映画『オーストラリア』

の試写会に行ってきました。
たまにはこちらにも感想など残したいと思います。


映画オーストラリア



映画『オーストラリア』
2009年2月28日公開予定



原題: AUSTRALIA
製作年度: 2008年
監督: バズ・ラーマン
上映時間: 165分

映画『オーストラリア』サイト

解説:映画『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語。主演は『ムーラン・ルージュ』に引き続きバズ監督作品参加となるニコール・キッドマンと映画『X-MEN:ファイナルディシジョン』のヒュー・ジャックマン。広大なオーストラリア大陸のロケーションや、主要キャストをオーストラリア出身者で固めるなど、バズ監督のこだわりが随所に見ることができる。
(シネマトゥデイ)

あらすじ:第二次世界大戦直後にオーストラリアを訪れたイギリス人貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは死んだ夫が残した広大な土地と 1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のカウボーイ(ヒュー・ジャックマン)と手を組み、遠く離れたダーウィンまで牛を引き連れて行かなければならなかった。反目しあう二人だったが、長旅やアボリジニの孤児の少年との出会いを通し、徐々に惹(ひ)かれあっていく。(シネマトゥデイ)

<感想>
個人的にはオーストラリアの自然を大スクリーンで見られてよかったです。
165分という上映時間も、スクリーンでなら時間を忘れてみることができました。

メインはラブストーリーですが、
オーストラリアの大自然、そして歴史とアボリジニーの精神世界を学ぶのにもよいかもしれません。

2時間くらい経過したくらいから、突然戦争モードに入るので、
ちょっと面喰いました。

ダーウィンという町に、最後に爆撃機がきて空襲が始まります。
それが日本軍というのが歴史を織り込んでいるとはいえ、
これをオーストラリアの多くの人がみたらと思うと。。。

歴史というと、学校では現代史なんてほとんど学べない日本の教育。
私の世代が歴史の教科書で習った常識が数々覆されたり、うそだったりしたことが判明しています。

江戸時代に“鎖国”はなかったのです。

理由は外国人が自由に街を歩いていたから(^^)

ですから今の教科書から鎖国という単語は消えています。。。


最近では、かの有名な、
武田信玄と上杉謙信の
『川中島の戦い』が作られたフィクション、もしくはやらせだった、
というのもかなりショックでした。
歴史は勝者によって書き換えられてきたもの。

聖徳太子、
源 頼朝
の肖像画すら偽物だったと最近になって判明しているほど、
言い伝えやその時代の常識と、
事実は異なるのですね。

正しい歴史をもっと学ばなければ(できるだけ)
と最後は反省モードでした。

以上です。