“My DAILY BREAD”〜黄金律(ゴールデンルール)を日々学ぶ〜

ビジネスのヒント、黄金律(ゴールデンルール)を日々の学びから書き留めていく。

ビジネスと英語

こんな社長が日本にいる!『聖書と旅した商人』―にっぽん実業家列伝

直木賞作家が描く西本社長の生き方とその闘い。
業界No1.になるまでの闘いと、それを実現させた信念とは?
ゼロから起業した実業家の生き方を見事に描いた、感動のノンフィクションです。
899f7dd7.gif
Amazon.co.jp紹介文より
聖書と旅した商人
ヒューマンノンフィクションシリーズ―にっぽん実業家列伝
笹倉 明 (著)


内容(「BOOK」データベースより)
こんな社長が日本にいる!囲碁・将棋の盤造りに賭けた男の闘い。
病魔に倒れた父の死に始まる暗い時代から、業界ナンバー・ワンの座を占めるまで、聖書の中に人生の目的と真理を求めつづけた実業家の半生を直木賞作家が描き切る。感動のヒューマン・ノンフィクション。

内容(「MARC」データベースより)
病魔に倒れた父の死に始まる暗い時代から、シェルター業界トップとなるまで、
聖書の中に人生の目的と心理を求め続けた実業家西本誠一郎の半生を描く。

目次
第1章 さまよえる春
第2章 劇的なる岐路
第3章 独りゆく野辺
第4章 ビジネスの信念
第5章 豊作のひと
第6章 業界トップの座へ
第7章 無きに等しき者
第8章 聖書の預言とシェルター
第9章 神とゆく日々


楽天ブックス紹介文より

にっぽん実業家列伝(1)
聖書と旅した商人 ヒューマン・ノンフィクションシリーズ

出版社:アイシーメディックス /レゾナンス
サイズ:単行本/222p
発行年月:2000年12月

こんな社長が日本にいる!囲碁・将棋の盤造りに賭けた男の闘い。病魔に倒れた父の死に始まる暗い時代から、業界ナンバー・ワンの座を占めるまで、聖書の中に人生の目的と真理を求めつづけた実業家の半生を直木賞作家が描き切る。感動のヒューマン・ノンフィクション。

【目次】
第1章 さまよえる春/第2章 劇的なる岐路/第3章 独りゆく野辺/第4章 ビジネスの信念/第5章 豊作のひと/第6章 業界トップの座へ/第7章 無きに等しき者/第8章 聖書の預言とシェルター/第9章 神とゆく日々

こんな社長が日本にいる!『聖書と旅した商人』―にっぽん実業家列伝

直木賞作家が描く西本社長の生き方とその闘い。
業界No1.になるまでの闘いと、それを実現させた信念とは?
ゼロから起業した実業家の生き方を見事に描いた、感動のノンフィクションです。
899f7dd7.gif
Amazon.co.jp紹介文より
聖書と旅した商人
ヒューマンノンフィクションシリーズ―にっぽん実業家列伝
笹倉 明 (著)


内容(「BOOK」データベースより)
こんな社長が日本にいる!囲碁・将棋の盤造りに賭けた男の闘い。
病魔に倒れた父の死に始まる暗い時代から、業界ナンバー・ワンの座を占めるまで、聖書の中に人生の目的と真理を求めつづけた実業家の半生を直木賞作家が描き切る。感動のヒューマン・ノンフィクション。

内容(「MARC」データベースより)
病魔に倒れた父の死に始まる暗い時代から、シェルター業界トップとなるまで、
聖書の中に人生の目的と心理を求め続けた実業家西本誠一郎の半生を描く。

目次
第1章 さまよえる春
第2章 劇的なる岐路
第3章 独りゆく野辺
第4章 ビジネスの信念
第5章 豊作のひと
第6章 業界トップの座へ
第7章 無きに等しき者
第8章 聖書の預言とシェルター
第9章 神とゆく日々


楽天ブックス紹介文より

にっぽん実業家列伝(1)
聖書と旅した商人 ヒューマン・ノンフィクションシリーズ

出版社:アイシーメディックス /レゾナンス
サイズ:単行本/222p
発行年月:2000年12月

こんな社長が日本にいる!囲碁・将棋の盤造りに賭けた男の闘い。病魔に倒れた父の死に始まる暗い時代から、業界ナンバー・ワンの座を占めるまで、聖書の中に人生の目的と真理を求めつづけた実業家の半生を直木賞作家が描き切る。感動のヒューマン・ノンフィクション。

【目次】
第1章 さまよえる春/第2章 劇的なる岐路/第3章 独りゆく野辺/第4章 ビジネスの信念/第5章 豊作のひと/第6章 業界トップの座へ/第7章 無きに等しき者/第8章 聖書の預言とシェルター/第9章 神とゆく日々

黄金律(ゴールデン・ルール)5

聖書の教えでポジティブなものを集めたものを贈ります。
よかったら読んでみてください。

■黄金律■
(イエス)『それで、何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。これが律法であり預言者です。』(新約聖書マタイの福音書7章12節)

自分がしてもらうと嬉しい事・助かる事を、他の人にもしてあげる。これが、成功の黄金律(ゴールデン・ルール)です。この行為・この精神を、徹底的に生活の細かい所まで落としこんで実践し続け、習慣となっていく時、あなたは必ず成功し、繁栄し、また、幸せになっていく事でしょう。

■知恵で命を選ぶ■
『あなたはいのちを選びなさい。』(申30:19)

「憎むより、愛する事を選びなさい。泣くより、笑う事を選びなさい。破壊するより、創造する事を選びなさい。諦めるより、忍耐する事を選びなさい。人の噂話をするより、褒める事を選びなさい。傷つける事より、癒す事を選びなさい。盗むより、与える事を選びなさい。ぐずぐずする事より、行動する事を選びなさい。堕落するより、成長する事を選びなさい。呪うより、祈る事を選びなさい。死ぬより、生きる事を選びなさい。」P.196『この世で一番の奇跡』

■平安の処方箋■ (毎日自分に言い聞かせて下さい)
1.人知を越えた神の平安が、今、私の心と体の中にある。
2.私は一人ではない。神は私の前におり、一日中私の近くにいて下さる。
3.何事について決断する時にも、神が必ず助けて下さる。神に過ちはあり得ない故に、私の心からも過ちは排除されるであろう。
4.神が私を導いて下さると信じている。私はその導きを受け、ためらいなくそれに従って行動する。
P.81三笠書房 知的生き方文庫『だれの辞書にも不可能という文字はない』著ノーマン・V・ピール(牧師)参照

■肯定的宣言■
(毎日告白して下さい)「私は自分が好きだ。私は自分を信じている。私は神によって創られた。神は決して悪いものを創られなかった。神の創られたものは素晴らしい。だから私も素晴らしいのだ。神の完全性は私の中にもある。私は人生を愛する。人間を愛する。私には可能性がある。物事を立派に行なうことが出来る。私は幸福だ。感謝している。私は自尊心を持って、自分自身に向かう。神の子として、私は自分を信じている。」P.57三笠書房『だれの辞書にも不可能という文字はない』ノーマン・V・ピール(牧師)

以上です。

主の恵みが日々の中で皆さん一人一人の上にありますように。

箴言より学ぶ

久々にこちらに日記として残したいと思います。

箴言27
17:鉄は鉄によってとがれ、
   人はその友によってとがれる。

17 As iron sharpens iron,
so one man sharpens another.

よい友を得るのは難しいですね。
一度得られた親友は大事にしたいものです。


19:顔が、水に映る顔と同じように、
   人の心は、その人に映る。

19 As water reflects a face,
so a man's heart reflects the man.

人の心は、その人に映る、
とはなんと恐ろしいことでしょうか。
見る人が見ればわかるし、
人間の心はどやっても隠し切れない。

以上です。

サイパンから帰国、そして新たな出会い

4/3-7までの短期間、サイパンにいってきました。
小学生の英語ホームステイプログラムを2週間かけて開催し、
私はその子どもたちを引率して帰国する役目でした。

プログラムは成功だと思います。
子どもたち(女の子3人)は大喜びで海外の南国生活を満喫したようです。
なんといっても1年近く地元に戻って入念に準備してきましたから、
まったく心配はしていませんでした。
初めての試みとはいえ、受け入れ先がしっかり安心して預けられる、
クリスチャンファミリーでしたから。
いままでたくさんの祈りと協力に支えられてここまでこれました。
久々にお会いした学校の理事長先生、ビジネス関連の知人、スクーバの友人、
そして教会牧師と英語、日本語の先生(日本人、現地のチャモロの先生も。)
またマクドナルドのオーナー、
おっと忘れてはいけない現地で留学している友人もがんばっていました。
彼が楽しく充実しているのが伝わってきて何よりでした。

みな温かく迎えてくださり感謝しかありません。

また帰国して翌日、ビジネスクリスチャンとして活躍しておられる大先輩の兄弟とはじめてお会いすることができました。大先輩なのですが、大きな働きをされており、東京、長野、福岡と1週間刻みで働いておられます。
私たちと目指す目標、ビジョンは同じなのでこれから何かしら協力して働いていけそうです。
とりあえずは子どもたちのサマーキャンプ、
そしてビジネスマンたちへのリーチアウトです。

そして今日4/10(日)の朝からは熊本へいってきます。
またどんな出会いが待っているのか楽しみです。

以上です。

主を恐れることは知識の初めである。

A Happy New Year!

あけましておめでとうございます。

新しい年、2005年が皆様一人一人にとって、
素晴らしい年になりますように。
今年はできるだけこちらのブログも記入していきたいと思います。
個人的に聖書から学び、インスピレーションを受けたことを綴っていければと思います。

箴言1:7
主を恐れることは知識の初めである。
愚か者は知恵と訓戒をさげすむ。

Proverbs 1 (New International Version)
7 The fear of the LORD is the beginning of knowledge,
  but fools despise wisdom and discipline.

個人的には、上記の7節からインスピレーションを受けました。
恐いもの知らず、なのが一番恐い事を学んだのが自動車免許の取得後にぶつけられて事故を起こしたとき。
それ以来、“いつでもどこでも安全第一”で運転しております。

以下は英語のHPに掲載されていた今日の聖句『Verse of the day』です。
年初めにさすがはふさわしい聖句だと感じ入りました。

>>>Verse of the day

“ 16. This is what the LORD says- he who made a way through the sea, a path through the mighty waters,

17. "Forget the former things; do not dwell on the past.

18. See, I am doing a new thing! Now it springs up; do you not perceive it? I am making a way in the desert and streams in the wasteland. ”

- Isaiah 43:16, 18 and 19 <<<

*Today's passage is from the New International Version.


16.海の中に道を、
  激しく流れる道の中に通り道を設け、

18.先の事どもを思い出すな。
  昔の事どもを考えるな。

19.見よ。私は新しい事をする。
  今、もうそれが起ころうとしている。
  あなたがたは、それを知らないのか。 
  確かに、私は荒野に道を、
  荒地に川を設ける。

以上、ここまで。

日本語出典:
(c)日本聖書協会
Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955
新改訳聖書(New Japanese Bible) 1970年:

(c)新改訳聖書翻訳委員会

英文Source:
BibleGateway.com

BibleGateway.com Copyright 1995-2004 Gospel Communications International


困難の中にあるあなたへー心の平安と希望を生み出には?

Today's Theme

Romans 5 (New International Version)
3Not only so, but we[c] also rejoice in our sufferings, because we know that suffering produces perseverance;
4perseverance, character; and character, hope.
5And hope does not disappoint us, because God has poured out his love into our hearts by the Holy Spirit, whom he has given us.

今日のテーマは
『ローマ書5:3−4』です。
3.そればかりでなく、艱難さえも喜んでいます。それは艱難が忍耐を生み出し、
4.忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。
5.この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。

⇒あなたへ、そして自分へのメッセージ
心の平安と希望を生み出すために
>>>艱難を喜ぶ<<<
艱難が忍耐を生み出し、⇒忍耐が練られた品性を生み出し、
⇒練られた品性が希望を生み出す。
*この希望は失望には終わらない。
 私たちに与えられた聖霊によって神の愛が私たちに注がれているからです。

いま困難の中にある方々、
またいま厳しい時期にあり、心弱くなっている兄弟姉妹の皆さん、ともに耐え忍んで品性を生み出しましょう。どんあにつらく大変な困難や問題も、それをあきらめずに耐える忍ぶことにより、練られた品性が生み出されます。
その品性が希望を生み出します。
しかもその希望は失望には終わらないのです!


Romans 5
Peace and Joy
3Not only so, but we[c] also rejoice in our sufferings, because we know that suffering produces perseverance;
4perseverance, character; and character, hope.
5And hope does not disappoint us, because God has poured out his love into our hearts by the Holy Spirit, whom he has given us.

New International Version (NIV)
Copyright © 1973, 1978, 1984 by International Bible Society


Romans 5 (NKJV)
Faith Triumphs in Trouble
Death in Adam, Life in Christ

1 Therefore, having been justified by faith, we have[a] peace with God through our Lord Jesus Christ,
2through whom also we have access by faith into this grace in which we stand, and rejoice in hope of the glory of God.
3And not only that, but we also glory in tribulations, knowing that tribulation produces perseverance;
4and perseverance, character; and character, hope.
5Now hope does not disappoint, because the love of God has been poured out in our hearts by the Holy Spirit who was given to us.

New King James Version (NKJV)
Copyright © 1982 by Thomas Nelson, Inc.

Cross references:
Romans 5:12 : Gen 3:1-19

http://bible.gospelcom.net/versions/index.php?action=getVersionInfo
*BibleGateway.com is © Copyright 1995-2004&vid=31#books

武士道とキリスト精神

日記のテーマを考えた。
なぜわざわざここでブログをつけていくのか?
1.自分の原点を忘れないように書き記していく。
2.いままでの学んだエッセンスを随時記す。

武士道とキリスト精神の根本に共通点が多いところから再度書きたいと思う。
新渡戸稲造、内村鑑三をはじめ、武士道で育った若きサムライたちが、なぜキリスト教に傾倒したのか、また即座に
キリスト教徒になりえたのか?

プロテスタント(実派)の精神は質素倹約を旨とし、自立、自助、勤勉、正直をモットーとする『自己の確立』をもとめるもので、その精神はそのまま武士道に通じるものであった。
あるいは、武士道を若き日より道徳律として教えられていた若きサムライたちにはキリスト教と武士道とは何ら二律背反するものではなかった...

当時、武士道に真っ直ぐな人間ほど、真のキリスト精神を理解できたのかもしれない。

〜Daily Bread〜

箴言26章 20−22節

Proverbs
20 Without wood a fire goes out;
without gossip a quarrel dies down.

たきぎがなければ火が消えるように、
陰口をたたく者がなければ争いはやむ。

21 As charcoal to embers and as wood to fire,
so is a quarrelsome man for kindling strife.

おき火に炭を、火にたきぎをくべるように、
争い好きな人は争いをかき立てる。

22 The words of a gossip are like choice morsels;
they go down to a man's inmost parts.

陰口をたたく者のことばは、
おいしい食べ物のようだ。腹の奥に下っていく。

>>>ポイント<<<
今日のキーワードは陰口(gossip)です。
陰口は英語でゴシップですね。
世の中ゴシップが毎日マスコミでも垂れ流されています。
それは商売になるし、誰もがそれがどんな悪影響を与えるのか忘れている気がします。
今日の20−22の聖句では、争いの原因は陰口が原因だと繰り返し述べられています。陰口(=ゴシップ)がなくなれば争いはやむ。
と争いをやめる解決方法までありますね。
今日はここの部分を読んで、個人的に反省しました。
ストレスが溜まったときなど、自分は自分の腹いせに陰口を叩いている時があります。最近それを気づいていながら何も感じませんでした。
皆さんはどうでしょうか?
人間だから仕方がないや、といって何も感じなくなったときは危険です。
誰がどこで聞いているかわかりません。
批判と陰口は決定的に違うところをまず認識しなおして改める必要を感じます。

以上。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*日本語出典=新改訳 日本聖書刊行会
*英語訳出典=Copyright 1973, 1978, 1984 by International Bible Society
All rights reserved worldwide
参考URL http://bible.com
参照ページ http://bible.gospelcom.net

Daily Bread 〜毎日のパン〜

b869c30c.jpg箴言
21章5節
勤勉な人の計画は利益をもたらし、
すべてあわてる者は欠損を招くだけだ。

Proberbs 21
5 The plans of the diligent lead to profit
as surely as haste leads to poverty.

>>>きょうのポイント!<<<
勤勉な毎日の努力を継続し、
計画していけば、利益は自然と生まれる。
あわてる者はPoverty(貧困)を招く。


*日本語出典=新改訳 日本聖書刊行会
*英語訳出典=Copyright 1973, 1978, 1984 by International Bible Society
All rights reserved worldwide
参考URL http://bible.com
参照ページ http://bible.gospelcom.net
livedoor 天気
  • ライブドアブログ