specialy

りぼんの感想を中心に、好きなことを

読書の道

読書について。

昔から読書は好きなんですが、小学生くらいのときは好きな映画の原作とかを適当に読んでたんですね。
それで知った東野圭吾さんを好むようになりこの人なら外れがないと思って自動的に東野さんばかり読むようになって。
それでまあ東野さんで読みたいのも一通り読んだし、本屋に行って気になった別作家の作品も読みはじめて、そうしてるうちに自分がミステリー好きと気づいたんです。
ミステリーのおすすめの面白い本などの情報を集めて気になるのを読んで。
それでひとまず名作作家の自分が気になる代表作、有名作みたいなのをばーっと読みたいなと思い今はその状況です。
本好きなら色んな作家さんの本を一通り読みたいし自分の肌に合うか合わないかみたいなのが面白いんですよね。

そんな感じで…これから本の感想書くのに必要かなってことで記しときました。

読書の秋


小説にはまってまっすー。

本にはまる周期ってあるのですがそれが今。飽きると虚しいので長く続いてほしい。
要は自分の心持ちなんですけどー。

ミステリー小説を基本的に読みます。
マニアックな…とかじゃなくて王道な有名どころを読みたいです。それで個人的にいい悪いを判断するみたいな。
読んだ数も増えてきたし、今は特に知識に入れたいってことで有名どころを集めてますねー。
このあいだ宮部みゆきさんの火車買いました。内容はあんま興味ない感じですが王道ってよく聞くので。
読み返してる漫画があるのでまだ読んでないですけどねー。

あとは、井坂さんあたりを読んでみたいなぁ。読んだことないから。
オーデュボンの祈りが入門にいいって聞くけどどうだろう。個人的には重力ピエロに興味があるんですが。
読んでみたいのは題名でいうと、青の炎、アルジャーノンに花束をかな。
青の炎は同じ学生として早く読みたいですね。

最近余韻が残る作品に出会わない。私は東野さんの作品が余韻残って好きなんだけどそれに慣れてたら他の作家さんのを読むと余韻が残らずびっくり寂しい。
まぁこれから読むのに期待します。

関係ないけど涼しくて嬉しい(^o^)/
寒いのも冬も大好き(^o^)/
livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ