specialy

りぼんの感想を中心に、好きなことを

名探偵コナン

名探偵コナン展行ってきた


名探偵コナン展行ってきましたー!
感想軽く書きますがほぼ個人的な意見の愚痴のためご了承ください。

コナン展、開催が発表された当時から楽しみにしていて前売りを買ってやっと今日を迎えました。
あえて当日のお楽しみということでネットでは情報を見ないようにしてたのですが、風の噂でものすごい混んでるということで調べてみたら入場7時間半待ちとか\(^o^)/コナンの人気に驚愕しました。

なので今日は開場の1時間半くらい前から並びましたが、それでも大した余裕はなく。開場後に並ぶことはそこまでありませんでしたけどね。
謎解きをするのも展示や原画を見るのも狭いスペースに人がたくさんいるのでゆっくりは出来ませんでしたし、グッズのことを考えると気持ち的にもゆっくり出来ず焦りました。そしてその原因のひとつ、原画展示は謎解きとは切り離したコーナーで設けてほしかったですね。ちなみに謎解きは無駄に難しかった。

原画は素晴らしかったですよ!特に生原稿!
コナンの絵ってシンプルなのにとにかく画面の迫力がすごいです。画面が生きていました。もう次元が違うというか内から滲み出てくる才能だと思いました。

そして謎解き終わって11時ごろにグッズ広場へ!1番楽しみにしていたポスターが売り切れてた\(^o^)/
それ以外はちゃんと買えたから満足です。こんな日今日しかない!と大人買いしました。原作くじは5回やりましたが安定の結果でした。
でもポスターがこんな早くになくなるとは思いませんでした。今日に至るまでのグッズの売れ行きをいつもTwitterで確認していたところ昼までなら大丈夫だったのに、今日に限って。
多分残り在庫が少ないのと明日か本格的にGWだから備えてたんですかね。昼ならまだ許せるとしても10時半過ぎって。朝一に並んでも買えないってないよ…というかそんな早く売り切れることを知ってればもっと謎解き早くしたのになー。いくら後悔してもそれが結果だから仕方ありませんが。

入場が無料ならまだしも結構な金額払っているわけで、グッズのために館内見るのは焦るわ、朝一に並んでもグッズは買えないわってどういうこと?!

それでポスターがどうしてもほしいからもう1回そのために行こうと思ってたらチケットが完売になるかもとの情報\(^o^)/
もうGWぐらいで終わっちゃうのかなー。

まあ結論をいえばすべてが想定外だったんでしょうね。本当これに尽きると思うのでグジグジと思っても仕方ないと思います。
コナンの凄まじい人気にイベントが完全に気圧されていた。会場を始めグッズも何もかも客数と見合っていなかった。

でも普通に楽しかったですよ!コナン大好きだからコナンに囲まれてすごく幸せでした。

また夏に違う都市でやるみたいですし今後関東でやるとしたら今回のことを機に大幅に改善してくれることを願います!何倍もパワーアップしたコナン展に行きたいです。

異次元の狙撃手 感想


毎年恒例、劇場版コナン見て来ましたー!
最近はコナン熱が下がってたけど劇場版があるこの時期はやっぱりコナン熱が上がりますね!イベントやキャンペーンに本誌の盛り上がり…もうわくわくが止まりません(^ν^)

異次元の狙撃手、簡単に感想書きますがネタバレを含むのでご注意ください。

まず今回の目玉といえばやはり原作の先を行く新事実の発覚!そんな大したことないんだろうな、そういう原作の先をいくどうこうより映画の完成度よ、とか思いながらも楽しみにしていました。

全体の感想としてはまあまあおもしろかったです。事件は全体に筋が通っていてわかりやすい内容でした。緻密さや意外性も合ったし。最初は説明の多さ…!って感じでしたけど。
ただ映画ならではの盛り上がりがなく淡々してるように感じました。最後のベルツリータワーのところが盛り上がりだと思うけど漆黒と似てるし…そういうアクションじゃなくてハンターの人間性とか吉野との絆をもっと大きく描いて話に絡めてほしかったなー。

いやーでも昴さんがいつも以上にかっこよく見えた!大人しく冷静な感じからの最後の天才スナイパーは反則!蘭がターゲットに被って「ちっ」てところが個人的にツボです!笑
最後は例の本編の先を行く種明かしがありましたがネットを見てかなり前から知っていたし、本誌でも見え隠れしていたのでやっぱりかーという感じでした。
でも最初にネットでその説を見たときはものすごいびっくりしましたよ!その頃はコナンを推理をせずに読んでたから特に。
その種明かしはわかってたからいいとして問題は次兄が誰かなんですよねー。希望を含め色々考えていますが気になります。

そして劇場版の見所はやっぱり原画!で今回も興奮箇所がたくさんでしたー。
赤井含めて色んなキャラの原画があって幸せでした。個人的には世良の原画に一番興奮し「おおっ!」って声が出ました。

あと声優さんで重要な役の福士さん。
英語や他愛のない会話はよかったけど叫ぶところがただの福士さんだった。福士さんって何か言葉のイントネーションに違和感があって訛り?それがそのままだったからちょっと残念でした。
エンディングは曲としては明るくかわいらしいけど映画と合ってないように感じた。この流れの終わりからのこの曲!?みたいな。

統括すると、映画としてはわくわくしましたし完成度はまあまあでした。
すごく気になるのが来年ひまわりって何!?全然予想がつかない…

名探偵コナン 絶海の探偵


この間やっと見てきましたー!

今回は予告からしても今までで一番駄作になるんじゃないかと思っていて、いつもはホームページチェックとかしまくるんですけど、今回はろくにあらすじも知らず最近の作品がよくないこともあり全く期待せずに見ました。

テンション下がったまま鑑賞し終わり浮かんだ感想は、うーん普通…。よくもないし悪くもないしなにこの作品って感じでした。

まず最初、すぐにイージス艦に乗船したのでこれから限られた空間の中ということに不安になりました。

そこからまあ色々事件が起きて展開し、イージス艦だからそれなりの緊迫感はありましたが、そもそも限られた空間での話だから規模の小さい感は避けられないという中で事件も大きいようで小さく、謎解きもこれで解決なのかってあっけなくて終わってしまい非常に物足りなかったです。重いのに軽いみたいな変な違和感がありました。
それでいて妙に事件が凝ってこじれていたりして単刀直入にわかりやすくしてもらいたいと思いました。
藤井さんの正体もすごいんだろうけどよく知らないしうーんって感じでした。

平次と和葉も登場しましたが特に必要ない感じがして、今回2人はすごく仲良くて微笑ましいけど違和感もあったし存在が生きてなくて微妙でしたね。
灰原達と別行動というのも盛り上がらない原因だったんだろうなー。

頼みの綱、新一と蘭の諸々はまた最初のトロピカルランドのデートシーンに映画に都合がいいように新エピソードが付けたされていて本当いい加減にしなさい。
蘭には恒例の命の危険が訪れて今回は海に落とされるというすごく危険で大ざっぱなピンチでした。
どうやって「どこにいても見つけてやるから」を活用するのかと思ったら蘭って叫んであとは普通に推理みたいな結構大事に引っ張ったのにあんま意味なかったようなやっぱりこちらも物足りなかったですね。
蘭が海に沈んでる時の新一との悟った感じとかちょっと冷静に見れず笑ってしまいました。

よかった点は時計や名刺などの小道具が最後まで生きたこと、海に沈んだ時の新一と蘭をはじめとした原画、舞台が舞台ということもありコナンの超人的アクションがなかったことがすごくよかったです。そういう意味ではコナンの初心に帰った感じがして嬉しかったです。
あとはゆうきくんの名前のこと、コナンがXを犯人だと追い詰めた場面、蘭とXが対峙する場面、Xをやっつける場面もよかったですね。

ゲスト声優は柴咲さんでしたが、俳優なのにうまくて違和感がなかったです。言われなかったら気づかなかったくらい。
だから主要人物を任せられたんだろうし回数を重ねて行けばもっとうまくなるんだろうなと思いました。
唯一藤井さんはコナンに対して疑問を抱いていてエンディング後のコナンの正体を聞く場面もよくて興奮しました。

オープニングの音楽は最近太陽にほえろにどんどん近づいていましたが、今回はちゃんと基礎を捉えた曲調で安心した。
エンディングは斉藤和義さんでしたがコナンとは合わないと思いました。違う作品みたいでまだいきものがかりのほいがいいと思った。

まとめると、イージス艦という限られた空間の中で規模も事件も小さく新一蘭もただ見せ場作りたいだけみたいな特に印象に残らず、キャラクターも生きてなかったと思いますね。
本当に普通でした。チャレンジも感じなくて。

普通って良くも悪くも記憶に残らないので、ある意味1番よくないことですよね。最近の作品は出来はよくなくても大きい映画作ろうっていう向上心があって結局スペシャルアニメ並みのクオリティだったんですが、今回はまず映画への意気込み、向上心を感じなかったです。
だから出来が悪いとかクオリティが低いとかそういう問題ではない気がして何とも言えないっていうのが率直な感想です。

ただ超人的アクションがなかったことなどは来年に繋げてもらいたいいい流れかなと思いますね。

やっぱり昔のコナンはメイン舞台はあっても色々な場所で様々な出来事が起こり最終的に事件も舞台もひとつにまとまってたよなー。
1つの舞台でまとめて片付けてしまうっちなたネタ切れなのと、脚本が単純でつまらないと感じます。
昔と比べたらキリがないけどまだ映画が続くなら少しは取り戻してもらいたいな。

来年はスカイツリーみたいですね。漆黒とは違うまたいい味を出してほしいです。

冬桜


前にどうぶつの森やってるよーと書きましたが今もちゃんとコツコツとやっています。
どうぶつの森自体、長時間費やすゲームじゃないですがそれ以前にすぐお金が稼げるから長時間費やす必要がないんですよ。もう稼げすぎて大丈夫これってなる。
そう考えるとwiiの時はお金も稼げないしイベントも少なかったので結構シビアだったのかなと思います。
地道にやっていきたい人には残念なのかもしれませんが、私はお金もすぐ稼げ、イベントやサプライズも多い(お金の使い道も多い)のでまったく飽きないし楽しめていますね。よりアットホームな感じを楽しめます。

次は恒例のコナンの話。
18日発売の新刊の表紙がかっこよ過ぎて!かっこよくて興奮するのは久しぶりです。背景はもっと汽車アップだと思ったので意外でした。
今週号のサンデーはコナン表紙ですが、こちらもクリスマスカラーで可愛いです。表紙買いしようと思う。

あと来年公開の劇場版は、「絶海の探偵(プライベートアイ)」だそうで。
かっこいいけど、何とも覚えにくくて中途半端で宣伝しにくい題名だなー。
特報も見ましたが、興奮ポイントが平次が出ることしかなかった…。またテレビスペシャルクオリティになる不安が増大しました。
そして明日の金曜ロードショーは「天国へのカウントダウン」ですね。
最近は最近の映画しかやっていなかったので昔の映画をやってくれるのは嬉しいです。しかも年末のこのタイミングで。

劇場版コナンの感想も書きたいなーと思いますが、今月はりぼんがあと二つ発売するのと私が色々と忙しいのでどうしようかなと思っています。

最近のコナン


テスト勉強頑張ってますー。
テスト勉強は基本一週間前から始め三日前から本気を出すという人生を送っています。受験勉強とか何年も前から本気だしてる人は別の世界の人間な気がします。人間色々だなと本当に感じます。

今月号のりぼんはまだ読んでません!読みたいけどテスト終りまで我慢しようかなというそれだけで自分がすごく真面目な子になった気分。りぼんは開く瞬間が一番楽しみです。口絵とか眺めてカラー扉見る時とね。

題名通り最近のコナンについて。
まずアニメのオープニングとエンディングおかしい。最近アニメ見てないからもう変わってたらあれだけど、君の涙に恋してるなんとかと倉木麻衣のやつです。

オープニングは映像がなー。そんなまじっく怪盗をコナンのオープニングに絡めてこなくていいし。それ以前にまじっく怪盗のアニメやりすぎですよね。人気あるからかわからないけど私は好きじゃないしいらないと思う。オリジナルアニメやまじっくやるくらいなら昔のコナン流してほしい。

脱線しましたがあとエンディング。これはホラーのプロモーション映像か何かですか?少女達の怨念がすごく怖いのだけれど。歌も音程が不安定で悪い意味でゾクゾクする。
エンディングは一つ前のドリンクのセルフサービスと夕焼けがどうとかってやつも変でしたよね。新人を使うのは悪いとは言わないけど何でもかんでも採用するのは自粛してほしいです。
個人的にはGARNET CROWとDAIGOとB'zにやってほしいですね。

そして本編は組織については進展がないようで。早く少しずつでも進展してほしい、90巻くらいで終わってくれないと100巻越えとかギャグだから!

テスト勉強に戻ります。
livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ