきれいな作品でした。次回作が楽しみ。

レンズは子供を連れているお母さんだと思った。キャラ増えていくにつれて顔もどんどん区別つかなくなっていく…
サブキャラにそれぞれ恋愛模様があるのはキャラが深くなっていいと思いますが何せレンズはサブキャラに印象がないからなー作品に思いが入れられない。武智も凛咲に絡み始めて始めて覚えて印象付いたくらいだし。
各主人公の作品にモノローグのテーマ?があるのはそれぞれの個性が出ていて素敵だと思います。

槙さんはゾンビの話ということで予想もつかなかったんですがおもしろかったです!
ノアめっちゃかっこいいと思ったらこんなキャラだとは…!かわいいけど登場シーンのままのかっこいい子も見たいです。
最後はこうなるとは思わなくていい意味で裏切られました。悲しいような結末だけどそれだけにならない読後感はさすがだと思った。

そしてこの増刊の楽しみのひとつだったのはスタダスの番外編です。
前に増刊に載った真白と凛の話がすごく好きだったのでまさか続きが読めるとは!と楽しみにしていましたー。
わー先輩が凛の彼氏だとは全然気づかなかった…びっくりしました。
凛と真白は何だかんだくっつくと思ってたのでショックです…これからにまだ希望はあるかな?続編描いてほしい…
にしても凛かわいくなりましたね。恋する乙女な感じがすごく出ていた。恋をしたからなのかもしれない勇気を出した告白もよかったです。
比べて真白は成長していない気がする。結局自分から動いてないし。凛とくっつかないにしても真白の努力が感じられたらなー…それが良くも悪くも真白なのかな。
私は真白のキャラがすごく好きです。優しいかっこいいとかではないんだけど春田さんにしか描けない独特なキャラクターだと思う。
だからこそ成長した姿を見たかったです。

モッチーの咲けばオレンジは題名は素敵と思ったけど内容な何が描きたいのかわからなかった…
めずらしく色々な設定がとっ散らかってて収集できてなかったように思う。どれかに絞ればよかったのでは。
キャラも魅力を感じなかったなー展開もご都合っぽくて最後まで話に入っていけなかった。いつも通り言葉遣いは素敵でした。

いしかわ先生の作品はページ数を感じさせなくて一瞬で読み終わった!
死神の定義や役割が微妙な難しい設定だと思いましたがその設定を最大限に活かせていたと思います。
光子が生き返らない、晴くんとは一緒になることが出来ないのは寂しいけどそれを薄くしか感じさせない前向きな作品だったと思います。最後もホロリする流れもいしかわ先生らしかったです。

そして待望の新作、染川さん。嬉しいです。
絵も話もいい意味で変わっていなくて安心しました。話の内容に個性はなくとも雰囲気のある話を描くよなーと思います。
絵と話がきれいに交わってきれいな画面を生み出しているように思う。
もっと読みたいし成長してほしいです。

今回驚いたのは木下さんです。すごく成長していてびっくりしました!
絵もうまくなってるし話も丁寧でよかった!女の子はかわいいし男の子はかっこいい。これからに期待しています。

あと椎名さんの作品、和田会長の容姿が好きすぎて…!特に髪型がかっこいい!中身も素敵ですけどね。
最近椎名さんはイケメンでしっかりしてそうだけど実はヘタレって子よく描くなぁ!それもいいけど、しっかりが突き通しているキャラもたまには見たいです。
話はいつもの安定した椎名さんでした。安心して読めるけどもっと冒険してもいいかなと思います。

簡単な感想でした( ´▽`)

2014年りぼん1月号


題名はいつもと同じですが簡単な感想です。

まず3DSカバープレゼントって直接絵を書いちゃうところが斬新すぎる。
こういうのはやっぱりギャグショート勢が得意というか良さを活かせますよね。アニ横すごくかわいい!そして優木先生がガチで書いてるのがポイント。

猫田は1枚目の扉絵が…この効果線?が特にギャグっぽく見える。カラーも全然よくなくて、これをカラーでやる発想もやる気あんの?って思った。他にカラー回して欲しかった。

新連載はうそつき姫ですね。
最初は仲良し3人組の王道の話だなーと思っていましたが王道でも1人加わることでまた人間関係が複雑になり結構新鮮でした。
王道でいくと主人公が孤独でかっこいいレイラに憧れて仲が縮まって行く話、で途中まではそうでしたが最後裏切られてテンション上がりました。
レイラにも裏があるっていい。裏といっても実はいい人で…とかではなく、とことん悪くあってほしい。皆が皆秘密があるのが題名通りで面白いと思いました。
暗い中からの立て直しもよくある仲直りの流れではなく一工夫してほしいな。
あと王道の中でもちょっとした友達同士の描写がすごくリアルで柚原さんにしか描けないと思った。そういうところも武器としてあとはどれだけ大きく個性を出せるかな気がする。どれだけ王道から逸れられるかな。
これからはキャラ、特にレイラに期待ですね。あとのキャラは関係性は印象に残るけどキャラとしてはいまいちパッとしないのでこういう話はキャラが大事な分頑張ってほしい。

ロマチカはまた新キャラ…もう色々とっ散らかりすぎて後に戻れないというか、戻る気もないんだろうな。

シュガソルが何かひよ恋状態になってる。こういうすれ違いは着地点が見えてて時間の無駄に思える。
うーん何かぱっとしないよなー最近。

つばさとホタルは良すぎて!!
もう目をカッと見開いて読んでましたよ!アッキーもかっこかわいいしつばさもかわいくてそれだけでほのぼのする。
今回は題名が絡んで来ましたね!蛍を見てる時の流れがすごくよかった。春ななのこういうしっとりした描写が好きだー。
一瞬、それ蝉はどうなの?と思ったけどそんなこと言ってたらキリないしまあいいや。
鳥羽くんはやっぱ色々ありそうだなー。つばさのことを好きになるのかな?それも面白そうだけど、それではありきたりすぎてつまらない気もする。
最後いきなりベタな流れになったw不意打ちの接近でドキドキはあんまり好きじゃない。

僕の家においでは真野さんの理由が気持ち悪すぎてドン引き。
こういう理由が1番よくないよねっていうのが具現化してしまった感じ。ありえなさすぎて考えてもいなかった。
これならまだ一目惚れとかのほうがマシだわ。拾った理由がこの作品で1番大事なこと、作品の中心なはずなのにこの答えはない。

そして来月のりぼんはおもいで金平糖かー。個人的にはおもいで金平糖や時代ものからは離れてほしい。

とりあえずつばさとホタルがすごくいい。
あとは微妙な感じです。
livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ