投稿日時 2018.01.21 16:07
最終更新 2023.05.07

水路の名称五間堀(ごけんぼり)
誤記の実例堀、五間
別名・俗称五間堀川

※上流の北西部分を「北五間堀川」、下流の南東部分を「五間堀川」と呼び分けるケースもある。

瓢簞堀(『東京府志料 1』)
川堀(『帝都復興區劃整理誌 第三編 各説 第四巻』)

※明治期に延長した南東部のことを指していたという。(『江東区の文化財1 深川北部』)
ただ、南東部に該当しない伊予橋(現・新大橋通り)付近を川堀と記している新聞記事もあり、断定はできない(東京朝日新聞1931(昭和6)年11月13日朝刊11面に「伊豫橋上から過って川堀に墜落」とある)。
 →南東部開削について
1936(昭和11)年3月16日亥河第8393號付属の深川區五間堀川堀住民一同による「陳情書」では、五間堀と川堀を併記しており、北西部と南東部で呼び分けていたことを窺わせる。
徳川堀の名は、五間堀南東部の開削を主導した尾張徳川家に由来していると思われる。この点に関する直接的な証拠はないが、「徳川堀」の名が登場する史料が、五間堀南東部の開削時期より後のものばかりであることが、間接的にそれを裏付ける。

他方、田安徳川家が堀の近くにあったことから、徳川堀と呼ばれたのだろうとみる説もある。(『小名木川物語』)
しかし、[図1]からも分かるように、五間堀と田安徳川家は隣接していたわけではなく、徳川堀の名の由来を田安徳川家に求めるのは、やや不自然にも思える。

[図1]五間堀と田安徳川家の位置関係(国立国会図書館提供

弥勒寺橋ノ堀(『東京府志料 3』)
彌勒寺川(『十一時五十八分 懸賞震災實話集』)
伊豫川(『悲凄慘絶 大震大火遭難哀話』)
五間川(『本所區史』、『東京案内 上巻』、『東京案内 下巻』、『第四回東京市統計年表』、『本所の過去及び現在』、『水上生活者の生活現状』)

※「五間川は、五間堀の別名である」とはっきり述べる文献を見たことがなく、もしかすると単なる誤記で、「五間堀」とすべきところを「五間川」にしてしまっただけなのかもしれない。しかしながら、(1)「堀」という字を筆で書いたり、その活字を組んだり、あるいはタイプしたりする際に、うっかり誤って「掘」としてしまうことはあっても、「川」になることはそうそうないと考えられること(「五間堀川」とすべきところが脱字で「五間川」になるという方がまだあり得そうだが、それにしてもそう頻繁に起こることではないだろう)、(2)それにもかかわらず「五間川」と表記する史料がいくつもあること、(3)付近を流れる竪川や横川には「竪堀」「横堀」という別名があり、「川」と「堀」は置換可能な場合があること(『増補 東京市下水道沿革誌』も参照)、(4)周辺には十間川(横十間川)や二十間川(仙台堀川)などがあり、「〇〇間川」という呼称が珍しいものではないことから、「五間川」という別名が存在していた可能性は十分あると思われる。以上から、現時点では「別名・俗称」の欄に入れている。

水路の位置墨田区千歳3-1(北西端)

〜江東区森下3-13(南東端)


[写真a]1936(昭和11)年6月11日の五間堀(国土地理院提供の航空写真を編集)
本所両国 痕跡地図も参照

同名別水路五間堀川(宮城県岩沼市、同県名取市、同県柴田郡柴田町)

阿武隈川水系に属する現役の一級河川。
長さ20,671m、流域面積91.1㎢。(「五間堀川圏域河川整備計画」)

水路の長さ約1,100m

『東京案内 上巻』には、591.7間 = 約1,076mとある。
「東京市の水利と改善に對する私見(其二)」には、580間 = 約1,055mとある。

水路の深さ明治初年:2尺余り〜9尺 = 60cm余り〜約273cm(『東京府誌 10』)
明治後半:1尺〜1尺5寸 = 約30〜45cm(『東京案内 上巻』)
大正中期:1尺 = 約30cm(「東京市の水利と改善に對する私見(其二)」)
昭和初年:約1尺2寸 = 約36cm(『帝都復興區劃整理誌 第三編 各説 第四巻』)

※深さはA.P.(霊岸島量水標零位)を基準にした値。

水路の幅員明治初年:5〜8間 = 約9.1〜14.5m(『東京府誌 10』)
明治後半:5.4間 = 約9.8m(『東京案内 上巻』)
大正中期:4.8〜11間 = 約8.7〜20.0m、平均6.8間 = 約12.4m(「東京市の水利と改善に對する私見(其二)」)
昭和初年:5〜6間 = 約9.1〜10.9m(『帝都復興區劃整理誌 第三編 各説 第四巻』)
第1次埋立て後:平均17m(『江東地区恒久高潮対策事業計画書』)
名称の由来5間ほどの幅だったため(『東京府志料 1』)

※ただし、下流部を中心に、場所によって水路の幅はかなり異なる。

水路成立年万治年間(1658〜60年)、またはそれ以前(『江東区の文化財 史跡』)

明暦の大火(1657年)の後に行われた本所開拓の際に誕生したという説(万治年間説)と、それ以前から存在していたという説(慶長年間説)が存在する。

万治年間説を採るものとしては、『町方書上』の「本所起立記」の項、「本所林町壱町目横町」の項がある。ただし、「深川森下町」の項では、「堀割年代年旧儀ニ而相知れ不申候」とあり、「深川三間町」の項では、「堀割年代年旧儀ニ而書留無御座相分り不申候」とある。

また、両者を折衷して、深川村が成立した慶長年間に細い水路を開削し、本所開拓のときに五間になったという説もある。(『江東区史跡散歩』)
いずれにしても、一次史料に基づくものではないため、推測の域を出ない。

1671(寛文11)年発行の新板江戸外絵図には、五間堀と思しき水路が記されていることから、遅くともその頃には、誕生していたと考えられる。(『江東区の文化財 史跡』)

[図2]新板江戸外絵図に記された五間堀(国立国会図書館提供

支流・分流東森下町入堀(現・五間堀公園付近)、瓢箪堀、東元町入堀(現・高森公園付近)

※瓢箪堀は1913(大正2)年頃に埋立てられた。(「東京市の水利と改善に對する私見(其二)」)

接続した川上流部:六間堀
下流部:1876(明治9)年頃までは堀留(行き止まり)だったため、接続河川無し
    堀留解消後は、小名木川と接続(『文化財と旧跡』) →南東部開削について
橋梁の名称(西から)新山城橋(のち、大塚橋)、弥勒寺橋、大久保橋、伊予橋、ひがしもと橋、入舟橋

※東元橋の読み方は『東京方眼圖』、『第四回東京市統計年表』による。ただし「とうげん」(「大日本改正東京全圖」)と読まれた可能性もある。

水路の形状六間堀以上に折れ曲がっていた。
残念ながら、このような流路になった理由は明らかでない。
六間堀の東に散在していた細い川や沼・池などをなぞるようにして五間堀を開削した(ので、このような流路になっている)のではないか、という推測もある(久染健夫「本所弥勒寺」)が、これを裏付ける根拠は未発見である。

川沿いに多くの蔵を建てるために、川筋を屈曲させて長くしたのだろうか(例:深川佐賀町「中之堀」のクランク状流路)。
しかし、かりにそうだとしても、屈曲の謎とは別に、なぜ周囲の街路に対して斜めに流れているのかという謎もある(この点、中之堀は、街路に沿うように流れている)。
万治年間の本所開拓時に造成されたといわれる河川の多くは、碁盤の目状の街路に沿うように掘られている(例:竪川、大横川、横十間川、南割下水、北割下水)。五間堀が万治年間に開削されたのだとすると、あえて例外的に流路を斜めにする何らかの動機があったとみるのが自然であろう。それは何か。謎である(一説には、地質に関係があるとも)。
あるいは、万治年間より前から五間堀は存在していて、五間堀を開削した当時には、周辺一帯に広く整然とした街路を造るという構想が、まだなかったということなのかもしれない。本所開拓であとから街路が整備されたのだとすれば、川筋と街路の方向がズレていても、それほど不思議なことではない。

往時の様子◆何に使われた?
灌漑・水運に利用された(『江東区の歴史』)という。

しかし、五間堀は海に近く、その水にはかなり高濃度の塩分が含まれていたと考えられる。はたして、そのような水を灌漑に用いるだろうか。
【参考】小澁晴信ほか「都市河川感潮域における塩水の遡上特性に関する現地観測」(2008年)


小名木川の水運の補助的機能を担い、船舶の繋留や修理をする場所として使われていたのではないかとする見解もある。(「江東の川・掘割 小名木川と五間堀・六間堀」)

下の[図3]は、江戸時代後期に描かれたものである。これを見ると、何艘もの船が五間堀を行き交っており、水運の利用が活発であったことを示唆している。右端には弥勒寺橋も見える。

[図3]「本所弥勒寺」(『江戸名所図会』所収、国立国会図書館提供

◆堀周辺の様子は?
1907(明治40)年10月に発行された雑誌に次のような記述がある。
往来(註1)は電車(註2)を通ずる為めに近く道幅が広げられて溝(註3)はまだ旧位置に遺つて居る。溝に沿うて夜店を出し始めた金物屋が「まだ昼は暑いね」と同業者に話して居る。弥勒寺橋の袂に売卜の老人が「貴君はなやみが多い、なやみは多いがまことの道を行けばよい、と斯う云ふ理合です」と鹿爪らしく喋舌つて居る。占を乞ふ男は腰までの衣服きものに脚絆を穿いた麦藁帽子の若者である。
夕暮方の水は高い川に幾艘の肥舟が繋がれて居る。雀はとまの中へ入つて肥桶のほとりをあちこちして居る。もやひ棹二つの間に船頭の股引がぶら下つて居る
対岸には低い家が並んで其一つの窓に裸体はだかの男が腰掛けて居る。穴蔵屋と云ふ古木ふるき屋の仕事場も見える。軒に風鈴が幽かに鳴つて、ふんどしが棹にゆらめく。
河岸に強硫酸のかめの積まれた車がある。向ふに小さく小供等が集つて「ばい(註4)」の遊びをして居ると其周囲に大人も立つて見て居る。此方こなた砂利置場の砂利函に入つて二三の女の子が騒いで居たが、やがて一人が泣き始める。
(中略)
川岸へ古縄を掲げて居る男が曰ふ「これでまだ日は暮れない」「まだ日は暮れるもんか」と他の一人が答へる。
子供が河岸で何かしやくつて居る。工場の笛がなる。向ふの煙突がそれか
河辺の路は木賃宿の群に尽きる(註5)。車夫船頭などの宿であらう。奥を覗けば裸体で幾人ごろごろして居る。車夫が車をなほして居る。一人は車を曳きながら椽台に休む老人に向つて「今日出るなら貸さうか」と曰ふ。うしろの方で「衣服きものをありがたう」と曰つて居るのもある。納豆売の甲斐々々しいのが荷を肩にして通つた。

(註1)二ツ目通り(二之橋通り)のこと。現在の清澄通り。

(註2)市電(高橋線)。高橋線の開通は、1908(明治41)年6月であり、この時点では未開通。

(註3)前掲の『江戸名所図会』所収「本所弥勒寺」にも描かれている、弥勒寺門前の水路と考えられる。

(註4)ベーゴマ(バイゴマ)。

(註5)「河辺の路」とは、五間堀とドヤ街に挟まれた道(深川区深川富川町31(現・江東区森下3-6, 7, 8)地先)のことか。後掲[図4]参照。


柏亭(石井柏亭)「弥勒寺」方寸1巻5号(1907年)6頁より引用
註および下線は引用者
河辺の路?
[図4]明治末〜大正期の五間堀と「河辺の路」?(特別区協議会HP掲載の図を編集)

この文章からは、
仝浚嵋戮鵬佑っていた弥勒寺橋(現・清澄通り)の袂に老人の占い師がいたこと
肥船が何艘も繋留されていたこと
K抉茲い膨秡慍伐阿連なっていたこと
じ徒擴亜蔽羝鼎量攤爐魄靴ε后砲あったこと
ジ浚嵋戮撚蹴慳品を運んでいたらしいこと
λ戮運搬に便利だったためか砂利置き場があったこと
Р牢澆子どもたちの遊び場になっていたこと
╋瓩に煙突のある工場があったこと
堀のそばにドヤ街が形成されていたこと
などが読み取れる。
また、「まだ昼は暑い」「夕暮方の水は高い」「これでまだ日は暮れない」といった記述から、石井柏亭が五間堀沿いを歩いたのは1907(明治40)年9月上旬ではないかと推測する。

◆五間堀南東部は?
江戸時代を通じて、南東部は堀留になっていた。
南東部を小名木川と繋げる五間堀延伸工事は、1875(明治8)年7月26日以降に始まったと考えられる。(『史跡ガイド1969』参照)
付近の地主だった尾張徳川家(徳川よしのり、徳川慶勝)及び加藤嘉庸が私費で工事を実施し、1876(明治9)年頃(遅くとも1877(明治10)年3月までに)小名木川と接続した。(『東京市史稿 市街篇 第六十』)
※延伸工事を裏付ける史料 →明治十年 既決簿 市街地理第六号

この工事によって、既存水路と新規水路が鋭角に接続された。しかし、申請段階では、既存の流路を変更することによって、鋭角に接続することを避ける計画になっていた。いつ、どうしてこの計画が変更されたのか。金銭的・技術的な制約が発生したのか、工期を短縮する必要が生じたのか、水路の利用目的や利用方法が変わったのか。この点については今後明らかにしていきたい。


◆水質はどうだった?
永井荷風は、1932(昭和7)年4月11日に、六間堀と五間堀を散策し、五間堀下流の様子を「市内の掘割にて最不潔なるはこの処なるべし」と述べている(『断腸亭日乗 3』。1934(昭和9)年執筆の「深川の散歩」も参照)。
水運としての役割が低下し(『江東区の歴史』)、生活排水や工場排水が流されるようになったのではなかろうか。
これを裏付ける資料として、1934(昭和9)年に提出された、五間堀の埋立てを求める住民による陳情書がある。これによると、当時の五間堀は糞尿運搬以外にほとんど全く利用されておらず、堀の内部はゴミや汚物で満たされ、夏の炎天下のときには臭いがきつかったらしい。また、夕方から夜にかけては蚊の大群に四苦八苦し、しまいには転居すると言い出す者もいるから早急に埋立ててほしい、といったことも書かれている。(1936(昭和11)年3月16日亥河第8393號付属の深川區五間堀川堀住民一同による「陳情書」)
貨物取扱量1921(大正10)年:35,619t(『帝都復興事業誌 土木篇 下巻』)
埋立て実施 第1次埋立て 1936(昭和11)年5月16日〜1937(昭和12)年12月30日

1936(昭和11)年3月19日、宅地・道路・物揚場等を造成するため、東京市が河川敷9,936.9屬遼篶免許を取得した。(1936(昭和11)年3月24日東京府告示189号)
工事は直ちに開始されたとするものもあるが(『江東區史 全』)、当時の行政文書によれば、工事着手は同年5月16日である。(同年5月22日土發第4838號)
永井荷風の日記には、1936(昭和11)年12月25日時点で「伊予橋下…埋立中」と書かれており、工事が進行している様子が分かる。(『断腸亭日乗 4』)
この工事は、1937(昭和12)年12月30日まで行われ(1938(昭和13)年6月13日土發第4838號。前述の1936(昭和11)年5月22日土發第4838號と号数が同じなのは偶然)、明治になってから開削した南部を除き、全て埋め立てられた。
※五間堀について記述した二次史料の多くは、「1936(昭和11)年に埋立てられた」などのように、あたかも埋立て許可が出た年に埋立て工事が完了したかのような記述になっている。このような誤解を招く表現をしないよう、書き手は免許取得日・工事開始日・工事完了日・竣功認可日の違いを意識化すべきである。読み手としても、誤った認識をもたないよう、この点には特に注意して読む必要がある。

[写真b]1945年4月2日の五間堀南部(米国国立公文書館の航空写真を編集)

[写真c]1948年3月29日の五間堀南部(国土地理院提供の航空写真を編集)


第2次埋立て 1955〜56(昭和30〜31)年、または1956(昭和31)年

1955(昭和30)年12月22日、東京都に対し、翌年3月31日までの期限で埋立て免許が与えられた(1956(昭和31)年1月5日東京都告示第7号)。免許が出たのは年の瀬であることから、本格的な工事が始まったのは、1956(昭和31)年になってからである可能性が高い。
「道路間、護岸間、宅地及び緑地を造成する」ことを目的とした埋立てであった。(同告示)
このときは、残っていた五間堀南部のうち、上流部分が埋立てられた。

[写真d]1956(昭和31)年3月13日の五間堀南部(国土地理院提供の航空写真を編集)

現在、その跡地にあるのは、都営高橋アパート(1957(昭和32)年着工、1958(昭和33)年11月7日竣工、前述の告示の「宅地」に該当)と、森下三丁目第三児童遊園(1975(昭和50)年4月1日開園、222.52屐∩綾劼旅霄┐痢嵶价蓮廚乏催)。
[写真e]の青で囲ったところが高橋アパートである。このアパートの裏手(西側)には、今も五間堀の護岸が残されている。 →写真

[写真e]1975(昭和50)年1月20日の五間堀南部(国土地理院提供の航空写真を編集)


[写真f]北東方向から見た都営高橋アパート(2017(平成29)年撮影)

五間堀南部の下流部分(最南部)は、なおも埋め残されて、そばにあった製材所の貯木場等として利用されていたようである([写真e]の赤で囲ったところが五間堀最南部。水面上や、その左手に木材らしき影も見える)。


第3次埋立て 1979(昭和54)年8月3日以降〜10月15日

最後まで残っていた五間堀最南部も、ついに消え去る時がくる。
1979年3月に小名木川との接続部分が閉鎖され(『東京都河川図』)、その年のうちに埋め立てられた。公園敷地(及び護岸敷地)にするためだった。(1979(昭和54)年1月26日東京都告示第99号、同年8月16日東京都告示第912号、1980(昭和55)年4月30日東京都告示第490号)
[写真g]は第3次埋立てが完了した直後の様子である(赤で囲ったところが五間堀最南部)。
現在、この最南部の跡地には高森公園があり(1982(昭和57)年10月6日開園、約3,700屐法∨摸戮凌慌嫉庵目第三児童遊園とともに一体的に整備されている。
つまり、現在の五間堀南部は、北から、高橋アパート → 高橋夜店通り(高橋のらくろ〜ド)の一部 → 森下三丁目第三児童遊園 → 高森公園の一部になっている。

[写真g]1979(昭和54)年11月6日の五間堀南部(国土地理院提供の航空写真を編集)


[写真h]森下三丁目第三児童遊園から南の高森公園を望む(2018(平成30)年撮影)

なお、一部の文献等(たとえば『江東区史 下巻』、「江東の川・掘割 小名木川と五間堀・六間堀」、『図説 江戸・東京の川と水辺の事典』、『川の地図辞典 江戸・東京/23区編〔三訂版〕』)では、出典等の根拠を何も示さないまま、第2次世界大戦後に六間堀とともに戦災瓦礫などで埋立てが実施されたと述べているが、そのような事実は確認できない。
また、『角川日本地名大辞典13 東京都』の五間堀の項にも、「六間堀とともに第2次世界大戦後の埋立で消滅」とある。戦災瓦礫について直接言及していないものの、それを匂わせる書き方になっている。しかし、こちらも根拠は示されていない。
さらに、1952(昭和27)年時点で墨田区の助役が、下町の戦災灰燼は大体片付いたので、曳舟川(墨田区内を流れた河川の一つ)を戦災灰燼を用いて埋め立てることは考えられないと発言している。(1952(昭和27)年12月22日墨田区議会建設委員会における梶原勝衛助役の答弁)
この答弁から3年も経って実施された五間堀の第2次埋立てに戦災灰燼を用いたと考えるのは困難である。

名残・遺構五間堀公園(江東区森下2-30-7)

弥勒寺橋跡と大久保橋跡の間に造られた細長い公園(862.71屐法3園したのは、真珠湾攻撃のちょうど2か月後の1942(昭和17)年2月8日。1950(昭和25)年9月末までは都立公園だったが、同年10月1日に江東区に移管された。(『江東区年表』、『江東区史 下巻』)
この公園の中に墨田区と江東区の境界が通っている。公園の半分以上は墨田区内にあるが、管理は江東区が行っている。 →六間堀児童遊園の項に関連内容

[写真i]五間堀公園(2017(平成29)年撮影)


伊予橋際公衆便所(江東区森下2-31-2)

現在の新大橋通りが五間堀とぶつかるところに架かっていたのが伊予橋。そのたもとあたりに年季の入った公衆トイレがある。正式名称は「江東区立伊予橋際公衆便所」(江東区立公衆便所条例昭和28年6月29日条例第8号別表参照)。すでに橋は存在しないが、橋の名はトイレの名称として保存されている。
[写真j]は、かつての伊予橋や五間堀周辺の様子が描かれた、トイレの目隠し。江東区の公衆トイレには、その地にゆかりのある事物の絵や解説のある楽しいものが多い。ただし、トイレをパシャパシャ撮っていると、変な目で見られることがあるかもしれないので、注意が必要。

[写真j]伊予橋際公衆便所の目隠し(2017(平成29)年撮影)


五間堀南部の護岸群(江東区森下3-10-20、同3-13-9)

高橋アパートと、高森公園には五間堀の護岸が残っている。
土留めとしての利用価値を見出され、今日まで生き残ったのだろう。
高橋アパートの護岸は、歩道から少し距離があるものの、[写真k]のような姿を見ることができる。

[写真k]高橋アパートの裏手にある五間堀南部西側護岸(2017(平成29)年撮影)

高森公園の南西際には、わずか数mだけだが、五間堀最南部の護岸が残っている。
[写真l]の正面奥、灌木が生えているあたりから左手(東)が、ありし日の水面。
この護岸は、写真の先で右手(西)に曲がっていて、小名木川の旧北側護岸と現在もつながっている。河川接続部の遺構が残っているのは、旧水路ファンとしては嬉しい限り。

[写真l]高森公園にある五間堀最南部西側護岸(2017(平成29)年撮影)

高森公園の南東際にも、五間堀・小名木川接続部分の護岸らしきものが、わずかに顔を出している([写真m]の矢印)。写真は南を向いて五間堀最南部の東側を撮ったもの。白いコンクリートの右側が、かつて五間堀の水面があったであろう部分。この写真の左手には小名木川の旧北側護岸が続いている。

[写真m]高森公園にある五間堀最南部東側(2018(平成30)年撮影)

小説の舞台 ◆芥川龍之介「奇怪な再会」○ 芥川龍之介全集 第7巻所収 ※青空文庫

作品のクライマックスで、弥勒寺橋が、「亡くなった者と生きている者を結び付ける、生と死の境界のような橋」(神田由美子氏の講演録より。『芥川龍之介―こころのふるさとは本所両国―』所収)として登場する。


◆池波正太郎 鬼平犯科帳シリーズ

弥勒寺門前の茶店「笹や」(お熊婆さん)が登場する話には、近くの五間堀もよく出てくる。
第6巻 第6話「盗賊人相書」⭗
第7巻 第6話「寒月六間堀」⭗
第8巻 第1話「用心棒」○
第9巻 第1話「雨引の文五郎」○
第10巻 第2話「蛙の長助」⭗
第10巻 第7話「お熊と茂平」⭗
第20巻 第7話「寺尾の治兵衛」⭗


◆藤沢周平 獄医立花登手控えシリーズ

第4巻『人間の檻』第4話「影の男」⭗
第4巻『人間の檻』第6話「別れゆく季節」○


◆藤沢周平 彫師伊之助捕物覚えシリーズ

主人公 伊之助の職場が五間堀近くにあるため、よく描写される。
第1巻『消えた女』第1話「かんざし」⭗
第1巻『消えた女』第2話「やくざ者」⭗
第1巻『消えた女』第4話「離れの客」○
第1巻『消えた女』第7話「闇に跳ぶ」⭗
第1巻『消えた女』第9話「春のひかり」⭗
第2巻『漆黒の霧の中で』第1章○
第2巻『漆黒の霧の中で』第2章⭗
第2巻『漆黒の霧の中で』第3章⭗
第2巻『漆黒の霧の中で』第4章⭗
第3巻『ささやく河』第2話「古いつながり」○
第3巻『ささやく河』第3話「彦三郎の笑い」○
第3巻『ささやく河』第5話「霧の中」○
第3巻『ささやく河』第6話「ひとすじの光」⭗
第3巻『ささやく河』第8話「再び闇の匕首」○
第3巻『ささやく河』第10話「ひとの行方」⭗
第3巻『ささやく河』第11話「浮かんだ顔」⭗
第3巻『ささやく河』第12話「人間の闇」⭗
第3巻『ささやく河』第14話「三人目の夜」⭗


◆藤沢周平「夜の橋」⭗  同『夜の橋』所収

作中では、六間堀も含めて「五間堀」と書かれている。


◆笹沢左保 音なし源捕物帳シリーズ

第1巻『花嫁狂乱』第7話「花嫁狂乱」⭗


※記号の意味

⭗ 話の本筋の中で水路名が出てくる
○ 水路名は出てこないが、間接的に描写されている(例:橋梁名が登場)
△ 本筋以外で水路名がちらっと登場、水路名を含む町名が登場(例:六間堀町)

参考文献等 ◆江戸幕府・東京府・東京市・東京都

『町方書上 七』(江戸東京博物館友の会、2013年)356, 357頁
『町方書上 八』(江戸東京博物館友の会、2014年)1, 113頁
東京都編『東京市史稿 市街篇 第六十』(東京都、1969年)394-398頁
『東京府誌 10』(文化図書、2009年)181, 220, 224, 244, 249, 254頁
東京都『東京府志料 1』(東京都、1959年)56頁
東京都『東京府志料 3』(東京都、1960年)134頁, 139頁
東京市編『東京案内 上巻』(裳華房、1907年)43頁50頁
東京市編『東京案内 下巻』(裳華房、1907年)624頁713頁
東京市役所編『第四回東京市統計年表』(隆文館、1907年)605頁606頁
東京市下水改良事務所総務課『増補 東京市下水道沿革誌』(東京市下水改良事務所総務課、1914年)32頁 口語訳版(東京都下水道サービス、2012年)20頁
復興事務局『帝都復興事業誌 土木篇 下巻』(復興事務局、1931年)5頁
東京市役所『帝都復興區劃整理誌 第三編 各説第四巻』(東京市役所、1932年)516頁
東京府学務部社会課『水上生活者の生活現状』(東京府学務部社会課、1933年)冒頭の地図
東京都『江東地区恒久高潮対策事業計画書』(東京都、1955年)3頁
東京水上警察署『東京都河川図』(東京水上警察署、1979年)64頁


◆墨田区

東京市本所區編『本所區史』(東京市本所區、1931年)400頁
墨田区役所編『墨田区史 前史』(墨田区役所、1978年)322頁
墨田区教育委員会事務局生涯学習課文化財担当編『芥川龍之介―こころのふるさとは本所両国―』(墨田区教育委員会事務局生涯学習課文化財担当、2013年)84頁


◆江東区

東京都江東区役所『江東區史 全』(東京都江東区役所、1957年)1292-1293頁
東京都江東区役所編『江東区年表』(東京都江東区役所、1969年)245, 274頁
江東区編『江東区史 下巻』(江東区、1997年)40, 62頁
『江東区の歴史』(江東区教育委員会社会教育課、1976年)25頁
東京都江東区『史跡ガイド1969』(江東区役所企画室、1969年)122-123頁
江東区教育委員会『文化財と旧跡』(江東区教育委員会社会教育課、1978年)20頁
東京都江東区教育委員会社会教育課編『江東区の文化財 史跡』(東京都江東区教育委員会社会教育課、1988年)35頁
江東区地域振興部文化観光課文化財係編『江東区の文化財1 深川北部』(江東区地域振興部文化観光課文化財係、2012年)23頁
江東区深川江戸資料館「江東の川・掘割 小名木川と五間堀・六間堀」資料館ノート69号(2007年)


◆その他

「大日本改正東京全圖」(『明治初期東京地籍圖集成』(科学書院、2002年)所収)
森林太郎立案『東京方眼圖』(春陽堂、1909年)129頁
長崎敏音「東京市の水利と改善に對する私見(其二)」工學會誌417巻(1918年5月)250頁280頁
震災共同基金會編『十一時五十八分 懸賞震災實話集』(東京朝日新聞社、1930年)1-2頁
古麪i曲圈愴畧慘絶 大震大火遭難哀話』(二松堂書店、1923年)102頁
小山荻村ほか『本所の過去及び現在』(本所の過去及び現在社、1926年)83頁
永井壯吉『断腸亭日乗 3』(岩波書店、1980年)113-114頁
永井壯吉『荷風全集 第22巻』(岩波書店、1993年)502-503頁も同じ)
永井壯吉『断腸亭日乗 4』(岩波書店、1980年)120頁
永井壯吉『荷風全集 第23巻』(岩波書店、1993年)490頁も同じ)
永井荷風「深川の散歩」野口冨士男編『荷風随筆集 (上)』(岩波文庫、1986年)199-200頁
永井壯吉『荷風全集 第17巻』(岩波書店、1994年)294頁もほぼ同じ) ※青空文庫
細田隆善『江東区史跡散歩』(学生社、1992年)131頁
高梨輝憲『小名木川物語』(高梨輝憲、1987年)55頁
廣瀬航也「雑誌『方寸』における都市の表象 ――「河岸の巻」を中心に――」日本文芸論稿44号(2021年)16頁以下
鈴木理生編『図説 江戸・東京の川と水辺の事典』(柏書房、2003年)393頁
菅原健二『川の地図辞典 江戸・東京/23区編〔三訂版〕』(之潮、2012年)128-129頁
久染健夫「本所弥勒寺」タウン誌深川273号(2023年9-10月号)43頁
宮城県「五間堀川圏域河川整備計画」(2014年)1頁

関連文献等 ◆散策

吉村生「不思議な引力を持つ暗渠」東京人394号(2018年)50-51頁 →筆者のブログ記事
旧水路ラボ「六間堀は本所・深川の『姫』である」東京人430号(2020年)60-62頁
「すみだの大名屋敷 探訪」みらい259号(2016年)1頁
黒田涼『江戸東京狭隘路地探索 おれの細道』(アートダイジェスト、2015年)157-159頁
モリナガ・ヨウ「江戸東京今昔めぐり 小名木川」本郷144号(2019年)20-21頁


◆散策(小説)

野口冨士男『野口冨士男自選小説全集 上巻』(河出書房新社、1991年)416-417頁


◆その他

「角川日本地名大辞典」編纂委員会編『角川日本地名大辞典13 東京都』(角川書店、1978年)288頁
磯辺勝『文学に描かれた「橋」』(平凡社新書、2019年)75-77頁