specialy

りぼんの感想を中心に、好きなことを

漫画

14R 槙ようこ



14R (りぼんマスコットコミックス)
14R (りぼんマスコットコミックス)
著者:槙 ようこ
販売元:集英社
(2007-09-14)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



あらすじ

川村珠希 14歳。まわりからは真面目にみられる委員長。でも真面目ってなに? そんな彼女だって恋もするし、それに…それに――!? めくるめく槙ワールドがここに!!

収録作品

14R
真昼に翔けだす
ワタクシサマ
恋をはじめる僕たちに
デイリーニュース

感想

漫画の感想書きたいなと思っていたとき、14Rが私の心を射止めたので今さらながら感想です。

14R

「たぶん絶対この宇宙で誰も知らない 私が神谷くんを好きなこと」

表題作の書き下ろし作品ですね。
題名のとおりな内容ですが今のりぼんにだったら普通に掲載されるレベルな気がします。
実は星座が神谷くんと逆だったというがうまいと思いました。思わず確認してああってなっちゃったもん。
先生は善次朗にしか見えなかった。でもこうゆう先生いいですよね、いい意味で適当な感じだけど本当は人一倍真面目みたいな。
最初にださい格好してたのは生徒たちの本質を引き出すためなのかな。わからんけど。
この先生も最後のモノローグも次の作品につながっているのがナイスですね。

真昼に翔けだす

「未来はわからないけど追い風吹いてる」

この本のなかで1番槙さんっぽくない作品で実は槙さんらしい作品な気がする。
雰囲気がありますよね、間の取り方とか。最後に主人公歌唄うところなど何ともいえない空気感が好きです。字じゃなくて絵で表現してるよなあ。
話の終わりかたが全部ハッピーエンドってわけじゃなくてこれから頑張るよって感じがすごくいいです。
何気に前作とは将来の夢語って盛り上がるっていうつながりもありますよね、メッセージ性を感じる。
題名の意味は…昼のように明るい場所から翔けだすってことでしょうか。

ワタクシサマ

「…もう本当にどうしてくれるの」

私はこの作品が絵も話も1番好きです。槙節炸裂って感じ。
真奈美ような女の子ってあんな極端じゃなくてもたくさんいると思いますが、ゆりのような女の子って現実には全然いないですよね。不思議ちゃんはいるにはいるけど。
槙さんもコメントしてるとおりこんな子が近くにいてくれたら楽しいだろうし気楽になれる気がします。
まあ大事なのは完全にゆりのようにはなることじゃなくて、1人1人がゆりのような感覚をもつことじゃないかな。
コメディ風に物語は進んでいきますが、最後の川のシーンでぐっと静かな場面に引き込むところはさすがだと思います。間の取り方がいいし、モノローグにもセリフにもセンスを感じる。
ラストは物足りないというか、その後が知りたい気もするけどわざわざ描写するのはあえて違うんじゃないかなと思う。きっとこれからなんですよ。
あと三浦くんかっこいいと思った、外見は。

恋をはじめる僕たちに

「ねぇ 斎藤もしかしてあたしのこと待ってた?
 あたしのこと心配してくれたんでしょう?
 元気づけてくれたんでしょう?」

読んでて恥ずかしくなる。が、漫画を描くのが楽しいって気持ちがちゃんと伝わってくるし何気にきゅんとなります。
斎藤の何気ないやさしさと主人公の斎藤が好きって気持ちがとても青春。憧れるとまではいかないけどいいなとは思いますね。
めずらしい槙さんの個性が際立ってない作品。王道の中にも槙さんらしさがあっていいと思います。

デイリーニュース

「ふたり一緒なら大丈夫 頑張ってねって言ってあげる」

如月くんはいかにも黒い感じでしたよね最初から。こうゆうのっているんだなと思う最悪だな、なら引っかかんなよってなりますけどそうはいかない乙女心。
少女漫画ではあまり描かれることのない女の子が双子の物語ですね。
相手のことを思って直球で助言したりケンカもしたり。だけどそういうのってお互いのことをしっかり考えてるからなんですよね。双子の絆を感じました。
初期の作品もいいですね、今とは違う味があって。

まとめ

槙さんの作品はいいですね。独自の世界観がすごい。
どんな種類の違う作風でも槙さんのテンポがあるし、私が漫画家になりたいって思っていたらこういう作家さん憧れると思います。
おまけページのトークも面白いです。いいこと言うなって思うことも多々。
りぼんに戻ってきてほしいな。

HIGESCORE、りぼんスペシャル



17日、遅ばせながら?HIGESCOREとりぼんスペシャル買ってきました。

ヒゲスコア、なかなか見つからず頑張って探した結果1冊だけ売ってました!
その本屋しょぼいから売ってないかとおもたよ…。
りぼん増刊さえギリで売ってた感じだったからね。

HIGESCOREは人気らし-ですね。
もう増版とかはや…!初版が少なかったのかしら。

内容はというと、オヤ女が笑えました、笑
個人的にモコちゃん好きなので読みきりうれしかったです。
というか、オヤ女の竜次くんがHIGHSCOREのなかで1番タイプという事実…。
なんとなく優しい紳士系かと思ったら、ガンガン系だったのねきゃ-、え
ルックスも1番タイプだしHIGHSCOREにレギュラー出演させてあげて…!
キャラ投票竜次くんに入れればよかったな、笑

あと私、はいすこあ始まった時から読んでないし、かといってコミクス集める気も状態で「昔の秘話とか知りたいよ」的な感じだったので、
こうゆう昔のこととか知れる特別ぶっく発売はうれし-ですね。

りぼんすぺさるは、久しぶりの増刊号だったためテンションUPな感じで読めました。
1番よかったのは何といってもスタダス番外編、笑

真白く-ん!

HAL―ハル―



51pzn082XAL__SL500_AA300_



HAL―ハル―  牧野あおい






りぼんRMC14日発売だったじゃないですか。

私HALと、勝利の悪魔ほしかったんですが、
14日近所の本屋さん行っても売ってなかったのね。

そんで、16日出かけたついでに駅の本屋で買ったの。

HALが欲しかった理由は、今までの読み切り収録されてるようで、
分厚くて読み応えがあるだろう、ってことと、
牧野さん自身の作品への思いが読みたかったからで。

しかし、掲載作品は4作品で分厚さもなく逆に薄い。
しかもゴルバチョフの種掲載されてないし。
みずいろ少女は最近だし掲載されないのわかってたけどね。

そしてあえてHALを表題作にもってくるというね。
話題せいのためかな?
こんなホラーな感じの表紙と暗い話だと買う人限られるだろうに。
7年後の虹あたりをもってきたら、少女まんがらしいし、
明るい感じだから小さい子にも好感持てたかも。

あと、楽しみにしていたおまけがないやん!みたいな。
あえていうなら、コミックカバーの折り返しのとこに書いてあったくらいかな。
牧野さんの作品への気持ち読みたかったから残念でした。

何でおまけなかったんだろ―。

牧野さんが拒否ったか、編集さんが書かせなかったのかな?
どの漫画家さんのデビューコミック見てもおまけあるからね。

でも折り返しのとこでわかる「ハル」の名前の意味、よかったです。

まあ、すでに未収録の作品もう3作品もあるし、
またすぐコミック発売するのかな。

次に期待です。

livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ