あしびよーら!ブログ

千葉県、南房総、館山。 東京湾の端っこでも、意外に海の中は魚や珊瑚が沢山!! カヤックを使って、スキンダイビングのガイドをしています。 大好きな海を大切にした暮らしをしながら、潜る事が好きな皆さんと遊んでいます。写真作家としての活動も始めました!SIGMAのカメラで素潜り写真を撮ってます。 ホームページはこちら→http://ashibiyo-ra.ms-n.com

January 2007

寒中水泳大会の監視役5

テンションを上げてるとこ22日は館山市の寒中水泳大会の監視役で北条海岸に行きました。当日の天候は曇り時々雨、山間では雪もちらつくほどの寒中水泳日和・・・?水着姿の参加者の皆様方は身体を温める為、気合いを入れる為、一生懸命大きな声でかけ声を掛け合っていました。

カヤと松本さん横にシャチョー勿論ダイバーはウエットスーツ着用、もし万が一のことがあってはいけないのでタンクを背負って、参加者より先に沖で待機です。


突入!太鼓の合図と共に一斉に入水開始!ぎゃーとウォーが混ざったような怒号と一緒に僕等の方へ向かってきました。さすがにつめたそーです。

終了の合図が鳴ってそして、それぞれ学校毎や団体毎に円陣を組みぐるぐる回り始めます。その間もかけ声やそれぞれの校歌?を歌ったりしながら気合いを入れてガンバっています。そのうち気合いの入れ過ぎか?どうでも良くなったのか、深紅のふんどしを外して頭に巻きながら歌う殿方も出始め大会は最高潮に。終了の太鼓の合図で上がっていきました。その間10分〜15分、短い時間のようですがこの日、ダイビングした時の水温は16℃、浅い海岸はもっと冷たいかも知れません。参加者の皆様ご苦労様でした。(写真はシークロップのお客様K氏のブログより頂きました。K様有難う御座います。)

ところが!!!今日の坂田の水温が18℃にアップ。海に入った瞬間「あれ?暖かいぞ??」と思うくらい。2℃水温が上がればそう感じるはずです。おまけに透明度20メートル、魚達もビックリしたのか、また増えて少し賑やかに見えたのは気のせいでしょうか?「坂田のパラオ」復活でした。
今日は、スクーバダイビングでガイドのお仕事のためデジカメ画像は残念ながらありませんがとても快適なダイビングでした。しばらく続けばいいんだけどな〜

山奥のイタリアンレストラン

ジェノバのお店の前冬の嵐が去った後に山奥のイタリアンレストランへ行って来ました。ジャックマイヨールも通っていた鋸南町の「ジェノバ」と言うお店。海抜160メートルの山頂の景色を楽しみながら、久しぶりにゆっくりと過ごしました。オーナーのお父さん?がクレッシーサブの日本代理業を営んでいらしたとのことで、店内にはその功績を記すものが飾ってありました。ジャックとはその頃からのおつき合いとか。
クレッシーサブのエンブレムクレッシーサブのレギュレーター
店主は気さくな方で、ジャックがお店に来たときの写真やその時のエピソードなど色々話してくださいました。ジャック直伝のチーズソースパスタ目当てだったのですが、売り切れだったので次回伺う約束をしてお店を後にしました。

新春!初潜り!5

Mさん
皆様、明けましておめでとう御座います。
去年は、沢山の皆様に御愛顧頂き誠に有難う御座いました。
今年も、皆様と一緒にたくさん潜って、漕いで行きたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いいたします。
今年初めてのゲストは、2回目参加のMさんと、お友達のHさん。新春初潜りにお越し下さいました。昨日までの水温は15℃、だいぶ冷たくなってきましたが「寒中水泳のつもり出来てください」と連絡しておきましたので、覚悟をしてらしたご様子。5ミリのフルスーツのインナーに5ミリのフードベストを重ね着して、2重グローブ、ブーツの中にインナーソックスと言う重装備でカヤックに乗り込み出発!スキンダイビングポイントまで寒くならないように一気に漕いでゆきます。西のサンゴポイントに係留し、さぁ!気合いを入れてエントリー!!「ぎゃー!寒い」と叫んだMさんも、しばらくすると慣れたのか「寒くないですね?」とのお返事。耳抜きに悪戦苦闘しながらも冬の蒼い海を楽しんでいるご様子、Hさんもサーフェイスダイブでどんどん遠くへ。みんなで初潜りを堪能しています。
Hさん海は凪でしたが、少し波酔いとのことで45分程で上がりました。それでも「寒くはなかったので波酔いが無ければ、もっと入っていても大丈夫そう!」とコメントも頂きました。やはり5ミリベストの威力でしょうか?ご自身の身体がホット!だったのでしょうか冬のスキンダイビングを楽しんでいただきました。

チシオウミウシ

浅瀬の「死滅回遊魚」達はもうそろそろいなくなってしまったようで、海の中は少し寂しくなってしまいましたが、ソラスズメやマツバスズメダイ、ウツボ、たちは健在、イタズラしたウツボに反撃されびびる、チキンなkumakoもお客様に見られてしまいました。珍しいところで上の写真、チシオウミウシと言うやつだそうです。図鑑によると春から夏に見られるが普段は岩の下に隠れているのであまり見つからないとのこと。産卵や食事の時だけ表に出てくるそうです。冬のこんな時にどうしたんだろ〜?(水深4メートル程度の岩の上で発見)
海から上がったら湯を溜めておいた風呂桶の中にスーツのままどぼん!凪の海を見ながらみんなで温まりました。
(本日の水温14℃、曇り時々弱い雨、北東の風弱く、透明度8メートルでした。)
最近の海
見てくれた人

コメントありがとう
自己紹介
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
天気予報
ケータイでも見てね
QRコード
  • ライブドアブログ